スキニーなシステム開発にぴったりの契約形態

1,121 views

Published on

永和システムマネジメント × クラスメソッド 共催セミナー

Published in: Business, Technology
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,121
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
68
Actions
Shares
0
Downloads
11
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

スキニーなシステム開発にぴったりの契約形態

  1. 1. スキニーなシステム開発にぴったりの契約形態 木下 史彦 (株)永和システムマネジメント f-kinoshita@esm.co.jp  クラスメソッド株式会社 セミナールーム; 2011-12-07(Wed)
  2. 2. 木下 史彦 マネージャ / コンサルタント / 価値創造契約責任者 1998年 大学卒業、独立系SIベンダに入社 2005年 アジャイル開発を実践しはじめる 2006年 永和システムマネジメントに入社 最近の仕事は、アジャイルな組織運営を目指す経営層・マネー ジャ層への提案、アジャイルプラクティスを実践している現場へ の指導・助言、社内のRuby・アジャイル関連のプロジェクトの マネジメント、自社担当グループの組織運営など多岐にわたる。 Copyright (c) 2011 Eiwa System Management, Inc.
  3. 3. 永和システムマネジメント について Copyright (c) 2011 Eiwa System Management, Inc.
  4. 4. 永和システムマネジメントサービスプロバイディング事業部について私たち永和システムマネジメントは福井に本社を置くSIベンダです。私たちは「お客様に価値を提供し続けるシステム」を構築します。お客様の環境やビジネスの変化に適応するシステムを、お客様と一緒に育てていきたいと思っています。2002年に東京支社を開設してから、アジャイル開発を軸に変化を抱擁するIT ソリューションを提供することに力を入れています。社内でのRubyへの取り組みは、有志による草の根の活動をきっかけに2005年頃から続いています。 Copyright (c) 2011 Eiwa System Management, Inc.
  5. 5. 永和システムマネジメントサービスプロバイディング事業部について私たちは「お客さまに価値を提供し続けるシステム」を構築します。お客様の環境やビジネスの変化に適応するシステムを、お客さまと一緒に育てていきます。私たちは、ソフトウェア開発のプロフェッショナルとしての誠実な態度と、アジャイル開発のアプローチを通じてこれを達成します。そして、そのための手段としてオブジェクト指向スクリプト言語Rubyが有効だと信じて行動しています。 不明確か つ不安定 な要求 要求  R(t) Δ システム  S(t) Δ t R(t) チーム(t) S(t) Copyright (c) 2011 Eiwa System Management, Inc.
  6. 6. Ruby x Agileの実績約70プロジェクト / 5年20名程度の弊社メンバー開発メンバーは1チームあたり2∼3名さまざまなドメインと商流  Web、業務、R&D、1次∼n次 Copyright (c) 2011 Eiwa System Management, Inc.
  7. 7. プロジェクト数 23 25 20 16 11 12 15 7 10 52006年度 2007年度 2008年度 0 2009年度 2010年度 Copyright (c) 2011 Eiwa System Management, Inc.
  8. 8. 適用分野 R&D 17% BtoCサービス 業務システム 52% 31% Copyright (c) 2011 Eiwa System Management, Inc.
  9. 9. http://ruby.agile.esm.co.jp/
  10. 10. イテレーティブかつインクリメンタルな開発 可視性 ビジネス価値 打ち合わせ状況が見えな イテレーショ 最後の最後ま 早期にリリー い ン毎に動くも & でリリースで ス可能な動く のべースで確 リリース きない ソフトウェア 認できる が入手できる ユーザと 開発者の アジャイル開発 1週間 = 1イテレーション 距離 従来型の開発 技術リスク低減 変更容易性最後まで動い 動くものを 初期に要件を 変更は最後のているものを ベースに徐々 時間 確定しなけれ イテレーショ確認すること に機能を追加 ばならない ンがはじまる ができない していく まで可能 Copyright (c) 2011 Eiwa System Management, Inc.
  11. 11. ステージング リリース Heroku自動化テスト 要求 RSpec PivotalCucumber Tracker + CI 開発 Railsと 各種gemhttp://www.slideshare.net/moro/ruby-ecosystem-applied-to-agile-project
  12. 12. 社員の活動書籍コミュニティ  オブジェクト倶楽部  日本XPユーザグループ  日本Rubyの会  Asakusa.rb Copyright (c) 2011 Eiwa System Management, Inc.
  13. 13. アジャイル開発と契約
  14. 14. 永和システムマネジメント の契約事例 Copyright (c) 2011 Eiwa System Management, Inc.
  15. 15. ソフトウェア開発の契約請負契約 あらかじめ定めた成果物を完成することが目的であ り、成果物に対して対価が発生します。委任契約 知識や労働力といったサービスを提供することが目的 であり、提供したサービスの割合(作業した時間など) に応じて対価が発生します。 Copyright (c) 2011 Eiwa System Management, Inc.
  16. 16. 現状の課題近年、大変注目を集めているソフトウェア開発手法に「アジャイル」があります。アジャイルはお客さまの組織やビジネスの変化に素早く対応することが可能な開発手法です。しかし、ソフトウェア業界での受託型の請負契約は要件定義が完了してから開発見積り・契約するというやり方が当たり前となっており、お客様にアジャイルのメリットを実感頂くのが難しいという課題がありました。 Copyright (c) 2011 Eiwa System Management, Inc.
  17. 17. 最小限のスコープを約束する請負契約 最小限のスコープ 全体のスコープを契約段階では約束せずに、最小限(絶対必須)のスコープを約束 し、それ以外の部分は随時調整とする。 全体像はぼんやりしているが、最低限作りたいものははっきりしている場合に有 効。 受注者が発注者からいかに信頼されているかという点がポイントになる。 Copyright (c) 2011 Eiwa System Management, Inc.
  18. 18. 機能毎の請負契約機能A 機能B 機能C 機能D システム全体を0.5∼3人月くらいの機能に分割し、優先度の高いものから契約し ていく。 五月雨式に着手していくため、複数の契約が同時に走ることもある。 Copyright (c) 2011 Eiwa System Management, Inc.
  19. 19. 短期の請負契約 1∼3ヶ月 1∼3ヶ月単位で成果物を規定する。 全体像はぼんやりしているが、短期的に作りたいものははっきりしている場合に 有効。 瑕疵担保責任はすべての開発が完了してから1年間。 Copyright (c) 2011 Eiwa System Management, Inc.
  20. 20. 短期の準委任契約 1∼3ヶ月 初期開発がひととおり落ち着きメンテナンスフェーズに入ったプロジェクトで多 く採用されている。 たとえ1ヶ月でも成果物を明確に規定することが難しいプロジェクトに有効。 随時上がってくるユーザーからの要望に応えていくことが可能。 発注者と受注者の信頼関係ができていることが必要。 Copyright (c) 2011 Eiwa System Management, Inc.
  21. 21. ✓ システムを初期費用0円 で提供します。✓ サービス利用料を月々お 支払いいだいたきます。
  22. 22. 背景 Point of Sales Point of Useq q t t 所有から利用へ お客さまはシステムを「所有」したいのではな く、システムがもたらすサービスを「利用」した い。 従来のシステムを製造するという発想から、サービスを サービスがお客さまに価値を提供するのは納品し 提供するという発想にシフトします。 た瞬間ではなく、お客さまがサービスを利用して いるあいだ継続的に。 Copyright (c) 2011 Eiwa System Management, Inc.
  23. 23. 従来型のサービス・契約との比較 本サービス 一括受託 SaaS パッケージ 納品時に一括払い、支払い 月額払い 納品時に一括払い 月額払い もしくは、月額払い オーダーメイド(お客 オーダーメイド(お客カスタマイズ可 可能な場合もあるが、 可能な場合もあるが、 さま毎にカスタマイズ さま毎にカスタマイズ能性 基本的には難しい 基本的には難しい 可能) 可能) 月額費用の中で対応、顧客要望による 追加費用を払うことで 追加費用を払えば可能 基本的に未対応 基本的に未対応機能追加 大きな機能追加も可能 月額費用の中に保守・ 別途、保守契約を結ぶ 月額費用の中に保守・ 別途、保守契約を結ぶ保守・サポート サポートも含まれる 必要がある サポートも含まれる 必要がある 汎用的な業務・サービ 汎用的な業務・サービ用途・分野 特殊な業務・サービス 特殊な業務・サービス ス ス Copyright (c) 2011 Eiwa System Management, Inc.
  24. 24. お客さまにとってのメリット 初期投資が不要なため、まとまった資金を調達する必要がありま せん。 一定量の追加開発についてはサービス利用料の範囲で対応できる ため、追加開発の度に社内決済を通していただき、契約するとい う面倒な手続きを踏む必要がありません。 継続してメンテナンス(必要な機能の追加開発や不要な機能の削 除)をし続けますので、短期的にリプレイスを繰り返すことな く、システムを長く使っていただくことができます。 毎月、費用対効果を測定し、効果がなければすぐに止められます (手数料なしで解約できます)。 Copyright (c) 2011 Eiwa System Management, Inc.
  25. 25. 価格体系初期費用0円月額料金 プラン 料金(1ヶ月あたり) プランSS 150千円 プランS 350千円 プランM,L,LL 600千円∼1,500千円を予定 従来の一括請負契約のように、納品時にまとめて費用をお支払いいただく必要 がありません。 お客さまから要件をお聞きした上でシステム規模を判断し、プランを決定しま す。 ハードウェア費用は上記料金に含まれておりません。お客さまのシステムの構 成に合わせて別途ご提案させていただきます。 Copyright (c) 2011 Eiwa System Management, Inc.
  26. 26. 割引制度本サービスを継続して利用しているお客さまには4年目以降、サービス利用料を半額にて提供します。 Copyright (c) 2011 Eiwa System Management, Inc.
  27. 27. サービス提供の流れ ご相談 まずは、ご相談ください。 おおまかな業務要件をお聞きし、本サービスの適用をできるかを判要件ヒアリング 断させていただきます。料金プラン決定 料金プランを決定します。 契約 契約を締結します。 開発着手 弊社にて開発に着手します。 2∼4週間に一度の頻度で打ち合わせを行います。開発中のシステム打ち合わせ・デモ の動作を確認いただき、こまかい要件のすりあわせを行います。 システムの導入を行います。 リリース ※プランSSの場合、開発着手からリリースまでの期間は2∼3ヶ月 と想定しております。 チケットを利用いただくことにより、利用中のシステムに機能追加保守・サポート を行うことができます。 Copyright (c) 2011 Eiwa System Management, Inc.
  28. 28. 提供形態 弊社からご提供するシステム一式(ソフトウェア)をレンタルす るという形態をとります。 ハードウェアに関しては、弊社がご用意したものをレンタルいた だくことも可能ですし、お客さまにご用意いただくことも可能で す。後者の場合、お客さまの既存資産を有効に活用できます。 システムの物理的な設置場所については、お客さまのサーバー ルーム、データセンター、クラウドサービスなどの選択肢がござ います。 SaaSではありません。 あくまでも個別のお客さまからシステム開発を受託し、それぞれのお客さ ま向けのシステムを提供します。 Copyright (c) 2011 Eiwa System Management, Inc.
  29. 29. 保守・サポートプランに応じて毎月、下記の枚数のチケット を発行します。 プラン チケット枚数 プランSS 1チケット プランS 2チケット プランM,L,LL 3∼10チケットの予定 1チケットで1日程度の保守・サポート対応が可能です。 必要に応じて別途チケットをご購入いただくことも可能です。 Copyright (c) 2011 Eiwa System Management, Inc.
  30. 30. 解約解約手数料:なし(利用年数によらない)解約時にシステム一式(ハードウェア・ソフト ウェア一式)を返却していただきます。データベースに蓄積されたお客さまのデータに ついては、お客さまに手元に残します。 Copyright (c) 2011 Eiwa System Management, Inc.
  31. 31. 権利関係本サービスではシステムをレンタルするという 形態をとるため、ソフトウェアの著作権は当 社に帰属します。 提供するのはあくまでもシステムを使ったサービスで あり、システムそのものではありません。 ソースコードは納品しません。 Copyright (c) 2011 Eiwa System Management, Inc.
  32. 32. スキニー
  33. 33. 料金シミュレーション (1)最初からプランM350千円 175千円 サービス開始 3年後 Copyright (c) 2011 Eiwa System Management, Inc.
  34. 34. 料金シミュレーション (2)プランSでチケットを使って拡張 追加チケット購入分150千円 75千円 サービス開始 3年後 Copyright (c) 2011 Eiwa System Management, Inc.
  35. 35. 価値創造契約の適用事例 Copyright (c) 2011 Eiwa System Management, Inc.
  36. 36. サイエンス倶楽部 1992年設立の理科実験教室 1都4県に20教室を展開 小学生を中心に、幼児から中学生までを対象とする。 会員数は約9300名(2011年4月現在) 実体験を通して、子どもたちが自ら主体的に考える力 を身につけていくことをコンセプトとする
  37. 37. http://ruby.agile.esm.co.jp/articles/62
  38. 38. 投資効果のある ソフトウェア 技術者 コミュニティ Ruby活用したベンチャーライブラリとフレームワーク http://www.slideshare.net/moro/ruby-ecosystem-applied-to-agile-project
  39. 39. ステージング リリース Heroku自動化テスト 要求 RSpec PivotalCucumber Tracker + CI 開発 Railsと 各種gemhttp://www.slideshare.net/moro/ruby-ecosystem-applied-to-agile-project
  40. 40. 検閲済み 検閲中
  41. 41. ステージング リリース Heroku自動化テスト 要求 RSpec PivotalCucumber Tracker + CI 開発 Railsと 各種gemhttp://www.slideshare.net/moro/ruby-ecosystem-applied-to-agile-project
  42. 42. ✓ システムを初期費用0円 で提供します。✓ サービス利用料を月々お 支払いいだいたきます。
  43. 43. お客さまにとってのメリット✓初期投資不要✓ノーリスク
  44. 44. 怪しい??
  45. 45. リスク
  46. 46. 解約?
  47. 47. 『アジャイルサムライ−達人開発者への道−』
  48. 48. 「死んでもやってもらわないと困ります」
  49. 49. 「ちゃんと やります」
  50. 50. ✓ システムを初期費用0円 で提供します。✓ サービス利用料を月々お 支払いいだいたきます。
  51. 51. 解約手数料なし
  52. 52. http://ruby.agile.esm.co.jp/

×