SlideShare a Scribd company logo
SoftLayer+Zabbix+αで 
運⽤用⾃自動化  
Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved
⾃自⼰己紹介 
安⽥田 忠弘 
Twitter:yasudatadahiro 
クリエーションライン株式会社 代表取締役 
⼀一般社団法⼈人クラウド利利⽤用促進機構(CUPA) 理理事 
Open Compute Project Japan 運営委員 
⽇日本SoftLayerユーザ会 運営委員 
⽇日本MSP協会 発起⼈人 
Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved
第1回福岡SoftLayer勉強会! 
Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved 
初上陸陸
本題に⼊入る前にちょっとだけ 
会社の紹介を。。 
Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved
別資料で説明しました 
Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved
SoftLayer+Zabbix+α 
 
で運⽤用⾃自動化  
Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved
hp://www.crea,online.com/msp/ 
Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved
Zabbix as a framework 
ソフトウェアフレームワーク(英: software framework)とは、プログ 
ラミングにおいて、⼀一般的な機能をもつ共通コードをユーザーが選択的 
に上書きしたり特化させたりすることで、ある特定の機能をもたせよう 
とする抽象概念念のことである。単にフレームワークとも呼ばれる。 
Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved
アジェンダ 
1. クラウドの価値とは? 
➡ おさらい 
2. 効率率率的な監視の検討 
3. SoftLayerを理理解しよう 
4. API は⾃自動化の鍵 
5. SoftLayer+Zabbix+α 
6. おまけ 
 
 
Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved
クラウドの価値とは?1 
Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved
かつてのサーバ追加 
Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved 
計 
画 
発 
注 
納 
品 
設 
置 
設 
定 
監 
視 
運⽤用開 
始
かつてのサーバ追加 
Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved 
計 
画 
発 
注 
納 
品 
設 
置 
設 
定 
監 
視 
運⽤用開 
始 
実際のフローでは、ここがネックになりがち・・・ 
数週〜~1ヶ⽉月程度度 
few weeks or a month
クラウドでの追加 
Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved 
計 
画 
発 
注 
納 
品 
設 
置 
設 
定 
監 
視 
運⽤用開 
始 
クラウド・コンピューティング基盤  
Infrastructure as a Service 
1クリック 
one click
クラウドでの追加 
クラウド・コンピューティング基盤  
Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved 
計 
画 
発注納 
品 
監 
視 
運⽤用開 
始 
Infrastructure as a Service 
数分〜~10分 
few minutes
クラウドの利利点とは? 
n 技術的 
➡ サーバの追加や削減が簡単に、今すぐできる 
➡ ⾃自動化・省省⼒力力化のためのツールが提供されている 
n ビジネス的 
➡ 利利⽤用時間単位の課⾦金金なので、 
初期コストを抑えることができる 
n 背景 
➡ ビジネスを取り巻く環境が常に変化する 
➡ 周辺技術の進化(スマートフォンの急速な普及) 
☞ 「柔軟性」「スケーラビリティ」 
» “Flexible” 
» “Agile” 
☞ 使いやすいWebインターフェース 
☞ API やライブラリ群 
 
☞ ⽔水道や電気料料⾦金金のように、 
必要な分を使った分だけ課⾦金金となる 
» “On demand” 
» “Pay as you go” 
» “Pay for what you use” 
最⼩小コストで最短スタートができ、 
サービスに応じてインフラを変化できる 
Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved
クラウド・コンピューティング基盤  
Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved 
ところが・・・ 
計 
画 
発注納 
品 
監 
視 
運⽤用開 
始 
Infrastructure as a Service 
数分〜~10分 
few minutes 
発注納 
品 
発注納 
品 
継続的デリバリー 
継続的デプロイ 
継続的インテグレーション
Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved 
計 
画 
発注納 
品 
監 
視 
運⽤用開 
始 
発注納 
品 
発注納 
品 
あれ、監視は・・・? 
監 
視 
監 
視 
クラウドによって環境の準備が迅速になったはず。 
しかし、台数の増加やシステム構成の複雑化によって、 
クラウドの価値を相殺しているのではないのか?
What is effective operation and monitoring? 2 
自動化へのステップ1 効率的な監視の検討 
Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved
監視に必要な要素 
n 運⽤用の⽬目的とは? 
➡ サービスやシステム安定稼働(あるべき状態を維持) 
➡ 異異常があれば、復復旧する 
➡ そのために監視を⾏行行う 
n 監視とは? 
➡ データを収集する 
➡ データの異異常を発⾒見見する 
➡ 状況に応じて、適切切な⾏行行動を起こす 
Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved
Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved 
効率率率的な監視 
n 運⽤用前 
➡ 監視設定の省省⼒力力化 
• 役割に応じた監視の⾃自動設定 
• 追加・削除の⾃自動化 
n 運⽤用開始後 
➡ 迅速な検出とエスカレーション 
➡ 適切切に「⼈人間が」状況判断できる仕組みの提供 
• トリアージ的な考え⽅方の導⼊入
SoftLayer’s architecture and Network 3 
自動化へのステップ2 
SoftLayerを理解する 
Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved
SoftLayerとは? 
n 仮想化は選択肢の1つ 
➡ 仮想サーバ、物理理サーバー(BareMetal)を選択できる 
➡ 時間単位の課⾦金金 
➡ リソースは、共有と専有を選べる 
n 歴史 
➡ 2005年年 テキサス州ダラスに設⽴立立 
➡ 2011年年 アジア・欧⽶米に展開開始 
➡ 2013年年 IBM社に買収 
➡ 2014年年 140ヶ国、25000以上の利利⽤用者 
東京データセンター開設予定 
Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved
SoftLayerのデータセンター 
Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved
SoftLayerのサポート 
n 料料⾦金金 
➡ 基本的なサポートは無料料、制限なし 
n サポートの種類 
➡ チケット 
➡ チャット 
• リアルタイムで担当者とやりとり 
➡ 電話 
• 現状は英語のみ 
Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved
SoftLayerが提供するサービス 
n サーバ 
➡ 仮想サーバ、物理理サーバ(baremetal) 
n ストレージ 
➡ オブジェクトストレージ、NAS、iSCSI、CDN、バックアップ 
n ネットワーク 
➡ VLAN、ロードバランサ、ネットワーク・アプライアンス、DNSサービス 
n セキュリティ 
➡ ファイアウォール、SSL証明書、コンプライアンス 
n 開発者向け機能 
➡ API、メール配信、メッセージキュー、フォーマット変換、サポート 
Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved
SoftLayerのAPI 
n 3種類のプロトコルを選べる 
➡ SOAP 
☞ Getting Started | SoftLayer 
Development Network 
http://sldn.softlayer.com/article/ 
Getting-Started 
• SoftLayer API に直接つなぐので最速 
• 推奨⾔言語:C#、Perl、PHP、VisualBasic.NET、等 
➡ XML-‐‑‒RPC 
• 多くの⾔言語に対応するが、主にSOAPしない⾔言語向け 
• 推奨⾔言語:PHP、Python 
➡ REST 
• HTTPプロトコルで簡単にデータを取得できる 
• 推奨⾔言語:Ruby等、HTTPプロトコルを扱えるもの 
Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved
Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved 
REST 
n RESTがおすすめの理理由 
➡ curlを使って簡単に確認できる 
• 冴えるシェル芸 
➡ 出⼒力力結果を選択でき、⽤用途に応じて加⼯工しやすい 
• テキスト(⽂文字列列) 
• XML形式 
• JSON形式
Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved 
API Key 
n API Keyの特⻑⾧長 
➡ アカウント単位なので、権限設定ができる 
n 確認⽅方法 
➡ 【 Account 】→【 Users 】
SoftLayerの監視 
n 標準提供される2種類の監視 
➡ BASIC Monitoring 
• PING レベルの死活監視(無償) 
• メール、チケットでの通知(無償) 
• TCP Port レベルの監視オプションあり 
• 障害発⽣生時に⾃自動再起動や、データセンタ有⼈人対応 
➡ Advance Monitoring 
• 分単位のサービス・リソース監視 
• Basic は無償 
• AdvanceやPlatinumは有償 
Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved
自動へのステップ3 
APIは自動化の鍵 
An automation for practical operation 4 
Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved
Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved
1. 【設定】→【スクリーン】 
→【対象スクリーン名】をクリック 
2. 対象枠の【変更更】をクリック 
3. グラフ名の【選択】ボタンをクリック 
4. グループとホストを選び、アイテム選択 
5. 必要に応じて列列や⾼高さの調整 
6. 保存 
7. 必要アイテム・ホスト分2〜~6を繰り返す 
Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved
ZabbixのAPIを使って⾃自動化するシステムのイメージ 
現在値を知りたい 
監視対象を追加したい・削除したい 
グラフやスクリーンを編集したい 
Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved
ZabbixのAPIを使って⾃自動化するシステムのイメージ 
プログラム 
API リクエスト 
JSON 
現在値を知りたい 
監視対象を追加したい・削除したい 
グラフやスクリーンを編集したい 
重要な点は、設定時間短縮・⼈人的作業事故を回避 
Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved
自動化へのステップ4 
SoftLayer+Zabbix+α 5 
Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved 
□□□□■
SoftLayerとZabbixの連携 
n ⾃自動監視 
➡ サーバ追加・削除の連動 
➡ roleとtagに応じて、グルーピング 
➡ オートスケール時に⾃自動適⽤用 
n API連携 
➡ チケット検出 
➡ 利利⽤用料料⾦金金計算 
Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved
Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved 
環境 
manager 
192.168.39.3 
192.168.39.1(VIP/LVS) 
API 
( 
JSON-­‐RPC 
) 
node1 
192.168.39.11 
node2 
192.168.39.12 
node3 
192.168.39.13 
node4 
192.168.39.14 
node5 
192.168.39.15 
10.0.0.2
Workflow orchestration 
serf manager 
( cluster ) 
Zabbix Server 
Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved 
serf agent 
join to cluster 
event: 
member-join 
call: zabbix-add 
role:web 
name:web1 
JSON Request 
LVS Server 
ipvsadm 
–A –t LVS -s NODE -g 
host.create 
interfaces, group, 
templates 
JSON Return 
event: 
settag 
hostid 
user 
HTTP/HTTPS 
zbx-screen-add 
screen.get 
hsize 
screen-update 
screen.update 
graph-update 
graph.get 
graphitem.get 
graphids 
graph-update 
graph.update 
graphid, gitems
$ 
serf 
agent 
–iface=eth1 
–discover=serf 
–log-­‐level=debug 
 
-­‐-­‐event-­‐handler=/opt/serf-­‐lvs/ADP.pl 
$ 
serf 
agent 
–iface=eth1 
–discover=serf 
–log-­‐level=debug 
 
–event-­‐handler=user:seag=/opt/serf/changetag.pl 
–tag 
role=web 
Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved 
serf 
manager 
serf 
node 
イベントが発生する度に、この Perl スクリプトを実行。 
イベント毎に、ZABBIX Server に対する JSON リクエストや 
LVS ( ipvsadm ) を制御します。このとき、処理対象の role 
も判断材料に用います。 
serf のタグで ‘web’ や ‘db’ など、サーバの役割を明示。 
web であれば、HTTP の監視を行い、LVS に追加。 
db であれば、MySQL の監視を行うように区別します。
serf agent を起動するだけで、自動的にホスト登録と監視を開始。ZABBIX 画面に一切ログインすること 
なく設定を行えます(Serf と連携し、IP アドレスの情報を自動的に渡しています)。 
Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved 
HTTP 
Template
node2 では ‘web’、node3 は ‘db’ とすると、自動的に設定が開始されます。 
なお、障害等でのnode 停止時も、規定時間 ( 初期値24時間 ) ノード情報を持たせておき、その後 
ノード削除させることもできます。 
Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved 
HTTP 
Template 
MySQL 
Template
単純にホストを追加・削除するだけで無く、スク 
リーンのグラフを自動登録させる事も出来ます。 
XML 編集の呪縛から解放・・! 
Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved
Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved 
その他にも、グループ 
分けしたアイテム毎 
(Load Average や 
CPU idle)に、1つのグ 
ラフに動的に追加・削 
除させる 事も出来ます。 
面倒な処理は、Serf と 
連携したフレームワー 
クが自動処理します。
今後の拡張アイディア 
n 監視設定の完全⾃自動化 
➡ Consul, Serf 等と連動 
n アラート発⽣生時の⾃自動対応 
➡ Consul 等のイベントハンドラ⾃自動実⾏行行 
n 他のツールとの連携 
➡ Slack 
➡ hubot 
➡ hue 
n docker監視対応 
➡ コンテナ環境の監視に応⽤用 
Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved
Zabbix as a framework 
ソフトウェアフレームワーク(英: software framework)とは、プログラ 
ミングにおいて、一般的な機能をもつ共通コードをユーザーが選択的に上 
書きしたり特化させたりすることで、ある特定の機能をもたせようとす 
る抽象概念のことである。単にフレームワークとも呼ばれる。 
Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved
MSP業務にZabbixを何故導入したのか? 
どのように拡張していくのか? 鍵は API 
Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved
SoftLayerの情報 
n 公式 
➡ http://www.softlayer.com/ 
n ⽇日本語情報 
➡ SoftLayerユーザ会 
http://jslug.jp/ 
 
➡ SoftLayer技術⽂文書 
https://gg-‐‑‒web.jp/document/ConfigGuide/ 
 
➡ クリエーションライン CL-‐‑‒Lab 
http://www.creationline.com/lab 
 
Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved
ネタバレ 
今⽇日の資料料は 
弊社テクノロジーエバンジェリスト 
前佛からのパクリネタでした。。 
m(_̲ _̲)m 
Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved
おまけ1 
Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved
Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved
Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved
Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved

More Related Content

What's hot

おすすめインフラ! for スタートアップ
おすすめインフラ! for スタートアップおすすめインフラ! for スタートアップ
おすすめインフラ! for スタートアップ
Koichiro Sumi
 
クラウドネイティブによる低コスト開発
クラウドネイティブによる低コスト開発クラウドネイティブによる低コスト開発
クラウドネイティブによる低コスト開発
Shinichi Ueno
 
Spring Security 5.0 解剖速報
Spring Security 5.0 解剖速報Spring Security 5.0 解剖速報
Spring Security 5.0 解剖速報
Takuya Iwatsuka
 
WebデザイナのためのjQuery入門。
WebデザイナのためのjQuery入門。WebデザイナのためのjQuery入門。
WebデザイナのためのjQuery入門。
Yossy Taka
 
AWS re:invent振り返りServerlessでサーバコスト以外もいろいろ削減
AWS re:invent振り返りServerlessでサーバコスト以外もいろいろ削減AWS re:invent振り返りServerlessでサーバコスト以外もいろいろ削減
AWS re:invent振り返りServerlessでサーバコスト以外もいろいろ削減
gree_tech
 
アメーバブログを支えるデータセンターとインフラ技術
アメーバブログを支えるデータセンターとインフラ技術 アメーバブログを支えるデータセンターとインフラ技術
アメーバブログを支えるデータセンターとインフラ技術
Hiroki NAKASHIMA
 
REALITY低遅延モード配信を支えるリアルタイムサーバとデータパイプライン
REALITY低遅延モード配信を支えるリアルタイムサーバとデータパイプラインREALITY低遅延モード配信を支えるリアルタイムサーバとデータパイプライン
REALITY低遅延モード配信を支えるリアルタイムサーバとデータパイプライン
gree_tech
 
自社クラウドサービスをAnsibleで作った話
自社クラウドサービスをAnsibleで作った話自社クラウドサービスをAnsibleで作った話
自社クラウドサービスをAnsibleで作った話
Watanabe Shunji
 
AITCクラウド部会 2014年度 これまでの振り返りとこれから
AITCクラウド部会 2014年度 これまでの振り返りとこれからAITCクラウド部会 2014年度 これまでの振り返りとこれから
AITCクラウド部会 2014年度 これまでの振り返りとこれから
Yasuyuki Sugai
 
SHOWROOMとDeNAで取り組んだライブ配信基盤刷新・超低遅延ライブ配信の裏側【DeNA TechCon 2020 ライブ配信】
SHOWROOMとDeNAで取り組んだライブ配信基盤刷新・超低遅延ライブ配信の裏側【DeNA TechCon 2020 ライブ配信】SHOWROOMとDeNAで取り組んだライブ配信基盤刷新・超低遅延ライブ配信の裏側【DeNA TechCon 2020 ライブ配信】
SHOWROOMとDeNAで取り組んだライブ配信基盤刷新・超低遅延ライブ配信の裏側【DeNA TechCon 2020 ライブ配信】
DeNA
 
Aws導入時にまず考える〇〇のこと
Aws導入時にまず考える〇〇のことAws導入時にまず考える〇〇のこと
Aws導入時にまず考える〇〇のこと
recotech
 
エンジニア必見!Sreへの第一歩
エンジニア必見!Sreへの第一歩エンジニア必見!Sreへの第一歩
エンジニア必見!Sreへの第一歩
Takuya Tezuka
 
Airflowを広告データのワークフローエンジンとして運用してみた話
Airflowを広告データのワークフローエンジンとして運用してみた話Airflowを広告データのワークフローエンジンとして運用してみた話
Airflowを広告データのワークフローエンジンとして運用してみた話
Katsunori Kanda
 
SoftLayer バックアップ Idera編 + Endurance Storage編
SoftLayer バックアップ  Idera編 + Endurance Storage編SoftLayer バックアップ  Idera編 + Endurance Storage編
SoftLayer バックアップ Idera編 + Endurance Storage編
Hideaki Tokida
 
AWSでのセキュリティ運用 ~ IAM,VPCその他
AWSでのセキュリティ運用 ~IAM,VPCその他AWSでのセキュリティ運用 ~IAM,VPCその他
AWSでのセキュリティ運用 ~ IAM,VPCその他
Recruit Technologies
 
クラウド入門(AWS編)
クラウド入門(AWS編)クラウド入門(AWS編)
リクルートの利用事例から考える AWSの各サービスとセキュリティ
リクルートの利用事例から考える AWSの各サービスとセキュリティリクルートの利用事例から考える AWSの各サービスとセキュリティ
リクルートの利用事例から考える AWSの各サービスとセキュリティ
Recruit Technologies
 
RDBとNoSQLの上手な付き合い方(勉強会@LIG 2013/11/11)
RDBとNoSQLの上手な付き合い方(勉強会@LIG 2013/11/11)RDBとNoSQLの上手な付き合い方(勉強会@LIG 2013/11/11)
RDBとNoSQLの上手な付き合い方(勉強会@LIG 2013/11/11)
Yuji Otani
 
Virtual Machine Scale Sets 概要
Virtual Machine Scale Sets 概要Virtual Machine Scale Sets 概要
Virtual Machine Scale Sets 概要
Yui Ashikaga
 
AWS & Google Cloud 両方を駆使するチームでの技術選定
AWS & Google Cloud  両方を駆使するチームでの技術選定AWS & Google Cloud  両方を駆使するチームでの技術選定
AWS & Google Cloud 両方を駆使するチームでの技術選定
修一 高橋
 

What's hot (20)

おすすめインフラ! for スタートアップ
おすすめインフラ! for スタートアップおすすめインフラ! for スタートアップ
おすすめインフラ! for スタートアップ
 
クラウドネイティブによる低コスト開発
クラウドネイティブによる低コスト開発クラウドネイティブによる低コスト開発
クラウドネイティブによる低コスト開発
 
Spring Security 5.0 解剖速報
Spring Security 5.0 解剖速報Spring Security 5.0 解剖速報
Spring Security 5.0 解剖速報
 
WebデザイナのためのjQuery入門。
WebデザイナのためのjQuery入門。WebデザイナのためのjQuery入門。
WebデザイナのためのjQuery入門。
 
AWS re:invent振り返りServerlessでサーバコスト以外もいろいろ削減
AWS re:invent振り返りServerlessでサーバコスト以外もいろいろ削減AWS re:invent振り返りServerlessでサーバコスト以外もいろいろ削減
AWS re:invent振り返りServerlessでサーバコスト以外もいろいろ削減
 
アメーバブログを支えるデータセンターとインフラ技術
アメーバブログを支えるデータセンターとインフラ技術 アメーバブログを支えるデータセンターとインフラ技術
アメーバブログを支えるデータセンターとインフラ技術
 
REALITY低遅延モード配信を支えるリアルタイムサーバとデータパイプライン
REALITY低遅延モード配信を支えるリアルタイムサーバとデータパイプラインREALITY低遅延モード配信を支えるリアルタイムサーバとデータパイプライン
REALITY低遅延モード配信を支えるリアルタイムサーバとデータパイプライン
 
自社クラウドサービスをAnsibleで作った話
自社クラウドサービスをAnsibleで作った話自社クラウドサービスをAnsibleで作った話
自社クラウドサービスをAnsibleで作った話
 
AITCクラウド部会 2014年度 これまでの振り返りとこれから
AITCクラウド部会 2014年度 これまでの振り返りとこれからAITCクラウド部会 2014年度 これまでの振り返りとこれから
AITCクラウド部会 2014年度 これまでの振り返りとこれから
 
SHOWROOMとDeNAで取り組んだライブ配信基盤刷新・超低遅延ライブ配信の裏側【DeNA TechCon 2020 ライブ配信】
SHOWROOMとDeNAで取り組んだライブ配信基盤刷新・超低遅延ライブ配信の裏側【DeNA TechCon 2020 ライブ配信】SHOWROOMとDeNAで取り組んだライブ配信基盤刷新・超低遅延ライブ配信の裏側【DeNA TechCon 2020 ライブ配信】
SHOWROOMとDeNAで取り組んだライブ配信基盤刷新・超低遅延ライブ配信の裏側【DeNA TechCon 2020 ライブ配信】
 
Aws導入時にまず考える〇〇のこと
Aws導入時にまず考える〇〇のことAws導入時にまず考える〇〇のこと
Aws導入時にまず考える〇〇のこと
 
エンジニア必見!Sreへの第一歩
エンジニア必見!Sreへの第一歩エンジニア必見!Sreへの第一歩
エンジニア必見!Sreへの第一歩
 
Airflowを広告データのワークフローエンジンとして運用してみた話
Airflowを広告データのワークフローエンジンとして運用してみた話Airflowを広告データのワークフローエンジンとして運用してみた話
Airflowを広告データのワークフローエンジンとして運用してみた話
 
SoftLayer バックアップ Idera編 + Endurance Storage編
SoftLayer バックアップ  Idera編 + Endurance Storage編SoftLayer バックアップ  Idera編 + Endurance Storage編
SoftLayer バックアップ Idera編 + Endurance Storage編
 
AWSでのセキュリティ運用 ~ IAM,VPCその他
AWSでのセキュリティ運用 ~IAM,VPCその他AWSでのセキュリティ運用 ~IAM,VPCその他
AWSでのセキュリティ運用 ~ IAM,VPCその他
 
クラウド入門(AWS編)
クラウド入門(AWS編)クラウド入門(AWS編)
クラウド入門(AWS編)
 
リクルートの利用事例から考える AWSの各サービスとセキュリティ
リクルートの利用事例から考える AWSの各サービスとセキュリティリクルートの利用事例から考える AWSの各サービスとセキュリティ
リクルートの利用事例から考える AWSの各サービスとセキュリティ
 
RDBとNoSQLの上手な付き合い方(勉強会@LIG 2013/11/11)
RDBとNoSQLの上手な付き合い方(勉強会@LIG 2013/11/11)RDBとNoSQLの上手な付き合い方(勉強会@LIG 2013/11/11)
RDBとNoSQLの上手な付き合い方(勉強会@LIG 2013/11/11)
 
Virtual Machine Scale Sets 概要
Virtual Machine Scale Sets 概要Virtual Machine Scale Sets 概要
Virtual Machine Scale Sets 概要
 
AWS & Google Cloud 両方を駆使するチームでの技術選定
AWS & Google Cloud  両方を駆使するチームでの技術選定AWS & Google Cloud  両方を駆使するチームでの技術選定
AWS & Google Cloud 両方を駆使するチームでの技術選定
 

Similar to Automation with SoftLayer and Zabbix

AWSオンリーで実現するIoTクラウド基盤
AWSオンリーで実現するIoTクラウド基盤AWSオンリーで実現するIoTクラウド基盤
AWSオンリーで実現するIoTクラウド基盤
Godai Nakamura
 
JAWS-UG山形 AWSのきほん 2016/11/12
JAWS-UG山形 AWSのきほん 2016/11/12 JAWS-UG山形 AWSのきほん 2016/11/12
JAWS-UG山形 AWSのきほん 2016/11/12
Gyori Nagafuchi
 
マルチクラウドデータ連携Javaアプリケーションの作り方
マルチクラウドデータ連携Javaアプリケーションの作り方マルチクラウドデータ連携Javaアプリケーションの作り方
マルチクラウドデータ連携Javaアプリケーションの作り方
CData Software Japan
 
Scalable Generator: Using Scala in SIer Business (ScalaMatsuri)
Scalable Generator: Using Scala in SIer Business (ScalaMatsuri)Scalable Generator: Using Scala in SIer Business (ScalaMatsuri)
Scalable Generator: Using Scala in SIer Business (ScalaMatsuri)
TIS Inc.
 
ニフティクラウドC4SA_ご紹介資料ver.1.1
ニフティクラウドC4SA_ご紹介資料ver.1.1ニフティクラウドC4SA_ご紹介資料ver.1.1
ニフティクラウドC4SA_ご紹介資料ver.1.1
Satoshi Ueno
 
Unityゲームにオンラインランキングとゴースト機能を追加しよう!
Unityゲームにオンラインランキングとゴースト機能を追加しよう!Unityゲームにオンラインランキングとゴースト機能を追加しよう!
Unityゲームにオンラインランキングとゴースト機能を追加しよう!
史識 川原
 
20170705 apiをつくろう
20170705 apiをつくろう20170705 apiをつくろう
20170705 apiをつくろう
CData Software Japan
 
技術選択とアーキテクトの役割
技術選択とアーキテクトの役割技術選択とアーキテクトの役割
技術選択とアーキテクトの役割
Toru Yamaguchi
 
Fuel php活用事例
Fuel php活用事例Fuel php活用事例
Fuel php活用事例
Toshiyuki Maeda
 
20180319 ccon sync kintone
20180319 ccon sync kintone20180319 ccon sync kintone
20180319 ccon sync kintone
CData Software Japan
 
20150704 MS Azure最新 - innovation egg 第4回
20150704 MS Azure最新 - innovation egg 第4回20150704 MS Azure最新 - innovation egg 第4回
20150704 MS Azure最新 - innovation egg 第4回
Keiji Kamebuchi
 
第2回すだちくん勉強会におけるIoT最新動向と題したプレゼン資料
第2回すだちくん勉強会におけるIoT最新動向と題したプレゼン資料第2回すだちくん勉強会におけるIoT最新動向と題したプレゼン資料
第2回すだちくん勉強会におけるIoT最新動向と題したプレゼン資料
知礼 八子
 
JNSA西日本支部 技術研究WG AWSを使ったセキュアなシステム構築
JNSA西日本支部 技術研究WG AWSを使ったセキュアなシステム構築JNSA西日本支部 技術研究WG AWSを使ったセキュアなシステム構築
JNSA西日本支部 技術研究WG AWSを使ったセキュアなシステム構築
Tomo-o Kubo
 
Dangerでpull requestレビューの指摘事項を減らす
Dangerでpull requestレビューの指摘事項を減らすDangerでpull requestレビューの指摘事項を減らす
Dangerでpull requestレビューの指摘事項を減らす
Shunsuke Maeda
 
ニフティクラウド C4 sa ご紹介資料ver.1.2
ニフティクラウド C4 sa ご紹介資料ver.1.2ニフティクラウド C4 sa ご紹介資料ver.1.2
ニフティクラウド C4 sa ご紹介資料ver.1.2
Satoshi Ueno
 
情熱Smalltalker SmalltalkとAWSでクラウドサービスを実現するための挑戦
情熱Smalltalker SmalltalkとAWSでクラウドサービスを実現するための挑戦情熱Smalltalker SmalltalkとAWSでクラウドサービスを実現するための挑戦
情熱Smalltalker SmalltalkとAWSでクラウドサービスを実現するための挑戦
Sho Yoshida
 
[db tech showcase Tokyo 2015] D16:マイケルストーンブレーカー発の超高速データベースで実現する分析基盤の簡単構築・運用ステ...
[db tech showcase Tokyo 2015] D16:マイケルストーンブレーカー発の超高速データベースで実現する分析基盤の簡単構築・運用ステ...[db tech showcase Tokyo 2015] D16:マイケルストーンブレーカー発の超高速データベースで実現する分析基盤の簡単構築・運用ステ...
[db tech showcase Tokyo 2015] D16:マイケルストーンブレーカー発の超高速データベースで実現する分析基盤の簡単構築・運用ステ...
Insight Technology, Inc.
 
Engine Yard - 商用マルチクラウドPaaS
Engine Yard - 商用マルチクラウドPaaSEngine Yard - 商用マルチクラウドPaaS
Engine Yard - 商用マルチクラウドPaaS
Takahiro Imanaka
 
第1回 cybozu.com カンファレンス 基調講演
第1回 cybozu.com カンファレンス 基調講演第1回 cybozu.com カンファレンス 基調講演
第1回 cybozu.com カンファレンス 基調講演
Cybozucommunity
 
#cross2012 クラウドCROSS ニフティの中の人によるニフティクラウド活用
#cross2012 クラウドCROSS ニフティの中の人によるニフティクラウド活用#cross2012 クラウドCROSS ニフティの中の人によるニフティクラウド活用
#cross2012 クラウドCROSS ニフティの中の人によるニフティクラウド活用
Abe Junichiro
 

Similar to Automation with SoftLayer and Zabbix (20)

AWSオンリーで実現するIoTクラウド基盤
AWSオンリーで実現するIoTクラウド基盤AWSオンリーで実現するIoTクラウド基盤
AWSオンリーで実現するIoTクラウド基盤
 
JAWS-UG山形 AWSのきほん 2016/11/12
JAWS-UG山形 AWSのきほん 2016/11/12 JAWS-UG山形 AWSのきほん 2016/11/12
JAWS-UG山形 AWSのきほん 2016/11/12
 
マルチクラウドデータ連携Javaアプリケーションの作り方
マルチクラウドデータ連携Javaアプリケーションの作り方マルチクラウドデータ連携Javaアプリケーションの作り方
マルチクラウドデータ連携Javaアプリケーションの作り方
 
Scalable Generator: Using Scala in SIer Business (ScalaMatsuri)
Scalable Generator: Using Scala in SIer Business (ScalaMatsuri)Scalable Generator: Using Scala in SIer Business (ScalaMatsuri)
Scalable Generator: Using Scala in SIer Business (ScalaMatsuri)
 
ニフティクラウドC4SA_ご紹介資料ver.1.1
ニフティクラウドC4SA_ご紹介資料ver.1.1ニフティクラウドC4SA_ご紹介資料ver.1.1
ニフティクラウドC4SA_ご紹介資料ver.1.1
 
Unityゲームにオンラインランキングとゴースト機能を追加しよう!
Unityゲームにオンラインランキングとゴースト機能を追加しよう!Unityゲームにオンラインランキングとゴースト機能を追加しよう!
Unityゲームにオンラインランキングとゴースト機能を追加しよう!
 
20170705 apiをつくろう
20170705 apiをつくろう20170705 apiをつくろう
20170705 apiをつくろう
 
技術選択とアーキテクトの役割
技術選択とアーキテクトの役割技術選択とアーキテクトの役割
技術選択とアーキテクトの役割
 
Fuel php活用事例
Fuel php活用事例Fuel php活用事例
Fuel php活用事例
 
20180319 ccon sync kintone
20180319 ccon sync kintone20180319 ccon sync kintone
20180319 ccon sync kintone
 
20150704 MS Azure最新 - innovation egg 第4回
20150704 MS Azure最新 - innovation egg 第4回20150704 MS Azure最新 - innovation egg 第4回
20150704 MS Azure最新 - innovation egg 第4回
 
第2回すだちくん勉強会におけるIoT最新動向と題したプレゼン資料
第2回すだちくん勉強会におけるIoT最新動向と題したプレゼン資料第2回すだちくん勉強会におけるIoT最新動向と題したプレゼン資料
第2回すだちくん勉強会におけるIoT最新動向と題したプレゼン資料
 
JNSA西日本支部 技術研究WG AWSを使ったセキュアなシステム構築
JNSA西日本支部 技術研究WG AWSを使ったセキュアなシステム構築JNSA西日本支部 技術研究WG AWSを使ったセキュアなシステム構築
JNSA西日本支部 技術研究WG AWSを使ったセキュアなシステム構築
 
Dangerでpull requestレビューの指摘事項を減らす
Dangerでpull requestレビューの指摘事項を減らすDangerでpull requestレビューの指摘事項を減らす
Dangerでpull requestレビューの指摘事項を減らす
 
ニフティクラウド C4 sa ご紹介資料ver.1.2
ニフティクラウド C4 sa ご紹介資料ver.1.2ニフティクラウド C4 sa ご紹介資料ver.1.2
ニフティクラウド C4 sa ご紹介資料ver.1.2
 
情熱Smalltalker SmalltalkとAWSでクラウドサービスを実現するための挑戦
情熱Smalltalker SmalltalkとAWSでクラウドサービスを実現するための挑戦情熱Smalltalker SmalltalkとAWSでクラウドサービスを実現するための挑戦
情熱Smalltalker SmalltalkとAWSでクラウドサービスを実現するための挑戦
 
[db tech showcase Tokyo 2015] D16:マイケルストーンブレーカー発の超高速データベースで実現する分析基盤の簡単構築・運用ステ...
[db tech showcase Tokyo 2015] D16:マイケルストーンブレーカー発の超高速データベースで実現する分析基盤の簡単構築・運用ステ...[db tech showcase Tokyo 2015] D16:マイケルストーンブレーカー発の超高速データベースで実現する分析基盤の簡単構築・運用ステ...
[db tech showcase Tokyo 2015] D16:マイケルストーンブレーカー発の超高速データベースで実現する分析基盤の簡単構築・運用ステ...
 
Engine Yard - 商用マルチクラウドPaaS
Engine Yard - 商用マルチクラウドPaaSEngine Yard - 商用マルチクラウドPaaS
Engine Yard - 商用マルチクラウドPaaS
 
第1回 cybozu.com カンファレンス 基調講演
第1回 cybozu.com カンファレンス 基調講演第1回 cybozu.com カンファレンス 基調講演
第1回 cybozu.com カンファレンス 基調講演
 
#cross2012 クラウドCROSS ニフティの中の人によるニフティクラウド活用
#cross2012 クラウドCROSS ニフティの中の人によるニフティクラウド活用#cross2012 クラウドCROSS ニフティの中の人によるニフティクラウド活用
#cross2012 クラウドCROSS ニフティの中の人によるニフティクラウド活用
 

More from softlayerjp

Bluemix Top10 サービス解体新書
Bluemix Top10 サービス解体新書Bluemix Top10 サービス解体新書
Bluemix Top10 サービス解体新書
softlayerjp
 
"クラウド × IoT 勉強会" Bluemix とスマホでゲームを作ろう!ハンズオン
"クラウド × IoT 勉強会" Bluemix とスマホでゲームを作ろう!ハンズオン"クラウド × IoT 勉強会" Bluemix とスマホでゲームを作ろう!ハンズオン
"クラウド × IoT 勉強会" Bluemix とスマホでゲームを作ろう!ハンズオン
softlayerjp
 
ラズパイ × Bluemix IoTハンズオンセミナー
ラズパイ × Bluemix IoTハンズオンセミナーラズパイ × Bluemix IoTハンズオンセミナー
ラズパイ × Bluemix IoTハンズオンセミナー
softlayerjp
 
Watson × IBM Bluemix で簡単アプリ開発
Watson × IBM Bluemix で簡単アプリ開発Watson × IBM Bluemix で簡単アプリ開発
Watson × IBM Bluemix で簡単アプリ開発
softlayerjp
 
IoT と Watson と クラウドが出会ったら、そこは Bluemix だった!
IoT と Watson と クラウドが出会ったら、そこは Bluemix だった!IoT と Watson と クラウドが出会ったら、そこは Bluemix だった!
IoT と Watson と クラウドが出会ったら、そこは Bluemix だった!
softlayerjp
 
ハンズオン:Bluemix とスマホでゲームを作ろう!
ハンズオン:Bluemix とスマホでゲームを作ろう! ハンズオン:Bluemix とスマホでゲームを作ろう!
ハンズオン:Bluemix とスマホでゲームを作ろう!
softlayerjp
 
10分でわかるBluemix
10分でわかるBluemix10分でわかるBluemix
10分でわかるBluemix
softlayerjp
 
初心者による初心者のためのIo tのお話
初心者による初心者のためのIo tのお話初心者による初心者のためのIo tのお話
初心者による初心者のためのIo tのお話
softlayerjp
 
やさしくわかるIoT
やさしくわかるIoTやさしくわかるIoT
やさしくわかるIoT
softlayerjp
 
【JSLGG】お手軽watsonアプリ開発セミナー
【JSLGG】お手軽watsonアプリ開発セミナー【JSLGG】お手軽watsonアプリ開発セミナー
【JSLGG】お手軽watsonアプリ開発セミナー
softlayerjp
 
Ansible x softlayer Provisioning
Ansible x softlayer ProvisioningAnsible x softlayer Provisioning
Ansible x softlayer Provisioning
softlayerjp
 
札幌Ibmクラウド勉強会 blockchain
札幌Ibmクラウド勉強会 blockchain札幌Ibmクラウド勉強会 blockchain
札幌Ibmクラウド勉強会 blockchain
softlayerjp
 
私にもできる!Bluemixで簡単アプリ開発♪
私にもできる!Bluemixで簡単アプリ開発♪私にもできる!Bluemixで簡単アプリ開発♪
私にもできる!Bluemixで簡単アプリ開発♪
softlayerjp
 
いろんなクラウドの話 ~選び方とはじめ方~
いろんなクラウドの話 ~選び方とはじめ方~いろんなクラウドの話 ~選び方とはじめ方~
いろんなクラウドの話 ~選び方とはじめ方~
softlayerjp
 
クラウドセキュリティ
クラウドセキュリティクラウドセキュリティ
クラウドセキュリティ
softlayerjp
 
画像解析最前線!WatsonとTensorFlowを比較してみた
画像解析最前線!WatsonとTensorFlowを比較してみた画像解析最前線!WatsonとTensorFlowを比較してみた
画像解析最前線!WatsonとTensorFlowを比較してみた
softlayerjp
 
Tco calculator 使ってみた
Tco calculator 使ってみたTco calculator 使ってみた
Tco calculator 使ってみた
softlayerjp
 
SoftLayer提案、デリバリー実例から考える必勝パターン
SoftLayer提案、デリバリー実例から考える必勝パターンSoftLayer提案、デリバリー実例から考える必勝パターン
SoftLayer提案、デリバリー実例から考える必勝パターン
softlayerjp
 
SoftLayer 実務Tips
SoftLayer 実務TipsSoftLayer 実務Tips
SoftLayer 実務Tips
softlayerjp
 
Why SoftLayer? なぜ、EC/通販統合パッケージリーダーのエルテックスは、SoftLayerを選んだのか?
Why SoftLayer? なぜ、EC/通販統合パッケージリーダーのエルテックスは、SoftLayerを選んだのか?Why SoftLayer? なぜ、EC/通販統合パッケージリーダーのエルテックスは、SoftLayerを選んだのか?
Why SoftLayer? なぜ、EC/通販統合パッケージリーダーのエルテックスは、SoftLayerを選んだのか?
softlayerjp
 

More from softlayerjp (20)

Bluemix Top10 サービス解体新書
Bluemix Top10 サービス解体新書Bluemix Top10 サービス解体新書
Bluemix Top10 サービス解体新書
 
"クラウド × IoT 勉強会" Bluemix とスマホでゲームを作ろう!ハンズオン
"クラウド × IoT 勉強会" Bluemix とスマホでゲームを作ろう!ハンズオン"クラウド × IoT 勉強会" Bluemix とスマホでゲームを作ろう!ハンズオン
"クラウド × IoT 勉強会" Bluemix とスマホでゲームを作ろう!ハンズオン
 
ラズパイ × Bluemix IoTハンズオンセミナー
ラズパイ × Bluemix IoTハンズオンセミナーラズパイ × Bluemix IoTハンズオンセミナー
ラズパイ × Bluemix IoTハンズオンセミナー
 
Watson × IBM Bluemix で簡単アプリ開発
Watson × IBM Bluemix で簡単アプリ開発Watson × IBM Bluemix で簡単アプリ開発
Watson × IBM Bluemix で簡単アプリ開発
 
IoT と Watson と クラウドが出会ったら、そこは Bluemix だった!
IoT と Watson と クラウドが出会ったら、そこは Bluemix だった!IoT と Watson と クラウドが出会ったら、そこは Bluemix だった!
IoT と Watson と クラウドが出会ったら、そこは Bluemix だった!
 
ハンズオン:Bluemix とスマホでゲームを作ろう!
ハンズオン:Bluemix とスマホでゲームを作ろう! ハンズオン:Bluemix とスマホでゲームを作ろう!
ハンズオン:Bluemix とスマホでゲームを作ろう!
 
10分でわかるBluemix
10分でわかるBluemix10分でわかるBluemix
10分でわかるBluemix
 
初心者による初心者のためのIo tのお話
初心者による初心者のためのIo tのお話初心者による初心者のためのIo tのお話
初心者による初心者のためのIo tのお話
 
やさしくわかるIoT
やさしくわかるIoTやさしくわかるIoT
やさしくわかるIoT
 
【JSLGG】お手軽watsonアプリ開発セミナー
【JSLGG】お手軽watsonアプリ開発セミナー【JSLGG】お手軽watsonアプリ開発セミナー
【JSLGG】お手軽watsonアプリ開発セミナー
 
Ansible x softlayer Provisioning
Ansible x softlayer ProvisioningAnsible x softlayer Provisioning
Ansible x softlayer Provisioning
 
札幌Ibmクラウド勉強会 blockchain
札幌Ibmクラウド勉強会 blockchain札幌Ibmクラウド勉強会 blockchain
札幌Ibmクラウド勉強会 blockchain
 
私にもできる!Bluemixで簡単アプリ開発♪
私にもできる!Bluemixで簡単アプリ開発♪私にもできる!Bluemixで簡単アプリ開発♪
私にもできる!Bluemixで簡単アプリ開発♪
 
いろんなクラウドの話 ~選び方とはじめ方~
いろんなクラウドの話 ~選び方とはじめ方~いろんなクラウドの話 ~選び方とはじめ方~
いろんなクラウドの話 ~選び方とはじめ方~
 
クラウドセキュリティ
クラウドセキュリティクラウドセキュリティ
クラウドセキュリティ
 
画像解析最前線!WatsonとTensorFlowを比較してみた
画像解析最前線!WatsonとTensorFlowを比較してみた画像解析最前線!WatsonとTensorFlowを比較してみた
画像解析最前線!WatsonとTensorFlowを比較してみた
 
Tco calculator 使ってみた
Tco calculator 使ってみたTco calculator 使ってみた
Tco calculator 使ってみた
 
SoftLayer提案、デリバリー実例から考える必勝パターン
SoftLayer提案、デリバリー実例から考える必勝パターンSoftLayer提案、デリバリー実例から考える必勝パターン
SoftLayer提案、デリバリー実例から考える必勝パターン
 
SoftLayer 実務Tips
SoftLayer 実務TipsSoftLayer 実務Tips
SoftLayer 実務Tips
 
Why SoftLayer? なぜ、EC/通販統合パッケージリーダーのエルテックスは、SoftLayerを選んだのか?
Why SoftLayer? なぜ、EC/通販統合パッケージリーダーのエルテックスは、SoftLayerを選んだのか?Why SoftLayer? なぜ、EC/通販統合パッケージリーダーのエルテックスは、SoftLayerを選んだのか?
Why SoftLayer? なぜ、EC/通販統合パッケージリーダーのエルテックスは、SoftLayerを選んだのか?
 

Recently uploaded

MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツールMOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
TsuyoshiSaito7
 
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
shogotaguchi
 
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit IntroductionMatsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo Lab
 
【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
TsuyoshiSaito7
 
第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras
第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras
第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras
Takuya Minagawa
 
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
Sony - Neural Network Libraries
 
MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
iPride Co., Ltd.
 
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit IntroductionMatsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo Lab
 
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
Hironori Washizaki
 
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
Takayuki Nakayama
 

Recently uploaded (10)

MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツールMOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
 
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
 
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit IntroductionMatsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
 
【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
 
第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras
第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras
第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras
 
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
 
MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
 
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit IntroductionMatsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
 
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
 
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
 

Automation with SoftLayer and Zabbix

  • 1. SoftLayer+Zabbix+αで 運⽤用⾃自動化 Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved
  • 2. ⾃自⼰己紹介 安⽥田 忠弘 Twitter:yasudatadahiro クリエーションライン株式会社 代表取締役 ⼀一般社団法⼈人クラウド利利⽤用促進機構(CUPA) 理理事 Open Compute Project Japan 運営委員 ⽇日本SoftLayerユーザ会 運営委員 ⽇日本MSP協会 発起⼈人 Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved
  • 3. 第1回福岡SoftLayer勉強会! Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved 初上陸陸
  • 5. 別資料で説明しました Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved
  • 6. SoftLayer+Zabbix+α で運⽤用⾃自動化 Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved
  • 7. hp://www.crea,online.com/msp/ Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved
  • 8. Zabbix as a framework ソフトウェアフレームワーク(英: software framework)とは、プログ ラミングにおいて、⼀一般的な機能をもつ共通コードをユーザーが選択的 に上書きしたり特化させたりすることで、ある特定の機能をもたせよう とする抽象概念念のことである。単にフレームワークとも呼ばれる。 Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved
  • 9. アジェンダ 1. クラウドの価値とは? ➡ おさらい 2. 効率率率的な監視の検討 3. SoftLayerを理理解しよう 4. API は⾃自動化の鍵 5. SoftLayer+Zabbix+α 6. おまけ Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved
  • 10. クラウドの価値とは?1 Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved
  • 11. かつてのサーバ追加 Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved 計 画 発 注 納 品 設 置 設 定 監 視 運⽤用開 始
  • 12. かつてのサーバ追加 Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved 計 画 発 注 納 品 設 置 設 定 監 視 運⽤用開 始 実際のフローでは、ここがネックになりがち・・・ 数週〜~1ヶ⽉月程度度 few weeks or a month
  • 13. クラウドでの追加 Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved 計 画 発 注 納 品 設 置 設 定 監 視 運⽤用開 始 クラウド・コンピューティング基盤 Infrastructure as a Service 1クリック one click
  • 14. クラウドでの追加 クラウド・コンピューティング基盤 Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved 計 画 発注納 品 監 視 運⽤用開 始 Infrastructure as a Service 数分〜~10分 few minutes
  • 15. クラウドの利利点とは? n 技術的 ➡ サーバの追加や削減が簡単に、今すぐできる ➡ ⾃自動化・省省⼒力力化のためのツールが提供されている n ビジネス的 ➡ 利利⽤用時間単位の課⾦金金なので、 初期コストを抑えることができる n 背景 ➡ ビジネスを取り巻く環境が常に変化する ➡ 周辺技術の進化(スマートフォンの急速な普及) ☞ 「柔軟性」「スケーラビリティ」 » “Flexible” » “Agile” ☞ 使いやすいWebインターフェース ☞ API やライブラリ群 ☞ ⽔水道や電気料料⾦金金のように、 必要な分を使った分だけ課⾦金金となる » “On demand” » “Pay as you go” » “Pay for what you use” 最⼩小コストで最短スタートができ、 サービスに応じてインフラを変化できる Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved
  • 16. クラウド・コンピューティング基盤 Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved ところが・・・ 計 画 発注納 品 監 視 運⽤用開 始 Infrastructure as a Service 数分〜~10分 few minutes 発注納 品 発注納 品 継続的デリバリー 継続的デプロイ 継続的インテグレーション
  • 17. Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved 計 画 発注納 品 監 視 運⽤用開 始 発注納 品 発注納 品 あれ、監視は・・・? 監 視 監 視 クラウドによって環境の準備が迅速になったはず。 しかし、台数の増加やシステム構成の複雑化によって、 クラウドの価値を相殺しているのではないのか?
  • 18. What is effective operation and monitoring? 2 自動化へのステップ1 効率的な監視の検討 Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved
  • 19. 監視に必要な要素 n 運⽤用の⽬目的とは? ➡ サービスやシステム安定稼働(あるべき状態を維持) ➡ 異異常があれば、復復旧する ➡ そのために監視を⾏行行う n 監視とは? ➡ データを収集する ➡ データの異異常を発⾒見見する ➡ 状況に応じて、適切切な⾏行行動を起こす Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved
  • 20. Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved 効率率率的な監視 n 運⽤用前 ➡ 監視設定の省省⼒力力化 • 役割に応じた監視の⾃自動設定 • 追加・削除の⾃自動化 n 運⽤用開始後 ➡ 迅速な検出とエスカレーション ➡ 適切切に「⼈人間が」状況判断できる仕組みの提供 • トリアージ的な考え⽅方の導⼊入
  • 21. SoftLayer’s architecture and Network 3 自動化へのステップ2 SoftLayerを理解する Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved
  • 22. SoftLayerとは? n 仮想化は選択肢の1つ ➡ 仮想サーバ、物理理サーバー(BareMetal)を選択できる ➡ 時間単位の課⾦金金 ➡ リソースは、共有と専有を選べる n 歴史 ➡ 2005年年 テキサス州ダラスに設⽴立立 ➡ 2011年年 アジア・欧⽶米に展開開始 ➡ 2013年年 IBM社に買収 ➡ 2014年年 140ヶ国、25000以上の利利⽤用者 東京データセンター開設予定 Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved
  • 23. SoftLayerのデータセンター Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved
  • 24. SoftLayerのサポート n 料料⾦金金 ➡ 基本的なサポートは無料料、制限なし n サポートの種類 ➡ チケット ➡ チャット • リアルタイムで担当者とやりとり ➡ 電話 • 現状は英語のみ Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved
  • 25. SoftLayerが提供するサービス n サーバ ➡ 仮想サーバ、物理理サーバ(baremetal) n ストレージ ➡ オブジェクトストレージ、NAS、iSCSI、CDN、バックアップ n ネットワーク ➡ VLAN、ロードバランサ、ネットワーク・アプライアンス、DNSサービス n セキュリティ ➡ ファイアウォール、SSL証明書、コンプライアンス n 開発者向け機能 ➡ API、メール配信、メッセージキュー、フォーマット変換、サポート Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved
  • 26. SoftLayerのAPI n 3種類のプロトコルを選べる ➡ SOAP ☞ Getting Started | SoftLayer Development Network http://sldn.softlayer.com/article/ Getting-Started • SoftLayer API に直接つなぐので最速 • 推奨⾔言語:C#、Perl、PHP、VisualBasic.NET、等 ➡ XML-‐‑‒RPC • 多くの⾔言語に対応するが、主にSOAPしない⾔言語向け • 推奨⾔言語:PHP、Python ➡ REST • HTTPプロトコルで簡単にデータを取得できる • 推奨⾔言語:Ruby等、HTTPプロトコルを扱えるもの Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved
  • 27. Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved REST n RESTがおすすめの理理由 ➡ curlを使って簡単に確認できる • 冴えるシェル芸 ➡ 出⼒力力結果を選択でき、⽤用途に応じて加⼯工しやすい • テキスト(⽂文字列列) • XML形式 • JSON形式
  • 28. Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved API Key n API Keyの特⻑⾧長 ➡ アカウント単位なので、権限設定ができる n 確認⽅方法 ➡ 【 Account 】→【 Users 】
  • 29. SoftLayerの監視 n 標準提供される2種類の監視 ➡ BASIC Monitoring • PING レベルの死活監視(無償) • メール、チケットでの通知(無償) • TCP Port レベルの監視オプションあり • 障害発⽣生時に⾃自動再起動や、データセンタ有⼈人対応 ➡ Advance Monitoring • 分単位のサービス・リソース監視 • Basic は無償 • AdvanceやPlatinumは有償 Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved
  • 30. 自動へのステップ3 APIは自動化の鍵 An automation for practical operation 4 Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved
  • 31. Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved
  • 32. 1. 【設定】→【スクリーン】 →【対象スクリーン名】をクリック 2. 対象枠の【変更更】をクリック 3. グラフ名の【選択】ボタンをクリック 4. グループとホストを選び、アイテム選択 5. 必要に応じて列列や⾼高さの調整 6. 保存 7. 必要アイテム・ホスト分2〜~6を繰り返す Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved
  • 33. ZabbixのAPIを使って⾃自動化するシステムのイメージ 現在値を知りたい 監視対象を追加したい・削除したい グラフやスクリーンを編集したい Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved
  • 34. ZabbixのAPIを使って⾃自動化するシステムのイメージ プログラム API リクエスト JSON 現在値を知りたい 監視対象を追加したい・削除したい グラフやスクリーンを編集したい 重要な点は、設定時間短縮・⼈人的作業事故を回避 Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved
  • 35. 自動化へのステップ4 SoftLayer+Zabbix+α 5 Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved □□□□■
  • 36. SoftLayerとZabbixの連携 n ⾃自動監視 ➡ サーバ追加・削除の連動 ➡ roleとtagに応じて、グルーピング ➡ オートスケール時に⾃自動適⽤用 n API連携 ➡ チケット検出 ➡ 利利⽤用料料⾦金金計算 Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved
  • 37. Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved 環境 manager 192.168.39.3 192.168.39.1(VIP/LVS) API ( JSON-­‐RPC ) node1 192.168.39.11 node2 192.168.39.12 node3 192.168.39.13 node4 192.168.39.14 node5 192.168.39.15 10.0.0.2
  • 38. Workflow orchestration serf manager ( cluster ) Zabbix Server Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved serf agent join to cluster event: member-join call: zabbix-add role:web name:web1 JSON Request LVS Server ipvsadm –A –t LVS -s NODE -g host.create interfaces, group, templates JSON Return event: settag hostid user HTTP/HTTPS zbx-screen-add screen.get hsize screen-update screen.update graph-update graph.get graphitem.get graphids graph-update graph.update graphid, gitems
  • 39. $ serf agent –iface=eth1 –discover=serf –log-­‐level=debug -­‐-­‐event-­‐handler=/opt/serf-­‐lvs/ADP.pl $ serf agent –iface=eth1 –discover=serf –log-­‐level=debug –event-­‐handler=user:seag=/opt/serf/changetag.pl –tag role=web Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved serf manager serf node イベントが発生する度に、この Perl スクリプトを実行。 イベント毎に、ZABBIX Server に対する JSON リクエストや LVS ( ipvsadm ) を制御します。このとき、処理対象の role も判断材料に用います。 serf のタグで ‘web’ や ‘db’ など、サーバの役割を明示。 web であれば、HTTP の監視を行い、LVS に追加。 db であれば、MySQL の監視を行うように区別します。
  • 40. serf agent を起動するだけで、自動的にホスト登録と監視を開始。ZABBIX 画面に一切ログインすること なく設定を行えます(Serf と連携し、IP アドレスの情報を自動的に渡しています)。 Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved HTTP Template
  • 41. node2 では ‘web’、node3 は ‘db’ とすると、自動的に設定が開始されます。 なお、障害等でのnode 停止時も、規定時間 ( 初期値24時間 ) ノード情報を持たせておき、その後 ノード削除させることもできます。 Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved HTTP Template MySQL Template
  • 42. 単純にホストを追加・削除するだけで無く、スク リーンのグラフを自動登録させる事も出来ます。 XML 編集の呪縛から解放・・! Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved
  • 43. Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved その他にも、グループ 分けしたアイテム毎 (Load Average や CPU idle)に、1つのグ ラフに動的に追加・削 除させる 事も出来ます。 面倒な処理は、Serf と 連携したフレームワー クが自動処理します。
  • 44. 今後の拡張アイディア n 監視設定の完全⾃自動化 ➡ Consul, Serf 等と連動 n アラート発⽣生時の⾃自動対応 ➡ Consul 等のイベントハンドラ⾃自動実⾏行行 n 他のツールとの連携 ➡ Slack ➡ hubot ➡ hue n docker監視対応 ➡ コンテナ環境の監視に応⽤用 Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved
  • 45. Zabbix as a framework ソフトウェアフレームワーク(英: software framework)とは、プログラ ミングにおいて、一般的な機能をもつ共通コードをユーザーが選択的に上 書きしたり特化させたりすることで、ある特定の機能をもたせようとす る抽象概念のことである。単にフレームワークとも呼ばれる。 Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved
  • 47. SoftLayerの情報 n 公式 ➡ http://www.softlayer.com/ n ⽇日本語情報 ➡ SoftLayerユーザ会 http://jslug.jp/ ➡ SoftLayer技術⽂文書 https://gg-‐‑‒web.jp/document/ConfigGuide/ ➡ クリエーションライン CL-‐‑‒Lab http://www.creationline.com/lab Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved
  • 48. ネタバレ 今⽇日の資料料は 弊社テクノロジーエバンジェリスト 前佛からのパクリネタでした。。 m(_̲ _̲)m Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved
  • 49. おまけ1 Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved
  • 50. Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved
  • 51. Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved
  • 52. Copyright ⓒ2014 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved