Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Xamarin.Forms アプリケーション 設計パターン

1,074 views

Published on

de:code 2019 MW03
Xamarin.Forms アプリケーション 設計パターン

事前公開用資料です。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

Xamarin.Forms アプリケーション 設計パターン

  1. 1. de:code 2019 MW03 Xamarin.Forms アプリケーション 設計パターン Windows AppConsult / プレミア フィールド エンジニア 大田 一希
  2. 2. 自己紹介 # 所属・名前 • 日本マイクロソフト • Windows AppConsult / プレミア フィールド エンジニア • 大田 一希 # SNS & Blog • Twitter: @okazuki • Blog: かずきのブログ@hatena • https://blog.okazuki.jp # Like • C#, WPF, UWP, Xamarin.Forms, Azure, Game
  3. 3. 本セッションの目的 Xamarin.Forms v4.0 の紹介 MVVM パターンについて理解してもらう
  4. 4. Xamarin.Forms v4.0 紹介
  5. 5. Xamarin.Forms v4.0 新機能
  6. 6. Shell
  7. 7. Shell の構造 1/2
  8. 8. Shell の構造 2/2
  9. 9. Visual
  10. 10. CollectionView (プレビュー)
  11. 11. まとめ
  12. 12. 設計フェーズ
  13. 13. https://docs.microsoft.com/ja-jp/xamarin/xamarin-forms/enterprise-application-patterns/
  14. 14. 読んでみました
  15. 15. 読んでみて私はこうかな? と思った事を共有します
  16. 16. 大前提
  17. 17. 可能であれば変化に強いほうがいい
  18. 18. 変化に強いアプリの基本原則 見た目とロジックの分離 疎結合なコンポーネント
  19. 19. 見た目とロジックの分離
  20. 20. 疎結合なコンポーネント
  21. 21. 見た目とロジックの分離はできた
  22. 22. 全部作ってみないとテストできない
  23. 23. Before • 依存先の実装を知っている • 自分で依存先のインスタクスを作る After • 依存先のインターフェースは知っている • 依存先のインスタンス (実装) は 外からもらう
  24. 24. https://github.com/dotnet-architecture/eShopOnContainers https://prismlibrary.github.io/ http://www.mvvmlight.net/
  25. 25. その他気を付けること
  26. 26. The Clean Architecture https://blog.cleancoder.com/uncle-bob/2012/08/13/the-clean-architecture.html
  27. 27. 実際に作るにあたって
  28. 28. デモ Prism for Xamarin.Forms
  29. 29. まとめ
  30. 30. 楽しい Xamarin.Forms アプリ開発を!
  31. 31. © 2018 Microsoft Corporation. All rights reserved. 本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。 © 2019 Microsoft Corporation. All rights reserved. 本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、de:code 2019 開催日 (2019年5月29~30日) 時点のものであり、予告なく変更される場合があります。 本コンテンツの著作権、および本コンテンツ中に出てくる商標権、団体名、ロゴ、製品、サービスなどはそれぞれ、各権利保有者に帰属します。

×