Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
統合バックアップBaculaを使ってみよう
GUI編
サワダ ケン (@ksawada1979)
Version 1.1
2014/11/14
改訂履歴
2
Version 日付 改訂内容
1.0 2014/11/14 初版
1.1 2015/03/24 Macからbatへアクセスを追記
参考資料追記
目次にページ番号追記
はじめに
本ドキュメントはBaculaのGUIツールであるbatについて記載します。
batを使用して「バックアップ実行」「リストア」をします。
Baculaの基本、インストールおよび設定については以下のドキュメントを参照ください。
http:...
目次
構築概要
batインストール
bat設定
bat起動
bat基本画面
バックアップ
リストア
Windowsからbatへアクセス
Linuxからbatへアクセス
Macからbatへアクセス
参考資料
4
・・・・・・...
構築概要
5
Bacula構築概要
6
構成図
Baculaサーバ バックアップ対象サーバ
バックアップ取得
IP 192.168.0.10
ホスト名 bacula
IP 192.168.0.20
ホスト名 backup-side
本手順書は上記の構成を想定...
Bacula構築概要
7
Virtualbox上に以下の2台のサーバを構築します。
・Baculaサーバ
OS: CentOS6.5(x86_64) minimalインストール
ベースパッケージ追加
DB: MySQL 5.1.73
Bacul...
batインストール
8
batインストール
9
# yum -y groupinstall "X Window System"
# yum -y install bacula-console-bat
GUIを使用するためにX Window Systemを追加でインスト...
bat設定
10
bat設定
11
batの設定ファイル
/etc/bacula/bat.conf
bat設定
12
/etc/bacula/bat.conf
#
# Bacula Administration Tool (bat) configuration file
#
Director {
Name = bacula-dir
DIRpo...
bat起動
13
bat起動
14
# bat
batをインストールしたBaculaサーバにデスクトップ環境があればターミ
ナルから以下のコマンドでbatが起動します。
WindowsからのbatアクセスとLinuxからのbatアクセスについては後
述のページに...
bat起動
15
無事に起動すると以下のようなGUIインターフェイスが表示されます。
Bat基本画面
16
bat基本画面
17
画面左側のSelect Pageより「Client」を選択するとBaculaに登録
されているクライアントの一覧が表示されます。
bat基本画面
18
画面左側のSelect Pageより「FileSets」を選択するとBaculaに登
録されているFileSetの一覧が表示されます。
bat基本画面
19
画面左側のSelect Pageより「Jobs」を選択するとBaculaに登録さ
れているジョブの一覧が表示されます。
bat基本画面
20
画面左側のSelect Pageより「Jobs Run」を選択するとジョブの実
行結果が一覧で表示されます。
バックアップ
21
バックアップ
22
バックアップを実施する前にまずラベルを作成します。
Label作成ボタンをクリックします。
Volume Nameに任意の名前を入力しOKをクリックします。
上記の例では「bacula」と入力しています。
バックアップ
23
引き続きLabel作成画面にて再度Volume Nameを入れます。
以下の例では「bacula」と入力します。
入力したらExcute Automaountの「On」ボタンをクリックします。
これによりバックアップ領域がマ...
バックアップ
24
Labelを作成とマウントが完了しましたので、バックアップを実施します。
画面左側のSelect PageのClientsからバックアップを実施したいジョブを
選択します。
ジョブを選択したらジョブ実行ボタンをクリックします。
バックアップ
25
以下のような画面が表示されます。
バックアップ内容を確認して「OK」ボタンをクリックします。
バックアップ
26
バックアップ実行の確認をします。
画面左側のSelect Pageから「Jobs Run」を選択します。
上記のような画面が表示されます。
Job Statusが「Completed successfuly」となっていること...
リストア
27
リストア
28
リストアを実施します。
リストアボタンをクリックします。
リストア
29
以下のような画面が表示されます。リストア対象となる「Job」と
「Client」を選択します。
上記の例ではリストア対象とする「backup-side」サーバを選択しま
す。最後に「OK」ボタンをクリックします。
リストア
30
以下のような画面が表示されます。リストアするファイルおよびディレク
トリをクリックで選択します。
画面下部で1,348files markdとなってますが1348ファイル選択さ
れていることを示しています。最後に「OK」をクリッ...
リストア
31
最後にリストアの確認が表示されます。
以下のような画面が表示され内容を確認します。
問題がなければ「OK」をクリックします。
リストア
32
リストア実行の確認をします。
画面左側のSelect Pageより「Jobs Run」を選択します。
上記のような画面が表示されます。
Job Statusが「Completed successfuly」となっていることを確認
...
リストア
33
Backup-sideサーバに実際にデータがリストアされていること確認をし
ます。
サーバにログインし以下のコマンドでリストアファイル出力先に移動しま
す。
デフォルトでは/tmp/bacula-restoresがリストアファイ...
リストア
34
lsコマンドでディレクトリがリストアされていることを確認します。
以下の例では「/etc」ディレクトリをリストアしましたので「/etc」が出力
されています。
# ls
etc
# cd etc
# ls -l
drwxr-xr...
Windowsから
batへアクセス
35
Windowsからbatへアクセス
36
Windowsマシンからbatへアクセスする手順を記載します。
まずBaculaサーバ側の設定を行います。
Baculaサーバ側のSSHの設定を確認します。
以下のコマンドで設定を確認します。
# ca...
Windowsからbatへアクセス
37
次にWindows環境の設定を行います。
Windows環境からbatへアクセスするために「tera term」と
「Xming」というソフトウェアでX Window環境を構築します。
ソフトウェアのイ...
Windowsからbatへアクセス
38
Tera termとXmingの設定が終わったら「tera term」を使って
Baculaサーバにアクセスします。
batコマンドを入力し実行します。
Windowsからbatへアクセス
39
batコマンドを入力すると以下のようにbatが起動します。
その後の操作は既に記載しましたbat操作手順を使用できます。
Linuxから
batへアクセス
40
Linuxからbatへアクセス
41
Linuxマシンからbatへアクセスする手順を記載します。
まずBaculaサーバ側の設定を行います。
Baculaサーバ側のSSHの設定を確認します。
以下のコマンドで設定を確認します。
# cat /e...
Linuxからbatへアクセス
42
次にデスクトップ環境のあるLinuxマシンからbatへアクセスする手順
を記載します。
以下のコマンドでBaculaサーバにアクセスします。
# ssh -Y root@192.168.0.10
Linuxからbatへアクセス
43
Baculaサーバにログイン後にbatコマンドでbatを起動します。
Linuxからbatへアクセス
44
batコマンドを入力すると以下のようにbatが起動します。
その後の操作は既に記載しましたbat操作手順を使用できます。
Macから
batへアクセス
45
Macからbatへアクセス
46
Macからbatへアクセスする手順を記載します。
まずBaculaサーバ側の設定を行います。
Baculaサーバ側のSSHの設定を確認します。
以下のコマンドで設定を確認します。
# cat /etc/ssh/...
Macからbatへアクセス
47
次にMac環境の設定を行います。
Macからbatへアクセスするために「Xquartz」というソフトウェアでX
Window環境を構築します。
以下のサイトより「XQuartz-2.x.x.dmg」をダウンロー...
Macからbatへアクセス
48
次に「Xquartz」 を起動します。
アプリケーション → ユーティリティ → X11.appを選択し起動します。
Macからbatへアクセス
49
次にBaculaサーバにログインします。
まずX11よりターミナルを起動します。
X11からアプリケーション → ターミナルを選択します。
Macからbatへアクセス
50
ターミナルが起動したら以下のコマンドでBaculaサーバにログインします。
ログイン後はbatコマンドでbatを起動するとMacの画面にbatが表示さ
れます。
# ssh root@192.168.0.10
...
Macからbatへアクセス
51
batコマンドを入力すると以下のようにbatが起動します。
その後の操作は既に記載しましたbat操作手順を使用できます。
参考資料
52
本手順書に記載している以下のコンフィグファイルはGithubにて公開
しておりますので、ご参考にしていただければ幸いです。
/etc/bacula/bat.conf
Githubアドレス
https://github.com/k...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

統合バックアップbaculaを使ってみよう(GUI編)

3,828 views

Published on

統合バックアップbaculaを使ってみようの続きの資料です。
baculaコミュニティ版GUIツールのbatのインストール、設定、バックアップ、リストアの手順になります。

  • Be the first to comment

統合バックアップbaculaを使ってみよう(GUI編)

  1. 1. 統合バックアップBaculaを使ってみよう GUI編 サワダ ケン (@ksawada1979) Version 1.1 2014/11/14
  2. 2. 改訂履歴 2 Version 日付 改訂内容 1.0 2014/11/14 初版 1.1 2015/03/24 Macからbatへアクセスを追記 参考資料追記 目次にページ番号追記
  3. 3. はじめに 本ドキュメントはBaculaのGUIツールであるbatについて記載します。 batを使用して「バックアップ実行」「リストア」をします。 Baculaの基本、インストールおよび設定については以下のドキュメントを参照ください。 http://www.slideshare.net/kensawada14/140801oscbacula/ 3
  4. 4. 目次 構築概要 batインストール bat設定 bat起動 bat基本画面 バックアップ リストア Windowsからbatへアクセス Linuxからbatへアクセス Macからbatへアクセス 参考資料 4 ・・・・・・・・ 5 ・・・・・・・・ 8 ・・・・・・・・ 10 ・・・・・・・・ 13 ・・・・・・・・ 16 ・・・・・・・・ 21 ・・・・・・・・ 27 ・・・・・・・・ 35 ・・・・・・・・ 40 ・・・・・・・・ 45 ・・・・・・・・ 52
  5. 5. 構築概要 5
  6. 6. Bacula構築概要 6 構成図 Baculaサーバ バックアップ対象サーバ バックアップ取得 IP 192.168.0.10 ホスト名 bacula IP 192.168.0.20 ホスト名 backup-side 本手順書は上記の構成を想定した手順書になります。 batはBaculaサーバにインストールします。
  7. 7. Bacula構築概要 7 Virtualbox上に以下の2台のサーバを構築します。 ・Baculaサーバ OS: CentOS6.5(x86_64) minimalインストール ベースパッケージ追加 DB: MySQL 5.1.73 Bacula 5.0.0 ・バックアップ対象サーバ OS:CentOS6.5(x86_64) minimalインストール ベースパッケージ追加 Bacula5.0.0(クライアントのみ)
  8. 8. batインストール 8
  9. 9. batインストール 9 # yum -y groupinstall "X Window System" # yum -y install bacula-console-bat GUIを使用するためにX Window Systemを追加でインストールし ます。 次にbatをインストールします。
  10. 10. bat設定 10
  11. 11. bat設定 11 batの設定ファイル /etc/bacula/bat.conf
  12. 12. bat設定 12 /etc/bacula/bat.conf # # Bacula Administration Tool (bat) configuration file # Director { Name = bacula-dir DIRport = 9101 address = 192.168.0.10 Password = “osc2014" } DirectorのIPアドレスとパスワードを設定します。Directorと同じサー バにbatをインストールしましたので「192.168.0.10」になります。 PasswordはDirectorにアクセスするためのパスワードにな ります。
  13. 13. bat起動 13
  14. 14. bat起動 14 # bat batをインストールしたBaculaサーバにデスクトップ環境があればターミ ナルから以下のコマンドでbatが起動します。 WindowsからのbatアクセスとLinuxからのbatアクセスについては後 述のページに記載しております。
  15. 15. bat起動 15 無事に起動すると以下のようなGUIインターフェイスが表示されます。
  16. 16. Bat基本画面 16
  17. 17. bat基本画面 17 画面左側のSelect Pageより「Client」を選択するとBaculaに登録 されているクライアントの一覧が表示されます。
  18. 18. bat基本画面 18 画面左側のSelect Pageより「FileSets」を選択するとBaculaに登 録されているFileSetの一覧が表示されます。
  19. 19. bat基本画面 19 画面左側のSelect Pageより「Jobs」を選択するとBaculaに登録さ れているジョブの一覧が表示されます。
  20. 20. bat基本画面 20 画面左側のSelect Pageより「Jobs Run」を選択するとジョブの実 行結果が一覧で表示されます。
  21. 21. バックアップ 21
  22. 22. バックアップ 22 バックアップを実施する前にまずラベルを作成します。 Label作成ボタンをクリックします。 Volume Nameに任意の名前を入力しOKをクリックします。 上記の例では「bacula」と入力しています。
  23. 23. バックアップ 23 引き続きLabel作成画面にて再度Volume Nameを入れます。 以下の例では「bacula」と入力します。 入力したらExcute Automaountの「On」ボタンをクリックします。 これによりバックアップ領域がマウントされます。
  24. 24. バックアップ 24 Labelを作成とマウントが完了しましたので、バックアップを実施します。 画面左側のSelect PageのClientsからバックアップを実施したいジョブを 選択します。 ジョブを選択したらジョブ実行ボタンをクリックします。
  25. 25. バックアップ 25 以下のような画面が表示されます。 バックアップ内容を確認して「OK」ボタンをクリックします。
  26. 26. バックアップ 26 バックアップ実行の確認をします。 画面左側のSelect Pageから「Jobs Run」を選択します。 上記のような画面が表示されます。 Job Statusが「Completed successfuly」となっていることを確認 します。
  27. 27. リストア 27
  28. 28. リストア 28 リストアを実施します。 リストアボタンをクリックします。
  29. 29. リストア 29 以下のような画面が表示されます。リストア対象となる「Job」と 「Client」を選択します。 上記の例ではリストア対象とする「backup-side」サーバを選択しま す。最後に「OK」ボタンをクリックします。
  30. 30. リストア 30 以下のような画面が表示されます。リストアするファイルおよびディレク トリをクリックで選択します。 画面下部で1,348files markdとなってますが1348ファイル選択さ れていることを示しています。最後に「OK」をクリックします。
  31. 31. リストア 31 最後にリストアの確認が表示されます。 以下のような画面が表示され内容を確認します。 問題がなければ「OK」をクリックします。
  32. 32. リストア 32 リストア実行の確認をします。 画面左側のSelect Pageより「Jobs Run」を選択します。 上記のような画面が表示されます。 Job Statusが「Completed successfuly」となっていることを確認 します。
  33. 33. リストア 33 Backup-sideサーバに実際にデータがリストアされていること確認をし ます。 サーバにログインし以下のコマンドでリストアファイル出力先に移動しま す。 デフォルトでは/tmp/bacula-restoresがリストアファイルの出力先と なります。 # cd /tmp/bacula-restores
  34. 34. リストア 34 lsコマンドでディレクトリがリストアされていることを確認します。 以下の例では「/etc」ディレクトリをリストアしましたので「/etc」が出力 されています。 # ls etc # cd etc # ls -l drwxr-xr-x 3 root root 4096 3月 4 12:10 2014 abrt drwxr-xr-x 4 root root 4096 3月 4 12:11 2014 acpi -rw-r--r-- 1 root root 45 11月 12 21:42 2014 adjtime -rw-r--r-- 1 root root 1512 1月 12 22:28 2010 aliases <以下省略>
  35. 35. Windowsから batへアクセス 35
  36. 36. Windowsからbatへアクセス 36 Windowsマシンからbatへアクセスする手順を記載します。 まずBaculaサーバ側の設定を行います。 Baculaサーバ側のSSHの設定を確認します。 以下のコマンドで設定を確認します。 # cat /etc/ssh/sshd_config X11Forwarding yes X11DisplayOffset 10 上記の2つの項目がコメントアウトされていることを確認します。 コメントアウトされていない場合はviなどでコメントアウトを外して 「service sshd restart」を実行してください。 ※cat の例は対象の項目以外は省略しています。
  37. 37. Windowsからbatへアクセス 37 次にWindows環境の設定を行います。 Windows環境からbatへアクセスするために「tera term」と 「Xming」というソフトウェアでX Window環境を構築します。 ソフトウェアのインストールと設定は以下のサイトを参考にさせていただ きました。 http://keitetsu.blogspot.jp/2012/07/teraterm-xmingx-window.html ブログの作者様に感謝いたします。
  38. 38. Windowsからbatへアクセス 38 Tera termとXmingの設定が終わったら「tera term」を使って Baculaサーバにアクセスします。 batコマンドを入力し実行します。
  39. 39. Windowsからbatへアクセス 39 batコマンドを入力すると以下のようにbatが起動します。 その後の操作は既に記載しましたbat操作手順を使用できます。
  40. 40. Linuxから batへアクセス 40
  41. 41. Linuxからbatへアクセス 41 Linuxマシンからbatへアクセスする手順を記載します。 まずBaculaサーバ側の設定を行います。 Baculaサーバ側のSSHの設定を確認します。 以下のコマンドで設定を確認します。 # cat /etc/ssh/sshd_config X11Forwarding yes X11DisplayOffset 10 上記の2つの項目がコメントアウトされていることを確認します。 コメントアウトされていない場合はviなどでコメントアウトを外して 「service sshd restart」を実行してください。 ※cat の例は対象の項目以外は省略しています。
  42. 42. Linuxからbatへアクセス 42 次にデスクトップ環境のあるLinuxマシンからbatへアクセスする手順 を記載します。 以下のコマンドでBaculaサーバにアクセスします。 # ssh -Y root@192.168.0.10
  43. 43. Linuxからbatへアクセス 43 Baculaサーバにログイン後にbatコマンドでbatを起動します。
  44. 44. Linuxからbatへアクセス 44 batコマンドを入力すると以下のようにbatが起動します。 その後の操作は既に記載しましたbat操作手順を使用できます。
  45. 45. Macから batへアクセス 45
  46. 46. Macからbatへアクセス 46 Macからbatへアクセスする手順を記載します。 まずBaculaサーバ側の設定を行います。 Baculaサーバ側のSSHの設定を確認します。 以下のコマンドで設定を確認します。 # cat /etc/ssh/sshd_config X11Forwarding yes X11DisplayOffset 10 上記の2つの項目がコメントアウトされていることを確認します。 コメントアウトされていない場合はviなどでコメントアウトを外して 「service sshd restart」を実行してください。 ※cat の例は対象の項目以外は省略しています。
  47. 47. Macからbatへアクセス 47 次にMac環境の設定を行います。 Macからbatへアクセスするために「Xquartz」というソフトウェアでX Window環境を構築します。 以下のサイトより「XQuartz-2.x.x.dmg」をダウンロードしインストー ルします。 http://xquartz.macosforge.org/landing/
  48. 48. Macからbatへアクセス 48 次に「Xquartz」 を起動します。 アプリケーション → ユーティリティ → X11.appを選択し起動します。
  49. 49. Macからbatへアクセス 49 次にBaculaサーバにログインします。 まずX11よりターミナルを起動します。 X11からアプリケーション → ターミナルを選択します。
  50. 50. Macからbatへアクセス 50 ターミナルが起動したら以下のコマンドでBaculaサーバにログインします。 ログイン後はbatコマンドでbatを起動するとMacの画面にbatが表示さ れます。 # ssh root@192.168.0.10 # bat
  51. 51. Macからbatへアクセス 51 batコマンドを入力すると以下のようにbatが起動します。 その後の操作は既に記載しましたbat操作手順を使用できます。
  52. 52. 参考資料 52 本手順書に記載している以下のコンフィグファイルはGithubにて公開 しておりますので、ご参考にしていただければ幸いです。 /etc/bacula/bat.conf Githubアドレス https://github.com/ksawada1979/Bacula_gui.git

×