Interactive Music II SuperCollider実習  オリジナルの楽器を作ろう!
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

Like this? Share it with your network

Share

Interactive Music II SuperCollider実習 オリジナルの楽器を作ろう!

on

  • 1,268 views

 

Statistics

Views

Total Views
1,268
Views on SlideShare
742
Embed Views
526

Actions

Likes
2
Downloads
18
Comments
0

5 Embeds 526

http://yoppa.org 477
http://cloud.feedly.com 42
http://feedly.com 3
https://twitter.com 3
http://digg.com 1

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

Interactive Music II SuperCollider実習 オリジナルの楽器を作ろう! Presentation Transcript

  • 1. Interactive Music II SuperCollider実習 オリジナルの楽器を作ろう! 2013年11月7日 東京藝術大学芸術情報センター(AMC) 田所 淳
  • 2. 今日の内容 ‣ ここまでやってきた内容から、自分自身のオリジナルの楽器を つくってみる ‣ 参考にする資料などは、こちらから提示します
  • 3. 作業ステップ ‣ 参考資料を提示 ‣ 資料内のプログラムを、どんどん実行してみる ‣ 音を聞きながら、1つプログラムをピックアップ ! ‣ ピックアップしたプログラムを解析 ‣ パラメータやオブジェクトを変更してみる ! ‣ 最終的に SynthDef の形式にまでできるとベスト
  • 4. 参考資料
  • 5. 参考資料 ‣ Help > UGens > Tour of UGens ‣ http://doc.sccode.org/Guides/Tour_of_UGens.html ! ‣ 音などの信号を生成・処理する、UGens (ユニットジェネレイ ター) について網羅的に解説したドキュメント
  • 6. 参考資料 ‣ Tour of UGensの内容 ! ‣ Oscillators : Sin波、ノコギリ波などの各種オシレーター ‣ Noise : 様々なノイズの生成 ‣ filters : フィルター (ハイパス、ローパス、レゾナント …etc.) ‣ distortion : 歪み系フィルター ‣ panning : 空間定位 (パン) に関係する機能 ‣ reverbs : リバーブ (残響) ‣ delays and buffer ugens : サンプリング ‣ granular synthesis : グラニュラー・シンセシス ‣ control : エンベロープやトリガーなど音のコントロール ‣ spectral : 周波数領域の操作、FFT、IFFTなど
  • 7. 参考資料 ‣ チュートリアル 1 : Getting-Started ‣ Help > Tutorials ‣ http://doc.sccode.org/Tutorials/Getting-Started/00-GettingStarted-With-SC.html ! ‣ 17回で、SuperColliderの入門的解説
  • 8. 参考資料 ‣ Getting-Started の内容 ! ‣ 入門 ‣ 01 導入 ‣ 02 最初の一歩 ! ‣ 音を生成する ‣ 03 音響生成エンジンを起動 ‣ 04 関数の機能 ‣ 05 関数と音 ‣ 06 ステレオで再現 ‣ 07 音を混ぜる ‣ 08 波形の表示とプロット ‣ 09 ヘルプの参照
  • 9. 参考資料 ‣ Getting-Started の内容 - つづき ! ‣ サーバーと抽象化 ‣ 10 楽器の定義(SynthDef) と 楽器(Synth) ‣ 11 バス ‣ 12 グループ ‣ 13 バッファー ! ‣ スケジューリングとシーケンス ‣ 14 スケジューリングのイベント ‣ 15 RoutineとTaskによるシーケンス ‣ 16 パターン(Patterns)を使用したシーケンス
  • 10. 参考資料 ‣ チュートリアル 2: Mark Polishook tutorial ‣ Help > Tutorials ‣ http://doc.sccode.org/Tutorials/Getting-Started/00-GettingStarted-With-SC.html ! ‣ Mark Polishook 氏によるチュートリアル ‣ 日本語版あり!! ‣ Tutorials>Mark_Polishook_tutorial>Japanese_version ‣ http://doc.sccode.org/Tutorials/Mark_Polishook_tutorial/ Japanese_version/00.html
  • 11. 参考資料 ‣ サンプル集 ! ‣ SC2-examples ‣ SuperCollider > examples > demonstrations ‣ SC2-examples_1.scd ‣ SC2-examples_2.scd ! ‣ SuperColliderのVer.2で使用されていたサンプル ‣ もちろん、Ver.3 でも動く ‣ 小規模なプログラムの実例が多数掲載されているので、学習用 に向いている
  • 12. 参考資料 ‣ Webサイト ! ‣ SuperCollider Japan ‣ http://supercollider.jp/ ‣ 日本語ポータルサイト
  • 13. 参考資料 ‣ SUPERCOLLIDER チュートリアル ‣ 先端芸術音楽創作学会 会報 連載 ! ‣ 第1回 ‣ http://www.jssa.info/paper/2013v05n01/PDF/9.Miyama.pdf ! ‣ 第2回 ‣ http://www.jssa.info/paper/2013v05n02/PDF/5.Miyama.pdf
  • 14. 参考資料 ‣ SC140 ‣ http://supercollider.sourceforge.net/sc140/ ‣ 140文字で1つの曲 ‣ ※ かなり圧縮されているので、解読は難解かも…
  • 15. 課題 ‣ まずは、授業時間内に資料に目を通して、実際に試しながら、 不明な部分は質問してください ‣ 来週、簡単に作成したプログラムを発表をしてもらいます ! ‣ 次週発表する内容 ‣ 1分から3分程度のデモ ‣ どの資料の、どの部分を参照したか (完全に一からオリジナル で作成してもOKです) ‣ 今後、どのようなことを学んでいきたいか