Testing PHP extension on Travis CI

2,768 views
2,717 views

Published on

0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
2,768
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1,799
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Testing PHP extension on Travis CI

  1. 1. Testing PHP extension on Travis CI hnw 第4回闇PHP勉強会 (2013/03/02) 発表資料13年3月3日日曜日
  2. 2. 自己紹介 @hnw カレーとバグが大好物 好きな境界値:2^53+1 (doubleで表現できない最小の自然数) 最近はHaskellでProject Euler解いてます13年3月3日日曜日
  3. 3. 今日おはなしすること PHP extension作った! もちろんCIしたいですよね でも自分で環境作るとかダルいし そこでTravis CIですよ テストの書き方も少しだけ紹介します13年3月3日日曜日
  4. 4. Travis CIとは GitHubと連携しているCIサービス CI=勝手にテスト回す仕組み 各種プログラミング言語に対応 git pushするだけでPHP5.2から5.5でテストが走る 普通はPHPプログラムのテストに使います13年3月3日日曜日
  5. 5. ExtensionもCIできる! Travis CIではテストコマンドを自由に記述できる 「phpize && ./configure && make test」13年3月3日日曜日
  6. 6. make testのオプション NO_INTERACTION=1 テスト結果をメールするかどうか聞かない Travis CIでテストするときは必須 TESTS=--show-all テストの経過を標準出力に全て表示 環境のログイン権限がないので、情報は多い方がいい13年3月3日日曜日
  7. 7. Travis CIの不満な点 ZTSなPHPが無い --enable-debugつきのPHPが無い FPMなPHPが無い まあ仕方ないよね…(́・ω・`)13年3月3日日曜日
  8. 8. テストの書き方 make testの仕組みに乗っかります tests/*.phptがテスト対象 でも*.phptってあんまり書いたことないですよね13年3月3日日曜日
  9. 9. *.phptの記法 ext/*/tests/*.phptを参考にすればいいと思うよ! 便利なブロックを少し紹介 SKIPIF:テストをスキップする条件をPHPで書ける INI:このテストだけで有効なiniの内容を書ける ENV:このテストだけで有効な環境変数を書ける13年3月3日日曜日
  10. 10. *.phptの例13年3月3日日曜日
  11. 11. まとめ Travis CIでPHP Extensionのテストもできるよ! Extensionのテストは*.phptを書くだけだよ! テスト書いとくと安心感が違うよ!13年3月3日日曜日
  12. 12. ご静聴 ありがとう ございました13年3月3日日曜日

×