• Share
  • Email
  • Embed
  • Like
  • Save
  • Private Content
2012 OpenStack + KVM = onamae.com VPS #2 ~ vnc and snapshot ~
 

2012 OpenStack + KVM = onamae.com VPS #2 ~ vnc and snapshot ~

on

  • 3,166 views

OpenStack by VPS KVM onamae.com #2, new function; vnc and snapshot

OpenStack by VPS KVM onamae.com #2, new function; vnc and snapshot

Statistics

Views

Total Views
3,166
Views on SlideShare
3,038
Embed Views
128

Actions

Likes
8
Downloads
33
Comments
0

9 Embeds 128

http://2012.k-of.jp 87
http://163.43.176.215 20
http://vm.gumdebian 9
https://twitter.com 7
http://twitter.com 1
https://twimg0-a.akamaihd.net 1
http://webcache.googleusercontent.com 1
http://www.docshut.com 1
http://2012kof.dev.an-nai.jp 1
More...

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

    2012 OpenStack + KVM = onamae.com VPS #2 ~ vnc and snapshot ~ 2012 OpenStack + KVM = onamae.com VPS #2 ~ vnc and snapshot ~ Presentation Transcript

    • OpenStack  +  KVM  =  お名前.com  VPS    〜~開発担当者が語る、ここだけの裏裏話#2〜~  vnc強化,  snapshotOpenStack + KVM = お名前.com VPS∼開発担当者が語る、ここだけの裏話#2∼新機能 vnc強化とsnapshotについて GMOインターネット株式会社 システム本部 サービス開発部 システムインテグレーションチーム 郷古 直仁 K-OF 2012, Osaka: 2012/11/10http://www.slideshare.net/chroum/2012-osc-kyoto-openstack-vps-kvm 1
    • OpenStack  +  KVM  =  お名前.com  VPS    〜~開発担当者が語る、ここだけの裏裏話#2〜~  vnc強化,  snapshotアジェンダ• ◎まずは自己紹介• ◎お名前.com VPSとは ‒ グルーブのほかのサービス紹介、製品の位置付けなど• ◎VPSのシステム構成概要 – 全体概略、管理系サーバ、コンパネ系、ネットワーク• ◎CentOS 6.x + griddynamics.net版 OpenStack Diablo – どのようにしてOpenStackをVPSとして使っているか概略• ◎新機能:1) コンパネのhtml5 VNC 追加機能 (vmvga ドライバ対応)• ◎新機能:2) コンパネのhtml5 VNC 追加機能 (us keymap)• ◎新機能:3) snapshot機能• ◎まとめ、今後の展開とか 2
    • OpenStack  +  KVM  =  お名前.com  VPS    〜~開発担当者が語る、ここだけの裏裏話#2〜~  vnc強化,  snapshotまずは自己紹介• 郷古 直仁 (ゴウコ ナオト, Naoto Gohko) – @naoto_gohko ,• 所属: GMOインターネット株式会社• 部署: システム本部 サービス開発部 システムインテグレーションチーム• なにをしているのか: GMOグループ内のSI-er的な感じ• 関わっているもの: – Bekkoame INTERNET, 3WEB, 社内webとmail, その他 • お名前.com web系システムなど – お名前.com VPS VZ(Virtuozzo) ; インフラとか – GMOアプリクラウド; インフラとか – お名前.com VPS KVM ; インフラとか – 美雲あんず ; ちょっとした知り合いw 3
    • OpenStack  +  KVM  =  お名前.com  VPS    〜~開発担当者が語る、ここだけの裏裏話#2〜~  vnc強化,  snapshotGMOインターネットの仮想化サービス (1) お名前.com VPS VZ (2) GMOアプリクラウド Virtuozzo(OpenVZベース)、 OS仮想化レベル、swap無し、リソースは EL6, Best Effort KVM運用自由度、リソースきっちり ノウハウ等 お名前.com VPS KVM Linux KVMでの仮想化 一般ユーザに使っていただけるもの KVM、ソーシャルアプリ、ソーシャ ユーザのリソースはきっちり分かれているVPS ルwebの運用など、アプライアンス 自由にインストールできる仮想環境の提供 のLB(Brocade ADX)がある。イ メージテンプレート展開、専用サーバ VDI, リモートDesktop環境として影響 のハイブリッド運用、Fusion-IO専 (3) お名前.com Desktop クラウド 用サーバ、その他カスタマイズ構成可 Hyper-V3, Thin ClientでWindows8開発など Hyper-V VM, Windows専用提供GMOインターネットグループの仮想化サービスGMOクラウド VPS GMOクラウド Public (Xen, KVM) SQALE (payperboy&co)KVM、月額課金、Plesk 従量制、API開発機能あり PaaS従量制、API開発機能あり 4
    • OpenStack  +  KVM  =  お名前.com  VPS    〜~開発担当者が語る、ここだけの裏裏話#2〜~  vnc強化,  snapshotGMOアプリクラウド http://cloud.gmo.jp/・ソーシャルプラットフォーマーなどに向けたアプライアンスLBがある仮想/専用サーバ ハイブリッドクラウド・Fusion IO ioDriveも専用サーバに選択可能・東京Unit, US-Unitが選択可能 (大阪Unitのリクエスト募集中)マスコット 「美雲あんず」TGS 2012で大人気 5
    • OpenStack  +  KVM  =  お名前.com  VPS    〜~開発担当者が語る、ここだけの裏裏話#2〜~  vnc強化,  snapshotGMOアプリクラウド当初Xen (CentOS 5.3 dom0 + Xen 3.2)で開発Scientific Linux / CentOS 6.0 リリース後KVM仮想化対応==> VPS-KVMの開発につながったその後、OpenStack Diabloリリース後に  「お名前.com VPS KVM」へ開発/運用チームも同じチームが担当技術と両方の製品の向上へ 6
    • OpenStack  +  KVM  =  お名前.com  VPS    〜~開発担当者が語る、ここだけの裏裏話#2〜~  vnc強化,  snapshotSQALE (<グループ>Payperboy&co, PaaS)Rubyでプログラムをすぐgithubからdeployしてwebを構築できるサービス・Ruby on Rails、Sinatra対応・PaaSならでは==> web, dbなどすぐdeployして使い始めることができる 7
    • OpenStack  +  KVM  =  お名前.com  VPS    〜~開発担当者が語る、ここだけの裏裏話#2〜~  vnc強化,  snapshotお名前.com VPS VZ (Virtuozzo)VPS VZ(Virtuozzo := OpenVZ)コンパネから共用サーバの用にメールアドレスやVirtualHostの設定ができるがユーザの環境は独立OS仮想環境 (OSのアプリケーション環境のみ仮想化) ただし制限がある ・Linux以外は使えない (FreeBSDとかReactOSとかはダメ) ・Swapとか使えない ・disk領域を自由に使えない ・プロセス単位のリソース制限により、HostがOOMkillerをかける ・コンソール機能がないVPS KVMではそのへんの欲求不満を解消OpenStackにもコンテナ(OpenVZ, LXC)使える日かきそうだな 8
    • OpenStack  +  KVM  =  お名前.com  VPS    〜~開発担当者が語る、ここだけの裏裏話#2〜~  vnc強化,  snapshotお名前.com VPS VZ (Virtuozzo)OS仮想化(コンテナ技術)が生きる場所・ホスト側のファイルシステムの一部をchroot したファイルツリー ==> ホスト側からOS内のアプリへのconfigが可能 ==> VPS VZのコンパネの動作 Linux KVMでも徐々にlibguestfsによりできるようになりつつあるOS仮想化(コンテナ技術)で難しいこと・ユーザごとの異なるファイルシステム・ホストと異なるkernelのOSの稼働・Host OSにGuest OSの稼働種類が・/dev 以下へのアクセス (VPNやネットワークの高度利用に必要) 9
    • OpenStack  +  KVM  =  お名前.com  VPS    〜~開発担当者が語る、ここだけの裏裏話#2〜~  vnc強化,  snapshot◎お名前.com VPS KVMこんな機能があったらなぁ (エンジニア、利用者としてほしいことを検討、開発側としてこんなのnative KVMなら使えるのに)・ISO uploadでの自由なOSインストール、Live CD boot・http/https/sshのみで接続が可能・コピペ可能なシリアルコンソール・virtIO ON/OFF・GMOアプリクラウド実装されているイメージステージング機能(イメージテンプレート)ほしいな・VIFのセキュリティ(spoofing対策とか、IP固定利用とか)・REST APIほしいな幾つかはOpenStack Diabloが使えそうだ(当時) 使ってみよか(検証1ヶ月) 10
    • OpenStack  +  KVM  =  お名前.com  VPS    〜~開発担当者が語る、ここだけの裏裏話#2〜~  vnc強化,  snapshot◎お名前.com VPS KVM だいたいのシステム構成コンパネ系web (.Net + IIS) Windows Server商材DB (mysql) 課金とか管理系サーバ (Linux KVMインスタンス) websocket-VNCクラスタ(noVNC) ssh/consoleサーバ sftpサーバ rabbitmqサーバ dhcpサーバ ldapサーバ(dhcp, ssh) nova/keystone DB(mysql)サーバ nova Manage/APIサーバISO upload storage (GlusterFS, NFS)Linux KVM (nova Compute) CentOS 6.x nova Compute, collectd, kvm 11
    • OpenStack  +  KVM  =  お名前.com  VPS    〜~開発担当者が語る、ここだけの裏裏話#2〜~  vnc強化,  snapshotお名前.com VPS KVM ネットワーク Internet コンパネ系 L3 SW L3 SW API / Manage コンパネweb (.Net)サービス系 API / Manage mysql db API 会員/課金 DB API / Manage API/nova Managenova Compute nova Compute nova Compute nova Compute 管理系 nova Compute nova Compute glance nova Compute nova Compute nova Compute nova Compute sftp console console console sftp console dhcp vnc RAID 10 local disk RAID 10 local disk mq API / Manage mq ldap mysql mq db nova DB Storage keystone DB Storage ISO storage (NFS) 12
    • OpenStack  +  KVM  =  お名前.com  VPS    〜~開発担当者が語る、ここだけの裏裏話#2〜~  vnc強化,  snapshotお名前.com VPS KVM ネットワークお名前.com VPS VZ(Virtuozzo)のネットワーク構成の反省・お客のIN/OUTにアプライアンスFirewallを置いた >> Portを制限していたが、結局80 port, 22 portなどで攻撃される (phpとか...) >> お客の利用状況で配下ネットワークトラブル >> 結局Linux bridge側で帯域制御など設定、アプライアンス意味ない・mail gateway機能(お客がSPAM認定されにくくする為) >> 全体としてはうまくいったが不評もある >> 運用が大変自由度を妨げる構成はVPS KVMではやめようFirewallが必要なら、Linux bridge(ebtables)とかで分散管理すればいいじゃないか 13
    • OpenStack  +  KVM  =  お名前.com  VPS    〜~開発担当者が語る、ここだけの裏裏話#2〜~  vnc強化,  snapshotお名前.com VPS KVM ネットワークFlat DHCP + VLAN bridge構成 (FirewallとかはLinux bridgeで実現しよう)インターネット側 <=> GMOバックボーンNet(コアルータある) <=> L3 SW(dhcp relay設定) <=> 集線L2 SW <=> Rack L2 SW <=> Linux bonding(act.-stan.) <=> Linux VLAN <=> Linux bridge <=> VM VIF(tap - virtio NIC) 14
    • OpenStack  +  KVM  =  お名前.com  VPS    〜~開発担当者が語る、ここだけの裏裏話#2〜~  vnc強化,  snapshotお名前.com VPS KVM ネットワーク Internet GMO core backbone L3 SW L3 SW L3 SW L2 SW L3 SWにて、dhcp relayでネットワーク の異なるdhcpに接続するように設定 eth0 eth1 console nova Compute dhcp bond0 bridge.VLAN1 libvirt network filter console ldap bridge.VLAN2 ebtalbes bridge.VLAN3 tc htb (iproute) LDAPでユーザのVMのMAC collectd ADDRESSとIPの管理 eth0 VM eth0 eth0 eth0 VM VM VM 15
    • OpenStack  +  KVM  =  お名前.com  VPS    〜~開発担当者が語る、ここだけの裏裏話#2〜~  vnc強化,  snapshot◎OpenStack griddynamics.net Diablo CentOS6版 CentOS 6.xで動くようにpython系の部分をpython 2.6でback port libvirtの部分はCentOSのパッケージをリプレース http://yum.griddynamics.net/yum/diablo-centos/ その結果=> ・パッケージングされているんだけどね、動かないよこれ(当時) ・当初は src.rpm が無いので、githubからソースと.specを落とす必 要があった ・頻繁に更新されているので、とくにstableとかは無いらしいかった ・突然パッケージ構成が変わったりとか ・CentOS 6.3とかではOSのlibvirtのほうが新しいことに ・今回の「スナップショット処理」のリリースで新しい方に diablo-centosリポジトリは現在ありません (まぁ、今後はEPEL(6)版 OpenStackに移行していくんだろうなぁ) 16
    • OpenStack  +  KVM  =  お名前.com  VPS    〜~開発担当者が語る、ここだけの裏裏話#2〜~  vnc強化,  snapshot◎OpenStack griddynamics.net Diablo CentOS6版 機能強化ポイント ・shut off機能 VPS VM != Cloud VM なので Terminateで削除されない、ACPI shutdownを試みるよう ・noVNCを最新版に 最新のブラウザ追随、nginx websocket proxyにより処理サーバの設 定とhttps対応、冗長(active-active)設定 ・運用で使いやすいVNIC命名 (>>ここ重要<< 運用は重要です) ・anytermとnova-consoleによるシリアルコンソール再実装 ・collectdによるリソースグラフ取得 ・VirtIO ON/OFF APIでvirtIO on/offをdefine などなど ... そして直近のリリースでは、いくつか機能追加 17
    • OpenStack  +  KVM  =  お名前.com  VPS    〜~開発担当者が語る、ここだけの裏裏話#2〜~  vnc強化,  snapshot機能強化) dashboard : vnc(noVNC)最初なんか動かない >> noVNC周りをEssexのソースからバックポート(python周り) >> noVNC自体は最新の開発系からバックポート (javascript周り)本来 noVNC は単体でも使えます (html5 Canvas + WebSocketによるvnc(rfb)実装) OpenStackにはauth系のコードが追加されています http://www.moongift.jp/2011/02/20110219-2/ https://github.com/kanaka/noVNC http://novnc.com/python-nova-*.rpm パッケージ/usr/lib/python2.6/site-packages/nova/vnc/以下...みなさんは Essex以降 を使いましょう(EssexではnoVNCとxvpの実装があるようだ) 18
    • OpenStack  +  KVM  =  お名前.com  VPS    〜~開発担当者が語る、ここだけの裏裏話#2〜~  vnc強化,  snapshot◎コンパネから見たOpenStack: html5 vnc (1)OpenStack dashboardのvnc実装を参考にnoVNCをコンパネに搭載 >> Topページに実装することは使いやすさを考えて >>「クリックして開始」のajax実装でコンパネからのAPIコールを減らすw 19
    • OpenStack  +  KVM  =  お名前.com  VPS    〜~開発担当者が語る、ここだけの裏裏話#2〜~  vnc強化,  snapshothtml5 vnc (2)右クリックしてソースを見ればわかりますが、noVNCwebsocket、Canvas対応web browser必須(IE8以下はChrome Frame) 20
    • 会員/課金 DB OpenStack  +  KVM  =  お名前.com  VPS    〜~開発担当者が語る、ここだけの裏裏話#2〜~  vnc強化,  snapshot API / Manage API/nova Manag html5 vnc (3) 管理系 g sftp console console console sftp console dhcp vnck mq API / Manage mq ldap mysql mq db nova DBe keystone DBgee 21
    • OpenStack  +  KVM  =  お名前.com  VPS    〜~開発担当者が語る、ここだけの裏裏話#2〜~  vnc強化,  snapshothtml5 vnc (3): 構成とかnginxによるwebsocketのreverse proxy + dnsラウンドロビンnginx websocket reverse proxy patch(nginx 1.3で取り込まれなかった)https://github.com/yaoweibin/nginx_tcp_proxy_moduleこれにより、・本来のPort 6080で待ち受けるvncproxyのPort 80/443対応・将来的な負荷分散構成にしている[n-gohko@vnc1001 ~]$ ps axu | grep nova | grep -v greproot 15509 0.4 2.0 451048 81164 ? S Jul11 152:13 /usr/bin/python /usr/bin/nova-vncproxy --flagfile=/etc/nova/nova.conf --logfile=/var/log/nova/nova-vncproxy.log --pidfile=/var/run/nova/nova-vncproxy.pid[n-gohko@vnc1001 ~]$ ps axu | grep nginx | grep -v greproot 1303 0.0 0.0 93188 1492 ? Ss Jun26 0:00 nginx: master process /usr/sbin/nginx -c /etc/nginx/nginx.confnginx 1304 0.1 0.0 94100 3472 ? S Jun26 54:44 nginx: worker process 22
    • OpenStack  +  KVM  =  お名前.com  VPS    〜~開発担当者が語る、ここだけの裏裏話#2〜~  vnc強化,  snapshothtml5 vnc (3): 構成とかnginx websocket reverse proxyこんな感じtcp { proxy_read_timeout 6000; proxy_send_timeout 6000; upstream websockets { server 172.20.113.31:6080; #check interval=3000 rise=2 fall=5 timeout=1000; check_http_send "GET / HTTP/1.0rnrn"; } server { #listen 6081; server_name _; listen 443; access_log /var/log/nginx/access.ssl.log; ssl on; ssl_certificate /etc/nginx/ssl/ast.myvps.jp/ast.myvps.jp.pem; ssl_certificate_key /etc/nginx/ssl/ast.myvps.jp/ast.myvps.jp.key; ssl_protocols SSLv3 TLSv1; ssl_ciphers HIGH:!ADH:!MD5; tcp_nodelay on; proxy_pass websockets; }} 23
    • OpenStack  +  KVM  =  お名前.com  VPS    〜~開発担当者が語る、ここだけの裏裏話#2〜~  vnc強化,  snapshothtml5 serial console: anyterm + conservernova-console(ajax-term)の部分をanytermに置換(OpenStack Diabloにあったajax-termは動かなかった)http://anyterm.org/anyterm単体では、webで接続した後に任意のコマンドを実行させる機能があるので、そのあたりを利用 (anyterm --> consoleコマンド実行)(OpenStack Essexではajax-term機能は削除されています)動かないので、別実装することにPoint・pop-upした時のURL・ [Enter `^Ec? for help]・iu1-000007ff 24
    • OpenStack  +  KVM  =  お名前.com  VPS    〜~開発担当者が語る、ここだけの裏裏話#2〜~  vnc強化,  snapshothtml5 serial console: anyterm こんなかんじで token を渡して接続開始 https://console1001.myvps.jp/anyterm/proxy/11048/ anyterm.html?token=bb268280-8e4e-41c1-894f- ac325079530f&title=iu1-000007ff nova-consoleをhttpd apacheの reverse proxy配下で動かしています (Port 80/443対応、負荷分散対応)[root@console1001 ~]# ps -aef | grep httpd | grep -v greproot 1523 1 0 Jul09 ? 00:00:38 /usr/sbin/httpdapache 3385 1523 0 Jul29 ? 00:00:04 /usr/sbin/httpdapache 3386 1523 0 Jul29 ? 00:00:04 /usr/sbin/httpdapache 3387 1523 0 Jul29 ? 00:00:04 /usr/sbin/httpdapache 23084 1523 0 Jul31 ? 00:00:03 /usr/sbin/httpdapache 26971 1523 0 Aug01 ? 00:00:02 /usr/sbin/httpd[root@console1001 ~]# netstat -antp | grep pythontcp 0 0 172.20.113.36:33841 172.20.113.54:3306 ESTABLISHED 2712/pythontcp 0 0 172.20.113.36:44081 172.20.113.32:5672 ESTABLISHED 2712/pythontcp 0 0 172.20.113.36:44084 172.20.113.32:5672 ESTABLISHED 2712/python 25
    • OpenStack  +  KVM  =  お名前.com  VPS    〜~開発担当者が語る、ここだけの裏裏話#2〜~  vnc強化,  snapshotssh serial console: ldap ssh + conserverssh serial consoleとして利用ssh loginのshellとして、consoleに接続するコマンドを実行 sshでのvmコントロールメニューとかも実装できるanytermとssh serial consoleに [Enter `^Ec? for help]と表示されるのはその名残具体的には、conserverに virsh console <vm instance>を叩かせています 26
    • OpenStack  +  KVM  =  お名前.com  VPS    〜~開発担当者が語る、ここだけの裏裏話#2〜~  vnc強化,  snapshot◎新機能1) vmvgaドライバ対応・libvirtにdefineするkvmのインスタンス設定でVideoドライバを選択できるようにする機能OpenStack標準では cirrusvmvgaドライバはvmwareで使われるドライバ。残念なお知らせ) debian 6.0.6のkernelでは動作に不具合がある場合が...やっていることは以下の部分のVMインスタンス設定を書き換えてvirsh define <vm>.xml すること <video> - <model type=cirrus vram=9216 heads=1/> + <model type=vmvga vram=9216 heads=1/> + <alias name=video0/> <address type=pci domain=0x0000 bus=0x00 slot=0x02 function=0x0/> </video> 27
    • OpenStack  +  KVM  =  お名前.com  VPS    〜~開発担当者が語る、ここだけの裏裏話#2〜~  vnc強化,  snapshot◎新機能2) us keymapドライバ対応 ・libvirtにdefineするkvmのインスタンス設定でVNCのkeymapを選択で きるようにする機能 標準では ja にしている(jisキーボード対応) US配列のキーボードでも扱えるように標準環境 <graphics type=vnc port=-1 autoport=yes listen=0.0.0.0 keymap=ja>en-us keymap環境 <graphics type=vnc port=-1 autoport=yes listen=0.0.0.0 keymap=en-us> 28
    • OpenStack  +  KVM  =  お名前.com  VPS    〜~開発担当者が語る、ここだけの裏裏話#2〜~  vnc強化,  snapshot◎新機能3) snapshot機能・vm disk imageのスナップショット機能 *1) スナップショット作成 *2) revert disk(applie)でスナップショット移動 *3) convertによる単一diskイメージ化とコンパクト(圧縮)化これにより、1契約のVPSで全く異なる環境を切り替えて使うことが可能!! たとえば、以下のようなOOSSま るごとの切り替えが可能です ・UUbbuunnttuu ddeesskkttoopp ・BBlluueeOOnnyyxx 55110088RR ・SSmmaarrttOOSS しっぱいしても戻せる!!!! 29
    • OpenStack  +  KVM  =  お名前.com  VPS    〜~開発担当者が語る、ここだけの裏裏話#2〜~  vnc強化,  snapshot◎新機能3) snapshot機能 ; snapshot create*1) スナップショット作成うらで何をしているかといえば、 # qemu-img snapshot -c <snapshot_id> disk.imgという普通のことをしています OOppeennSSttaacckkのスナップショットは今回使い ませんでした。 細かい操作を実装したかったので 同様の理由で、vviirrsshh ssnnaappsshhoottも使ってい ません 30
    • OpenStack  +  KVM  =  お名前.com  VPS    〜~開発担当者が語る、ここだけの裏裏話#2〜~  vnc強化,  snapshot◎新機能3) snapshot機能 ; snapshot create 取得したスナップショットは “◯�” 現在書き込んでいる領域は “●” 現在位置から他の場所に移動するときには、 一旦スナップショットを取ってから “◯�”をクリック 31
    • OpenStack  +  KVM  =  お名前.com  VPS    〜~開発担当者が語る、ここだけの裏裏話#2〜~  vnc強化,  snapshot◎新機能3) snapshot機能 ; snapshot revert disk*2) スナップショットへのロールバックうらで何をしているかといえば、 # qemu-img snapshot -a <snapshot_id> disk.imgという動作simple ! 32
    • OpenStack  +  KVM  =  お名前.com  VPS    〜~開発担当者が語る、ここだけの裏裏話#2〜~  vnc強化,  snapshot◎新機能3) snapshot機能 ; snapshot revert disk 取得済みスナップショットは “◯�”をクリック すると、ロールバックのボタンが現れるので、ボタン を押すとそのスナップに移動します。 また、わかりやすいラベルの編集もできます。 33
    • OpenStack  +  KVM  =  お名前.com  VPS    〜~開発担当者が語る、ここだけの裏裏話#2〜~  vnc強化,  snapshot◎新機能3) snapshot機能 ; convert*3) スナップショットから単一disk imageへのコンバートうらで何をしているかといえば、 # qemu-img convert -f qcow2 -O qcow2 ¥ disk.img(old) disk.img(new)という動作余計なdiskのスナップショットを消して、ユーザ領域確保!! ★要注意★ >> 現在稼働している領域以外は、スナップが全て消えます<< 現在選択している “●”のところが選択されます。 ほかの領域からコンバートしたい場合には、ロールバ ックを選択して、スナップを移動してから実行してく ださい 34
    • OpenStack  +  KVM  =  お名前.com  VPS    〜~開発担当者が語る、ここだけの裏裏話#2〜~  vnc強化,  snapshot◎新機能3) snapshot機能 ; convert 上のようなダイアログが出ます。 コンバートには容量によってものすごく時間がかかるのも注意事項。 ほんとにスナップショットが消えるので、 要注意です。要注意です。要注意です。 大事なことなので、33回言いました 35
    • OpenStack  +  KVM  =  お名前.com  VPS    〜~開発担当者が語る、ここだけの裏裏話#2〜~  vnc強化,  snapshot◎新機能; DEMO DDEEMMOO 36
    • OpenStack  +  KVM  =  お名前.com  VPS    〜~開発担当者が語る、ここだけの裏裏話#2〜~  vnc強化,  snapshot◎新機能; スナップショット機能 DEMO DDEEMMOOの内容をスライドで再現します ・まず、DDEEMMOO環境ですが、すでにSSmmaarrttOOSS((OOppeennSSoollaarriiss系 OOSS))が稼働している状態です。スナップショットをとるには、今回 の機能ではsshhuuttddoowwnnする必要があるので、電源を落とします 37
    • OpenStack  +  KVM  =  お名前.com  VPS    〜~開発担当者が語る、ここだけの裏裏話#2〜~  vnc強化,  snapshot◎新機能; スナップショット機能 DEMO ・VVPPSSの電源が落ちた状態で、スナップショットを取得します ・現在のVVPPSS“●”にはスナップショット後の現在位置です ・スナップショット位置を移動して、もう一度スナップショット を取ると、上の図のように分岐していきます ・UUbbuunnttuu DDeesskkttoopp,, BBlluueeOOnnyyxx,, SSmmaarrttOOSSで分岐しています 38
    • OpenStack  +  KVM  =  お名前.com  VPS    〜~開発担当者が語る、ここだけの裏裏話#2〜~  vnc強化,  snapshot◎新機能; スナップショット機能 DEMO ・上記のように、スナップショットを取ると “◯�”が一つ増えま す。 “22001122//1111//1122 1122::3388::4444” が増えてます 39
    • OpenStack  +  KVM  =  お名前.com  VPS    〜~開発担当者が語る、ここだけの裏裏話#2〜~  vnc強化,  snapshot◎新機能; スナップショット機能 DEMO ・このまま取得したスナップショットをクリックすると、ラベル をわかりやすいように変更できます。図の例では、 “SSmmaarrttOOSS 22001122” とわかるように文字を入�れています 40
    • OpenStack  +  KVM  =  お名前.com  VPS    〜~開発担当者が語る、ここだけの裏裏話#2〜~  vnc強化,  snapshot◎新機能; スナップショット機能 DEMO ・UUbbuunnttuu DDeesskkttooppにスナップショットを移動します。「ロール バック」というボタンを押すと、UUbbuunnttuu DDeesskkttooppに移動しま す。 ・SSmmaarrttOOSSではvviirrttIIOO OOFFFFでしたが、UUbbuunnttuu DDeesskkttooppに移動 したことでvviirrttIIOO OONNになります。 41
    • OpenStack  +  KVM  =  お名前.com  VPS    〜~開発担当者が語る、ここだけの裏裏話#2〜~  vnc強化,  snapshot◎新機能; スナップショット機能 DEMO ・UUbbuunnttuuのggrruubb22が起動しました。 42
    • OpenStack  +  KVM  =  お名前.com  VPS    〜~開発担当者が語る、ここだけの裏裏話#2〜~  vnc強化,  snapshot◎新機能; スナップショット機能 DEMO ・UUbbuunnttuu DDeesskkttooppのllooggiinn画面です。インストール時にddhhccppで やっているので、上記のような画面になります。 43
    • OpenStack  +  KVM  =  お名前.com  VPS    〜~開発担当者が語る、ここだけの裏裏話#2〜~  vnc強化,  snapshot◎新機能; スナップショット機能 DEMO ・UUbbuunnttuu DDeesskkttooppにllooggiinnして、FFiirreeffooxxで “美�雲あんず”を検 索した画面です。次に、インストール済みのBBlluueeOOnnyyxxに切り替え ます 44
    • OpenStack  +  KVM  =  お名前.com  VPS    〜~開発担当者が語る、ここだけの裏裏話#2〜~  vnc強化,  snapshot◎新機能; スナップショット機能 DEMO ・スナップショットを切り替えるため、一旦UUbbuunnttuu DDeesskkttooppの 電源を落とします。 ・すると、vvnnccは切れますが、起動のステータスはすぐに切り替わ らないので、少しだけ待ちます。 45
    • OpenStack  +  KVM  =  お名前.com  VPS    〜~開発担当者が語る、ここだけの裏裏話#2〜~  vnc強化,  snapshot◎新機能; スナップショット機能 DEMO ・“22001122//1111//1100 1111::4400::5511”のスナップショットは BBlluueeOOnnyyxxのインストールしたものであることが分岐でわかるの で、ここに移動します。 ・vviirrttIIOO OONNからvviirrttIIOO OOFFFFに移動により切り替わります 46
    • OpenStack  +  KVM  =  お名前.com  VPS    〜~開発担当者が語る、ここだけの裏裏話#2〜~  vnc強化,  snapshot◎新機能; スナップショット機能 DEMO ・BBlluueeOOnnyyxx 55110088RR CCeennttOOSS 66..33 2200112200990033をいれてありま す。CCeennttOOSS 66..33ベースなので、vvnnccコンソールはそのような表 示になります ・wweebbのBBlluueeOOnnyyxxの管理画面もアクセスできました 47
    • OpenStack  +  KVM  =  お名前.com  VPS    〜~開発担当者が語る、ここだけの裏裏話#2〜~  vnc強化,  snapshot◎新機能; スナップショット機能 DEMO ・BBlluueeOOnnyyxx 55110088RR CCeennttOOSS 66..33 2200112200990033をいれてありま す。CCeennttOOSS 66..33ベースなので、vvnnccコンソールはそのような表 示になります ・wweebbのBBlluueeOOnnyyxxの管理画面もアクセスできました 48
    • OpenStack  +  KVM  =  お名前.com  VPS    〜~開発担当者が語る、ここだけの裏裏話#2〜~  vnc強化,  snapshot◎新機能; スナップショット機能 DEMO ・このように、スナップショットによってOOSSの切り替えや状態を 保存して、変更前のものに変更したりなど様々使えます。 ・今回のスナップショットはlliivvee((稼動状態ではない))ではないです が、LLiinnuuxx KKVVMMの動作とリクエストを見ながら今後改�良します 49
    • OpenStack  +  KVM  =  お名前.com  VPS    〜~開発担当者が語る、ここだけの裏裏話#2〜~  vnc強化,  snapshot◎まとめと今後の展開とか(1)・とりあえず、200 > compute nodeのDiablo環境を運用中・VPSとして運用するにはnova-clientをいじって独自APIを追加する覚悟・VNCは画面操作の要, シリアルコンソールも必要・独自APIが転じて、新機能追加 ★1) VNC keymap en-us 対応 ★2) VNC vmvgaドライバ対応 ★3) スナップショット処理の実装 50
    • OpenStack  +  KVM  =  お名前.com  VPS    〜~開発担当者が語る、ここだけの裏裏話#2〜~  vnc強化,  snapshot◎まとめと今後の展開とか(2)・snapshotはあとは外部ストレージにバックアップできるといいなぁ・追加IPの要望(冗長、Floting IP)、IPv6などは今後の課題 >> さきほども、ブースで要望うけました >> 追加NIC無しで、IP Aliasとして使える方向で検討開始 >> IPv6はネットワーク整備中・webデザイナーさん達でも、すぐにwebデプロイ、config修正できる環境とかも要望をい頂いています >> injectionでの設定投入 >> cloud-init対応など 51
    • OpenStack  +  KVM  =  お名前.com  VPS    〜~開発担当者が語る、ここだけの裏裏話#2〜~  vnc強化,  snapshotイベントで配るパンフレットに60日間無料のお試し申し込み(1GB memoryプラン)がついていますまた、GMOアプリクラウド マスコットの 「美雲あんず」K-OF 2012 ロゴ入りステッカーもたくさんありますので、記念にもらってください質問、要望など有りましたら、ブースまでよろしく 52
    • OpenStack  +  KVM  =  お名前.com  VPS    〜~開発担当者が語る、ここだけの裏裏話#2〜~  vnc強化,  snapshot ご清聴ありがとうございましたSpecial Thanks! GMO Internet Inc., System Div., SI Team and Cloud Team, Hostingh Team 53
    • OpenStack  +  KVM  =  お名前.com  VPS    〜~開発担当者が語る、ここだけの裏裏話#2〜~  vnc強化,  snapshotおまけ 54
    • OpenStack  +  KVM  =  お名前.com  VPS    〜~開発担当者が語る、ここだけの裏裏話#2〜~  vnc強化,  snapshotTGS 2012 の様子 「美雲あんず」仕様 Honda Fit 55
    • OpenStack  +  KVM  =  お名前.com  VPS    〜~開発担当者が語る、ここだけの裏裏話#2〜~  vnc強化,  snapshot TGS 2012 「美雲あんず」痛車 「美雲あんず」声優 内田真礼 さん 先に声優さんを決めてから、Pixiveで キャラクターを募集GMOアプリクラウドチームはこの痛車で、ゲームを作っている会社さんに営業に行く事もありますw 56