Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

「若年層向け傾聴ピアサポーター(聴くトモ)

916 views

Published on

  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

「若年層向け傾聴ピアサポーター(聴くトモ)

  1. 1. NPO法人LightRing.「若年層向け傾聴ピアサポーター(聴くトモ)簡易養成講座」マーケティング戦略構築のためのインタビュー調査報告書 2012年3月5日 NPO法人LightRing. 担当アドバイザー ・www.alight-kikutomo.com ・a.light.mhip@gmail.com コーディネート支援 NPO法人ETIC.
  2. 2. Part 1. 調査概要 LightRing. All Rights Reserved. 2
  3. 3. 調査サマリ • 今回のプロジェクトでは、NPO法人LightRing.の若年層向け傾聴ピアサポー ター養成講座の簡易版・入門編となる「聴くトモライト(簡易版養成講座)」 のマーケティング戦略を構築するために調査を実施した。 • インタビュー調査に協力してくれた12名中11名が、NPOやボランティアでの 活動、福祉関連の大学通学・企業に就業していた。社会貢献・メンタルケ ア・人と支えることへの関心が見て取れ、「擁護欲求」が聴くトモライトに 関心を持つ共通条件であることが確認された。 • また、聴くトモライトのコンセプトが「何かを身に付けたい」・「何かでき る力が欲しい」という成長欲求に答えられるものであることがわかった。た だし、すでに自己効力感が高い場合には、あえてセミナーで学ぶ価値を感じ られないという反応も多い。付加価値向上・説明内容の強化が必要であるこ とが示唆された。 • 全体を通じて、半分以上のインタビュイーから参加したいという評価を得て おり、LightRing.の一事業となる可能性は感じられた。サービス単体および 事業全体構成については、以下のような改善の方向性がある。 1. コース内容を具体化し、説明する力を上げる(詳細説明・メリットPR) 2. コース後に、卒業生が継続的に会う場を設け、定期的に刺激を受けたり、 お互いの意識/スキルを高めあう場を作る。 LightRing. All Rights Reserved. 3
  4. 4. 背景と目的 調査に至る背景 リサーチの目的 LightRing.のサービスは、1:人間関係に悩む人に、 傾聴ピアサポートサービスを提供する「聴くトモ」 と、2:傾聴のスキルを見につけ「聴くトモ」の”ピ アサポーター”を育成する「聴くトモ養成講座」の 2つで構成される。 「聴くトモライト」の マーケティング戦略立案 • 今回のマーケティングリサーチでは、2:養成講 のため 座側をブラッシュアップすることが事業を成り 立たせる上で重要という結論に達した。 1. ターゲットのイメー • また、現在の養成講座は講義回数が多い(2時間 ジを具体化する ×10回)にも関わらず、料金は全部で3,000円で 2. マーケティングに資 ある。この状態のままでは事業を拡大しても事 する示唆を得る 業を成立させることは不可能である。 • よって、応えるニーズを限定・講座の回数を減 らした入門講座を新設することが必要と判断。 仮に「聴くトモライト」とする。 LightRing. All Rights Reserved. 4
  5. 5. リサーチ方法 • 性別不問 調査対象 • Target1 学生 / Target2 若手社会人 • 人間関係などについて相談されたことがあり、もど かしいと感じたことがある人。 リクルーティング • 代表および聴くトモ2期生の知人紹介 方法 • ツイッター・ML等への告知による募集 • 2011年11月6日(日)~同年11月14日(日) 実施日時 • 各回1時間程度 • インタビューフロー 準備品 • コンセプトボード(一部、講座内容詳細資料を併用) • 記録用PC(記録係が使用) • ペン(赤・青) LightRing. All Rights Reserved. 5
  6. 6. インタビューフロー(1/2) インタビューフロー 時間 累計 項目 内容 メモ ・挨拶とお礼。 ・自己紹介とお礼  「アライトというN PO で活動している○○と言います。」 インタビュアーの自己 ・アライトのごく簡単な説明 5 5 紹介・ ・インタビューの趣旨説明 調査趣旨説明 ・インタビューの注意点 - 発言のメモを取りますが、個人が特定できないようにします - 答えたくないことは答えないで結構です ラポール形成 名前・現在住んでいるとコト・大学や学部・サークルやバイドなど ※会話が広がりそう 5 10 自己紹介 の活動 など なところがあれば、 自由に広げてよい。 ・自分が話すのと聞くのどちらが好きですか? ・どんなことを話すことが多いですか? 周囲の人との会話、相 ・相談に乗ったりする方でしょうか? 5 10 談に乗ってもどかしい ・人間関係についての相談にも乗ることがありますか? 相談に と感じる点。 ・相談に乗るのは大変ではないですか?もどかしいと感じることは ありませんか? 次ページに続く LightRing. All Rights Reserved. 6
  7. 7. インタビューフロー(2/2)※インタビューフロー続き ・資格試験、習い事、自己啓発本を読む、就活セミナー、英語など 資格・自己啓発などに の語学など、普段から勉強していることはありますか? 10 20 ついて ・月または年でどれくらいお金や時間を使っていますか? ・勉強をする目的はなんですか? まずは、コンセプトボードを読んでもらう(対象者自身に黙読) 1.よいと思ったところ、よくないと思ったところ、それぞれに赤・ 青で○をつけてください。 2.以下の各質問 金額設定はしない、 15 35 コンセプト評価 ・第一印象としてどう思いましたか? 聞かない ・参加してみたいと思いましたか? ・よいと思ったことについて、理由を教えて下さい。 ・よくないと思ったことについて、理由を教えてください。 1ヶ月4回コースで11,000円でどうでしょう? 5 40 料金 (高すぎるという場合)いくらまでなら出せますか? 雑談の中で本音が聞 ・以上で調査内容は終了となります。ありがとうございました。 5 45 お礼・雑談 けることもあるので →以後、適当に雑談をする。 重要。 LightRing. All Rights Reserved. 7
  8. 8. Part 2. インタビューからの示唆 LightRing. All Rights Reserved. 8
  9. 9. 聴くトモライトの申し込みに至る申し込みプロセスモデル• 申し込みまでのプロセス(AISASモデル) 認知 興味 検索 お試し 本購入 シェア Attention Interest Search Action1 Action2 Share 参加後に、周囲 メンタルケ ツイッター等 HPでサービス説 問い合わせを の人に推奨する行 ア・NPO等の 実際講座に参 で情報に触れ 明や団体概要に 行う・聴くト動 キーワードに 加する る ついて調べる モに参加する ※今回の調査対 反応 象外 より具体的な 元々NPO・社会 元々、何らか 自身の「欲求」 自身のニーズポ 問題等に関す の形でメンタ との合致 との合致 主に金銭的なイ るツイッター ルケア・社会 ※今回の 負担とメリッン 等の設定があ 貢献等に関心 ※今回のコンセ 調査対象外 ※コンセプト トのバランスト るか がある。 プトボードの ボードのテー ※調査外 ※調査外 テーマ マ LightRing. All Rights Reserved. 9
  10. 10. 聴くトモライトに興味を持つ条件 認知 興味 検索 お試し 本購入 シェア Attention Interest Search Action1 Action2 Share • 今回の調査協力者は、何らかの形でLightRing.のサービスを認知し、 感心を持った人と考えると、全員が認知し・関心を持った層である。 • 知人紹介も多いためバイアスはあるものの、明確な特徴は見られる。 • 調査対象12名の内、実に11名が以下のいずれかに該当している。 1. 社会課題解決に関連するNPOや学生サークルへの参加やサポート 2. 看護師/臨床心理士/薬剤師/栄養士志望、ケアセンター勤務中等 • 元々、社会貢献・メンタルケア・人と支えることへの関心が高いこと がLightRing./聴くトモを認知し関心を抱く条件であることが分かる。※人の相談に乗っていることも特徴だが、リクルーティング条件であったためここでは除外して考える。 LightRing. All Rights Reserved. 10
  11. 11. コンセプトへの反応 認知 興味 検索 お試し 本購入 シェア Attention Interest Search Action1 Action2 Share • 認知し興味を持った潜在顧客が、検索してたどり着く情報がコンセプ トボードとなる。ここで、情報に行き付き、次のアクション(お試し/ 様子見)を起こすかどうか、またどういった欲求でアクションを起こ すかを分析した。 • まず、全体像として対象者12名中の反応は以下のとおり。  参加したいという回答が5名  条件付き、または曖昧な回答が3名  参加する気にならないという回答が2名  (評論的な意見のみで自分の意思回答なしが2名)※人の相談に乗っていることも特徴だが、リクルーティング条件であったためここでは除外して考える。 LightRing. All Rights Reserved. 11
  12. 12. 欲求理論とニーズ仮説• 聴くトモライトのコンセプトに関連する欲求および心理状態 には、以下のようなものがあると推測。 欲求の種類 説明 聴くトモライトにおいて “悩んでいる人がいると、何かしてあげたいと思 他人を守り、助け う。”擁護欲求 る欲求 “身近な人のこころを癒すヒントをつかんで、1番近 くで応援する” 自己啓発、人に認 “~支える力を育てます~コツをお伝え~自身の思考成長/承認欲求 められる力をつけ の癖に気づく~サポートできるコツを身につける” る “世の中の役に立つことを何かしてみたいと思う” 世の中をより良く “病の発症を防ぎ、悪化を食い止める新たな予防の仕社会貢献欲求 したいという欲求 組みを世の中に発信し、広げることを目標としていま す” 自分に能力があ 今回のケースでは、全般的な自信感に加えて、相談を自己効力感 る・人の役立てる 受けた場合の自分なりの対応方法に自信を持っている という自信 か。 ※上記の欲求は、マズローの欲求五段階説やマーレイに心理的ニーズを元に、天辰が作成しもの。 LightRing. All Rights Reserved. 12
  13. 13. 擁護・人の役に立ちたいという欲求とニーズ擁護欲求 他人を守り、助ける欲求 関心(Interest)を持つ条件で述べたとおり、LightRing./聴くトモ成長・承認 に関心を持つ段階から共通する欲求欲求 LightRing.の志向することそのものでもあり、潜在利用者に訴えか ける力も強い要素であるため、常にメインメッセージとして打ち出社会貢献欲 すことが重要。求 ただし、”誰を守るか”は人によって違いがあった。 ・自分の身近な人を助けたいという気持ちが強い人自己効力感 ・ある種のプロとして、他人を助けたいという気持ちが強い人 LightRing. All Rights Reserved. 13
  14. 14. 原体験・自身の体験から、擁護欲求へ今回の調査は、特にメンタルに関連する項目が多かったことから、自身の原体験を語ってくださる方が多かった印象。特に擁護欲求とのつながりは明確に確認できた。以下はその例。 • 癌でなくなる身近な人の存在から看護師になることを志し、末期癌患 者の心の負担を軽くしてあげたいと思うようになった。 • 自身のうつ・不眠に悩んでいたとき、話しを聞いてもらい救われた。 そのことをキッカケに「傾聴」により困っている人のサポートを行う ようになる。 • 自身の人間関係の悩みなどから、人間関係・心理学に興味を持つ。中 学時代には「浮いている人」に自分から声をかけて助けていた。 • 身内がガンで苦しむ姿を見てから、治療をして治すというアプローチ 以外の「予防」が必要ではないかと感じるようになった • 彼女が統合失調症。何とかしてあげたいという気持ちを持つ。 LightRing. All Rights Reserved. 14
  15. 15. 成長・承認欲求/自己効力感擁護欲求 • 自己啓発、人に認められる力をつけたい欲求。 • 聴くトモ養成講座ライトを通して、 「傾聴のスキルを身につけ たい」・「より人の役に立てる自分になりたい」というニーズと成長・承認 なる。欲求 • 今回の対象者全体を通じてもこの欲求が基本的には高いが、発言 を丁寧にみると、擁護欲求・社会貢献欲求よりも強く自己啓発へ社会貢献欲 の期待が大きいグループがいることが分かる。求 • ただし、成長欲求が強い場合でも、現段階での自信がある・高い 自己効力感を持っている場合には、現在のコンセプトボードでの自己効力感 説明では説得力を持たない。(講座を受ける必要を感じられない) • このことが、比較的学生相手のほうが需要度が高く、社会人側で の反応がイマイチとなっている理由ともいえる。 LightRing. All Rights Reserved. 15
  16. 16. 社会貢献欲求擁護欲求 • すでに社会貢献活動をしている対象が今回の調査でも多かったと成長・承認 おり、聴くトモに感心を示す層に多く見られる欲求といえる。欲求 • 基本的には擁護欲求と成長/承認欲求の延長線上にある欲求とし て見えるが、身近な人より世間一般を相手に何かをしたいという社会貢献欲 欲求と見える発言が散見される。求 • 社会にインパクトを与える何かを得たいという気持ちがあるため、 聴くトモ養成講座というよりも、LightRing.のビジョンや活動に 関心があるという反応になる。自己効力感 LightRing. All Rights Reserved. 16
  17. 17. 申し込みに至るプロセスモデル 認知 興味 検索 お試し 本購入 シェア Attention Interest Search Action1 Action2 Share • お試し後、本購入(講座受講)を行うかどうかについては、以下の2点 がポイントになる。(※今回の調査では、価格提示後の反応で判別) 最大の違いが出るポイントは価格に対する納得感。 ・基本的な可処分所得 価格 ・類似サービスの価格の認知 +次ページにある、メリットへの納得感 前述のとおり、ニーズの方向性によるが、 メリ ・資格取得など何らかの形になるか ット ・具体的な講座内容を確認し、自分にあったものと思うか LightRing. All Rights Reserved. 17
  18. 18. Part 3. 今後とるべき戦略 LightRing. All Rights Reserved. 18
  19. 19. コンセプトだけでなく、講座内容がわかるような説明を提供する。• 今回の調査結果を見ると、「欲求に合っているか」という点に加えて、 「説明に納得したか」という点がコンセプトボードの評価を分けてい ることが分かる。 • 評価が悪い人は、漠然としたイ• 評価がよい人は漠然としたイ メージワードに対して懐疑的。 メージワードでも「よい」・ 批評家的なスタンスもあるため、 「自分に会う」と判断している。 具体的な内容やメリットの説明 が必要。• 最初のPR段階(ランディングページ・チラシなど)から、具体的な講座 内容やメリットについて詳細まで記載した方がよいと考えられる。 LightRing. All Rights Reserved. 19
  20. 20. ニーズの方向性とターゲットイメージ 自信あり 実績のある社会人が 自己啓発に積極的 多く見られる象限 ・さらに役立つスキ ・団体ビジョンへの ルを身につけたい 共感が重要 具体的な 病名を知りたがる メリットの など、どういう人 訴求不足 を救うかが曖昧 自己啓発 社会貢献 志向 学生に多く見られる 志向 象限 人の役に立てる方法 ・スキルを身につけ を模索している印象。 たい 現在、ヒット 団体のビジョンな している部分 どが重要 自信なし LightRing. All Rights Reserved. 20
  21. 21. コース構成・メッセージをターゲットのニーズに合わせて整理する。 LightRing.のサービス内容体系を、以下のように構築しなお すことが必要という仮説を構築した。 「支える人」向けのサービス 「悩む人」向けのサービス より本格的に「傾聴」 自身が救われる必 「支える力」を伸ばす 要のある人に向け 「聴くトモアドバンス たサービス「聴く キッカケ・身近な人 養成講座」 トモプログラム」 を支える力を養う 「聴くトモライト養 成講座」 長期的に、身近な人 を支える仲間と、 支援事例を検討し 支援スキルを高める 「グループワーク」 LightRing. All Rights Reserved. 21
  22. 22. 取るべき戦略:料金アップとブランディングまず、大前提として3時間×4回で11,000円は安すぎる※参考資料につけて競合参照。1時間あたり2,000円~8,000円程度• 高いという声が出ているから、だから安くするというアプローチでは、 いつまでも事業が成り立たない状態が目に見えている。• とはいえ、競合と比較して、「具体的な資格取得はできない(職業に繋が らない)」・「団体の実績がまだ低い」などの弱みがあるため、すぐに同 程度の価格帯とすることは現段階では難しい。• 短期的には、お試しコースの設定 • 中~長期的には、以下のような対 と見せ方の工夫により、最低限で 策実施。 も上記の金額で参加できる人を増  代表自身の資格取得/知名度向上 やす。  何らかの資格化、職業への繋がり LightRing. All Rights Reserved. 22
  23. 23. 参考資料:様々なカウンセラー養成講座 社団法人 日本産業カ団体名 ウンセラー協会 メディセレスクール ヒューマンアカデミー ニチイ 米国 NLP認定心理 メンタル・トレー 産業カウンセラー 初級心理カウンセ カウンセリングサービス名 ニング講座(通信講 養成講座(通学制) ラー養成講座 NLP マスタープラ 座) クティショナー http://www.counse http://www.mediser http://www.careshik http://www.careshikURL lor.or.jp/course/ e.org/course/index.h akunavi.com/kouza/ akunavi.com/kouza/ counselor.html tml 457_c20.html 850_c20.html 産業カウンセラー 精神分析からダン 心理学をビジネス 自分自身のメンタ特徴 育成に特化。 ス両方まで幅広く に活かすスキルと ルを改善する講座 傾聴重視。 学習する。 して身につける。 7ヶ月間で約20回、 1回あたり1.5時間 360分×8回 / 50時 テキスト学習+添削回数・時間 計121時間相当 ×30回 間 のみ 209,500円(教材費、 入学金 20.000円料金 346,500円(税込) 28,900円(税込) 消費税込み) 受講料 250,000円 「NPO法人 医療心 産業カウンセラー 理学協会」が認定 米国協会発行の認その他メモ 試験の実技免除特 する心理カウンセ 定書が授与 典あり ラー資格取得 LightRing. All Rights Reserved. 23

×