Your SlideShare is downloading. ×
0
Junku Talk Session at Shinjuku
Junku Talk Session at Shinjuku
Junku Talk Session at Shinjuku
Junku Talk Session at Shinjuku
Junku Talk Session at Shinjuku
Junku Talk Session at Shinjuku
Junku Talk Session at Shinjuku
Junku Talk Session at Shinjuku
Junku Talk Session at Shinjuku
Junku Talk Session at Shinjuku
Junku Talk Session at Shinjuku
Junku Talk Session at Shinjuku
Junku Talk Session at Shinjuku
Junku Talk Session at Shinjuku
Junku Talk Session at Shinjuku
Junku Talk Session at Shinjuku
Junku Talk Session at Shinjuku
Junku Talk Session at Shinjuku
Junku Talk Session at Shinjuku
Junku Talk Session at Shinjuku
Junku Talk Session at Shinjuku
Junku Talk Session at Shinjuku
Junku Talk Session at Shinjuku
Junku Talk Session at Shinjuku
Junku Talk Session at Shinjuku
Junku Talk Session at Shinjuku
Junku Talk Session at Shinjuku
Junku Talk Session at Shinjuku
Junku Talk Session at Shinjuku
Junku Talk Session at Shinjuku
Junku Talk Session at Shinjuku
Junku Talk Session at Shinjuku
Junku Talk Session at Shinjuku
Junku Talk Session at Shinjuku
Junku Talk Session at Shinjuku
Junku Talk Session at Shinjuku
Junku Talk Session at Shinjuku
Junku Talk Session at Shinjuku
Junku Talk Session at Shinjuku
Junku Talk Session at Shinjuku
Junku Talk Session at Shinjuku
Junku Talk Session at Shinjuku
Junku Talk Session at Shinjuku
Junku Talk Session at Shinjuku
Junku Talk Session at Shinjuku
Junku Talk Session at Shinjuku
Junku Talk Session at Shinjuku
Junku Talk Session at Shinjuku
Junku Talk Session at Shinjuku
Junku Talk Session at Shinjuku
Junku Talk Session at Shinjuku
Junku Talk Session at Shinjuku
Junku Talk Session at Shinjuku
Junku Talk Session at Shinjuku
Junku Talk Session at Shinjuku
Junku Talk Session at Shinjuku
Junku Talk Session at Shinjuku
Junku Talk Session at Shinjuku
Junku Talk Session at Shinjuku
Junku Talk Session at Shinjuku
Junku Talk Session at Shinjuku
Junku Talk Session at Shinjuku
Junku Talk Session at Shinjuku
Junku Talk Session at Shinjuku
Junku Talk Session at Shinjuku
Junku Talk Session at Shinjuku
Junku Talk Session at Shinjuku
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

Junku Talk Session at Shinjuku

1,129

Published on

2008年8月1日(金)に行われた,『ウェブは菩薩である』出版記念トークセッションのスライドです.

2008年8月1日(金)に行われた,『ウェブは菩薩である』出版記念トークセッションのスライドです.

Published in: Technology, Travel
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
1,129
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide
  • SBM とニコニコ動画は例を見せながら説明 栞挟んでおくみたいなものです。 共有できるサービスですよ。 ニコニコ動画も説明 解説も含め
  • Transcript

    • 1. ウェブに菩薩が宿る理由 慶應義塾大学 SFC 研究所 深見 嘉明 JUNKUトークセッション 2008年8月1日
    • 2.  
    • 3. まずは自己紹介から
      • 1976 年:京都市にて生まれる
      • 1995 年:上京 入学した大学で始めてインターネットに触れるも 「目が疲れる」という理由で深くははまらず.
      • 1999 年:株式会社電通リサーチに入社 マーケティングリサーチ、プランニングなどに従事 メールサーバの容量が少なくイラつきながら仕事する.
      • 2003 年:ウェブ関連の研究開発を担当する部署に異動 問答無用でウェブに取り組まざるを得なくなる.
      • 2005 年:慶應義塾大学大学院に入学 本腰を入れてウェブを研究しようと思い立つ
    • 4. ウェブって何だ?
    • 5.  
    • 6. ウェブ 友達とやりとりする手段 ?
    • 7.  
    • 8. 辞令 深見嘉明 IT事業開発部 勤務を命ず
    • 9.
    • 10.  
    • 11. 結論 ウェブの最新情報は ウェブにある
    • 12. ただし 大量にある
    • 13.  
    • 14. ソーシャルブックマーク
    • 15.  
    • 16. エクセル? 電子メールソフト
    • 17.  
    • 18. エクセル? ウェブメール 送受信の 情報
    • 19. ソーシャルブックマーク 検索ができる 分類ができる タグ
    • 20. エクセル? ソーシャルブックマーク サイトの 情報
    • 21. ウェブ上に情報があるということは
      • サイトの情報がウェブにある
      • 自分だけじゃなく,他の人にも 公開することができる
      • みんなで探し出したウェブサイトの 情報を共有することができる
    • 22. ソーシャルブックマーク 誰でも見れる
    • 23. 当時私が勤務していた 電通リサーチは 市場調査会社
    • 24. 市場調査会社 って 何する会社なんですか?
    • 25.
      • アンケート(定量調査)
      • インタビュー(定性調査)
      市場調査会社とは 消費者の実態を分析
    • 26.  
    • 27. あなたのブログ どこまで 本音が書かれてますか ?
    • 28. ソーシャルブックマーク しかも 分類の仕方や メモ書きまで 全部見ることができる 情報収集の履歴
    • 29.
      • 他人のブックマークが そのまま活用できる
      • 無意識に残した痕跡だから 人となりがまるわかり
      深見は思った わざわざアンケートするより 手っ取り早い
    • 30.
      • ウェブに既に公開されているデータの 分析は確かに面白い
      • でも,ブログ分析とか SNS 分析とか既にあちこちでやっているなぁ
      • ソーシャルブックマークって ブログや SNS と実は 全く違う現象なんじゃないか?
      深見は 冷静に こう思った
    • 31. ブログの特徴 みんなが コンテンツ を 作っている SBM の特徴 みんな コンテンツ を 作って いない
    • 32. ソーシャルブックマーク って ブログや SNS とは 全く異なる現象 なんじゃないか
    • 33.
      • 何が違う
      • 何が新しい
      • それは画期的なことなのか
      じゃあ
    • 34. そういうときに 研究者がとる行動 似た現象を探す
    • 35. ニコニコ動画
    • 36. といえば,字幕コメントですが,,,
    • 37. ニコニコ動画
    • 38. タグの存在,それが共通点
    • 39.  
    • 40.  
    • 41.  
    • 42. 楽曲の視聴履歴
    • 43.  
    • 44. タグ
    • 45.
      • もともと存在するコンテンツを もっと活用しやすくするために
        • 登録して
        • 分類したり
        • 注釈をつけたり
      面白いところ メタデータをつけるという行為
    • 46. コンテンツ タイトル 分類 感想 メモ メタデータ
    • 47.
      • 世の中,情報爆発で悩んでいる
      • 大量の情報を整理するのが大変だ
      • 紙の本の整理は,スキームがある程度確立しているのだけれど,ウェブの情報量には追いつかない
        • 紙の本の整理->図書館情報学
      現状整理
    • 48.
      • 世界共通の誰でも理解できる分類基準がある
      • プロ(司書の方)が図書を基準に即して正しく分類し,棚に並べている
      • プロが本探しの手伝いをしてくれる
      図書館で必要な本が見つかる理由
    • 49.  
    • 50.  
    • 51.
      • みんながバラバラに,それぞれの目的でメタデータを作っている
      • 語彙は不統一.たまに作成者以外誰もわからないものもある.
      • 同義語・類義語などの処理もされていない
      • 「これはひどい」「あとで読む」といった 情報探索に役立たない“お約束”的な タグが存在する
      みんなが作ったメタデータの特徴
    • 52. にもかかわらず
    • 53.
      • みんな自発的に分類情報をつくって 共有している
      • ばらばらに,適当につくられた分類情報が 意外に役立っている
      利用者として実感
    • 54. これって ウェブの進化の 新しい段階 なんじゃない ??
    • 55. ウェブの進化 みんながコンテンツを 作って 公開できる みんなが作ったコンテンツを みんながもっと 活用 できるための メタデータ を作って 共有 する
    • 56. なぜ みんなが 好き勝手に メタデータを 作ってうまくいくの?
    • 57. マニアックなトピックでも 関連ウェブサイトを見つけることができる
    • 58. マニアックなアーティストでも 似たテイストの曲を 見つけることができる
    • 59.
      • 世界には,同じ趣味の人は1人くらいは 存在する.
      • どんなものだって,網羅されていることが重要という時がある
      どんなにマニアックなものでも
    • 60. 不要なもの 切り捨てられるべきもの なんて存在しない
    • 61.
      • 自分の興味のあるトピックについて 調べて,その情報を整理する.
      • 自分の好きなアーティストの音楽を聴く
      • 自分の好きなアニメを見る
      自分の興味のままにとった行動 (に伴って生まれたメタデータ) が 見知らぬ誰かの役に立つ (に伴って生まれたメタデータ)
    • 62.
      • ないよりは絶対にあったほうがいい
      • 広い世界には、同じ言語を用い、 コンテンツに対し同じ感覚をもつ人が 必ずいる
      • ルールは一度決めるとなかなか変えられない。新しいルールを決めるには手間隙がかかる
      自由に作られたメタデータが 役に立つ理由
    • 63.
      • みんなが自発的につくっている
      • みんなのコンテンツ探しを助けている
      • 「ウェブサービス」の実現に必要不可欠
      ウェブにおけるメタデータの役割
    • 64.
      • 自分の興味に応じたコンテンツに
      • 自分の役に立つようにメタデータをつける
      • それをみんなに公開してしまう
      セキララかつワガママな姿勢 それでも誰かの役に立つ 廻り回って 自分の役にも立つ メタデータはコモンズ(共有財)だ
    • 65. ウェブは慈悲深い菩薩である
    • 66. 合 掌
    • 67. ご清聴ありがとうございました END 慶應義塾大学 SFC 研究所   深見 嘉明 Mail: yofukami@gmail.com URL: http://d.hatena.ne.jp/yofukami/

    ×