ノンプログラマのGit入門

3,197 views

Published on

ゆるふわ第2回の資料です

Published in: Technology
0 Comments
5 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
3,197
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
410
Actions
Shares
0
Downloads
30
Comments
0
Likes
5
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

ノンプログラマのGit入門

  1. 1. ノンプログラマのGIT入門∼もう「これだからデザイナーは」とか言わせないよ!∼
  2. 2. 自己紹介名前:むゆう職種:Webディレクター所属:ミツエーリンクス呟き:@anticyborgメモ:http://stackstock.net/ 最近HDDからSSDに進化したと思ったら リスに食べられてしまいましたFB:muyuu
  3. 3. 今回の目的とりあえずGitを使って、「バージョン管理って便利じゃねーか!!」ってことを覚えてもらいましょう細かいことは別の機会にしないとほら、覚えること多くてヤんなっちゃいますからねなので、割と色々端折ったり極端な説明をしたりするんですが、気になる方は後で聞いて下さいね。可能な限りお教えしますよー(/□)/
  4. 4. 目次バージョン管理とはGitとは覚えないといけない用語インストール試しにやってみようWPerならこうすれば良いんじゃね?
  5. 5. バージョン管理とはそもそもバージョン管理ってなんだよ!!ヽ(`Д´)ノ→ 「誰が」「何故」「何を」更新したかの履歴を残しておく ツールですよ例)2012年5月12日の更新は「Aさんがキャンペーンの告知のためにindex.htmlを修正した」であり、Bさんはいつでもその修正理由・内容を確認できる
  6. 6. バージョン管理とはイメージはこんな感じ ご主人様が歩まれた軌跡は私が全部覚えております。 ご主人様は前だけ向いて下されば結構です。 はいっ!お願いね! 僕 君
  7. 7. バージョン管理とはヤだっ!?あたしのGitイケメンすぎっ!?Σ(゚д゚lll)
  8. 8. バージョン管理とはつまりどういうことかと言うと、→ 「あっ!ファイル間違って削除しちゃった!!」→ 「修正前に戻さないと。…えと、どのファイルだっけ」→ 「え?君修正したの?あら、今どっちが最新なんだろ」こんな時に影からそっと助けてくれる、あなたから決して目を離さないコンシェルジュ的な存在です。
  9. 9. GITとはGitはバージョン管理ツールの一つです。他にもツールはありますが、今回はGitに焦点をあてます
  10. 10. GITとはGitはバージョン管理ツールの一つです。他にもツールはありますが、今回はGitに焦点をあてます何故Gitなの?
  11. 11. GITとはGitはバージョン管理ツールの一つです。他にもツールはありますが、今回はGitに焦点をあてます何故Gitなの?バージョン管理ツールは、通常1人のイケメンがみんな(コード書く人達)のお世話をしています。
  12. 12. GITとはGitはバージョン管理ツールの一つです。他にもツールはありますが、今回はGitに焦点をあてます何故Gitなの?バージョン管理ツールは、通常1人のイケメンがみんな(コード書く人達)のお世話をしています。Gitはですね、何と1人につき1人イケメンがいるんです!
  13. 13. GITとはイケメン一人締めっ!?Σ(゚д゚lll)
  14. 14. GITとはま、主にそんな理由でGitをおすすめします
  15. 15. GITとはあっ、男子は「イケメン」→「綾波」に変換してね
  16. 16. GITとはあっ、男子は「イケメン」→「綾波」に変換してね あなた(のコード)は死なないわ 私が守るもの
  17. 17. GITとは つかいたくなった?
  18. 18. まずは用語を覚えましょうリポジトリ 履歴を保存しておく所リビジョン バージョン番号みたいなもんですワークツリー 自分のPCにあるファイルチェックアウト リポジトリの内容をワークツリーにコピーコミット ワークツリーで変更した内容をバージョン保存プッシュ コミット内容をマスターリポジトリにアップロードプル マスターリポジトリの内容をダウンロード
  19. 19. GITを使う場合の流れ テストサーバ 公開サーバ 共用リポジトリを テストサーバの内容を テストにすると プル プルするだけ 楽かもね プッシュ プル プル プッシュ 1. 共用リポジトリから最新をプルする Aさんの 2. ローカルで編集する Bさんのリポジトリ 3. 区切り毎にコミットする リポジトリ 4. 共用リポジトリにプッシュ(アップ) 5. テスト確認完了後、公開サーバでプル
  20. 20. GITを使わない場合の流れ テストサーバ 公開サーバ 1. 公開(テスト)サーバから最新をダウンロード Aさんの Bさんの 2. ローカルで編集する ローカル ローカル 3. 編集したファイルをまとめる 環境 4. 一つ一つテストにアップロード 環境 5. テスト確認完了後、4と同様に公開サーバで アップロード
  21. 21. GITの作業方法Gitは基本的にコマンドを入力するだけのツールです。(ホントはGUIのツールもあるんだけど僕知りません)まずは基本的なコマンドの使い方を覚えましょうね
  22. 22. GITの作業方法Gitは基本的にコマンドを入力するだけのツールです。(ホントはGUIのツールもあるんだけど僕知りません)まずは基本的なコマンドの使い方を覚えましょうね 大丈夫、むずかしくないからw
  23. 23. GITの作業方法1. ターミナル(Winはmsysgit?)を立ち上げます2.リポジトリの場所に移動します3.打つ!以上!!(/□)/
  24. 24. インストールWin:msysgithttp://code.google.com/p/msysgit/downloads/list?q=net+installermac:OSX Installer for Githttp://code.google.com/p/git-osx-installer/downloads/list
  25. 25. それでは実際に作りましょう今回はできるだけ簡易にしたいのでマスターリポジトリ・ローカル環境・本番環境だけの構築とします
  26. 26. それでは実際に作りましょう マスターリポジトリ ② ③ ①ローカル環境 公開環境1.ローカル環境で変更2.マスターリポジトリにアップ3.公開環境で更新
  27. 27. ローカルにリポジトリを作りますローカルにリポジトリの場所となるフォルダを作りましょう 別にどこでも構わんよー
  28. 28. ローカルにリポジトリを作りますとりあえずファイルを作って保存 テストなのでそれっぽければ 何でもよし
  29. 29. ローカルにリポジトリを作りますターミナルでそのフォルダに移動します cd ってのは「次に書いたフォルダに 移動します」って意味のコマンドだよ
  30. 30. ローカルにリポジトリを作りますgit init と打ってエンター。これでリポジトリが作成されます 青字と赤字はぼくの設定なので、自分の かんきょうで出なくても気にしないでね
  31. 31. コミットするコミットするファイルを選択します 「git add 」はコミットファイルの追加、の 意味です。その次に「.」を打つことでディレ クトリ内の全てのファイルを対象にします。
  32. 32. コミットする「git commit 」でコミットして、変更した内容をリポジトリに記録しましょう 「-m “テキスト”」はコミットのコメン トです。今回のコミットの理由等を入力 してくださいね
  33. 33. 変更を更にコミットhtmlに編集を加える必要が出たので、修正します
  34. 34. 変更を更にコミットどこが修正されたかの差分を「git diff」コマンドで見ることができます - は今コミットしてるファイル + は今編集したファイル
  35. 35. 変更を更にコミット問題なければ再度「git add ファイル名」の後に「gitcommit」を入力して、修正したい箇所をコミットします
  36. 36. そんなかんじですそんな難しくないでしょ?
  37. 37. やれることは他にもある変更履歴を確認する一つ前(何個前でも可)のコミットに戻るファイルの一部分だけコミットする他の人が編集した箇所と結合する
  38. 38. やれることは他にもあるま、おいおいやってきましょ
  39. 39. マスターとなるリポジトリを作りますサーバにログインして、ディレクトリを作成します用途は「マスターのデータを取得する」のみ
  40. 40. マスターとなるリポジトリを作りますローカルと同様にリポジトリを作ります
  41. 41. マスターとなるリポジトリを作りますローカルに戻り、マスターリポジトリをローカルリポジトリと連携させます 「git remote」でリモートの定義 「add」でリモートの追加 「origin」でリモートの名前を定義 それ以降はサーバのアドレスとかディレクトリを指定
  42. 42. マスターとなるリポジトリを作りますローカルリポジトリで行ったコミットを、マスターリポジトリにプッシュします 「git push」でアップロードみたいな感じ 「origin」はさっき作った共有リポジトリですね 「master」はじぶんです
  43. 43. マスターとなるリポジトリを作りますこれで、マスターのリポジトリにはローカルの編集が反映された状態となります
  44. 44. マスターとなるリポジトリを作りますこれで、マスターのリポジトリにはローカルの編集が反映された状態となりますさぁ、後は公開ディレクトリに反映するだけですよー
  45. 45. 公開場所にもリポジトリを作ります最後に、公開ディレクトリを作って、そこにもリポジトリを作ります もはや手慣れたもんですね
  46. 46. 公開場所にリポジトリを作ります先ほどと同じように、共有リポジトリと連携します 各リポジトリが同じサーバの場合はディレクトリの 指定だけでだいじょうぶですよー
  47. 47. 公開場所にリポジトリを作りますここで、共用リポジトリの内容をプルします これでhtdocsフォルダの中にはローカルで 編集したindex.htmlが追加されます
  48. 48. できた! わーい(/□)/
  49. 49. WP案件での使い方WordPressを使用する案件の場合、テーマフォルダを1リポジトリとして管理すると良いんじゃないかと思ってます
  50. 50. WP案件での使い方自分で作るテーマフォルダの中身をGitに!
  51. 51. さいごに本当はWordPressで運用する際のお話をきちんとしたかったんですが、Gitの説明でいっぱいいっぱいでした。質問等、ございましたら答えますので遠慮なく言ってくださいねー
  52. 52. おしまい

×