Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
障害児支援における記録用紙「ヒトマト」導入の効果―支援員の障害児支援に対する「援助・援護・教授」機能に着目して―2012.12.8 第4回対人援助学会年次大会石幡愛(NPO法人クリエイティブサポートレッツ / 東京大学教育学研究科)田中保帆(N...
障害児支援における支援員の成長• 障害児に対するサービス(対人援助)で  あると同時に、支援者の学習(支援者支  援)にもなりうる。• 対人援助学の枠組みは、支援者支援にも  適用できるのでは?                       2
援助・援護・教授                  援助設定をした上で、                  必要な行動を教える今できる選択肢を作る一旦基準を緩める             選択肢や基準を                     ...
本研究の方針• 障害児支援における振り返りと記録のためのツ  ールに着目する。• そのツールが、障害児に対する「援助・援護・  教授」機能と同時に、支援員に対する「援助・  援護・教授」機能も果たしていることを示す。              ...
実践場所の概要     (2012.4時点)• 障害福祉施設アルス・ノヴァ(静岡県浜松市)  の放課後等デイサービス• 支援員:正職員4名、準職員3名• 利用者:知的・精神・発達障害の小中高校生• 施設の方針 – 「診断名」ではなく「個人」から...
データと収集方法• 記録用紙「ヒトマト」の使い方(4〜6月/観察  )• 対象児Aに対する支援員の見立てと関わり方の  変化(4〜11月/ヒトマトの記述、支援の産物な  どの資料収集)• 支援全般に関する支援員の意識や効力感の変化  (6月/グ...
ヒトマトリックス(通称:ヒトマト)              支援員ごとに真ん中に名前        ペンの色がが書かれた         決まっているA4の紙             誰かが書いたことに出来事や             他の人...
ヒトマト導入の経緯時期        出来事2011年春    • 利用者一人につき支援員一人が様子を記録          • 問題行動などを口頭で共有          ⇒振り返りがつまらない。積み重ね感がない。            一方...
Aくんのプロフィール    (2012.4時点)• 特別支援学校に通う12歳男児• 自閉症• 2010年6月から当施設を利用• 外国出身で、スペイン語(家庭)・日本語(学  校、施設)を理解• 音声による発話もあるが、発音がうまくできず  聞き...
支援員プロフィール(2012.4時点)Bさん(29歳,男性)       Dさん(25歳,男性)•勤続2年             •勤続1年8ヶ月•精神保健福祉士          •保育士•専門:社会福祉          •専門:保育•他...
ヒトマトを用いた振り返りの様子                  11
ヒトマトの使い方:振り返り       • 子ども一人一人に1         日1枚のシート       • どんなことをして過         ごしていたか、それ         を見てどう思ったか         などを職員全員で記   ...
ヒトマトの使い方:振り返り       • 支援員一人一人に1         日1枚のシート       • 誰とどんな関わり方         をしていたか、それ         を見てどう思ったか         などを職員全員で記   ...
ヒトマトの使い方:漉し作業       • それぞれの子どもの         担当者が、たまった         シートを見返して、         その子の特徴や今後         の目標を書き出して         いく       •...
ヒトマトの使い方:漉し作業       • 漉し作業で出てきた         、その子の特徴、今         後の目標などの中か         ら、特にみんなで共         有すべきことを付箋         に書いて、壁に貼る ...
ヒトマトの使い方:トピック立て        • 雑多な情報がある程          度集まった段階で導          入        • 担当者が特に気にな          ることを明示して情          報収集       ...
ヒトマトの使い方の相関図支援→振返             支援→振り返雑多な記                 り                  雑多な記録 録                  トピック立支援→振返           ...
事例:Aに対する見立ての変化「攻撃的」から「通じる」へ        2012.4.4   2012.7.9                          18
事例:Aに対する支援の変化      手話辞典プロジェクト      •Aの“おしゃべり”相手を増      やすため、彼の手話をイラ      ストと文字で示した辞典を      作成。      •そのプロセス自体が、彼の      できる...
事例:Aの言語行動に関する記述の変         化Aのタクトとイントラバー             Aのタクトとイントラバーバルに関する記述の一日平             バルに言及した支援員の一均数                   ...
支援全般に対する効果         (6月インタビュー)• 誰かに言いたいけど議題にあげるまでもないことが毎日  ある。それを吐き出していい時間。(Cさん)• ヒトマトに書いたことに対して、他の人がコメントして  くれる。ちゃんと見られている...
支援全般に対する効果         (6月インタビュー)• あの人はあの子に今こういうふうに関わっているんだな  というのが共有できているので「やってるやってる」と  か「これからどうなるんだろう」と期待して見ていられ  るようになった。(C...
ヒトマトの「援助」機能子どもに対する「援助」     支援員に対する「援助」• 意識が集中しがちな問題   • 支援員それぞれの関わり  行動以外の様々な行動に     方が、他の支援員によっ  ついても記録される余地     て肯定される。見...
ヒトマトの「援護」機能子どもに対する「援護」     支援員に対する「援護」• 援助つき行動が起きる環   • 支援の方針や意図を、他  境設定を支援員どうしが     の支援員に対して示すこ  共有できる。同様の関わ     とができる。期待...
ヒトマトの「教授支援」機能• 設定された目標に向かって行動をどう増やすか/減らす  かについてのアイデア集めとその共有を行い、支援場面  の「教授」行動を支援する。 子どもに対する「教授支援」     支援員に対する「教授支援」• 日々の様子か...
ヒトマトが機能する環境• ヒトマト導入と同時に3つの仕組みも導入 – 担当制 – 曜日固定制 – 写真・映像等、記録物の整理の徹底• 担当制:各職員の視点や関わり方を肯定。• 曜日固定制:来週の見通しが立つ。• 記録物整理:他メディアと連動した...
ご清聴ありがとうございました お問い合わせ NPO法人クリエイティブサポートレッツ E-mail : lets-arsnova@nifty.com WEB : http://cslets.net                         ...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

障害児支援における記録用紙「ヒトマト」導入の効果―支援員の障害児支援に対する「援助・援護・教授」機能に着目して―

1,455 views

Published on

対人援助学会第4回大会口頭発表
2012年12月8日 神奈川県立保健福祉大学

石幡愛(NPO法人クリエイティブサポートレッツ/東京大学教育学研究科)
田中保帆(NPO法人クリエイティブサポートレッツ)
乾明紀(立命館大学 立命館グローバルイノベーション研究機構)

  • Be the first to comment

障害児支援における記録用紙「ヒトマト」導入の効果―支援員の障害児支援に対する「援助・援護・教授」機能に着目して―

  1. 1. 障害児支援における記録用紙「ヒトマト」導入の効果―支援員の障害児支援に対する「援助・援護・教授」機能に着目して―2012.12.8 第4回対人援助学会年次大会石幡愛(NPO法人クリエイティブサポートレッツ / 東京大学教育学研究科)田中保帆(NPO法人クリエイティブサポートレッツ)乾明紀(立命館大学 立命館グローバルイノベーション研究機構) 1
  2. 2. 障害児支援における支援員の成長• 障害児に対するサービス(対人援助)で あると同時に、支援者の学習(支援者支 援)にもなりうる。• 対人援助学の枠組みは、支援者支援にも 適用できるのでは? 2
  3. 3. 援助・援護・教授 援助設定をした上で、 必要な行動を教える今できる選択肢を作る一旦基準を緩める 選択肢や基準を 社会に向けて主張す る 望月(2007) • 障害児支援の中では、障害児に対する「援助・援護・教 授」と同時に、支援員に対する「援助・援護・教授」も 行われているのではないか? 3
  4. 4. 本研究の方針• 障害児支援における振り返りと記録のためのツ ールに着目する。• そのツールが、障害児に対する「援助・援護・ 教授」機能と同時に、支援員に対する「援助・ 援護・教授」機能も果たしていることを示す。 4
  5. 5. 実践場所の概要 (2012.4時点)• 障害福祉施設アルス・ノヴァ(静岡県浜松市) の放課後等デイサービス• 支援員:正職員4名、準職員3名• 利用者:知的・精神・発達障害の小中高校生• 施設の方針 – 「診断名」ではなく「個人」から始まる支援 – 問題行動の読み替えによる価値の転換 – 障害者の存在を通して、社会の既存の価値観や規範 をゆさぶっていく、変えていく 5
  6. 6. データと収集方法• 記録用紙「ヒトマト」の使い方(4〜6月/観察 )• 対象児Aに対する支援員の見立てと関わり方の 変化(4〜11月/ヒトマトの記述、支援の産物な どの資料収集)• 支援全般に関する支援員の意識や効力感の変化 (6月/グループインタビュー) 6
  7. 7. ヒトマトリックス(通称:ヒトマト) 支援員ごとに真ん中に名前 ペンの色がが書かれた 決まっているA4の紙 誰かが書いたことに出来事や 他の人が情報やコメ思ったことを ントを加える書く 日付を記入 7
  8. 8. ヒトマト導入の経緯時期 出来事2011年春 • 利用者一人につき支援員一人が様子を記録 • 問題行動などを口頭で共有 ⇒振り返りがつまらない。積み重ね感がない。 一方で、雑談で共有されるエピソードは豊 か。2011年夏 ドキュメント展「佐藤は見た!!!!!」開催 • 福祉施設の日常のエピソードを発信 • 各支援員の目線で「面白いこと」を展示2011年秋冬 「佐藤は見た!!!!!!」の経験を踏まえて、日々の 支援と記録の方法を見直すための議論。2012年4月 ヒトマト導入 8
  9. 9. Aくんのプロフィール (2012.4時点)• 特別支援学校に通う12歳男児• 自閉症• 2010年6月から当施設を利用• 外国出身で、スペイン語(家庭)・日本語(学 校、施設)を理解• 音声による発話もあるが、発音がうまくできず 聞き取ることが難しい• 2012年4月頃~ひとりの支援員とジェスチャー で会話をはじめる• 2012年4月当初は他害(他の人の目を突く、叩 く)が問題視されていた 9
  10. 10. 支援員プロフィール(2012.4時点)Bさん(29歳,男性) Dさん(25歳,男性)•勤続2年 •勤続1年8ヶ月•精神保健福祉士 •保育士•専門:社会福祉 •専門:保育•他施設勤務経験あり Eさん(23歳,女性)•Aくん担当者(2012年3月~8月) •勤続1年 •保育士Cさん(28歳,男性) •専門:芸術教育•勤続1年6ヶ月 •Aくん担当者(2012年9月•専門:工業デザイン ~現在) 10
  11. 11. ヒトマトを用いた振り返りの様子 11
  12. 12. ヒトマトの使い方:振り返り • 子ども一人一人に1 日1枚のシート • どんなことをして過 ごしていたか、それ を見てどう思ったか などを職員全員で記 入 • 個人のバインダーで 保管 12
  13. 13. ヒトマトの使い方:振り返り • 支援員一人一人に1 日1枚のシート • 誰とどんな関わり方 をしていたか、それ を見てどう思ったか などを職員全員で記 入 • 個人のバインダーで 保管 13
  14. 14. ヒトマトの使い方:漉し作業 • それぞれの子どもの 担当者が、たまった シートを見返して、 その子の特徴や今後 の目標を書き出して いく • 支援員のヒトマトの 漉し作業は今のとこ ろやっていない 14
  15. 15. ヒトマトの使い方:漉し作業 • 漉し作業で出てきた 、その子の特徴、今 後の目標などの中か ら、特にみんなで共 有すべきことを付箋 に書いて、壁に貼る 15
  16. 16. ヒトマトの使い方:トピック立て • 雑多な情報がある程 度集まった段階で導 入 • 担当者が特に気にな ることを明示して情 報収集 16
  17. 17. ヒトマトの使い方の相関図支援→振返 支援→振り返雑多な記 り 雑多な記録 録 トピック立支援→振返 て雑多な記 漉し作業 漉し作業 録 支援→振り返 り支援→振返 雑多な記録雑多な記 トピック立 録 て 場合によっては 場合によっては 数回繰り返す 数回繰り返す 17
  18. 18. 事例:Aに対する見立ての変化「攻撃的」から「通じる」へ 2012.4.4 2012.7.9 18
  19. 19. 事例:Aに対する支援の変化 手話辞典プロジェクト •Aの“おしゃべり”相手を増 やすため、彼の手話をイラ ストと文字で示した辞典を 作成。 •そのプロセス自体が、彼の できること(手話によるコ ミュニケーション)を見つ け、共有し、分化強化する 支援だった。 19
  20. 20. 事例:Aの言語行動に関する記述の変 化Aのタクトとイントラバー Aのタクトとイントラバーバルに関する記述の一日平 バルに言及した支援員の一均数 日平均人数※Aの言語行動そのものの指標ではなく、Aの言 ※同左語行動に対する支援員の注目の指標である点に注意1.6 1.41.4 1.21.2 1 1 0.80.8 0.60.60.4 0.40.2 0.2 0 0 4月 5月 6月 7月 4月 5月 6月 7月 「おしゃべり」「いろいろ教えてくれる」「語彙が増えた」との記述 20
  21. 21. 支援全般に対する効果 (6月インタビュー)• 誰かに言いたいけど議題にあげるまでもないことが毎日 ある。それを吐き出していい時間。(Cさん)• ヒトマトに書いたことに対して、他の人がコメントして くれる。ちゃんと見られている安心感。去年とやってる こと自体は変わらないけれど、これでいいんだという自 信を持てた。(Dさん)• 待つという支援をしたいときに、何もやっていないんじ ゃなくて、支援として待っているんだと、はっきり言え るようになったので、やりやすくなった。(Eさん) 21
  22. 22. 支援全般に対する効果 (6月インタビュー)• あの人はあの子に今こういうふうに関わっているんだな というのが共有できているので「やってるやってる」と か「これからどうなるんだろう」と期待して見ていられ るようになった。(Cさん)• 自分が見てなかった情報も集まる。漉すのは自分だけれ ど、独りよがりにならずにすむ。(Dさん)• 「支援目標」に対する考え方が変わった。子どもがどう なるべきかというよりも、自分が子どもに対してどうい う目線を向けたいのか、どう関わりたいのか、という支 援員にとっての指針だと思う。(Bさん) 22
  23. 23. ヒトマトの「援助」機能子どもに対する「援助」 支援員に対する「援助」• 意識が集中しがちな問題 • 支援員それぞれの関わり 行動以外の様々な行動に 方が、他の支援員によっ ついても記録される余地 て肯定される。見られる がある。強化の機会が増 、認められることによる える。 強化。• 複数の目線からの評価が • 些細な出来事でも吐き出 得られる。価値の反転や せる。表現することによ 問題の読み替えが起きる る自己強化。 機会が増える。 23
  24. 24. ヒトマトの「援護」機能子どもに対する「援護」 支援員に対する「援護」• 援助つき行動が起きる環 • 支援の方針や意図を、他 境設定を支援員どうしが の支援員に対して示すこ 共有できる。同様の関わ とができる。期待を持っ りを他の支援員も行うこ て見守ってもらえる。理 とによって、当該行動を 解や協力を得られる。 維持・般化しやすくなる 。 24
  25. 25. ヒトマトの「教授支援」機能• 設定された目標に向かって行動をどう増やすか/減らす かについてのアイデア集めとその共有を行い、支援場面 の「教授」行動を支援する。 子どもに対する「教授支援」 支援員に対する「教授支援」• 日々の様子から、次回、その • 漉し作業を通して、支援員に 子に対してどのような環境を とっての次の方針を確認、見 提供するかというチャレンジ 直しできる。 の方向性が見える。 • 通常の振り返りでのコメント• 漉し作業を通して、子どもに や、トピック立てによって、 とっての次の目標が設定され 他の支援員から様々な情報や る。 アイデアを提供してもらうこ とができる。 25
  26. 26. ヒトマトが機能する環境• ヒトマト導入と同時に3つの仕組みも導入 – 担当制 – 曜日固定制 – 写真・映像等、記録物の整理の徹底• 担当制:各職員の視点や関わり方を肯定。• 曜日固定制:来週の見通しが立つ。• 記録物整理:他メディアと連動した振り返りが 可能になる。見返したくなる記録物。 26
  27. 27. ご清聴ありがとうございました お問い合わせ NPO法人クリエイティブサポートレッツ E-mail : lets-arsnova@nifty.com WEB : http://cslets.net 27

×