Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

潜る人

558 views

Published on

ジャックマイヨールと大崎映晋

Published in: Sports
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

潜る人

  1. 1. 『潜る人』 ジャックマイヨールと大崎映晋 著作者:佐藤 嘉尚 発刊日:2006年1月30日 発刊元:文芸春秋 「Book Digest」
  2. 2. [目次] 第1章 水の中の別世界(大崎一族滝壷 ほか) 第2章 夢のゆくえ(一族の食糧確保 ほか) 第3章 大津波(名取洋之助水中写真開眼 ほか) 第4章 出会いと別れ(ボルケーノ島ブルー・オリン ピック ほか) 第5章 偉大な青(勝山マリーナ二組の兄弟 ほか)
  3. 3. 著者紹介: 佐藤嘉尚(サトウヨシナオ) 秋田県山本郡二ツ井町(現在の能代市二ツ井町)に生まれる。 秋田県立秋田高等学校を経て、浪人時代に山下力と知り合う。 1966年に慶應義塾大学文学部国文科を中退して東京新宿の 小出版社である大光社に入社。最初に企画した丸山明宏(後 の美輪明宏)著『紫の履歴書』がベストセラーになったため、 1969年、入社3年目で編集長に昇進。金子光晴の『人非人伝』、 吉行淳之介『生と性』『なんのせいか』、大岡昇平の『戦争』、泉 靖一や西江雅之などの共著『構造主義の世界』、大島渚の『青 春』や、中原弓彦の『笑殺の美学』などを刊行。
  4. 4. 3.本の概要: 水中カメラマンの草分け、大崎映晋。彼の数奇な人生と潜水の世界チャンピオン、マイ ヨールとの知られざる交友を描く異色の評伝 2001年、自ら命を断ったジャック・マイヨール。彼が1970年に伊豆半島でフリー・ダイ ビングの世界新記録を出したときにサポートしたのが、日本の水中写真家の草分け、大 崎映晋でした。大崎氏は大正9年生まれ。現在80歳半ばですが、その人生はまさに数 奇としか言いようがありません。戦時中、炎の海を潜って九死に一生を得た体験、パー ル・バック原作の映画『大津波』のアドバイザーを務めたこと、マイヨールとの水中交遊録 ともいえる友情など、波乱万丈の人生です。 ひとりは人生の途中で自ら死を選んだ人、ひとりは90歳になっても病と闘いながらも自 らの人生を貫いている人。人生の生き方を再考させてくれた本でした。
  5. 5. こちらのサイトも参考、願いします 関連サイト:ダイビングファン

×