20分で語るFOSS4Gの10年

841
-1

Published on

2013年11月1日に開催されたFOSS4G 2013 Tokyoでの発表スライドです。

0 Comments
7 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
841
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
16
Comments
0
Likes
7
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

20分で語るFOSS4Gの10年

  1. 1. 20分で話す FOSS4Gの10年 A brief history of FOSS4G in 20 minutes 2013年11月1日 株式会社オークニー 森亮 Toru Mori Orkney, Inc.
  2. 2. はじめに
  3. 3. はじめに • このお話は • • • • OSGeo財団日本支部代表者じゃなくて 株式会社オークニーという会社の 創業者かつ経営者である 「森亮」の個人的なストーリーです
  4. 4. しかも、 古い話です
  5. 5. 10年は一昔 どころじゃない
  6. 6. あの人は、今・・ Sep. 2004
  7. 7. あの人は、今・・ Sep. 2004
  8. 8. あの人は、今・・ Sep. 2004
  9. 9. あの人は、今・・ Sep. 2004
  10. 10. 2013年
  11. 11. 隔世の感
  12. 12. 隔世の感 FOSS4Gで「地理院地図」が正式公開!
  13. 13. 私的 FOSS4Gのきっかけ
  14. 14. どうやって食べる?
  15. 15. どうやって食べる? • • そもそも業界全体が伸び悩んでいる 変化を好まない業界体質で、皆と同じこ とを後からやってもチャンスが少ない • • ならば、違うアプローチをしよう できれば、誰もやっていないことをしよ う
  16. 16. 事業の着想
  17. 17. 事業の着想 • ここが変だよジオ業界 • 技術や機能は語っても、ユーザーの視点が抜けがちな業界 • • 実証実験がやたら多く、本当の利用者はどこ? メーカー製品の価格が高止まり、しかも日本語版はオリジナル版の数 倍が横行 • • • • ユーザーに官公庁が多いので「言い値」が通りがち だから、市場が余計に沈滞してしまう まず、この歪みを変えよう だったらどうやって変える?
  18. 18. オープンソース!
  19. 19. オープンソース! • まず、誰もが使えるようにしよう • • ユーザー本位の市場にしよう 2003年の春頃に調べ始める • 当時は、Googleで検索しても日本語の情報はとても少ない • • • • 大阪市立大学(ラガワン・升本先生)のGRASS講座があったのは驚き! 少なくとも事業としてやっているところは無い 英語の情報は結構あるし、MapServerはかなり使われているらしい よし、やろう!!
  20. 20. 2003年7月に事業化決意
  21. 21. 2003年7月に事業化決意 • ビジネス以前のハードルに遭遇 • 日本語環境で使えない • • では、i18n対応をしよう! • でもお金が無い!どこか助成事業は無いか? • • • GRASSもMapServerも文字化けする IPAが公募しているのを知る(締切まで半月くらい) 急遽大阪市立大学を訪問して升本先生、ラガワン先生にお会いする 共同プロジェクトとしてIPAに応募し、採択される
  22. 22. そして2004年
  23. 23. そして2004年
  24. 24. そして2004年
  25. 25. 実は、その頃は
  26. 26. FOSS4Gが「本物」に なり始めた時期
  27. 27. 主要なFOSS4Gツール プロジェクトの開始時期 • • • • • • • • GRASS GIS:1982年∼ MapServer:1994年∼(OSSは1998年∼) QGIS :2002年∼ PostGIS:2001年∼ GeoServer:2001年∼ OpenLayers:2005年∼ pgRouting:2005年∼ Leaflet:2010年∼
  28. 28. 主要なFOSS4Gツール プロジェクトの開始時期 • • • • • • • • GRASS GIS:1982年∼ MapServer:1994年∼(OSSは1998年∼) QGIS :2002年∼ PostGIS:2001年∼ GeoServer:2001年∼ OpenLayers:2005年∼ pgRouting:2005年∼ Leaflet:2010年∼ オークニーが事業開始 したのはこの頃
  29. 29. 主要なFOSS4Gツール プロジェクトの開始時期 • • • • • • • • GRASS GIS:1982年∼ MapServer:1994年∼(OSSは1998年∼) QGIS :2002年∼ PostGIS:2001年∼ GeoServer:2001年∼ オークニーが事業開始 したのはこの頃 OpenLayers:2005年∼ pgRouting:2005年∼ Leaflet:2010年∼ OSGeo財団設立(2006年)
  30. 30. 2000年代前半∼半ば
  31. 31. 2000年代前半∼半ば • 「使える」FOSS4Gツールは限られていた • • 開発コミュニティは小さくて顔が見えていた • • 足りないところだらけで、どう使うかのコツが必要 主要メンバーとはすぐに顔見知りになれた 国内では事業性が不透明で、専業会社は出てこなかった • • やればやるほどノウハウが獲得でき、事業も先行できた 世界から見ても「日本にはオークニーしかいない」状態
  32. 32. これでもFOSS4Gツールの一部にしか過ぎません ■ Browser Clients OpenLayers  -­‐    Browser  GIS  Client Geomajas  -­‐    Browser  GIS  Client Mapbender  -­‐    Geoportal  Framework MapFish  -­‐    Web  Mapping  Framework ■ Crisis Management   Sahana  Eden  -­‐    Disaster  management Ushahidi  -­‐    Mapping  and  Timeline  for  events ■ Databases  PostGIS  -­‐    SpaBal  Database SpaBaLite  -­‐    Lightweight  Database Rasdaman  -­‐    MulB-­‐Dimensional  Raster  Database pgRouBng  -­‐  RouBng  for  PostGIS ■  Desktop  GIS  Quantum  GIS   GRASS  GIS   gvSIG  Desktop   User-­‐friendly  Desktop  Internet  GIS  (uDig)   Kosmo  Desktop   OpenJUMP  GIS   SAGA   OSSIM  -­‐    Image  Processing Geopublisher-­‐    Catalogue AtlasStyler  -­‐    Style  Editor osgEarth  -­‐    3D  Terrain  Rendering MB-­‐System  -­‐    Sea  Floor  Mapping ■  NavigaBon  and  Maps GpsDrive  -­‐    GPS  NavigaBon Marble  -­‐    Spinning  Globe OpenCPN  -­‐    Marine  GPS  ChartploRer OpenStreetMap  -­‐    OpenStreetMap  Tools Prune  -­‐    View,  Edit  and  Convert  GPS  Tracks Viking  -­‐    GPS  Data  Analysis  and  Viewer zyGrib  -­‐  Weather  Forecast  Maps ■ SpaBal  Tools GDAL/OGR  -­‐    GeoSpaBal  Data  TranslaBon  Tools GMT  -­‐    Cartographic  Rendering Mapnik  -­‐    Cartographic  Rendering OTB  -­‐    Image  Processing MapTiler  -­‐    Create  Map  Tiles R  SpaBal  Task  View  -­‐    StaBsBcal  Programming GeoKeRle  -­‐    Data  IntegraBon ■  Web  Services deegree   GeoServer   MapGuide  Open  Source   MapServer   QGIS  mapserver   GeoNetwork  -­‐    Metadata  Catalog  and  Catalog   Services  for  Web 52°North  WPS  -­‐    Web  Processing  Service 52°North  SOS  -­‐    Sensor  ObservaBon  Service ZOO  Project  -­‐    Web  Processing  Service
  33. 33. 主要なFOSS4Gツール プロジェクトの開始時期 • • • • • • • • GRASS GIS:1982年∼ MapServer:1994年∼(OSSは1998年∼) QGIS :2002年∼ PostGIS:2001年∼ GeoServer:2001年∼ オークニーが事業開始 したのはこの頃 OpenLayers:2005年∼ pgRouting:2005年∼ Leaflet:2010年∼ OSGeo財団設立(2006年)
  34. 34. 主要なFOSS4Gツール プロジェクトの開始時期 • • • • • • • • GRASS GIS:1982年∼ MapServer:1994年∼(OSSは1998年∼) QGIS :2002年∼ PostGIS:2001年∼ GeoServer:2001年∼ OpenLayers:2005年∼ pgRouting:2005年∼ Leaflet:2010年∼ オークニーが事業開始 したのはこの頃 GoogleMaps(2005年) OSGeo財団設立(2006年)
  35. 35. 主要なFOSS4Gツール プロジェクトの開始時期 • • • • • • • • GRASS GIS:1982年∼ MapServer:1994年∼(OSSは1998年∼) QGIS :2002年∼ PostGIS:2001年∼ GeoServer:2001年∼ OpenLayers:2005年∼ pgRouting:2005年∼ Leaflet:2010年∼ オークニーが事業開始 したのはこの頃 GoogleMaps(2005年) OSGeo財団設立(2006年) iPhone(2007年)
  36. 36. 僕らが目の当たりにしたもの FOSS4G 専門領域での 技術進歩 市場拡大
  37. 37. 僕らが目の当たりにしたもの コンシューマITでの ジオ系技術進歩 FOSS4G 専門領域での 技術進歩 市場拡大 ジオ周りの市場拡大
  38. 38. 僕らが目の当たりにしたもの コンシューマITでの ジオ系技術進歩 FOSS4G ジオ周りの市場拡大 専門領域での 技術進歩 市場拡大 コミュニティ
  39. 39. 僕らが目の当たりにしたもの コンシューマITでの Google Apple ジオ系技術進歩 FOSS4G Facebook ジオ周りの市場拡大 専門領域での 技術進歩 市場拡大 コミュニティ
  40. 40. 最近のFOSS4Gは
  41. 41. 専門家と 「コミュニティ」を 対象にしている
  42. 42. 「オープンパズル」が ってきた ✓ ハードウェア ✓ ✓ コミュニティ ソフトウェア
  43. 43. 「オープンパズル」が ってきた ✓ ハードウェア ✓ データ ✓ コミュニティ ソフトウェア
  44. 44. 今後、コミュニティを 対象とした サービスが広がる
  45. 45. 特に、最近感じる ホットなトレンドは二つ
  46. 46. 1. データを徹底的にいじくる 2. 結果をすぐに配信する
  47. 47. データを徹底的にいじくる
  48. 48. データを徹底的にいじくる • QuantumGISやGRASS GISの利用者が日本でも急増 • 機能強化が加速 • • 日本語対応 • • 商用ツールの高価なエクステンションに対応する機能も多い OSGeo財団日本支部のメンバーが尽力しています 使い方が学べる • • • 各地で講習会も開催されるようになっています 使い方を紹介した日本語のサイトも増えています 本が出ます(古今書院から)
  49. 49. 結果をすぐに配信する
  50. 50. 結果をすぐに配信する • MapBoxの成功 • • http://www.mapbox.com 自分の「地図」を配信できるクラウドサービス • ベースマップはOpenStreetMapで、その上に簡単に主題図 をオーバーレイできる • • 月額5ドルから、手頃な料金プラン サービス開始からまだ丸2年少々で、Foursquare, USA Today, Evernote, Greenpeaceなどが採用
  51. 51. 数年前まで データを 配信システムを 結果を いじくる 構築する 配信する なかなか 手頃なデータが 見つからない
  52. 52. 今なら データを 結果を 徹底的に すぐに いじくる 配信する ネットから データを ダウンロード
  53. 53. 今なら データを 結果を 徹底的に すぐに いじくる GRASS QGIS R ネットから オープンデータ データを ダウンロード MapBox CartoDB QGIS Cloud 配信する
  54. 54. 徐々に システム開発が不要に なってきているのです
  55. 55. システム開発は、利用者に とってボトルネックでした
  56. 56. お金も時間も知識も 要るからです
  57. 57. そこから解放される 日が来つつあります
  58. 58. 行き着く先は コミュニティが主人公 の時代
  59. 59. この流れを支えるのが
  60. 60. FOSS4Gツールの発展
  61. 61. ところで、
  62. 62. オークニーは どうする?
  63. 63. 今なら データを 結果を 徹底的に すぐに いじくる GRASS QGIS R ネットから オープンデータ データを ダウンロード MapBox CartoDB QGIS Cloud 配信する
  64. 64. 今なら データを 配信システムを 徹底的に いじくる GRASS QGIS R ネットから オープンデータ データを ダウンロード 構築する MapBox CartoDB QGIS Cloud 結果を すぐに 配信する
  65. 65. 今なら データを オークニーの 配信システムを 徹底的に いじくる GRASS QGIS R ネットから オープンデータ データを ダウンロード コア事業 構築する MapBox CartoDB QGIS Cloud 結果を すぐに 配信する
  66. 66. つい3日前まで
  67. 67. 現在
  68. 68. 要するに・・ 業態転換
  69. 69. FOSS4Gに 理解のある 顧客層
  70. 70. FOSS4Gに 理解のある 顧客層
  71. 71. FOSS4Gに 一般の 理解のある 業務システム 顧客層 利用層
  72. 72. 一般の FOSS4Gに 理解のある 業務システム 顧客層 利用層 FOSS4G
  73. 73. FOSS4Gと共に
  1. A particular slide catching your eye?

    Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

×