「ソフトウェア製品・サービス
最新アイデア50撰」から
注目のアイデア
Google
Microsoft
Amazon
Apple
日本IT特許組合/河野特許事務所
はじめに
 このスライドでは、当組合が発刊している「ソフトウェア製品・サービス最新アイデア50撰」の中から、
10件のアイデアについて簡単にご紹介します。
 「ソフトウェア製品・サービス最新アイデア50撰」は、アップル、グーグル、マイクロソ...
このスライドでご紹介するアイデア
 ジェスチャー入力 Google
 加速度計データに基づくアプリケーションのアクティブ化 Google
 環境情報に基づく広告 Google
 ライフストリーミング Microsoft
 ショッピング...
ジェスチャー入力 Google
スマートフォン関係のアイデアで、画面上で検索する場合、通常ある検索を行うと、いろいろな画面が表示さ
れ、途中で文字入力したり音声で入力したりしながら検索していきます。この操作はかなり煩雑です。
このアイデアでは、...
このアイデアは、スマートフォンに搭載されている3軸加速セン
サーを継続的にウォッチングして、その情報をアプリケーションに使お
うというものです。
今ではもうスマートフォンは、ほとんど生活の一部になっているので、
このようなデータ(日常の動き)と...
環境情報に基づく広告 Google
通常検索する場合、検索キーワードを入れて検索すると、探している情報に関する広告が数多く出される、と
いうことが基本になっています。このアイデアは、このキーワードを入れるときに、環境条件を同時に送ります。
この...
ライフストリーミング Microsoft
ライフレコーダーというデバイスがあります。
これは、例えば眼鏡です。この眼鏡にカメラ
とマイクそしてプロセッサー、メモリを組み込ん
で日常生活をどんどん記録していきます。全
部のデータをアップロードする...
ショッピングアシスタント Microsoft
いろいろな商品が様々な店で売られています。
どういうルートで見たら最も効率的か、をアドバイスする仕
組みです。簡単に言うと、DVD、本などを販売している店
に着くまでの時間、待ち時間、それから販売価...
小包出荷予測システム Amazon
これは日本でも新聞報道された非常に面白いアイデアです。物を送るときは郵便番号と住所、氏名を書いて
送るというのが一般的ですが、これは、郵便番号の上の3桁くらいを大まかに書いて送る、つまり住所を書かず
に配送す...
ユーザの提案情報を活用した強化検索
Amazon
このアイデアは、ウェッブ上にある様々なコンテンツについて様々
な利用者が注釈を記入することができる、というものです。
最近は、スマホをはじめとするエレクトロニクス機器や、家電
製品を購入しても今...
いつでも使えるショッピングリスト Apple
店舗で商品のNFCタグをスマホで読み取り、ショッピン
グリストを生成するシステムに関するアイデアです。
バーチャルファッションクローゼット Apple
ユーザのクローゼットを電子化し、利用者のファッションについて場面に応じて様々な提案を行うアイデアです。
まず洋服、帽子、靴などのファッションアイテムのデータのほか、色、素材、ブランド、スタイル(フ...
ショッピングセンターアクセスシステム Apple
大規模なショッピングセンターでお客様の商品
購入を支援するシステムに関するアイデアです。
最近日本でもショッピングセンターが大型化して
いますが、米国では比較にならないほど大型店
が多く、また車...
「ソフトウェア製品・サービス
最新アイデア50撰」ご紹介
本書は、アップル、グーグル、マイクロソフト、アマゾンなど先進企業が出願、取得している特許情報から米国の情報
紙誌で話題になった50件の特許を選び、対象とするビジネスモデルやテクノロジー、...
「ソフトウェア製品・サービス
最新アイデア50撰」掲載タイトル
<Google>
1. ジェスチャー入力
2. デバイスロック解除
3. ジェスチャーによる自動車制御
4. 加速度計データに基づくアプリケーションのアクティブ化
5. 近隣ユーザ...
• http://itpat.jimdo.com/
日本IT特許組合 事務局
〒160-0022 東京都新宿区新宿1丁目1番14
YAMADAビル 10F グローバル情報社会研究所(株)内
TEL:03-6388-9172 Mail: enqu...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

ソフトウェア製品・サービス最新アイデア50撰~先進企業の話題の特許から~

1,096 views

Published on

グーグル、マイクロソフト、アマゾン、アップルといった先進企業のの米国特許で話題になった特許50件を、そのアイデアという観点から分かりやすく解説。
新製品・サービス開発やお客様へのシステム、サービス提案のヒントとして活用できるレベルにまとめた。

Published in: Software
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
1,096
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
16
Actions
Shares
0
Downloads
9
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

ソフトウェア製品・サービス最新アイデア50撰~先進企業の話題の特許から~

  1. 1. 「ソフトウェア製品・サービス 最新アイデア50撰」から 注目のアイデア Google Microsoft Amazon Apple 日本IT特許組合/河野特許事務所
  2. 2. はじめに  このスライドでは、当組合が発刊している「ソフトウェア製品・サービス最新アイデア50撰」の中から、 10件のアイデアについて簡単にご紹介します。  「ソフトウェア製品・サービス最新アイデア50撰」は、アップル、グーグル、マイクロソフト、アマゾンなど 先進企業が出願、取得している特許情報から米国の情報紙誌で話題になった50件の特許を 選び、対象とするビジネスモデルやテクノロジー、特にそのアイデアの着眼点を掴み、その概要と特徴 を分かりやすく纏めています。  「ソフトウェア製品・サービス最新アイデア50撰」は、これらの特許情報を次のような目的に使って いただくため、法的な観点ではなく、商品やサービス開発のヒントになるアイデアという視点で解説し ました。  このスライド中の図は、USPTO掲載の特許情報から取得しました。 また、文中のアイデアに関する説明は、解説者である河野英仁弁理士と当組合に帰属します。 本スライドからの無断引用は、固くお断りします。  自社のサービスや製品開発のヒントとして、  お客様へのサービス提案のヒントとして、  新規事業検討の参考情報として、
  3. 3. このスライドでご紹介するアイデア  ジェスチャー入力 Google  加速度計データに基づくアプリケーションのアクティブ化 Google  環境情報に基づく広告 Google  ライフストリーミング Microsoft  ショッピングアシスタント Microsoft  小包出荷予測システム Amazon  ユーザの提案情報を活用した強化検索 Amazon  いつでも使えるショッピングリスト Apple  バーチャルファッションクローゼット Apple  ショッピングセンターアクセスシステム Apple
  4. 4. ジェスチャー入力 Google スマートフォン関係のアイデアで、画面上で検索する場合、通常ある検索を行うと、いろいろな画面が表示さ れ、途中で文字入力したり音声で入力したりしながら検索していきます。この操作はかなり煩雑です。 このアイデアでは、ボックスが表示されているところ(文字とか写真、URLリンクなど)をひと筆書きでクルッと囲 みます。動画やアイコンなどもgのひと筆書きでこれを囲みます。そうするとGoogleで検索します。
  5. 5. このアイデアは、スマートフォンに搭載されている3軸加速セン サーを継続的にウォッチングして、その情報をアプリケーションに使お うというものです。 今ではもうスマートフォンは、ほとんど生活の一部になっているので、 このようなデータ(日常の動き)とアプリケーションを紐付けられま す。ある人の生活行動をウォッチングして、この人は朝ジョギングが 終わったら電車に乗り、最寄りの駅から会社まで歩いてオフィスに入 り、席に着いて仕事を始めます。 また、ジョギングをする場合、多くの人は、イヤホンで音楽を聞きな がらジョギングする。そのときは音楽のアプリを起動する。電車に乗っ ているときは、少し時間があるのでドキュメントのファイルを開き、最 寄の駅から会社に向かって歩いているときは今日の予定をチェック するためスケジューラーを確認しています。そして、会社に着いたらス マホを置いてパソコンを立ち上げて、メールのチェックをする、こういう 日常の生活パターンがあります。 このパターンに応じて加速度センサーの動きが特徴付けられます。 ジョギングしているときの信号、電車に乗っているときの信号、歩い ているときの信号、そして会社の机に置いたときの信号などです。 これらの信号はそれぞれ特徴があるので、このような動きを見れば、 何をしていて、どういうアプリを起動しているかを紐付けることができ ます。このようなパターンをある期間取っておくと各々のアプリは、自 動で起動されるようになります。 加速度計データに基づく アプリケーションのアクティブ化 Google
  6. 6. 環境情報に基づく広告 Google 通常検索する場合、検索キーワードを入れて検索すると、探している情報に関する広告が数多く出される、と いうことが基本になっています。このアイデアは、このキーワードを入れるときに、環境条件を同時に送ります。 この環境条件は何かと言うと、例えば温度、湿度、周辺の音、位置情報あるいは歩いているのか車に乗ってい るのか、などの情報です。検索キーワードと一緒に送られたこの環境条件によって、広告サーバからこれらにマッチ し、キーワードに応じた適切な内容を絞り込んで広告を提供するというアイデアです。
  7. 7. ライフストリーミング Microsoft ライフレコーダーというデバイスがあります。 これは、例えば眼鏡です。この眼鏡にカメラ とマイクそしてプロセッサー、メモリを組み込ん で日常生活をどんどん記録していきます。全 部のデータをアップロードするだけでは、アイ デアとしてはあまり新鮮味がなく、適宜要約 して、例えばハワイ旅行の映像というふうに インデックス付けして記録し、また他のユー ザとも適宜シェアしていくというアイデアです。 ライフレコーダーで記録し、データがサー バーにアップロードされます。SNSなどで友 達とシェアしますが、問題点は全部プッシュ して送ると特徴がなくデータ量も増えてしま うので大事な部分だけを抽出、選択する方 法もこのアイデアのポイントです。
  8. 8. ショッピングアシスタント Microsoft いろいろな商品が様々な店で売られています。 どういうルートで見たら最も効率的か、をアドバイスする仕 組みです。簡単に言うと、DVD、本などを販売している店 に着くまでの時間、待ち時間、それから販売価格、これら を総合的に考慮して最適なルートを提案するアイデアです。 これはユーザのデバイスです。何を買うかの情報を入力し ます。優先事項も入力します。これはカーナビでよく見る 時間優先、距離優先、コスト優先に対応するものです。 一つまたは複数選択します。そうすると今入力した条件 で最適な行き方、お店を紹介してくれます。
  9. 9. 小包出荷予測システム Amazon これは日本でも新聞報道された非常に面白いアイデアです。物を送るときは郵便番号と住所、氏名を書いて 送るというのが一般的ですが、これは、郵便番号の上の3桁くらいを大まかに書いて送る、つまり住所を書かず に配送するというアイディアです。 需要を予測して最寄りの拠点に商品を送りつけておき、オーダーが入ればその住所、氏名などを具体的に記 載して配達するというアイディアです。特にアメリカは広大なので飛行機で搬送するとかなり費用がかかります。 従って、予測できるのであれば、陸送という安い運送方法で、とりあえずハブに送っておいて具体的なオーダーが 入れば、そこからすぐ送ることが、お客様サービス向上と自社の運送コスト削減につながります。
  10. 10. ユーザの提案情報を活用した強化検索 Amazon このアイデアは、ウェッブ上にある様々なコンテンツについて様々 な利用者が注釈を記入することができる、というものです。 最近は、スマホをはじめとするエレクトロニクス機器や、家電 製品を購入しても今までのような分厚いマニュアルは用意され ておらずいなく、必要な場合はウェブにアクセスして見に行く ケースが増えています。 しかし、一般にここで公開されているマニュアルは、例えばス マホのバッテリー交換ひとつを見ても、分かりやすいもの、わかり 難いもの、簡単すぎるもの、読みにくいもの、様々です。 このようなケースで、マニュアルを見たユーザが、独自のコメン トを書き込むことがでるというものです。
  11. 11. いつでも使えるショッピングリスト Apple 店舗で商品のNFCタグをスマホで読み取り、ショッピン グリストを生成するシステムに関するアイデアです。
  12. 12. バーチャルファッションクローゼット Apple ユーザのクローゼットを電子化し、利用者のファッションについて場面に応じて様々な提案を行うアイデアです。 まず洋服、帽子、靴などのファッションアイテムのデータのほか、色、素材、ブランド、スタイル(フォーマル/カジュアル)など、 さらに季節やランドリーステータス(洗濯の状況)を登録しておきます。 登録はかなり面倒ですが、オンラインで購入した場合は属性データがついているので購入時点で自動的に情報がイン プットされることになります。 そして、これらの情報をベースに、ユーザの状況に応じたファッションを提案してくれます。 この提案は、ユーザが指定した時、あるいは1週間とか1ヶ月のコーディネーションスケジュールとして提供されます。
  13. 13. ショッピングセンターアクセスシステム Apple 大規模なショッピングセンターでお客様の商品 購入を支援するシステムに関するアイデアです。 最近日本でもショッピングセンターが大型化して いますが、米国では比較にならないほど大型店 が多く、また車でいって大量に商品を購入します。 そこで、先ずできるだけ入口に近いところに駐車 しようとします。このようなときにこのアイデアでは、 いちばん近い駐車場の空き場所を見つけて表示 します。 また、広いモール内のどの店に行きたいかを予め 登録しておけば、その店への道順をガイドします。 モールに入った後も大きいモールですと自分の 現在いる場所が分からなくなることがありますが、 このアプリはしっかり位置を知らせてくれます。また、 会員登録やユーザ登録しておくとお店側からタイ ムセールやこれまでの購入履歴に応じて商品の 情報が送られてきます。 さらに、スマホを電子キーとして特別会員ゾーン に案内したりすることも可能です。
  14. 14. 「ソフトウェア製品・サービス 最新アイデア50撰」ご紹介 本書は、アップル、グーグル、マイクロソフト、アマゾンなど先進企業が出願、取得している特許情報から米国の情報 紙誌で話題になった50件の特許を選び、対象とするビジネスモデルやテクノロジー、特にそのアイデアの着眼点を掴 み、その概要と特徴を分かりやすく纏めています。 サービスや製品に関する特許は実際の商品化の前に申請されるため申請時期と公開時期のタイムラグはあるものの、 その企業の開発状況を知る貴重な情報です。 しかしながら、特許文献は難解で知財関係の専門家以外が内容を 把握しにくく、しかも英語の文献は、なおさらです。 本書では、これらの特許情報を次のような目的に使っていただくため、法的な観点ではなく、商品やサービス開発の ヒントになるアイデアという視点で解説しました。 • 自社のサービスや製品開発のヒントとして、 • お客様へのサービス提案のヒントとして、 • 新規事業検討の参考情報として、  本書の著者、構成、価格、などは、次のとおりです。 • 著者:弁理士河野英仁/日本IT特許組合 • 対象ベンダー:グーグル、マイクロソフト、アマゾン、アップル • 掲載件数:50件 (各社11件~14件) • 解説ページ数(含む図表):A4版 200ページ(特許書誌情報を含む) • 価格:98,000円(1冊、税込)
  15. 15. 「ソフトウェア製品・サービス 最新アイデア50撰」掲載タイトル <Google> 1. ジェスチャー入力 2. デバイスロック解除 3. ジェスチャーによる自動車制御 4. 加速度計データに基づくアプリケーションのアクティブ化 5. 近隣ユーザとの電子リソースシェアリング 6. 位置認識用のシーン分類 7. 環境情報に基づく広告 8. リングバック広告 9. インスタント電子ブッククラブ 10. メロディー認識を含む独立系放送番組 11. ジェスチャーによるキャプチャ 12. ソーシャルネットワークにおける自動応答 13. ストリートビューを用いたパノラマナビ 14. フェイスジェスチャー <Microsoft> 1.生体通信チャネル 2.ライフストリーミング 3.テキストメッセージを用いたスプレッドシートとの情報のやりとり 4.ショッピングアシスタント 5.ユーザの感情に応じたターゲット広告 6.電子書籍用広告の提供 7.携帯アプリマイグレーションサービス 8.リビングでの映画製作 9.コンピュータデバイスの消費電力低減 10.ブランドブラウザフレーム 11.オンラインパーソナル外観アドバイザー <Amazon> 1.小包出荷予測システム 2.デジタル作品の注釈提供システム 3.ユーザの提案情報を活用した強化検索 4.ECサイトにおける商品カテゴリの自動選別 5.色検索用のカラーパレットマップ 6.デジタル的に配信可能な商品の配達及び販売方法 7.インターネット上の顧客紹介システム 8.ギフト送付に関するカスタマイズ 9.マルチディスプレイ表示 10.E-コマースにおける価格交渉システム 11. デュアルディスプレイブックリーダー <Apple> 1.いつでも使えるショッピングリスト 2.ショッピングセンターアクセスシステム 3.スマホ使用ポリシー強制決定システム 4.バーチャルファッションクローゼット 5.位置情報に応じたキャリア選択 6.スマートガーメント 7.通話不良に伴うテキストメッセージ送信 8.モバイルデバイスにおけるジャーナリング 9.グループミュージカル 10.イルミネーションシステム 11.シームレスメディア切り替えスイッチ 12.アプリケーションスイッチ切り替え補助GUI 13.指紋を用いたスマホ操作 14.フレキシブルウェアラブルデバイス
  16. 16. • http://itpat.jimdo.com/ 日本IT特許組合 事務局 〒160-0022 東京都新宿区新宿1丁目1番14 YAMADAビル 10F グローバル情報社会研究所(株)内 TEL:03-6388-9172 Mail: enqu@it-patent.jp 「ソフトウェア製品・サービス最新アイデア50撰」の 詳細は、下記をご覧ください。

×