20分で語るFOSS4Gの10年
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

20分で語るFOSS4Gの10年

on

  • 773 views

2013年11月1日に開催されたFOSS4G 2013 Tokyoでの発表スライドです。

2013年11月1日に開催されたFOSS4G 2013 Tokyoでの発表スライドです。

Statistics

Views

Total Views
773
Views on SlideShare
773
Embed Views
0

Actions

Likes
6
Downloads
14
Comments
0

0 Embeds 0

No embeds

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

20分で語るFOSS4Gの10年 20分で語るFOSS4Gの10年 Presentation Transcript

  • 20分で話す FOSS4Gの10年 A brief history of FOSS4G in 20 minutes 2013年11月1日 株式会社オークニー 森亮 Toru Mori Orkney, Inc.
  • はじめに
  • はじめに • このお話は • • • • OSGeo財団日本支部代表者じゃなくて 株式会社オークニーという会社の 創業者かつ経営者である 「森亮」の個人的なストーリーです
  • しかも、 古い話です
  • 10年は一昔 どころじゃない
  • あの人は、今・・ Sep. 2004
  • あの人は、今・・ Sep. 2004
  • あの人は、今・・ Sep. 2004
  • あの人は、今・・ Sep. 2004
  • 2013年
  • 隔世の感
  • 隔世の感 FOSS4Gで「地理院地図」が正式公開!
  • 私的 FOSS4Gのきっかけ
  • どうやって食べる?
  • どうやって食べる? • • そもそも業界全体が伸び悩んでいる 変化を好まない業界体質で、皆と同じこ とを後からやってもチャンスが少ない • • ならば、違うアプローチをしよう できれば、誰もやっていないことをしよ う
  • 事業の着想
  • 事業の着想 • ここが変だよジオ業界 • 技術や機能は語っても、ユーザーの視点が抜けがちな業界 • • 実証実験がやたら多く、本当の利用者はどこ? メーカー製品の価格が高止まり、しかも日本語版はオリジナル版の数 倍が横行 • • • • ユーザーに官公庁が多いので「言い値」が通りがち だから、市場が余計に沈滞してしまう まず、この歪みを変えよう だったらどうやって変える?
  • オープンソース!
  • オープンソース! • まず、誰もが使えるようにしよう • • ユーザー本位の市場にしよう 2003年の春頃に調べ始める • 当時は、Googleで検索しても日本語の情報はとても少ない • • • • 大阪市立大学(ラガワン・升本先生)のGRASS講座があったのは驚き! 少なくとも事業としてやっているところは無い 英語の情報は結構あるし、MapServerはかなり使われているらしい よし、やろう!!
  • 2003年7月に事業化決意
  • 2003年7月に事業化決意 • ビジネス以前のハードルに遭遇 • 日本語環境で使えない • • では、i18n対応をしよう! • でもお金が無い!どこか助成事業は無いか? • • • GRASSもMapServerも文字化けする IPAが公募しているのを知る(締切まで半月くらい) 急遽大阪市立大学を訪問して升本先生、ラガワン先生にお会いする 共同プロジェクトとしてIPAに応募し、採択される
  • そして2004年
  • そして2004年
  • そして2004年
  • 実は、その頃は
  • FOSS4Gが「本物」に なり始めた時期
  • 主要なFOSS4Gツール プロジェクトの開始時期 • • • • • • • • GRASS GIS:1982年∼ MapServer:1994年∼(OSSは1998年∼) QGIS :2002年∼ PostGIS:2001年∼ GeoServer:2001年∼ OpenLayers:2005年∼ pgRouting:2005年∼ Leaflet:2010年∼
  • 主要なFOSS4Gツール プロジェクトの開始時期 • • • • • • • • GRASS GIS:1982年∼ MapServer:1994年∼(OSSは1998年∼) QGIS :2002年∼ PostGIS:2001年∼ GeoServer:2001年∼ OpenLayers:2005年∼ pgRouting:2005年∼ Leaflet:2010年∼ オークニーが事業開始 したのはこの頃
  • 主要なFOSS4Gツール プロジェクトの開始時期 • • • • • • • • GRASS GIS:1982年∼ MapServer:1994年∼(OSSは1998年∼) QGIS :2002年∼ PostGIS:2001年∼ GeoServer:2001年∼ オークニーが事業開始 したのはこの頃 OpenLayers:2005年∼ pgRouting:2005年∼ Leaflet:2010年∼ OSGeo財団設立(2006年)
  • 2000年代前半∼半ば
  • 2000年代前半∼半ば • 「使える」FOSS4Gツールは限られていた • • 開発コミュニティは小さくて顔が見えていた • • 足りないところだらけで、どう使うかのコツが必要 主要メンバーとはすぐに顔見知りになれた 国内では事業性が不透明で、専業会社は出てこなかった • • やればやるほどノウハウが獲得でき、事業も先行できた 世界から見ても「日本にはオークニーしかいない」状態
  • これでもFOSS4Gツールの一部にしか過ぎません ■ Browser Clients OpenLayers  -­‐    Browser  GIS  Client Geomajas  -­‐    Browser  GIS  Client Mapbender  -­‐    Geoportal  Framework MapFish  -­‐    Web  Mapping  Framework ■ Crisis Management   Sahana  Eden  -­‐    Disaster  management Ushahidi  -­‐    Mapping  and  Timeline  for  events ■ Databases  PostGIS  -­‐    SpaBal  Database SpaBaLite  -­‐    Lightweight  Database Rasdaman  -­‐    MulB-­‐Dimensional  Raster  Database pgRouBng  -­‐  RouBng  for  PostGIS ■  Desktop  GIS  Quantum  GIS   GRASS  GIS   gvSIG  Desktop   User-­‐friendly  Desktop  Internet  GIS  (uDig)   Kosmo  Desktop   OpenJUMP  GIS   SAGA   OSSIM  -­‐    Image  Processing Geopublisher-­‐    Catalogue AtlasStyler  -­‐    Style  Editor osgEarth  -­‐    3D  Terrain  Rendering MB-­‐System  -­‐    Sea  Floor  Mapping ■  NavigaBon  and  Maps GpsDrive  -­‐    GPS  NavigaBon Marble  -­‐    Spinning  Globe OpenCPN  -­‐    Marine  GPS  ChartploRer OpenStreetMap  -­‐    OpenStreetMap  Tools Prune  -­‐    View,  Edit  and  Convert  GPS  Tracks Viking  -­‐    GPS  Data  Analysis  and  Viewer zyGrib  -­‐  Weather  Forecast  Maps ■ SpaBal  Tools GDAL/OGR  -­‐    GeoSpaBal  Data  TranslaBon  Tools GMT  -­‐    Cartographic  Rendering Mapnik  -­‐    Cartographic  Rendering OTB  -­‐    Image  Processing MapTiler  -­‐    Create  Map  Tiles R  SpaBal  Task  View  -­‐    StaBsBcal  Programming GeoKeRle  -­‐    Data  IntegraBon ■  Web  Services deegree   GeoServer   MapGuide  Open  Source   MapServer   QGIS  mapserver   GeoNetwork  -­‐    Metadata  Catalog  and  Catalog   Services  for  Web 52°North  WPS  -­‐    Web  Processing  Service 52°North  SOS  -­‐    Sensor  ObservaBon  Service ZOO  Project  -­‐    Web  Processing  Service
  • 主要なFOSS4Gツール プロジェクトの開始時期 • • • • • • • • GRASS GIS:1982年∼ MapServer:1994年∼(OSSは1998年∼) QGIS :2002年∼ PostGIS:2001年∼ GeoServer:2001年∼ オークニーが事業開始 したのはこの頃 OpenLayers:2005年∼ pgRouting:2005年∼ Leaflet:2010年∼ OSGeo財団設立(2006年)
  • 主要なFOSS4Gツール プロジェクトの開始時期 • • • • • • • • GRASS GIS:1982年∼ MapServer:1994年∼(OSSは1998年∼) QGIS :2002年∼ PostGIS:2001年∼ GeoServer:2001年∼ OpenLayers:2005年∼ pgRouting:2005年∼ Leaflet:2010年∼ オークニーが事業開始 したのはこの頃 GoogleMaps(2005年) OSGeo財団設立(2006年)
  • 主要なFOSS4Gツール プロジェクトの開始時期 • • • • • • • • GRASS GIS:1982年∼ MapServer:1994年∼(OSSは1998年∼) QGIS :2002年∼ PostGIS:2001年∼ GeoServer:2001年∼ OpenLayers:2005年∼ pgRouting:2005年∼ Leaflet:2010年∼ オークニーが事業開始 したのはこの頃 GoogleMaps(2005年) OSGeo財団設立(2006年) iPhone(2007年)
  • 僕らが目の当たりにしたもの FOSS4G 専門領域での 技術進歩 市場拡大
  • 僕らが目の当たりにしたもの コンシューマITでの ジオ系技術進歩 FOSS4G 専門領域での 技術進歩 市場拡大 ジオ周りの市場拡大
  • 僕らが目の当たりにしたもの コンシューマITでの ジオ系技術進歩 FOSS4G ジオ周りの市場拡大 専門領域での 技術進歩 市場拡大 コミュニティ
  • 僕らが目の当たりにしたもの コンシューマITでの Google Apple ジオ系技術進歩 FOSS4G Facebook ジオ周りの市場拡大 専門領域での 技術進歩 市場拡大 コミュニティ
  • 最近のFOSS4Gは
  • 専門家と 「コミュニティ」を 対象にしている
  • 「オープンパズル」が ってきた ✓ ハードウェア ✓ ✓ コミュニティ ソフトウェア
  • 「オープンパズル」が ってきた ✓ ハードウェア ✓ データ ✓ コミュニティ ソフトウェア
  • 今後、コミュニティを 対象とした サービスが広がる
  • 特に、最近感じる ホットなトレンドは二つ
  • 1. データを徹底的にいじくる 2. 結果をすぐに配信する
  • データを徹底的にいじくる
  • データを徹底的にいじくる • QuantumGISやGRASS GISの利用者が日本でも急増 • 機能強化が加速 • • 日本語対応 • • 商用ツールの高価なエクステンションに対応する機能も多い OSGeo財団日本支部のメンバーが尽力しています 使い方が学べる • • • 各地で講習会も開催されるようになっています 使い方を紹介した日本語のサイトも増えています 本が出ます(古今書院から)
  • 結果をすぐに配信する
  • 結果をすぐに配信する • MapBoxの成功 • • http://www.mapbox.com 自分の「地図」を配信できるクラウドサービス • ベースマップはOpenStreetMapで、その上に簡単に主題図 をオーバーレイできる • • 月額5ドルから、手頃な料金プラン サービス開始からまだ丸2年少々で、Foursquare, USA Today, Evernote, Greenpeaceなどが採用
  • 数年前まで データを 配信システムを 結果を いじくる 構築する 配信する なかなか 手頃なデータが 見つからない
  • 今なら データを 結果を 徹底的に すぐに いじくる 配信する ネットから データを ダウンロード
  • 今なら データを 結果を 徹底的に すぐに いじくる GRASS QGIS R ネットから オープンデータ データを ダウンロード MapBox CartoDB QGIS Cloud 配信する
  • 徐々に システム開発が不要に なってきているのです
  • システム開発は、利用者に とってボトルネックでした
  • お金も時間も知識も 要るからです
  • そこから解放される 日が来つつあります
  • 行き着く先は コミュニティが主人公 の時代
  • この流れを支えるのが
  • FOSS4Gツールの発展
  • ところで、
  • オークニーは どうする?
  • 今なら データを 結果を 徹底的に すぐに いじくる GRASS QGIS R ネットから オープンデータ データを ダウンロード MapBox CartoDB QGIS Cloud 配信する
  • 今なら データを 配信システムを 徹底的に いじくる GRASS QGIS R ネットから オープンデータ データを ダウンロード 構築する MapBox CartoDB QGIS Cloud 結果を すぐに 配信する
  • 今なら データを オークニーの 配信システムを 徹底的に いじくる GRASS QGIS R ネットから オープンデータ データを ダウンロード コア事業 構築する MapBox CartoDB QGIS Cloud 結果を すぐに 配信する
  • つい3日前まで
  • 現在
  • 要するに・・ 業態転換
  • FOSS4Gに 理解のある 顧客層
  • FOSS4Gに 理解のある 顧客層
  • FOSS4Gに 一般の 理解のある 業務システム 顧客層 利用層
  • 一般の FOSS4Gに 理解のある 業務システム 顧客層 利用層 FOSS4G
  • FOSS4Gと共に