OSC tokyo fall 2011 - 統合監視ソフトウェアZabbixの機能紹介とリアルタイムデモ

3,483 views

Published on

Published in: Technology
0 Comments
6 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
3,483
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
57
Actions
Shares
0
Downloads
79
Comments
0
Likes
6
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

OSC tokyo fall 2011 - 統合監視ソフトウェアZabbixの機能紹介とリアルタイムデモ

  1. 1. 統合監視ソフトウェア Zabbix の 機能紹介とリアルタイムデモ Takanori Suzuki
  2. 2. 自己紹介 <ul><li>Takanori Suzuki </li></ul><ul><ul><li>ZABBIX-JP メンバー </li></ul></ul><ul><ul><li>修正パッチ作ったりしてます </li></ul></ul><ul><ul><li>ときどき、 ZABBIX-JP フォーラムや twitter でサポート </li></ul></ul><ul><ul><li>Zabbix Conference 2011 @ Latvia で発表してきました </li></ul></ul><ul><ul><li>Twitter: @BlueSkyDetector </li></ul></ul>
  3. 3. ZABBIX-JP について <ul><li>日本における Zabbix コミュニティー </li></ul><ul><li>http://www.zabbix.jp </li></ul><ul><ul><li>2005 年より活動開始 </li></ul></ul><ul><ul><li>日本向け RPM パッケージ・ Yum リポジトリの公開 </li></ul></ul><ul><ul><li>フォーラムでのサポートの提供 </li></ul></ul><ul><ul><li>修正パッチの作成・投稿 </li></ul></ul><ul><ul><li>リリースノート、マニュアル、 WebUI の翻訳 </li></ul></ul><ul><ul><li>各種ドキュメントの公開 </li></ul></ul>
  4. 4. アジェンダ Zabbix 概要 Zabbix 2.0 Zabbix 2.0 開発版 (1.9.7) デモ Zabbix 2.x とか
  5. 5. Zabbix 概要
  6. 6. Zabbix = 統合監視ソフトウェア <ul><li>監視機能 </li></ul><ul><ul><li>機器から情報を取得する </li></ul></ul><ul><ul><li>取得したデータの保存 </li></ul></ul><ul><li>履歴管理・表示機能 </li></ul><ul><ul><li>監視データの管理・表示 </li></ul></ul><ul><ul><li>グラフ、マップの表示 </li></ul></ul><ul><ul><li>障害履歴管理・表示 </li></ul></ul><ul><li>障害検知・通知機能 </li></ul><ul><ul><li>障害を検知するための閾値設定 </li></ul></ul><ul><ul><li>管理者への障害 / 復旧通知 </li></ul></ul>
  7. 7. Zabbix の特徴 <ul><li>主な特徴 </li></ul><ul><ul><li>オープンソース・ソフトウェア </li></ul></ul><ul><ul><li>Web インターフェースから選択式による監視設定、表示が可能 </li></ul></ul><ul><ul><li>柔軟に設定可能な監視、障害検知、通知機能 </li></ul></ul><ul><ul><li>マップ、グラフ、複数グラフの表示機能 </li></ul></ul><ul><ul><li>監視設定、収集データを RDBMS で一元管理 </li></ul></ul><ul><ul><li>テンプレートによる監視、障害検知、グラフ設定の一元管理 </li></ul></ul><ul><ul><li>ユーザスクリプトによる監視項目の拡張機能 </li></ul></ul><ul><ul><li>さまざまな OS に対応した専用エージェント </li></ul></ul><ul><ul><li>SNMP 、 IPMI 、 ODBC 、 ssh などエージェントレスの監視にも対応 </li></ul></ul><ul><ul><li>Zabbix プロキシによる大規模システムの監視機能 </li></ul></ul>
  8. 8. Zabbix 動作環境 Zabbix サーバ MySQL 管理者 SNMP & SNMP Trap Ping/ ポート監視 Telnet/SSH ネットワーク機器 Zabbix エージェント導入サーバ Zabbix エージェント未導入サーバ 障害通知 表示 設定 Zabbix エージェント Zabbix Web インターフェース
  9. 9. 対応プラットフォーム プラットフォーム Zabbix サーバ Zabbix エージェント Linux ○ ○ Windows - ○ Solaris ○ ○ AIX ○ ○ HP-UX ○ ○ Mac OS X ○ ○ FreeBSD ○ ○ OpenBSD ○ ○ Novell Netware - ○ SCO Open Server ○ ○ Tru64/OSF ○ ○
  10. 10. 監視機能 : Zabbix Agent 機能 <ul><li>基本監視項目 </li></ul><ul><ul><li>リソース監視 (CPU 、メモリ、ディスク、ネットワークの各使用率 ) </li></ul></ul><ul><ul><li>ポート監視 </li></ul></ul><ul><ul><li>プロセス監視 </li></ul></ul><ul><ul><li>ログ監視 </li></ul></ul><ul><ul><li>ファイル監視 </li></ul></ul><ul><ul><li>Windows サービス監視 </li></ul></ul><ul><ul><li>Windows イベントログ監視  など </li></ul></ul><ul><li>監視項目を独自に拡張可能 </li></ul><ul><ul><li>アプリケーションの監視などを独自に設定可能 </li></ul></ul><ul><ul><li>独自監視プログラムなどで利用 </li></ul></ul>
  11. 11. <ul><li>SNMP, SNMP Trap によって、ネットワーク機器などの監視が可能 </li></ul><ul><ul><li>OID を設定して監視可能 </li></ul></ul>監視機能 : SNMP, SNMP Trap 監視 Zabbix サーバ SNMP SNMP Trap SNMP 対応機器
  12. 12. <ul><li>Telnet, SSH を利用したサーバ監視が可能 </li></ul><ul><ul><li>Telnet または SSH 経由でのコマンド実行結果を監視結果として保存可能 </li></ul></ul><ul><ul><li>エージェントレスでの監視が可能 </li></ul></ul><ul><ul><li>パスワードや鍵の事前登録が必要 </li></ul></ul>監視機能 : Telnet, SSH 監視 Zabbix サーバ コマンドの実行 実行結果の監視 Telnet, SSH が 起動しているサーバ
  13. 13. <ul><li>IPMI 監視 </li></ul><ul><li>電源の故障、ファンの故障、温度などを監視 </li></ul><ul><li>データベースモニタ監視 </li></ul><ul><li>UnixODBC を利用して DB を監視 </li></ul><ul><li>シンプルチェック監視 </li></ul><ul><li>TCP ポート、 Ping などシンプルな監視 </li></ul><ul><li>Zabbix インターナル監視 </li></ul><ul><li>Zabbix 自体の状況を監視 </li></ul><ul><li>外部チェック監視 </li></ul><ul><li>任意のコマンドの実行結果を監視 </li></ul><ul><li>計算監視 </li></ul><ul><li>Zabbix 内の他の項目の監視結果を、計算して値を監視結果として保存 </li></ul><ul><li>などなど </li></ul>監視機能 : その他
  14. 14. 表示機能 <ul><li>監視データ表示 </li></ul><ul><li>障害発生箇所の一覧表示 </li></ul><ul><li>グラフ表示 </li></ul><ul><li>マップ表示 </li></ul><ul><li>スクリーン機能 ( レポート作成機能 ) </li></ul>
  15. 15. 通知機能 <ul><li>メールによる通知 </li></ul><ul><ul><li>障害時 / 復旧時の通知 </li></ul></ul><ul><ul><li>送信するメールの内容を設定可能 </li></ul></ul><ul><li>通知先・障害レベルの設定が可能 </li></ul><ul><ul><li>通知するユーザー / グループを設定可能 </li></ul></ul><ul><ul><li>通知する障害レベル設定が可能 </li></ul></ul><ul><li>スクリプトにより、通知方法をカスタマイズ可能 </li></ul><ul><ul><li>自動でプロセスの再起動 </li></ul></ul><ul><ul><li>特定のアプリケーションを実行 </li></ul></ul>
  16. 16. <ul><li>大規模なシステムや遠隔地の拠点の監視が可能 </li></ul><ul><li>監視設定や収集データは Zabbix サーバで一元管理 </li></ul>拠点 A その他 : Zabbix プロキシによる監視 Zabbix サーバ Zabbix プロキシサーバ Zabbix プロキシサーバ <ul><li>監視設定 </li></ul><ul><li>監視データ </li></ul>
  17. 17. その他 : 監視テンプレート <ul><li>監視テンプレートとは </li></ul><ul><ul><li>監視項目設定、障害閾値設定、グラフ設定をひとまとめにして扱うことができる機能 </li></ul></ul><ul><ul><li>ホストとリンクさせることで、テンプレートに含まれる設定内容を一括適用することが可能 </li></ul></ul><ul><ul><li>複数台のサーバで共通の監視設定をテンプレート化して管理することで、監視設定の管理を容易にすることができる </li></ul></ul><ul><li>テンプレート A </li></ul><ul><li>監視項目 A </li></ul><ul><li>障害閾値 A </li></ul><ul><li>グラフ A </li></ul><ul><li>テンプレート B </li></ul><ul><li>監視項目 B </li></ul><ul><li>障害閾値 B </li></ul><ul><li>ホスト Y </li></ul><ul><li>監視項目 B </li></ul><ul><li>障害閾値 B </li></ul>リンク <ul><li>ホスト X </li></ul><ul><li>監視項目 A </li></ul><ul><li>障害閾値 A </li></ul><ul><li>グラフ A </li></ul><ul><li>監視項目 B </li></ul><ul><li>障害閾値 B </li></ul>
  18. 18. Zabbix Web インターフェイス概観
  19. 19. 監視データの表示
  20. 20. 監視データの表示
  21. 21. 障害情報の表示
  22. 22. 障害情報の表示
  23. 23. 障害情報 ( 時系列 ) の表示
  24. 24. アクション(メール通知結果)の表示
  25. 25. マップの表示
  26. 26. スクリーンの表示 複数のグラフやマップを 1 つの画面で表示
  27. 27. Zabbix 2.0
  28. 28. <ul><li>2011 年中を予定 </li></ul><ul><ul><li>状況によっては予定が変更される可能性もあり (To be released when ready ) </li></ul></ul><ul><ul><li>現時点では 2.0 の開発版として、 1.9.7 を試用可能 </li></ul></ul><ul><ul><li>1.9.6 以降からはベータ扱いになっており、バグ潰しの最中 </li></ul></ul><ul><li>過去のリリース状況 </li></ul><ul><ul><li>1.4 ・・・ 2007/5 </li></ul></ul><ul><ul><li>1.6 ・・・ 2008/9 </li></ul></ul><ul><ul><li>1.8 ・・・ 2009/12 </li></ul></ul><ul><ul><li>2.0 ・・・ 2011/12?? </li></ul></ul><ul><li>※ 奇数バージョンは開発版、偶数バージョンは安定版になります </li></ul>2.0 リリース時期について
  29. 29. <ul><li>ZABBIX-JP から 1.9.7 の rpm を提供中 </li></ul><ul><ul><li>zabbix-java-proxy パッケージが追加 </li></ul></ul><ul><ul><li>依存関係は、 Zabbix-1.8.* 用のもの + java>=1.6.0 </li></ul></ul><ul><ul><li>JMX 関連のものが簡単に設定できるようにパッケージングされてます </li></ul></ul><ul><ul><li>既に Bug hunting モードなので、 2.0 リリースまで機能追加は基本的にありません。機能確認をしたい場合はお試しください </li></ul></ul><ul><ul><li>バグを見つけたら、バグレポートをお願いします 。 </li></ul></ul>2.0 ベータ版 (1.9.7) の利用について
  30. 30. <ul><li>Zabbix API の正式実装 </li></ul><ul><li>JMX を利用した Java アプリケーション監視機能 </li></ul><ul><li>監視対象デバイスの自動検知 </li></ul><ul><li>ハードウェア構成情報の自動収集 </li></ul><ul><li>Web インターフェイスのデザインの改善 </li></ul><ul><li>SNMP Trap 機能の強化 </li></ul>2.0 での追加機能
  31. 31. <ul><li>1.8 において試験的に実装されていた Zabbix API を正式に実装 </li></ul><ul><li>JSON-RPC を利用した API により、 API 経由での監視結果の取得や監視設定の追加・変更・削除が実現可能 </li></ul><ul><li>コミュニティーにおいて、すでに Ruby によるコマンドラインツールや各種プログラム向けのライブラリが利用可能 </li></ul><ul><li>API を利用して作成された、 iPhone や Android アプリが存在 </li></ul>Zabbix API の正式実装 Zabbix サーバ API へアクセス 結果を取得 プログラム Web サーバ JSON-RPC
  32. 32. <ul><li>以前は zapcat を利用し実現していた Java アプリケーションの監視機能を Zabbix 自体に実装 </li></ul><ul><ul><li>Zabbix サーバーや Java アプリとは別に Zabbix Java Gateway を経由してデータを取得 </li></ul></ul><ul><ul><li>Zapcat と比べ、記法は少し変更 </li></ul></ul><ul><li>JBoss, WebLogic, WEBSphere, Tomcat などに対応 </li></ul>JMX を利用した Java アプリケーション監視機能 Zabbix Server Zabbix Java Gateway Zabbix サーバー Tomcat Tomcat JMX
  33. 33. <ul><li>JMX 経由にて取得可能な情報を監視可能 </li></ul><ul><ul><li>メモリの使用状況 </li></ul></ul><ul><ul><li>スレッド数 </li></ul></ul><ul><ul><li>スレッドの状況 </li></ul></ul><ul><ul><li>セッション数 …など </li></ul></ul><ul><li>Jconsole と同等の情報を取得可能 </li></ul>JMX を利用した Java アプリケーション監視機能
  34. 34. <ul><li>JMX のセットアップ </li></ul><ul><ul><li>/etc/zabbix/zabbix_server.conf の編集 </li></ul></ul><ul><li>JavaProxy=localhost </li></ul><ul><li>JavaProxyPort=10052 </li></ul><ul><li>StartJavaPollers=5 </li></ul><ul><ul><li>/etc/zabbix/zabbix_java_settings.sh の編集 </li></ul></ul><ul><li>LISEN_PORT=10052 </li></ul><ul><ul><li>zabbix-java-proxy サービスの起動 </li></ul></ul><ul><li># service zabbix-java-proxy start </li></ul><ul><ul><li>zabbix-server サービスの起動 </li></ul></ul><ul><li># service zabbix-server start </li></ul><ul><ul><li>監視アイテムのタイプとして「 JMX エージェント」を選択して設定 </li></ul></ul>JMX を利用した Java アプリケーション監視機能
  35. 35. <ul><li>ネットワークデバイス名、ディスクデバイスの構成などを検知し、自動的に監視対象に追加 </li></ul><ul><li>自動検知により、細かな構成の違いによるテンプレートの分割が不要に </li></ul>監視対象デバイスの自動検知 (LLD) Zabbix サーバ 監視 各マシンに合わせて自動的に 監視項目を検知 監視テンプレート
  36. 36. <ul><li>ホストの設定要素に「ディスカバリ」が追加 </li></ul><ul><li>ディスカバリ後の自動アイテム登録方法を設定 </li></ul>監視対象デバイスの自動検知 (LLD) 自動検知
  37. 37. <ul><li>OS 、 MAC アドレス、 CPU アーキテクチャ、などを収集し、インベントリ情報として自動登録可能 </li></ul><ul><li>アイテムの登録画面からインベントリへの取込みが設定可能 </li></ul>ハードウェア構成情報の自動収集
  38. 38. <ul><li>見た目の改善 </li></ul><ul><li>AJAX による、より柔軟な操作の実現 </li></ul>Web インターフェイスのデザインの改善
  39. 39. <ul><li>タブの採用によって画面がシンプルに </li></ul>Web インターフェイスのデザインの改善
  40. 40. <ul><li>煩雑であった SNMP Trap 監視設定を容易に設定可能 </li></ul><ul><li>1.8 まで必須であった、 Zabbix Sender 実行用のカスタムスクリプトの作成が不要 </li></ul><ul><li>snmptrap[ 正規表現 ] 、 snmptrap.fallback というキーが新規追加 </li></ul>SNMP Trap 機能の強化 簡易化
  41. 41. <ul><li>1 つのホストに複数の IP アドレスを設定可能 </li></ul><ul><li>マップ上のアイコンに複数の URL リンクを設定可能 </li></ul><ul><li>マップ上のホストから、そのホスト上でコマンドを実行可能(グローバルスクリプト) </li></ul><ul><li>複数のアイコンを同時に一括編集可能 </li></ul><ul><li>マップのグリッド幅が変更可能 </li></ul><ul><li>ホスト名からマップ上で使うアイコンを自動判定して割り当てる機能 </li></ul>その他
  42. 42. <ul><li>Zabbix 2.0 のロードマップページ </li></ul><ul><li>http://www.zabbix.org/wiki/Docs/specs/2.0_roadmap </li></ul>その他
  43. 43. Zabbix 2.0 demo
  44. 44. Zabbix 2.x とか
  45. 45. <ul><li>NoSQL 採用による、より大規模な監視の実現 </li></ul><ul><li>クラウド・仮想化への対応 </li></ul><ul><li>ジョブスケジューリング機能の追加 </li></ul><ul><li>WebUI の安定性・利便性の向上 </li></ul>追加予定機能について
  46. 46. <ul><li>RDB によるパフォーマンスの限界を超えるために NoSQL を検討 </li></ul><ul><ul><li>Cassandra, Hadoop, Hbase, Hypertable, MongoDB, CouchDB, Neo4J などが検討対象 </li></ul></ul><ul><li>NoSQL の適用対象は監視履歴テーブル </li></ul><ul><li>理論上は 15,000 ( 監視項目 / 秒 ) -> 100,000 ( 監視項目 / 秒 ) 程度への向上 </li></ul><ul><li>※ Zabbix Conference 2011 であった話として、 Cassandra については、すでに Zabbix SIA で対応したバージョンを特定顧客向けに開発した実績はあるが、現時点で公開はされていない。 公開の検討はされているらしい。 </li></ul>NoSQL 採用による、より大規模な監視の実現
  47. 47. <ul><li>仮想化環境への対応 </li></ul><ul><ul><li>いままでは追加プログラム等から間接的に情報収集する必要があったが、 Zabbix 自体に仮想化環境監視機能を実装予定 </li></ul></ul><ul><ul><li>KVM, XEN, VMWare への対応を予定 </li></ul></ul><ul><ul><li>仮想環境の管理機能の追加 </li></ul></ul><ul><li>クラウド環境への対応 </li></ul><ul><ul><li>各種クラウド API へ対応 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>Amazon EC2 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>Rackspace Cloud </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>VMWare </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>クラウド環境の監視に対応 </li></ul></ul><ul><ul><li>クラウド環境の管理機能の追加 </li></ul></ul>クラウド・仮想化への対応
  48. 48. <ul><li>すでに存在しているリモートコマンド機能を利用し、ジョブスケジューリング機能の実装を検討 </li></ul><ul><ul><li>定期バックアップや定期タスクの実行 </li></ul></ul><ul><ul><li>クラウドや仮想化環境のリソースの ON/OFF </li></ul></ul><ul><ul><li>障害の発生状況により、実行するコマンドを決定 </li></ul></ul><ul><li>など </li></ul>ジョブスケジューリング機能の追加
  49. 49. <ul><li>安定性の向上 </li></ul><ul><ul><li>MVC 化を進め、保守性の高いコードに改善 </li></ul></ul><ul><ul><li>スケーラビリティーの向上 </li></ul></ul><ul><li>利便性の向上 </li></ul><ul><ul><li>ユーザによるカスタマイズを可能に </li></ul></ul>WebUI の安定性・利便性の向上
  50. 50. Fin. Any Questions?

×