Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
2014.12.18 Startup School Todai
「学生起業の失敗ポイントとやって良かったこと」
自己紹介
高橋飛翔
ヴォラーレ株式会社 代表取締役社長
1985年生まれ。東京大学法学部卒。
2007年、大学在学中に起業。
「この世に残る何かを作りたい」と思い、
総理になりたくて東大に入学。政党を作
るための資金を稼ごうと起業したら、イ
ンターネット...
ヴォラーレの紹介
Webコンサルティング事業 インターネットメディア事業
リンクに依存しないSEOを強みに、
Webコンサルティング事業とインターネットメディア事業を展開
SEO
Webコンサルティング事業
SEO
アクセス解析
UI改善
広告運用
Webコンサル
ティング
SEO以外にも様々なソリューションを提供
全ての顧客を
インバウンドマーケティングで獲得
And more…
有名スタートアップから大企業まで
サービスのグロースを支援
すべての人に、最適なアプリ情報を届ける
ユーザー参加型のアプリ情報サービス「Appliv」を通じて、
モバイルインターネットの可能性が最大化された社会を作る
AppStoreの累計ダウンロード数は850億を突破
GooglePlayもほぼ拮抗
2010
0
225
450
675
900
06 08 10 12 02 04 06 08 10 12 02 04 06 08 10 12 02 04 06...
■AppStore       ■GooglePlay
両マーケットにおいて、アプリの数は130万個を突破
0%
18%
35%
53%
70%
0個 1個 2個 3個 4個 5個 6個
スマホユーザー1人あたりの
平均アプリダウンロード数は月3個に過ぎない
※18歳以上の米国ユーザー 2014年6月データ
0%
18%
35%
53%
70%
0個 1個 2個 3個 4個 5個 6個
66%のユーザーは月に1つもアプリをインストールしていない
※18歳以上の米国ユーザー 2014年6月データ
アプリは意外と見つけられてない
Appliv Ad
アプリ広告運用サービス
Appliv AdNetwork
アプリ特化アドネットワーク
広告主
各種媒体
各種媒体
媒体
広告主
広告主
広告出稿
広告露出
レビューコンテンツを利用
広告露出
アプリ情報サービス
アプリ情報×...
Appliv Ad
アプリ広告運用サービス
Appliv AdNetwork
アプリ特化アドネットワーク
広告主
各種媒体
各種媒体
媒体
広告主
広告主
広告出稿
広告露出
レビューコンテンツを利用
広告露出
アプリ情報サービス
アプリ情報×...
2012 2013 2014
月間利用者数500万人を突破
Appliv経由で月に数百万件の
アプリダウンロードが発生
アプリ特化の独自アドネットワークをリリース
ユナイテッドと提携を発表
2015年は海外展開を予定
失敗したこと やって良かったこと
今日お話したいこと
失敗したこと やって良かったこと
今日お話したいこと
2007年1月 大学在学中に起業
2007年2月 家庭教師事業を開始
2007年6月 受験動画配信サービスをリリース
2010年 SEO事業に本格参入
2011年 事業収益が急成長を遂げる
2012年 新規事業Applivをリリース
2013年...
✔ 家庭教師事業で起業
✔ 早々にPivotし受験動画配信サービスをリリース
✔ あまりうまく行かずWebマーケティング事業へ
✔ 2010年、SEOに特化してようやく収益化できた
2007年1月 大学在学中に起業
2007年2月 家庭教師事業を開始
2007年6月 受験動画配信サービスをリリース
2010年 SEO事業に本格参入
2011年 事業収益が急成長を遂げる
2012年 新規事業Applivをリリース
2013年...
✔ 最初の3年半は試行錯誤の時期
✔ 2010∼2012年はSEOが成長エンジンの第一成長期
✔ 2013∼2014年はApplivが成長エンジンの第二成長期
✔ 失敗の大半は、試行錯誤の3年半に集中
#1 とりあえずやってみよう問題と慣性の法則 
✔ 学生起業家は「自分ができること」を起点にしがち
✔ その発想だと顧客不在になり、うまくいかない
✔ 事業を始めるとそう簡単にはやめられない(とりあえ
ずやってみようは通じない)
✔ 中途半端に稼ぐと撤退できなくなる(慣性の法則)
✔ ビジネ...
#2 スキル無視で創業チームを組成 
✔ 学生起業でありがちなのが、友達と会社を作るケース
✔ 友達がたまたま理想の創業メンバーであることは稀
✔ 同じような人が集まっても良いチームにはならない
✔ ビジネスモデルから逆算して必要な職能を持った最小
ユニットを集めるべき
✔ ビジネ...
#3 拡大を急いで、採用基準を下げる 
✔ 特にBtoBにおいて、売れる商材と良い商材は違う
✔ 良い商材でなかった時、大量に解約が発生してしまう
✔ 売れるからといって人数規模を大きくすると、その際
には手痛いしっぺ返しをくらう
✔ 若い起業家は功を焦る傾向があるので、本当に拡大し...
#4 経営メンターの不在 
✔ 学生起業家の最大の弱点は、経験がないこと
✔ 自分がこれから経験するだろう事を経験した人を、メ
ンターとして定期的に相談するだけで、ハマりがちな失敗
を回避できる。経験の無さを補ってもらうべし。
✔ シードアクセラレーターや個人投資家など起...
失敗したこと やって良かったこと
#1 資金調達した
✔ ヴォラーレは6年半の間、自己資本でやっていた
✔ 資金調達したことで、経営陣に良い意味で緊張感が生
まれた
✔ メンターとなって欲しい人に投資してもらい、経営ア
ドバイスをしてもらうのも選択肢としてあり
#2 柔軟に戦略を変えた
✔ 事業の撤退は経営者しか判断できない
✔ 撤退ラインというのは常に頭の中で想定しておくべき
✔ 特に初期は戦略変更がしょっちゅう起こるので、それ
が当たり前だという感覚になっておいた方がいい
#3 プラットフォームの方向性を予測し長期的投資をした
✔ 全てのビジネスは何らかの前提に立脚している
✔ SEOならGoogle、バイラルメディアならFacebook
✔ ヴォラーレの場合、Googleの動きを予期して早期に
リンク依存のSEOを捨てる決断をした
✔ 足元の数字が良くても、将来確定...
ご静聴ありがとうございました
Twitter:hisho_fly
Facebook:hisho1214
学生起業の失敗ポイントとやって良かったこと(ヴォラーレ株式会社 高橋飛翔)
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

学生起業の失敗ポイントとやって良かったこと(ヴォラーレ株式会社 高橋飛翔)

7,620 views

Published on

2007年に学生起業してからこれまでにやらかした失敗と、経営者としてやってみて良かったなと思うことをまとめてみました。

2014年12月18日に開催されたStartup School Todaiでの基調講演の内容をまとめたものになります。

Published in: Business
  • Be the first to comment

学生起業の失敗ポイントとやって良かったこと(ヴォラーレ株式会社 高橋飛翔)

  1. 1. 2014.12.18 Startup School Todai 「学生起業の失敗ポイントとやって良かったこと」
  2. 2. 自己紹介
  3. 3. 高橋飛翔 ヴォラーレ株式会社 代表取締役社長 1985年生まれ。東京大学法学部卒。 2007年、大学在学中に起業。 「この世に残る何かを作りたい」と思い、 総理になりたくて東大に入学。政党を作 るための資金を稼ごうと起業したら、イ ンターネットの可能性にハマってしまい ました。 Twitter:hisho_fly Facebook:hisho1214
  4. 4. ヴォラーレの紹介
  5. 5. Webコンサルティング事業 インターネットメディア事業 リンクに依存しないSEOを強みに、 Webコンサルティング事業とインターネットメディア事業を展開 SEO
  6. 6. Webコンサルティング事業
  7. 7. SEO アクセス解析 UI改善 広告運用 Webコンサル ティング SEO以外にも様々なソリューションを提供
  8. 8. 全ての顧客を インバウンドマーケティングで獲得
  9. 9. And more… 有名スタートアップから大企業まで サービスのグロースを支援
  10. 10. すべての人に、最適なアプリ情報を届ける ユーザー参加型のアプリ情報サービス「Appliv」を通じて、 モバイルインターネットの可能性が最大化された社会を作る
  11. 11. AppStoreの累計ダウンロード数は850億を突破 GooglePlayもほぼ拮抗 2010 0 225 450 675 900 06 08 10 12 02 04 06 08 10 12 02 04 06 08 10 12 02 04 06 08 10 12 02 04 06 08 10 AppStore GooglePlay 2011 2012 2013 2014 単位:億DL
  12. 12. ■AppStore       ■GooglePlay 両マーケットにおいて、アプリの数は130万個を突破
  13. 13. 0% 18% 35% 53% 70% 0個 1個 2個 3個 4個 5個 6個 スマホユーザー1人あたりの 平均アプリダウンロード数は月3個に過ぎない ※18歳以上の米国ユーザー 2014年6月データ
  14. 14. 0% 18% 35% 53% 70% 0個 1個 2個 3個 4個 5個 6個 66%のユーザーは月に1つもアプリをインストールしていない ※18歳以上の米国ユーザー 2014年6月データ
  15. 15. アプリは意外と見つけられてない
  16. 16. Appliv Ad アプリ広告運用サービス Appliv AdNetwork アプリ特化アドネットワーク 広告主 各種媒体 各種媒体 媒体 広告主 広告主 広告出稿 広告露出 レビューコンテンツを利用 広告露出 アプリ情報サービス アプリ情報×アプリ特化広告
  17. 17. Appliv Ad アプリ広告運用サービス Appliv AdNetwork アプリ特化アドネットワーク 広告主 各種媒体 各種媒体 媒体 広告主 広告主 広告出稿 広告露出 レビューコンテンツを利用 広告露出 アプリ情報サービス アプリ情報×アプリ特化広告 アプリ発見 アプリインストール支援 スマホメディアとアプリの収益化支援
  18. 18. 2012 2013 2014 月間利用者数500万人を突破
  19. 19. Appliv経由で月に数百万件の アプリダウンロードが発生
  20. 20. アプリ特化の独自アドネットワークをリリース ユナイテッドと提携を発表
  21. 21. 2015年は海外展開を予定
  22. 22. 失敗したこと やって良かったこと 今日お話したいこと
  23. 23. 失敗したこと やって良かったこと 今日お話したいこと
  24. 24. 2007年1月 大学在学中に起業 2007年2月 家庭教師事業を開始 2007年6月 受験動画配信サービスをリリース 2010年 SEO事業に本格参入 2011年 事業収益が急成長を遂げる 2012年 新規事業Applivをリリース 2013年 初めての資金調達を実施 2014年 Applivの月間利用者数が500万人を突破
  25. 25. ✔ 家庭教師事業で起業 ✔ 早々にPivotし受験動画配信サービスをリリース ✔ あまりうまく行かずWebマーケティング事業へ ✔ 2010年、SEOに特化してようやく収益化できた
  26. 26. 2007年1月 大学在学中に起業 2007年2月 家庭教師事業を開始 2007年6月 受験動画配信サービスをリリース 2010年 SEO事業に本格参入 2011年 事業収益が急成長を遂げる 2012年 新規事業Applivをリリース 2013年 初めての資金調達を実施 2014年 Applivの月間利用者数が500万人を突破 第1成長期:成長エンジン SEO事業 第2成長期:成長エンジン Appliv 試行錯誤の時期(3年半くらい)
  27. 27. ✔ 最初の3年半は試行錯誤の時期 ✔ 2010∼2012年はSEOが成長エンジンの第一成長期 ✔ 2013∼2014年はApplivが成長エンジンの第二成長期
  28. 28. ✔ 失敗の大半は、試行錯誤の3年半に集中
  29. 29. #1 とりあえずやってみよう問題と慣性の法則 
  30. 30. ✔ 学生起業家は「自分ができること」を起点にしがち ✔ その発想だと顧客不在になり、うまくいかない ✔ 事業を始めるとそう簡単にはやめられない(とりあえ ずやってみようは通じない) ✔ 中途半端に稼ぐと撤退できなくなる(慣性の法則) ✔ ビジネスはマーケットとモデルで7割が決まる ✔ よって何をやるかを決めるのに半年∼1年かけてもい い
  31. 31. #2 スキル無視で創業チームを組成 
  32. 32. ✔ 学生起業でありがちなのが、友達と会社を作るケース ✔ 友達がたまたま理想の創業メンバーであることは稀 ✔ 同じような人が集まっても良いチームにはならない ✔ ビジネスモデルから逆算して必要な職能を持った最小 ユニットを集めるべき ✔ ビジネスモデルが定まっていなくても、領域が決まっ ているならその中でつぶしの効く編成にすると良い(イン ターネット領域ならエンジニアは必ず入れるとか)
  33. 33. #3 拡大を急いで、採用基準を下げる 
  34. 34. ✔ 特にBtoBにおいて、売れる商材と良い商材は違う ✔ 良い商材でなかった時、大量に解約が発生してしまう ✔ 売れるからといって人数規模を大きくすると、その際 には手痛いしっぺ返しをくらう ✔ 若い起業家は功を焦る傾向があるので、本当に拡大し ても問題ないかを慎重に検討すると良い
  35. 35. #4 経営メンターの不在 
  36. 36. ✔ 学生起業家の最大の弱点は、経験がないこと ✔ 自分がこれから経験するだろう事を経験した人を、メ ンターとして定期的に相談するだけで、ハマりがちな失敗 を回避できる。経験の無さを補ってもらうべし。 ✔ シードアクセラレーターや個人投資家など起業家をメ ンタリングしてくれる人たちに会いに行ってみると良い ✔ 自分が信頼できると思った人に定期的に会いに行って みよう
  37. 37. 失敗したこと やって良かったこと
  38. 38. #1 資金調達した
  39. 39. ✔ ヴォラーレは6年半の間、自己資本でやっていた ✔ 資金調達したことで、経営陣に良い意味で緊張感が生 まれた ✔ メンターとなって欲しい人に投資してもらい、経営ア ドバイスをしてもらうのも選択肢としてあり
  40. 40. #2 柔軟に戦略を変えた
  41. 41. ✔ 事業の撤退は経営者しか判断できない ✔ 撤退ラインというのは常に頭の中で想定しておくべき ✔ 特に初期は戦略変更がしょっちゅう起こるので、それ が当たり前だという感覚になっておいた方がいい
  42. 42. #3 プラットフォームの方向性を予測し長期的投資をした
  43. 43. ✔ 全てのビジネスは何らかの前提に立脚している ✔ SEOならGoogle、バイラルメディアならFacebook ✔ ヴォラーレの場合、Googleの動きを予期して早期に リンク依存のSEOを捨てる決断をした ✔ 足元の数字が良くても、将来確定的に前提が崩壊する のであれば、そんなものは意味が無い ✔ プラットフォームの方向性を予想し、先回りすべし
  44. 44. ご静聴ありがとうございました Twitter:hisho_fly Facebook:hisho1214

×