Linux環境でのTracの導入
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

Linux環境でのTracの導入

on

  • 4,117 views

CentOSとVine Linuxに日本語化されたTracを導入する

CentOSとVine Linuxに日本語化されたTracを導入する

Statistics

Views

Total Views
4,117
Views on SlideShare
4,117
Embed Views
0

Actions

Likes
0
Downloads
4
Comments
0

0 Embeds 0

No embeds

Accessibility

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

Linux環境でのTracの導入 Linux環境でのTracの導入 Presentation Transcript

  • Linux環境でのTracの導入 いわい (iwaim) iwaim.sub@gmail.com Twitter: iwaim
  • 自己紹介 ● フリーランスのウェブ屋 – 割となんでもやります ● Vine Linux開発者 – tracパッケージなども
  • 本日の内容 ● Linuxとパッケージ管理 ● Vine Linuxでの導入 ● CentOSでの導入 ● TracLightningとの違い ● 課題・問題点
  • Vine Linuxへの導入 (1) ● VinePlus plusカテゴリ – tracパッケージ ● インタアクト社のTrac-jaを使用 – task-tracパッケージ ● mod_pythonなどもまとめてインストール
  • Vine Linuxへの導入 (2) ● インストール – 「apt-get install task-trac」で完了
  • CentOSへの導入 (1) ● RPMパッケージあり – Shibuya.tracのウェブサイト上にある – RPMForgeにあるRPMパッケージも必要
  • CentOSへの導入 (2) ● インストール – 非公式なyumリポジトリを追加 ● RPMForge ● Shibuya.trac – 「yum install trac-ja」で完了 ● RPMForgeにはtracパッケージあり
  • CentOSへの導入 (3) ● 注意点 – RPMForgeリポジトリが優先されてしまう ● yum-prioritiesパッケージで抑制可能
  • TracLightningとの違い ● Microsoft WindowsのライセンスやCAL不要 ● Linuxの知識が必要 ● プラグインなどは今は全く同梱していない
  • 課題・問題点 (2010年七夕現在) ● プラグインなど – RPMパッケージを作ることはできる ● trac 0.11系しか用意してない – Trac 0.12系をどうする? ● 私のモチベーションがそんなにない – 全然使われてなさそうな雰囲気 – 実は、まだTrac 0.11.4のまま
  • ありがとうございました 何かあればコメントください!
  • もう一度連絡先 ● iwaim.sub@gmail.com ● Twitter: iwaim