Successfully reported this slideshow.
Your SlideShare is downloading. ×

俺と超高速リアルタイム検索APIをたぶん支えているAWS

Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Loading in …3
×

Check these out next

1 of 44 Ad
Advertisement

More Related Content

Slideshows for you (20)

Similar to 俺と超高速リアルタイム検索APIをたぶん支えているAWS (20)

Advertisement

More from Masayuki KaToH (20)

Recently uploaded (20)

Advertisement

俺と超高速リアルタイム検索APIをたぶん支えているAWS

  1. 1. 俺と 超高速リアルタイム検索APIを たぶん支えているAWS 2019-07-20 Algolia 勉強会 in 金沢 JAWS-UG 金沢 ふぁらお加藤
  2. 2. Profile ふぁらお加藤 @PharaohKJ Hobby サブカル 原付 野宿 BBQ Job & Works ICT Freelancer PhalanXware Tsundokanai Radio
  3. 3. 本日のゴール • Algoliaさまの被インタビュー記事をウェブでみつけて 読むと、AWS使ってるところがあるという • そこについて使ってる構成要素を学ぶ • より深く知りたくなる • JAWS-UG金沢にきたくなる
  4. 4. 検索 algolia aws
  5. 5. 一番上のリンク
  6. 6. このページによると
  7. 7. J: 基本的には大きく2つの部分に分けられます。顧客が使うAPIと、管理インターフェイスの使 えるWebサイトです。この2つのアーキテクチャは大きく異なっています。 このサービスのWebサイトや管理インターフェイスを最初に見てみると、UIがRailsとBootstrap で構築されているのがわかります。ホスティング先として、AWSのRDS(MySQL)とEC2を複 数のavailability zoneに配置し、ELBでロードバランシングしています。私たちのAWSインスタ ンスはUS-Eastに配置されており、さらに全アセットをCloudFrontに保存して、世界中どこから でも素晴らしいエクスペリエンスを提供できるようにしています。 from https://techracho.bpsinc.jp/hachi8833/2018_06_20/57589
  8. 8. 管理インターフェイスはAWSの上 顧客が使うAPIは・・・先程のウェブペイジ参照
  9. 9. そのAWS上のサービスの紹介
  10. 10. EC2 + ELB + RDS + CloudFront + Route53 + Cloud Watch
  11. 11. つまり
  12. 12. VM + ロードバランサ + DB + CDN + DNS + 監視
  13. 13. ド鉄板
  14. 14. ていうかこの内容を今日の勉強会に参加のメンツ に説明する必要があるのか・・・
  15. 15. そういう気持ちなので、最近のリリースノートを 紹介でもする
  16. 16. AWS <サービス名> ブログ でGoogleすると 公式ブログのそのサービスカテゴリがみつかるよ (公式ページにてカテゴリを手動で指定しようと するとおま国なのでこの方法で)
  17. 17. 生々しいクラウド上の仮想サーバー 一般的には IaaS と呼ばれているかな
  18. 18. 私たちは、2019年秋ごろに18TBと24TBメモリを利 用できるよう、EC2 High Memoryインスタンスの ラインナップの拡充に取り組んでいます。 m/jp/blogs/news/sap-on-aws-update-customer-case-studies-scale
  19. 19. 本日私たちはさらに強力な変種であるC5nのインスタンスを 追加しました。 最大100 Gbpsのネットワーク帯域幅で、シ ミュレーション、インメモリキャッシュ、データレイク、そ の他の通信集約型アプリケーションがこれまで以上に優れた パフォーマンスを発揮します。 スペックは以下の通りです : s.amazon.com/jp/blogs/news/new-c5n-instances-with-100-gbps-n
  20. 20. ws.amazon.com/jp/blogs/news/new-c5n-instances-with-100-gbps-n
  21. 21. ロードバランサー 昔は接続をEC2に分散してつなげるだけだった けど、それは Classic Load Balancer
  22. 22. 今は ALB = Application Load Balancer つまるところ、L7で分散できるようになってる
  23. 23. もちろん https の証明書も ACM で設定可能 なんといまは Lambda までよべる
  24. 24. ACMはSSL/TLS証明書の購入・アップロード・ 更新を **無料** でうまいことやってくれる (プライベート証明局は月額料金)
  25. 25. Lambda はイベント発生時にコードを実行すると いうもの、サーバレスという言葉の火付け役?
  26. 26. マネージドデータベース 真面目にDB考えたらOSレイヤとかファイルシス テムレイヤとかいろいろとオペあるけどそういう のも任せられる
  27. 27. AlgoliaさんはMySQL版をお使いとのこと
  28. 28. さっきの Lambda で流行りのサーバレス DBだけはどうにもならんって話だったんだけど なんと RDS にもサーバレスモードができた
  29. 29. サーバレス(哲学
  30. 30. MySQL互換のAuroraが使える オートスケールし、しばらく使わないと寝る なので一発目は遅いらしい
  31. 31. CDNはやっぱはやいよ さっきのACMで証明書も無料だしほんといいよ
  32. 32. 基本これだけでいろいろ監視できる 通知もできるし、カスタムメトリクスもとれる 操作ログもとれれば定期実行とかもできる
  33. 33. スゴイDNS うまいことやってくれて、トラフィックをルーテ ィングしてくれたりもする SLAが100%というのはマジなのか?
  34. 34. まとめ • EC2、ELB、RDS、CloudFront、Route53、 CloudWatchが使われているそうだ • どれもウェブアプリ作るならこれって感じの鉄板構成 • (感想) やっぱ AWS Well-Architected だよなあ。 • https://aws.amazon.com/architecture/ • ↑やりたいことベースの鉄板構成のってる
  35. 35. ご清聴ありがとうございました

×