Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

判別分析を用いた4年ストレート卒業の決定要因に関する探索的研究

【要約】
4年間で卒業できるか否かが、何によって決定されるのかを探った。具体的には、特定の大学の卒業生のデータを一部抽出し、4年間でストレート卒業した学生と、4年間でストレート卒業しなかった学生の2群に対する判別分析を行い、両群の差が何に起因するのかを推測した。
結果として、全学ベースではなく学部学科ベースでの議論が適切であることや、入試種別が一部の学部学科を除いてストレート卒業の可否にあまり関係していないこと等がわかった。
単独、平成26年9月、大学行政管理学会第18回定期総会・研究集会(資料集pp.57-58)於:東北学院大学

  • Login to see the comments

判別分析を用いた4年ストレート卒業の決定要因に関する探索的研究

  1. 1. 判別分析を用いた4年ストレート卒業の 決定要因に関する探索的研究 松 宮 慎 治 (神戸学院大学) 2014.09.07 大学行政管理学会第18回定期総会・研究集会 於:東北学院大学
  2. 2. 研究の目的 ・学生の教学に関する個別データを一部 抽出し,分析することで教学支援に資する ・修業年限で卒業した学生(ストレート卒 業)としなかった学生(非ストレート卒業) の差に注目する ・ストレート卒業の決定要因を推測するこ とで,留年・退学・休学等を減ずる可能性 を探る
  3. 3. 研究の背景(1)教務の職員として ・教務の職員の仕事は「守り」が多い →学生の学びを支援する「攻め」がしたい ・教務システムは,学生データの宝庫 →毎日直接触れているが,活用できてい るのか?という問題意識
  4. 4. 研究の背景(2)個人として ・大学になじめない,下位層への関心 →ミスマッチによる留年・休学・退学等を減 らしたい(社会的背景/教員の関心と一致) ・個別に学生を支援することの限界 →学生が伸びるポイントを戦略的に探した い
  5. 5. 本研究の主要な結論と含意 ◆全学ベースではなく,学部学科ベース の議論が適切 ◆入試種別や下宿生・自宅通学生の別は, ストレート卒業とあまり関係がない ◆ストレート卒業と関係が深いのは,「出 身校評定」「出身校の公立or私立」「部活 やサークルに所属しないこと」
  6. 6. 研究の方法(1) ・分析対象 X大学の2008~2010年度入学生6,901名 の6年間(2008~2013年度)のデータ ・分析方法(1) 修業年限でストレート卒業した学生と, しなかった学生に対する判別分析
  7. 7. 研究の方法(2) ・分析方法(2) 従属変数:修業年限で卒業したorしなかった 独立変数:通学種別(自宅,自宅外),入試種 別(AO入試,推薦入試,スポーツ推薦入試, 一般入試,センター利用入試,その他),出身 校設置者別(国立,公立,私立,その他),出 身校評定,所属団体別(部活,サークル,な し)
  8. 8. 判別分析とは何か?(1) 判別分析(discriminant analysis)とは, いくつかの集団や群に属する個人につい て多変量データが得られているときに,各 個人が属する集団同士がなるべくよく区 別されるように,多変量データの重みつき 合計点を作ることを目的としたもの 渡辺洋(1988)『心理・教育のための多変量解析入門 基礎編』より(下線は発表者)
  9. 9. 判別分析とは何か?(2) →母集団からAorBに振り分けられる時, 何の要素がどのくらい貢献しているのか? が分かる(これが「重み」) 母集団 A B
  10. 10. 判別分析とは何か?(3) 例:潰瘍の発症と性格の関係 性格に関する質問 標準化重み係数 今の仕事は自分の性格にあっていない .28 上司の仕事の進め方には納得がいかない .52 職場では言いたいことが言えない -1.22 1人でいる方が落ち着く .25 健康のことは人一倍気を使う .18 いつも仕事のことが頭から離れない .44 →数値がプラスであればあるほど,潰瘍の発症に貢献している 渡辺洋(1988)『心理・教育のための多変量解析入門 事例編』より(一部改変)
  11. 11. 結果(1)全学部 関数 1 全学部 入試AO -.157 入試スポーツ選抜 -.128 出身校公立 .531 出身校私立 出身校その他 出身校評定 .681 所属団体サークル 所属団体なし -.572 →出身校評定が高いほど,ストレート卒業に貢献している. 何らかの団体に所属していないことは,負に貢献している
  12. 12. 結果(2)A~D学部 関数 1 A学部 B学部 C学部 D学部 入試AO 入試スポーツ選抜 出身校公立 .733 出身校私立 .500 .552 出身校その他 出身校評定 -.719 -.746 .831 所属団体サークル 所属団体なし .574 .515 →B学部とC学部では,出身校評定の良さが負に貢献している. D学部はその逆.B学部とC学部では,所属団体がないことが 正に貢献(全学部の時と逆)
  13. 13. 結果(3)E~G学部 関数 1 E学部 F学部 G学部 E1学科 E2学科 G1学科 G2学 科 入試AO .238 入試スポーツ選抜 .223 出身校公立 .747 出身校私立 .542 .473 .489 出身校その他 -.443 出身校評定 -.575 -.750 .705 .826 -.549 所属団体サークル .541 所属団体なし .730 .491 -.477 .709 →出身校評定と所属団体がないことの貢献がやはり 顕著だが,正負が学部学科によって全く逆
  14. 14. 本研究の主要な結論と含意(1) ◆全学ベースではなく,学部学科ベース の議論が適切 ・全学ベースと学部学科ベースでは,得ら れる判別関数が違う ・全学ベースで得られた判別関数は,学 生数の多い学部学科ほど貢献度が大き いという問題がある
  15. 15. 本研究の主要な結論と含意(2) ◆入試種別や下宿生・自宅通学生の別は, ストレート卒業とあまり関係がない ・何の入試で入学したかは,ストレート卒 業の可否においては問題にならない →AOや推薦による入学のマイナスイメー ジの棄却 ・下宿しているかどうかも影響は小さい
  16. 16. 本研究の主要な結論と含意(3) ◆ストレート卒業と関係が深いのは, 要素①「出身校評定」 要素② 「出身校の公立or私立」 要素③「部活やサークルに所属し ないこと」
  17. 17. 本研究の主要な結論と含意(4) 要素① 「出身校評定」 ・「出身校評定」が高いことが,ストレート 卒業にマイナスに貢献する学部学科 →不本意入学した学生の,大学生活への 不適応を示唆 ・「出身校評定」が高いことが,ストレート 卒業にプラスに貢献する学部学科 →高校時の成績からストレート卒業の可 否が予測できる可能性を示唆
  18. 18. 本研究の主要な結論と含意(5) 要素② 「出身校の公立or私立」 ・ストレート卒業に対して,公立であることがプ ラスに貢献する学部学科と,私立であることが プラスに貢献する学部学科がある →家庭が裕福かどうか,あるいはカリキュラム の自由度が高いかどうかといった公私別の要 素から,当該学部学科での学びに適している かどうかがわかる可能性を示唆
  19. 19. 本研究の主要な結論と含意(6) 要素③ 「部活やサークルに所属しないこと」 ・ストレート卒業にプラスに貢献する学部学科 が多い →ストレート卒業するには,正課での学びに集 中するための指導や,正課外での学び合い が,より学業の充実と関連するような施策の 必要性を示唆 →正課外での活動を推進することが,どの学 生にとっても良いことだとは限らない
  20. 20. 本研究の限界と課題 ◆1大学の事例のみをとりあげている ◆各要素の発生した時点が統一されてい ない.入学時点で明らかな要素(入試種 別等)と,学生生活の中で得た要素(所属 団体の有無)を混在させている ◆非ストレート卒業の理由を捨象している. 中にはポジティブな理由もある
  21. 21. 参照した書籍 (統計リテラシー獲得のため) ・神永正博(2011)『ウソを見破る統計学』(ブルーバックス) ・河本薫(2013)『会社を変える分析の力』(講談社現代新 書) ・高橋信ほか(2004)『マンガでわかる統計学』(オーム社) ・高橋信ほか(2005)『マンガでわかる統計学 回帰分析編』 (オーム社) ・高橋信ほか(2006)『マンガでわかる統計学 因子分析編』 (オーム社) ・丸山健夫(2008)『ビギナーに役立つ統計学のワンポイン トレッスン 』(日科技連出版社)
  22. 22. 本研究の主要な結論と含意(再掲) ◆全学ベースではなく,学部学科ベース の議論が適切 ◆入試種別や下宿生・自宅通学生の別は, ストレート卒業とあまり関係がない ◆ストレート卒業と関係が深いのは,「出 身校評定」「出身校の公立or私立」「部活 やサークルに所属しないこと」

×