Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

【Zabbix 2.1】zabbix2.1.6→2.1.7 の変更点

4,336 views

Published on

Zabbix 2.2 のFirst bata であるZabbix2.1.7がリリースされました。
Zabbix2.1.6から2.1.7での変化ポイントについて
VM監視を中心に解説しています。

  • Be the first to comment

【Zabbix 2.1】zabbix2.1.6→2.1.7 の変更点

  1. 1. 【Zabbix 2.2】 Zabbix 2.2のVM監視機能 Zabbix 2.1.7 でのVM監視設定と 2.1.6からの変更注意ポイント 2013.10 @qryuu 1 2013/10/16
  2. 2. 自己紹介 HN :九龍真乙 所属 :自宅ラック勉強会 TwitterID: @qryuu 2 2013/10/16
  3. 3. Zabbix2.2によるVM監視 3 2013/10/16
  4. 4. ZabbixのVM監視機能 Zabbix2.2で実装が予定されているVMware監視機能 の評価や、バグレポートのため、アルファ版であ るZabbix2.1での設定方法をご紹介します。 VMware監視機能機能はZabbix2.1.4で実装されまし た。 4 2013/10/16
  5. 5. VM監視テンプレート Zabbix2.1には5つのVMware監視テンプレートが登 録されています。 2.0系からアップデートインストールした場合、DB はコンバートされますが、データは更新されませ ん。 VM監視テンプレートを登録するためには、2.1系の data.sqlを用いてDBを作成する必要があります。 5 2013/10/16
  6. 6. VM監視テンプレートの種類(2.1.6) テンプレート名 解説(推測) Template Virt VMware vCenter vCenter Server用テンプレート (手動適用) Template Virt VMware vCenter Guest vCenterServerに対してLLDを実 施し見つかったVMに対して自 動適用されるテンプレート Template Virt VMware vCenter Hypervisor vCenterServerに対してLLDを実 施し見つかったESX/ESXiに対し て自動適用されるテンプレー ト Template Virt VMware vSphere 単体利用のESX/ESXi用テンプ レート(手動適用) Template Virt VMware vSphere Guest 単体利用のESX/ESXiに対して LLDを実施し見つかったVMに 対して自動適用されるテンプ レート 6 2013/10/16
  7. 7. VM監視テンプレートの種類(2.1.7) テンプレート名 解説(推測) Template Virt VMware vCenter Server/ 単体vSpher Hyperviser用テンプレー ト(手動適用) Template Virt VMware Guest LLDを実施し見つかったVMに対し て自動適用されるテンプレート Template Virt VMware Hypervisor LLDを実施し見つかった vSphere Hypervisorに対して 自動適用されるテンプレート Zabbix 2.1.6(Alpha版)から2.1.7(bata版)に変 わる際にテンプレートが統合・整理されました。 試験をする際はdata.sqlを入れ替える必要がある ので、一度DBをdropしてから、再構築する方法が 理想です。 7 2013/10/16
  8. 8. VM監視テンプレートの見分け方 自動適用テンプレートと手動適用テンプレートを 見分けるポイントとしてアイテムキーに {HOST.HOST}マクロが使われている可動化です。 VM監視テンプレートで{HOST.HOST}マクロが使われ ているテンプレートは自動適用です。 これは、VM監視にuuidを利用するため、LLDで取得 したuuidをホスト名に登録し、マクロで利用する ためです。 なお、uuidはホスト名に使われますが、VM名やホ スト名を表示名に利用するため、監視画面でuuid を見ることはほとんどありません。 8 2013/10/16
  9. 9. VM監視機能のコンパイル VM監視機能をコンパイルするためにはlibxml2develが必要です。yumインストールが可能です。 #yum install libxml2-devel VM監視機能のコンパイルオプションについては、 まだ「configure --help」には記載されていませ ん。 --with-libxml2 をコンパイルオプションに追加し てコンパイルします。 9 2013/10/16
  10. 10. VM監視系のconfパラメータ Zabbix2.1.6では、VM監視は汎用のpollerプロセス が受け持っていましたが、2.1.7から専用プロセス に分離されました。 このため、VM監視用プロセスの起動数を設定しな いと、初期状態では、VM監視の値収集がおこわな れません。 10 2013/10/16
  11. 11. VM監視系のconfパラメータ VM監視に関わる追加されたパラメータは次の通り ### Option: StartVMwareCollectors 初期状態では、 です。 vmware collector instances. # Number of pre-forked StartVMwareCollectors の設定が0になっていま す。 # # Mandatory: no # Range: 0-250 # Default: StartVMwareCollectors=5 環境に合わせtえ1以上の値に設定してください。 ### Option: VMwareFrequency # How often Zabbix will connect to VMware service to obtain a new data # # Mandatory: no # Range: 10-86400 # Default: VMwareFrequency=20 その他のパラメータチューニングに関しては、 まだチューニングポイントは不明ですので、試 行錯誤が 必要です ### Option: VMwareCacheSize # Size of VMware cache, in bytes. # Shared memory size for storing VMware data. # # Mandatory: no # Range: 256K-2G # Default: VMwareCacheSize=256M 11 2013/10/16
  12. 12. ESXi監視設定 自宅環境にはESXiしかないため、ESXiの監視設定 を解説します。 おそらく、vCenter環境でも同様に監視の登録で動 作すると思われます。 12 2013/10/16
  13. 13. ESXiホスト登録 VMware監視はシンプルチェックとして登録されて いるため、エージェントインターフェイスを登録 すれば監視できます。必要に応じてIPMIインター フェイスなども登録してください。 13 2013/10/16
  14. 14. ESXiへのテンプレートリンク テンプレートの種類で解説したとおり、 「 Template Virt VMware」だけをリンクします。 14 2013/10/16
  15. 15. ESXiテンプレートのマクロ設定 VM監視テンプレートを利用するためには、vCenter やESXiのデータを取得するためのID、パスワード、 URLが必要です。 15 2013/10/16
  16. 16. マクロの内容 マクロ 内容 {$URL} vCenter/ESX/ESXiのURLを記入します。 https://<IPアドレス>/sdk となります。 ※/mobではないので注意 {$USERNAME} 対象のvCenterやESX/ESXiにアクセス出来るUserIDを 記入します。 {$PASSWORD} UserIDのパスワードを記入します。 16 2013/10/16
  17. 17. ESXi監視 VM監視が正常に動作していれば、実際に値が取得 できます。 17 2013/10/16
  18. 18. VM監視 LLDの機能により、自動的にVMとHypervisorが登録 されテンプレートがリンクされて監視が開始され ます。 18 2013/10/16
  19. 19. 削除されたパラメータ Zabbix 2.1.7で DisableHousekeepingのパ ラメータが廃しされまし た。 機能自体が廃しされたわ けでは無く、 Housekeeperの無効化設定 は、 [管理]-[一般設定][データの保存期間]のGUI 設定項目に移行されまし た。 19 2013/10/16
  20. 20. あくまでもアルファ版 Zabbix2.1.xはあくまでもアルファ版です。 動作しない機能や、今後変更される機能などもあ るため、商用には使用しないでください。 現在のVM監視テンプレートは値の取得は出来ます が、グラフやトリガーは定義されていません。 おかしな動きや、不具合を見つけたらZabbixJapan(@zabbix-jp)やZabbix SIAのサポートシス テムに報告しましょう。 20 2013/10/16
  21. 21. まとめ Zabbix2.1.x(4以降)でVM監視機能を使うためには libxml2-develが必要。 コンパイルオプションは--with-libxml2 VM監視テンプレートはアップデートインストール では導入されない。 監視対象のURLはhttps://<IPアドレス>/sdk VMやESXはLLDで見つけてくれるのでテンプレート 適用は不要 あくまでもアルファ版、みんなでバグレポートを。 21 2013/10/16

×