Rails向けエラー通知系サービス調査

3,915 views

Published on

2014/03/18に開催されたGinza.rbでの発表資料です。

Published in: Technology
0 Comments
8 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
3,915
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1,190
Actions
Shares
0
Downloads
7
Comments
0
Likes
8
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Rails向けエラー通知系サービス調査

  1. 1. Railsで使える エラー通知系サービス調査 Masatoshi Iwasaki @ Ginza.rb 2014/03/18
  2. 2. エラー通知サービス? • Railsの本番環境等で発生した例外を受け取って蓄 積し、ブラウザで参照可能にしてくれるサービス。 • 事前にサービスの登録とクライアントが含まれる gemのインストール及び設定が必要となる。 ブラウザ サーバー 通知 サービス 例外 発生 HTTP Request HTTP Request
  3. 3. 調査について • サービスの善し悪しは運用してみないとよくわ からない。 • たくさんのエラーが貯まっても見やすいか? • 大量にエラーが出たときに捌ききれるか? • 当初便利そうだと思った機能は本当に便利か?
  4. 4. とはいえ、 • 複数のエラー通知系サービスを並行して長期間 使って比較するのはあまり現実的では無い。 • やろうと思えばできるんだろうけど… • ということで
  5. 5. ということで、 • 今回は新たに小さくサービスを始めるという視 点で、登録から始めてダッシュボードや設定項目 の使いやすさをチェックしました。
  6. 6. 今回の調査対象 • Airbrake • Exceptional.io • Bugsnag • Raygun 各項目別に比較していきます
  7. 7. 登録&インストール すぐに使えるかどうかは1つのポイント。
  8. 8. 登録&開始方法 トライアルの 行いやすさ △ ○ ○ ○ 最低金額 (月額) $39 $9 (固定) $29 $14 インストール の手軽さ ○ ○ ○ ○
  9. 9. • すべてのサービスが30日のトライアル期間を設 けている。 • ただし、Airbrakeだけが最初にクレジットカー ド登録を必要とする。 トライアル期間について
  10. 10. 料金プラン • 各サービス共に料金プランは月額ベース。 • 金額によってログインできるユーザ数や監視で きるサービス数、ログの保存日数や機能に差 がある。 • Exceptional.ioのみ月額$9と固定だが、1プロ ジェクト毎にこの金額なのかも?
  11. 11. インストール方法 • Gemfileにgem名を記載してgeneratorかgem が提供するコマンドを走らせて終わり。
  12. 12. Dashboard & エラー詳細画面 使い道はほとんどエラー一覧からエラー 詳細に動いてbacktrace見るとかなので Dashboardの見やすさは重要
  13. 13. Dashboard比較 一覧性 ◎ △ △ ◎ 表示速度 ◎ ○ ○ 使い道はほとんどエラー一覧からエラー 詳細に動いてbacktrace見るとかなので Dashboardの見やすさは重要
  14. 14. Airbrake 左側にエラー一覧とフィルタがあり、 複数のエラーを続けて眺めるのに適している。
  15. 15. Exceptional 一覧画面からクリックで個別エラー画面に移動す るのでエラーが多数あると面倒。
  16. 16. Exceptional 個別エラー画面の縦長でスクロールが必要。
  17. 17. BugSnag 左側にフィルタ、右側に一覧。 個別エラーは画面遷移を伴うのが惜しい。
  18. 18. BugSnag 個別エラー画面はAirbrakeと似て、 タブで各種情報を切り替えられる。
  19. 19. Raygun 綺麗にグラフ表示されるのはポイントが高いが、 ときたま遅い。タブ分けもわかりやすい。
  20. 20. Raygun 個別エラー画面にもグラフがある。 スクロールしないとbackbraceなどが見えない。
  21. 21. メール通知文面
  22. 22. Airbrake
  23. 23. Exceptional.io
  24. 24. Bugsnag
  25. 25. Raygun
  26. 26. 外部サービス連携
  27. 27. Airbrake
  28. 28. Exceptional
  29. 29. Bugsnag
  30. 30. Raygun
  31. 31. その他
  32. 32. エラークラス分類 • AirbrakeとBugsnagが持っている • 指定したクラスのエラーをグルーピングしたり、 重複をしないようにさせたりできるらしい。
  33. 33. 対応プラットフォーム • 各サービス共にRails以外にも対応している。 • Java, PHP, Node.js etc • BugsnagとRaygunはiOSアプリにも対応。
  34. 34. まとめ
  35. 35. 状況に合わせて選択を • 選定に当たって考慮すべき項目が多い。 • 利用するプロジェクト数やユーザ数 • ログ保存期間 • 連携したい外部サービス etc… • サービスが小さいうちにいろいろ試すと良いのか もしれない。
  36. 36. ご清聴 ありがとうございました
  37. 37. 予備資料
  38. 38. 歴史 • 2008年からThoughtbot社がHoptoadという サービス名で運営していた。 • 商標問題から2011/07にAirbrakeと改名。 • 2012/02にExceptionalへ売却された。 • そして2013/03にExceptionalはRackspaceに 買われた。

×