Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Rancher プライベートカタログとCompose

4,569 views

Published on

Rancher meetup #4 で使用したスライドです。
なお、当日使用したネタ画像は含まれておりません。

Published in: Engineering
  • Be the first to comment

Rancher プライベートカタログとCompose

  1. 1. プライベート カタログと Compose
  2. 2. 自己紹介 • m-daichang と申します • しがないフリーランスです インフラメインで仕事してます • 一昨年まで金融系のガチインフラ屋さんでした のでソーシャル系サービスには非常に疎く ・twitter : ROM専用 ・Facebook : ミバレコワイ ・GitHub : m-daichang 最近ようやく取得 ・Qiita : 同上 • 最近のなやみ : フリーランスの名刺を作ってなくて (SIer経由で仕事してると使わない) こういう時に困ってます。。。
  3. 3. 皆さん、Rancherは使ってますか? dockerコンテナの管理ツールとして便利ですよね〜 この画面ばかり 見てませんか? 。。。もしかしてHosts画面をメインに使用されてますか?
  4. 4. もったいない!! Rancherの真骨頂はStackとCatalogと言って も過言ではないのです! コッチ!
  5. 5. Stack?Catalog?何それおいしいの? イマイチよく分からないし。。。 ⇨目的に合わせて複数のコンテナをまとめたのがStack、 そのStackを作成するための設計書がCatalogです。 ※最近docker 1.13でもstackの概念が取り入れられました。 Stack Service Container Container Service Container Container Catalog
  6. 6. Rancher Stack?Catalog?何それおいしいの? 例えばサービス丸ごとStackとしてCatalogにしておけば 環境のデプロイがすごい簡単にできる、ということです。 (本番・開発でもA/Bテストでも) Stack A フロント エンド バック エンド DBKVS Stack B フロント エンド バック エンド DBKVS
  7. 7. Stack?Catalog?何それおいしいの? ⇨Catalog、自分で作れますよ? それが プライベートカタログ です 便利そうだけど、 欲しい機能がCatalogに ないし〜
  8. 8. 必要なもの • Rancherサーバ(当たり前) • GitHubなどの git clone できる環境 (今回はGitHubを使用します) たったこれだけ!
  9. 9. ファイル 構 成 https://docs.rancher.com/rancher/v1.4/en/catalog/private-catalog/ templates Stack名 2つで1セット バージョン毎にフォルダ分け 実は数字じゃなくてもいいです catalogIcon-<Stack名>.svg svgじゃなくもいいです
  10. 10. config.yml
  11. 11. rancher-compose.yml 新しいバージョン作る時に 変更し忘れ注意 あんまり意味はないです まずは scale : 1 で
  12. 12. docker-compose.yml 基本 docker-compose v2 と同じです。 肝は labels ですがとりあえずは下の1行だけで良いです。 とりあえずこれだけ書きましょう
  13. 13. プライベートカタログ設定 ADMIN -> Settings -> Catalog -> Add Catalog ① ②
  14. 14. プライベートカタログ設定 ③ 適当でいいです ④ gitの情報※⑤ ※GitLabなどのユーザー認証が必要なものの場合は https://<user>:<pass>@<URL> ちょっとセキュリティ的にどうか、という気も。。。 ※自己証明書の場合はhttpに変更、もしくはRancherサーバコンテナに入り、 「 git config --global http.sslVerify false 」を打つ必要があります
  15. 15. プライベートカタログ設定 CATALOGに プライベートカタログが登場し ます! ここまで表示されていれば成 功です
  16. 16. プライベートカタログ設定 あとは⇦こうして ⇩こうして
  17. 17. プライベートカタログ設定 はい!出来上がり!
  18. 18. ね?簡単でしょ?
  19. 19. ただ、Stack作成時に パラメータ渡したいですよね? rancher-compose.ymlにquestionという 項目をつけるとStack作成時にパラ メータをつけることができます。
  20. 20. rancher-compose.yml 〜questions〜 変数名 必須かどうか trueにするとlabelに * がつきます 入力タイプ ⇨次のページ
  21. 21. rancher-compose.yml 〜type: int〜 portなどの数値を入力するのに使用します。 portが被りやすいdocker環境においてよく使うものになります。
  22. 22. rancher-compose.yml 〜type: string〜 文字列を入力するのに使用します。
  23. 23. rancher-compose.yml 〜type: multiline〜 文字列(複数行)を入力するのに使用します。 json形式などで設定情報を流し込む際に使用します。
  24. 24. rancher-compose.yml 〜type: password〜 パスワードを入力するのに使用します。 Stack作成後にYaml情報見るとそのまま載ってくるので意味はあまりない。。。
  25. 25. rancher-compose.yml 〜type: enum〜 ドロップダウンリストを選択させる場合に使用します。
  26. 26. rancher-compose.yml 〜type: service〜 起動しているStack上のサービスを選択できます。 他のStackとの連携をするのに重要なtypeです。 使い方 (docker-compose.yml)
  27. 27. こんな感じでゴリゴリ ・rancher-compose.yml ・docker-compose.yml を書いていくと。。。
  28. 28. こんなことも可能になります
  29. 29. もっと詳しく学びたい方は Rancherのcommunity-catalogを 参考にされても良いかもです https://github.com/rancher/community-catalog
  30. 30. みなさんも、プライベートカタログで 楽しいRancher生活を
  31. 31. 次回予告 • A/Bテストも楽勝? 内部LBの魅力 • Master/Slave系のサービスもコン テナで可能? Sidekickを使いこなせ! まあ、本当にやるかは未定ですが。。。
  32. 32. ご静聴ありがとうございました

×