Successfully reported this slideshow.

Shizudev git hub宿題

2,969 views

Published on

2012年9月1日に実施された静岡Developers勉強会 GitHUb勉強会の宿題です。

Published in: Technology

Shizudev git hub宿題

  1. 1. 宿題ソーシャルコーディング を体験しよう!
  2. 2. Learn, Practice, Share © Code 2012
  3. 3. Learn
  4. 4. Social Coding
  5. 5. 世界標準
  6. 6. ただのリポジトリホスティングではない
  7. 7. Codeで人と人を つなぐ
  8. 8. Code is about the people writing it.
  9. 9. プロジェクトでは無い。 あくまでも人が中心。
  10. 10. Pull Request Fork
  11. 11. Codeでつなぐとは?
  12. 12. Create Repo &Open the Code
  13. 13. Fork
  14. 14. Branch
  15. 15. Pull Request
  16. 16. Commit
  17. 17. Fork
  18. 18. Branch
  19. 19. Pull Request
  20. 20. Commit
  21. 21. Fork
  22. 22. Branch
  23. 23. Pull Request
  24. 24. Commit
  25. 25. Rebase
  26. 26. Branch
  27. 27. Pull Request
  28. 28. Commit
  29. 29. 僕たちの万国共通言語は Code.
  30. 30. プログラミング言語を使って 人に語りかける
  31. 31. Fork, PullRequestは他者との会話だ!
  32. 32. Codeで 人と人がつながっていく
  33. 33. Learn, Practice, Share © Code 2012
  34. 34. Lets Practice!
  35. 35. GitHubでSocial Codingを体験しましょう
  36. 36. 課題1 今から示すプロジェクトをForkします。  プロジェクトはMessage.txtと言うテキストファイ ルに書かれたテキストをTweetするボットプログラ ムのプロジェクトです。 Message.txtにメッセージを追加し、Pull Requestをするのがまず課題です。 次に私はPull RequestをCommitして、且つ皆さ んをcollaboratorsに登録するので、次からは皆 さんにもPull Requestが行きますので、練習だ と思ってメンテしてください。
  37. 37. 次のURLのプロジェクトをForkしましょう
  38. 38. Lets Forkhttps://github.com/ishisaka/ShizudevGithubHW
  39. 39. GitHubishisaka/ username/ShizudevGithubHW ShizudevGithubHW ①Fork Git Git ⑥Pull Request ②Clone/Pull ⑤push Git④変更作業 work master ③トピックブランチの作成
  40. 40. 作業手順① フォーク  GitHub画面② フォーク下リポジトリの取得  git clone https://github.com/username/ShizudevGithubHW③ トピックブランチの作成  git checkout –b work④ 変更作業  git add message.txt, git commit⑤ トピックブランチのpush  git push orgin work⑥ プルリクエストの送信  GitHub画面 https://github.com/ishisaka/ShizudevGithubHW
  41. 41. https://github.com/ishisaka/ShizudevGithubHW クリック!
  42. 42. https://github.com/ishisaka/ShizudevGithubHW Pull Request!!
  43. 43. ぜひ、Social Codingを経験しましょう
  44. 44. カンニング
  45. 45. カンニング Fork A Repo(@GitHub)  https://help.github.com/articles/fork-a-repo Using Pull Requests(@GitHub)  https://help.github.com/articles/using-pull-requests
  46. 46. Learn, Practice, Share © Code 2012
  47. 47. Share
  48. 48. 課題2 今日自分が学んだことを公開しましょう。 GitHubにコードを公開しましょう。
  49. 49. ソーシャルコーディング参考 Social Codingの世界(松田氏)  https://speakerdeck.com/u/a_matsuda/p/social-coding グリーを支えるソーシャルコーディングのす べて  http://www.slideshare.net/koichiro/ss-13796830 The GitHub  https://speakerdeck.com/u/hirocaster/p/the-github
  50. 50. No Code, No Life.
  51. 51. share one more...
  52. 52. GitHub ishisaka/ username/ ShizudevGithubHW ShizudevGithubHW Git Git ⑦Pull Request ②Pull ③checkout ⑥ push Git ⑤変更作業 ④rebase work masterアップストリーム更新の取り込み ①checkout
  53. 53. アップストリーム更新の取り込み ⓪ アップストリームの登録 git remote add upstream https://github.com/ishisaka/ShizudevGithubHW ① アップストリームと同期するmasterに移動 git checkout master ② アップストリームの更新の取り込み git pull upstream master ③ プルリクエスト用ブランチへ移動 git checkout work ④ 同期させたブランチでリベース git rebase master ⑥ 更新をGitHubにプッシュ git push
  54. 54. GitHub ishisaka/ username/ ShizudevGithubHW ShizudevGithubHW Fork Git Git Pull Request ①pull ⑦push ② fetch ⑥merge⑤動作チェック Git PR送信者 master pr1 work ④merge ③マージ用ブランチを作成 ⑧マージ用ブランチを削除プルリクエストされたら
  55. 55. プルリクエストされたら①ローカルのmasterを最新にするgit pull origin master②送信側のリモートリポジトリを取得する ②-1 プルリクエスト送信者のリポジトリを登録する git remote add username https://github.com/username/ShizudevGithubHW.git ②-2プルリクエストの相手からフェッチする git fetch username③ マージ用ブランチを作成git checkout –b pr1
  56. 56. プルリクエストされたら④マージするgit merge username/work⑤プルリクエストの内容をチェック⑥メインのブランチにマージgit checkout mstergit merge pr1git diff pr1 pr1と差分がないことを確認します。
  57. 57. プルリクエストされたら⑦変更をプッシュするgit push⑧マージ用ブランチを削除git branch –D pr1
  58. 58. これを読もう Gitポケットリファレンス 単行本(ソフトカバー): 272ページ 出版社: 技術評論社 (2012/7/10) 言語 日本語 ISBN-10: 477415184X ISBN-13: 978-4774151847 発売日: 2012/7/10

×