Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Rファイルの保存と活用1―KH Coderによる対応分析の結果のエクスポートと活用―

124,756 views

Published on

Published in: Software
  • Be the first to comment

Rファイルの保存と活用1―KH Coderによる対応分析の結果のエクスポートと活用―

  1. 1. *.Rファイルの保存と活用1 ―KH Coderによる対応分析の結果のエクスポートと活用― 樋口耕一1
  2. 2. 対応分析のデータをエクスポート プロットを他のソフト(JMP、 SPSS等)で作り直したい場 合の手順 ①「保存」をクリック2
  3. 3. R形式で保存 ②「R Source」形式で保存する3
  4. 4. KH Coderに添付のRを起動 ③「Rgui.bat」をダブルクリック4
  5. 5. 保存したR形式ファイルを実行④上で保存したR形式ファイルをここにドラッグ&ドロップすると、KH Coderで作成したのと同じプロットがR上に作成される5
  6. 6. 座標データをエクスポート ⑤添付の「export_corresp.r」 をここにドラッグ&ドロップ ⑥保存画面が開くので、 分かりやすい場所に保存6
  7. 7. エクスポートしたCSVファイル ※バブルプロットの場合は、X・Y座標に加えて、7 バブルの多きさもエクスポートされる
  8. 8. エクスポートしたデータの利用例(SPSS)8

×