SlideShare a Scribd company logo
SQuBOK V2読破会 まとめスライド
p.83 〜 p.101
2.2 KA:ライフサイクルプロセスの
マネジメント(の途中まで)
藤沢 耕助
アジェンダ
2.2 KA: ライフサイクルプロセスのマネジメ
ント
2.2.1 S-KA: ライフサイクルモデル(3)
2.2.2 S-KA: セーフティ・クリティカル・
ライフサイクルモデル(12)
2.2.3 S-KA: プロセスモデル(7)
※カッコ内はスライドの枚数です
2017/10/11 SQuBOK V2復習会 2
アジェンダ
•  ライフサイクルプロセスのマネジメントとは
–  システムやソフトウェアの構想から、廃棄に⾄る
までの活動のマネジメント
•  セーフティ・クリティカル・ライフサイクル
モデルとは
–  安全性を重視するソフトウェアの開発
•  プロセスモデルとは
–  ライフサイクルモデルの開発部分をモデル化した
もの
2017/10/11 SQuBOK V2復習会 3
とてもざっくりした解説
簡単にいうとプロセスの話です。
アジャイル開発の話が登場するのもここで
す。
プロセス改善の話は含みません。
あくまで、ウォーターフォールモデル等と
いったプロセスモデルの話です。
2017/10/11 SQuBOK V2復習会 4
2.2.1 S-KA: ライフサイクルモデル
(1/3)
•  キーワード
– ISO/IEC 12207
– ISO/IEC 15288
– どちらも、開発⼿順や⼯程、作業内容の認識
のズレを防⽌するのに役⽴てられる
2017/10/11 SQuBOK V2復習会 5
2.2.1 S-KA: ライフサイクルモデル
(2/3)
•  ISO/IEC 12207
– ソフトウェアを開発し、運⽤するための標準
プロセスを提供
– プロジェクトプロセス、ソフトウェア実装プ
ロセスといった 7つのカテゴリに分類され、
43個のプロセスを包含する
– IPAの出している共有フレームが、12207のJIS
版(JIS X 0160)を参照している
– https://www.ipa.go.jp/files/000005372.pdf
2017/10/11 SQuBOK V2復習会 6
2.2.1 S-KA: ライフサイクルモデル
(3/3)
•  ISO/IEC 15288
– システムを開発し、運⽤するための標準プロ
セスを提供
– システムの要求定義から設計、実装、運⽤、
保守、処分までの25個のプロセスと関連⽤語
を包含する
2017/10/11 SQuBOK V2復習会 7
2.2.2 S-KA: セーフティ・クリティカ
ル・ライフサイクルモデル(1/12)
•  キーワード
– 安全性重視のためのライフサイクル
– 機能安全(IEC 61508)
– ⾃動⾞電⼦制御の機能安全(ISO 26262)
– 医療機器ソフトウェアーソフトウェアライフ
サイクルプロセス(IEC 62304)
2017/10/11 SQuBOK V2復習会 8
2.2.2 S-KA: セーフティ・クリティカ
ル・ライフサイクルモデル(2/12)
•  安全性重視のためのライフサイクル
– 安全性解析
– 開発
– 安全妥当性確認
2017/10/11 SQuBOK V2復習会 9
2.2.2 S-KA: セーフティ・クリティカ
ル・ライフサイクルモデル(3/12)
•  安全性重視のためのライフサイクル
– 安全性解析
•  ハザードの分類、特定→HAZOP, FTAの活⽤
•  リスクとSILを安全度要求として定める
– 開発
– 安全妥当性確認
2017/10/11 SQuBOK V2復習会 10
2.2.2 S-KA: セーフティ・クリティカ
ル・ライフサイクルモデル(4/12)
•  安全性重視のためのライフサイクル
– 安全性解析
– 開発
•  安全度要求、安全機能要求に従い、システム全体
の安全性を確保できるように開発する
•  本質安全を達成する⾼い信頼性が求められる
– 安全妥当性確認
2017/10/11 SQuBOK V2復習会 11
2.2.2 S-KA: セーフティ・クリティカ
ル・ライフサイクルモデル(5/12)
•  安全性重視のためのライフサイクル
– 安全性解析
– 開発
– 安全妥当性確認
•  想定したハザードが発⽣しても危険事象に⾄らな
いことを検証する
•  安全性解析の誤り、検討不⾜を指摘する
2017/10/11 SQuBOK V2復習会 12
2.2.2 S-KA: セーフティ・クリティカ
ル・ライフサイクルモデル(6/12)
•  機能安全(IEC 61508)
–  電気・電⼦・プログラマブル電⼦技術を⽤いた安
全関連システムによって機能安全を達成するため
の標準プロセス
–  機能安全マネジメントの実施、その結果に基づく
安全性評価、組織の機能安全能⼒審査、安全評価
者の独⽴性及び従事者の資質の確保
–  SIL: 故障の発⽣確率により等級化した定量化尺度
2017/10/11 SQuBOK V2復習会 13
2.2.2 S-KA: セーフティ・クリティカ
ル・ライフサイクルモデル(7/12)
•  機能安全(IEC 61508)
– IEC 61508 ではV字モデルにおける検証を
「適合確認」と呼ぶ
2017/10/11 SQuBOK V2復習会 14
2.2.2 S-KA: セーフティ・クリティカ
ル・ライフサイクルモデル(8/12)
•  ⾃動⾞電⼦制御の機能安全(ISO 26262)
– ⾃動⾞向けの機能安全規格
– ⾞載電⼦機器として搭載されるシステム、
ハードウェア、ソフトウェアの故障や内在す
る障害に起因した危害の発⽣を低減すること
を⽬的とする
– ASIL: Automotive Safety Integrity Level
2017/10/11 SQuBOK V2復習会 15
2.2.2 S-KA: セーフティ・クリティカ
ル・ライフサイクルモデル(9/12)
•  ⾃動⾞電⼦制御の機能安全(ISO 26262)
– ハザード分析とリスクアセスメント
– 機能安全コンセプトの策定
– システムレベルの製品開発
– ソフトウェアレベルの製品開発
– アイテムの統合とテスト
– 安全妥当性確認
2017/10/11 SQuBOK V2復習会 16
2.2.2 S-KA: セーフティ・クリティカ
ル・ライフサイクルモデル(10/12)
•  ⾃動⾞電⼦制御の機能安全(ISO 26262)
– ISO 26262ではV字モデルにおける検証を「適
合確認」と呼ぶ
2017/10/11 SQuBOK V2復習会 17
2.2.2 S-KA: セーフティ・クリティカ
ル・ライフサイクルモデル(11/12)
– 医療機器ソフトウェアーソフトウェアライフサ
イクルプロセス(IEC 62304)
– 医療機器ソフトウェアの安全設計・保守に必
要なライフサイクルプロセスに関する要求事
項を規定した規格
– 組み込まれたソフトウェアだけでなく、スタ
ンドアロンソフトウェアに対しても適⽤する
2017/10/11 SQuBOK V2復習会 18
2.2.2 S-KA: セーフティ・クリティカ
ル・ライフサイクルモデル(12/12)
– 医療機器ソフトウェアーソフトウェアライフサ
イクルプロセス(IEC 62304)
– ソフトウェア安全クラスに応じて要求事項を
規定する
•  クラスA: 負傷または健康障害の可能性はない
•  クラスB: 重傷の可能性がある
•  クラスC: 死亡または重傷の可能性がある
2017/10/11 SQuBOK V2復習会 19
2.2.3 S-KA: プロセスモデル(1/7)
•  キーワード
– ウォーターフォールモデル
– 反復型開発プロセス
– プロトタイピング
– スパイラルモデル
– アジャイル開発→次回
– プロダクトライン開発→次回
– 派⽣開発(XDDP) →次回
2017/10/11 SQuBOK V2復習会 20
2.2.3 S-KA: プロセスモデル(2/7)
•  ウォーターフォールモデル
– ⾔わずとも知れたプロセスモデルの⼀つ
– 要求が確定している場合に有⽤なモデル
– ロイスが提案した⽅法論では、逐次的なアプ
ローチと同時にフィードバックループを考慮し
ている(ウォーターフォールモデルに対する誤
解)
2017/10/11 SQuBOK V2復習会 21
2.2.3 S-KA: プロセスモデル(3/7)
•  反復型開発プロセス
– 要求定義〜テストまでの⼀連の作業を「反復」
または「イテレーション」と呼ぶ。これを複数
回繰り返すことでソフトウェアを少しずつ完成
させる
– 機能を段階的に追加:インクリメンタルモデル
– 順次完成度を⾼めていく:イテレーティブモデ
ル
2017/10/11 SQuBOK V2復習会 22
2.2.3 S-KA: プロセスモデル(4/7)
– インクリメンタルモデル
– イテレーティブモデル
2017/10/11 SQuBOK V2復習会 23
完
成
完成
完
成
完
成
完成
完
成
2.2.3 S-KA: プロセスモデル(5/7)
•  反復型開発プロセス
– 部分的に完成させていくので、顧客の要求を
取り⼊れやすい
– 単独機能ではなく⼀括して稼働するのが必要
な場合、機能単位に分割して開発するのはあ
まり意味のない場合がある
2017/10/11 SQuBOK V2復習会 24
2.2.3 S-KA: プロセスモデル(6/7)
•  プロトタイピング
– 要求が明らかでない部分、要素技術検証が⼗
分でない場合に検証できる
– 使⽤性向上のために⽤いられることもある
– ペーパープロトタイピング:ソフトウェアの
実装を伴わない
2017/10/11 SQuBOK V2復習会 25
2.2.3 S-KA: プロセスモデル(7/7)
•  スパイラルモデル
– スパイラル:渦巻き
– 少しずつソフトウェアの定義と実装を拡⼤、
詳細化する
– 反復型のプロトタイピングモデルとウォー
ターフォールモデルを結合させた進化型プロ
セスモデル
– リスク削減の⼿段としてプロトタイピングを
使⽤する
2017/10/11 SQuBOK V2復習会 26
2.3につづく
正直、機能安全のところはあまり詳しくないので
よくわかっていません
詳しい⽅、いらっしゃいますか?(組込みソフト
ウェアの開発している⽅とか)
2017/10/11 SQuBOK V2復習会 27

More Related Content

More from Kosuke Fujisawa

第6回マインドマップ勉強会 テスト報告
第6回マインドマップ勉強会 テスト報告第6回マインドマップ勉強会 テスト報告
第6回マインドマップ勉強会 テスト報告
Kosuke Fujisawa
 
ドメイン分析勉強会
ドメイン分析勉強会ドメイン分析勉強会
ドメイン分析勉強会
Kosuke Fujisawa
 
第5回マインドマップ勉強会 テスト実行
第5回マインドマップ勉強会 テスト実行第5回マインドマップ勉強会 テスト実行
第5回マインドマップ勉強会 テスト実行
Kosuke Fujisawa
 
Wacate2015冬_参加報告
Wacate2015冬_参加報告Wacate2015冬_参加報告
Wacate2015冬_参加報告
Kosuke Fujisawa
 
テストプロセスについて
テストプロセスについてテストプロセスについて
テストプロセスについて
Kosuke Fujisawa
 
Jstqb test analyst-chap7
Jstqb test analyst-chap7Jstqb test analyst-chap7
Jstqb test analyst-chap7
Kosuke Fujisawa
 
Jstqb test analyst-chap6
Jstqb test analyst-chap6Jstqb test analyst-chap6
Jstqb test analyst-chap6
Kosuke Fujisawa
 
Jstqb test analyst-chap5
Jstqb test analyst-chap5Jstqb test analyst-chap5
Jstqb test analyst-chap5
Kosuke Fujisawa
 
Jstqb test analyst-chap4
Jstqb test analyst-chap4Jstqb test analyst-chap4
Jstqb test analyst-chap4
Kosuke Fujisawa
 
Jstqb test analyst-chap3
Jstqb test analyst-chap3Jstqb test analyst-chap3
Jstqb test analyst-chap3
Kosuke Fujisawa
 
Jstqb test analyst-chap2
Jstqb test analyst-chap2Jstqb test analyst-chap2
Jstqb test analyst-chap2
Kosuke Fujisawa
 
「マインドマップから始めるソフトウェアテスト」まとめ
「マインドマップから始めるソフトウェアテスト」まとめ「マインドマップから始めるソフトウェアテスト」まとめ
「マインドマップから始めるソフトウェアテスト」まとめ
Kosuke Fujisawa
 
第1回盛岡ソフトウェアテスト勉強会Ed
第1回盛岡ソフトウェアテスト勉強会Ed第1回盛岡ソフトウェアテスト勉強会Ed
第1回盛岡ソフトウェアテスト勉強会Ed
Kosuke Fujisawa
 
第1回盛岡ソフトウェアテスト勉強会Op
第1回盛岡ソフトウェアテスト勉強会Op第1回盛岡ソフトウェアテスト勉強会Op
第1回盛岡ソフトウェアテスト勉強会Op
Kosuke Fujisawa
 
ソフトウェアテストことはじめ
ソフトウェアテストことはじめソフトウェアテストことはじめ
ソフトウェアテストことはじめ
Kosuke Fujisawa
 
SQuBOK読破会活動紹介とSQuBOKにおける派生開発
SQuBOK読破会活動紹介とSQuBOKにおける派生開発SQuBOK読破会活動紹介とSQuBOKにおける派生開発
SQuBOK読破会活動紹介とSQuBOKにおける派生開発
Kosuke Fujisawa
 
Wacate2015summer_report
Wacate2015summer_reportWacate2015summer_report
Wacate2015summer_report
Kosuke Fujisawa
 
Jstqb test analyst-chap1
Jstqb test analyst-chap1Jstqb test analyst-chap1
Jstqb test analyst-chap1
Kosuke Fujisawa
 

More from Kosuke Fujisawa (18)

第6回マインドマップ勉強会 テスト報告
第6回マインドマップ勉強会 テスト報告第6回マインドマップ勉強会 テスト報告
第6回マインドマップ勉強会 テスト報告
 
ドメイン分析勉強会
ドメイン分析勉強会ドメイン分析勉強会
ドメイン分析勉強会
 
第5回マインドマップ勉強会 テスト実行
第5回マインドマップ勉強会 テスト実行第5回マインドマップ勉強会 テスト実行
第5回マインドマップ勉強会 テスト実行
 
Wacate2015冬_参加報告
Wacate2015冬_参加報告Wacate2015冬_参加報告
Wacate2015冬_参加報告
 
テストプロセスについて
テストプロセスについてテストプロセスについて
テストプロセスについて
 
Jstqb test analyst-chap7
Jstqb test analyst-chap7Jstqb test analyst-chap7
Jstqb test analyst-chap7
 
Jstqb test analyst-chap6
Jstqb test analyst-chap6Jstqb test analyst-chap6
Jstqb test analyst-chap6
 
Jstqb test analyst-chap5
Jstqb test analyst-chap5Jstqb test analyst-chap5
Jstqb test analyst-chap5
 
Jstqb test analyst-chap4
Jstqb test analyst-chap4Jstqb test analyst-chap4
Jstqb test analyst-chap4
 
Jstqb test analyst-chap3
Jstqb test analyst-chap3Jstqb test analyst-chap3
Jstqb test analyst-chap3
 
Jstqb test analyst-chap2
Jstqb test analyst-chap2Jstqb test analyst-chap2
Jstqb test analyst-chap2
 
「マインドマップから始めるソフトウェアテスト」まとめ
「マインドマップから始めるソフトウェアテスト」まとめ「マインドマップから始めるソフトウェアテスト」まとめ
「マインドマップから始めるソフトウェアテスト」まとめ
 
第1回盛岡ソフトウェアテスト勉強会Ed
第1回盛岡ソフトウェアテスト勉強会Ed第1回盛岡ソフトウェアテスト勉強会Ed
第1回盛岡ソフトウェアテスト勉強会Ed
 
第1回盛岡ソフトウェアテスト勉強会Op
第1回盛岡ソフトウェアテスト勉強会Op第1回盛岡ソフトウェアテスト勉強会Op
第1回盛岡ソフトウェアテスト勉強会Op
 
ソフトウェアテストことはじめ
ソフトウェアテストことはじめソフトウェアテストことはじめ
ソフトウェアテストことはじめ
 
SQuBOK読破会活動紹介とSQuBOKにおける派生開発
SQuBOK読破会活動紹介とSQuBOKにおける派生開発SQuBOK読破会活動紹介とSQuBOKにおける派生開発
SQuBOK読破会活動紹介とSQuBOKにおける派生開発
 
Wacate2015summer_report
Wacate2015summer_reportWacate2015summer_report
Wacate2015summer_report
 
Jstqb test analyst-chap1
Jstqb test analyst-chap1Jstqb test analyst-chap1
Jstqb test analyst-chap1
 

SQuBOK読破会_まとめスライド