Gitを使った運用方法

4,496 views

Published on

gitを使って

0 Comments
8 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
4,496
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
72
Actions
Shares
0
Downloads
24
Comments
0
Likes
8
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Gitを使った運用方法

  1. 1. Gitを使った運用方法 ヒトクセ積極的な部外者 濁沼 広樹
  2. 2. masterとdevelopmentの作成• master本番環境• development開発環境常に一致!!
  3. 3. 本番用サーバーと開発用サーバー 本番用サーバー 開発用サーバー developmentを反映 masterを反映 Gitサーバー master development開発用サーバーには社内のみのアクセス権限
  4. 4. Gitサーバーとローカル pull ローカルA Gitサーバー master master development development branchA push ローカルB master development branchBGitサーバーにはローカルで作ったブランチは反映させない
  5. 5. ローカルでの運用コマンド1• masterからdevelopmentブランチを作成 git branch 現在のブランチを確認 git checkout –b development masterと全く同じdevelopmentブランチが 作られる
  6. 6. ローカルでの運用コマンド2• 新規機能を追加する作業ブランチを作成 git checkout –b branch_name 作業ブランチの作成 git add filename git commit –m “commit message” 作業ブランチでの変更履歴をコミット git checkout development 一度developmentに移動 git merge branch_name developmentに変更内容を反映
  7. 7. 変更内容を確認• マージした変更内容をアップする git pull origin development 一応同期を取る git push origin development 開発環境に反映。この段階でテスト git checkout master テスト成功後マスターに移動 git merge development masterに変更内容を反映させる
  8. 8. 最後の仕上げ• 本番環境に変更を加える git pull origin master 一応同期 git push origin master 作業終了!以上Gitの運用方法でした! 次ページにおまけ
  9. 9. ミスったらgit diff master developmentにいる時、masterと差分がないか確認。差分があるなら何かしら間違いが起きてる。git fetch master 差分が起きてて、本番と開発で正しい方をfetchする。mergeとは違う。詳しい説明はいつかgit clone ~ 最終手段。全部消して一からサーバーのものを同期させる。
  10. 10. エイリアスの登録• git checkoutなどは長いので, git config --global alias.co ‘checkout’ 以降 git co = git checkout オススメ設定 git config --global alias.ci ‘commit’ git config --global alias.di ‘diff’ git config --global alias.br ‘branch’

×