Reading Self-descriptive FizzBuzz

770 views

Published on

Published in: Technology
0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
770
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
5
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Reading Self-descriptive FizzBuzz

  1. 1. 超絶プログラマーへの道 @chiastolite12年10月1日月曜日
  2. 2. スゴイ プログラマーに なりたい12年10月1日月曜日
  3. 3. でもどうすれば?12年10月1日月曜日
  4. 4. プログラム上達 するためには?12年10月1日月曜日
  5. 5. 人のソースを 読む12年10月1日月曜日
  6. 6. でも12年10月1日月曜日
  7. 7. まずは基礎を 固めたい12年10月1日月曜日
  8. 8. プログラマの 基礎といえば?12年10月1日月曜日
  9. 9. FizzBuzz問題12年10月1日月曜日
  10. 10. なるほど わかりました12年10月1日月曜日
  11. 11. これですね12年10月1日月曜日
  12. 12. Reading Self-descriptive FizzBuzz @chiastolite12年10月1日月曜日
  13. 13. Self-descriptive FizzBuzz • Rubyを用いた超絶技巧プログラミング • http://www.slideshare.net/ mametter/ruby-2012 • 遠藤侑介さん(@mametter)作 • Ruby2.0 リリースマネージャ& コミッター12年10月1日月曜日
  14. 14. demo12年10月1日月曜日
  15. 15. さっそくソースを 読んでみましょう12年10月1日月曜日
  16. 16. eval(s=s= %w@proc{| n|z=32.ch r;k="[#{n +=1}]";u= ":>==;<==?"[m=n**4 %-15,m+13]||"#{$f= k}";d="Y.E.#{c=64. chr}*)";$f||d<<z +k;t="eval(s=s=%w# {c+s=s[0, 334]}#$f# ";25.time s{|y|m=u. bytes.map {|v|t<<s; (0..[62-v ,2].min). map{|x|"i f0zgl11p0 zghuhku744d8hzeg41qtfx7xs7t wflr".to_i(36)[x+32+v*3-y/5 *44]<1?z*9:t.slice!(0,9)}<< z}.join.rstrip;y>23&&m[-9,9 ]=d;puts(m)}}[1]#pY.E.@*)12年10月1日月曜日
  17. 17. なるほど12年10月1日月曜日
  18. 18. わからん12年10月1日月曜日
  19. 19. 基礎謎知識 • 自己複製 • フォント圧縮 • 実行可能なアスキーアート12年10月1日月曜日
  20. 20. 遠藤さんのスライド を参照します12年10月1日月曜日
  21. 21. 12年10月1日月曜日
  22. 22. 12年10月1日月曜日
  23. 23. 12年10月1日月曜日
  24. 24. つまり 自己複製 をするプログラムを フォント 圧縮 で得たビットパターン合わせて 実行可能なアスキーアート として出力 している12年10月1日月曜日
  25. 25. 何を言ってるのか わからねーと 思うが(ry12年10月1日月曜日
  26. 26. ソースコードに 戻ります12年10月1日月曜日
  27. 27. eval(s=s= %w@proc{| n|z=32.ch r;k="[#{n +=1}]";u= ":>==;<==?"[m=n**4 %-15,m+13]||"#{$f= k}";d="Y.E.#{c=64. chr}*)";$f||d<<z +k;t="eval(s=s=%w# {c+s=s[0, 334]}#$f# ";25.time s{|y|m=u. bytes.map {|v|t<<s; (0..[62-v ,2].min). map{|x|"i f0zgl11p0 zghuhku744d8hzeg41qtfx7xs7t wflr".to_i(36)[x+32+v*3-y/5 *44]<1?z*9:t.slice!(0,9)}<< z}.join.rstrip;y>23&&m[-9,9 ]=d;puts(m)}}[1]#pY.E.@*)12年10月1日月曜日
  28. 28. 読みやすく します12年10月1日月曜日
  29. 29. eval(s=s= %w@proc{|n| z=32.chr; k="[#{n+=1}]"; u=":>==;<==?"[m=n**4% -15,m+13]||"#{$f=k}"; d="Y.E.#{c=64.chr}*)"; $f||d<<z+k; t="eval(s=s=%w#{c+s=s[0,334]}#$f#"; 25.times{|y| m=u.bytes.map{|v| t<<s; (0..[62-v,2].min).map{|x| "if0zgl11p0zghuhku744d8hzeg41qtfx7xs7twflr" .to_i(36)[x+32+v*3-y/5*44]<1?z*9:t.slice!(0,9)}<< z }.join.rstrip; y>23&&m[-9,9]=d; puts(m) } }[1]#pY.E.@*)12年10月1日月曜日
  30. 30. とりあえず 1行ずつ 読んでみる12年10月1日月曜日
  31. 31. eval(s=s= #<= 自己複製用にソースをsに代入 %w@proc{|n| z=32.chr; k="[#{n+=1}]"; u=":>==;<==?"[m=n**4% -15,m+13]||"#{$f=k}"; d="Y.E.#{c=64.chr}*)"; $f||d<<z+k; t="eval(s=s=%w#{c+s=s[0,334]}#$f#"; 25.times{|y| m=u.bytes.map{|v| t<<s; (0..[62-v,2].min).map{|x| "if0zgl11p0zghuhku744d8hzeg41qtfx7xs7twflr" .to_i(36)[x+32+v*3-y/5*44]<1?z*9:t.slice!(0,9)}<< z }.join.rstrip; y>23&&m[-9,9]=d; puts(m) } }[1]#pY.E.@*)12年10月1日月曜日
  32. 32. eval(s=s= #<= 自己複製用にソースをsに代入 %w@proc{|n| # <= eval で実行する用の文字列配列 @∼@ nには前回の数値 z=32.chr; k="[#{n+=1}]"; u=":>==;<==?"[m=n**4% -15,m+13]||"#{$f=k}"; d="Y.E.#{c=64.chr}*)"; $f||d<<z+k; t="eval(s=s=%w#{c+s=s[0,334]}#$f#"; 25.times{|y| m=u.bytes.map{|v| t<<s; (0..[62-v,2].min).map{|x| "if0zgl11p0zghuhku744d8hzeg41qtfx7xs7twflr" .to_i(36)[x+32+v*3-y/5*44]<1?z*9:t.slice!(0,9)}<< z }.join.rstrip; y>23&&m[-9,9]=d; puts(m) } }[1]#pY.E.@*) # <= * ‘’ は Array.join(‘’)の シンタックスシュガー12年10月1日月曜日
  33. 33. eval(s=s= #<= 自己複製用にソースをsに代入 %w@proc{|n| # <= eval で実行する用の文字列配列 @∼@ nには前回の数値 z=32.chr; # <= 半角スペース(通常のはjoinで消えるため) k="[#{n+=1}]"; u=":>==;<==?"[m=n**4% -15,m+13]||"#{$f=k}"; d="Y.E.#{c=64.chr}*)"; $f||d<<z+k; t="eval(s=s=%w#{c+s=s[0,334]}#$f#"; 25.times{|y| m=u.bytes.map{|v| t<<s; (0..[62-v,2].min).map{|x| "if0zgl11p0zghuhku744d8hzeg41qtfx7xs7twflr" .to_i(36)[x+32+v*3-y/5*44]<1?z*9:t.slice!(0,9)}<< z }.join.rstrip; y>23&&m[-9,9]=d; puts(m) } }[1]#pY.E.@*) # <= * ‘’ は Array.join(’’)の シンタックスシュガー12年10月1日月曜日
  34. 34. eval(s=s= #<= 自己複製用にソースをsに代入 %w@proc{|n| # <= eval で実行する用の文字列配列 @∼@ nには前回の数値 z=32.chr; # <= 半角スペース(通常のはjoinで消えるため) k="[#{n+=1}]"; # <= nをカウントアップ + 次回用の文字列生成 u=":>==;<==?"[m=n**4% -15,m+13]||"#{$f=k}"; d="Y.E.#{c=64.chr}*)"; $f||d<<z+k; t="eval(s=s=%w#{c+s=s[0,334]}#$f#"; 25.times{|y| m=u.bytes.map{|v| t<<s; (0..[62-v,2].min).map{|x| "if0zgl11p0zghuhku744d8hzeg41qtfx7xs7twflr" .to_i(36)[x+32+v*3-y/5*44]<1?z*9:t.slice!(0,9)}<< z }.join.rstrip; y>23&&m[-9,9]=d; puts(m) } }[1]#pY.E.@*) # <= * ‘’ は Array.join(’’)の シンタックスシュガー12年10月1日月曜日
  35. 35. eval(s=s= #<= 自己複製用にソースをsに代入 %w@proc{|n| # <= eval で実行する用の文字列配列 @∼@ nには前回の数値 z=32.chr; # <= 半角スペース(通常のはjoinで消えるため) k="[#{n+=1}]"; # <= nをカウントアップ + 次回用の文字列生成 u=":>==;<==?"[m=n**4% -15,m+13]||"#{$f=k}"; #<= ???? d="Y.E.#{c=64.chr}*)"; $f||d<<z+k; t="eval(s=s=%w#{c+s=s[0,334]}#$f#"; 25.times{|y| m=u.bytes.map{|v| t<<s; (0..[62-v,2].min).map{|x| "if0zgl11p0zghuhku744d8hzeg41qtfx7xs7twflr" .to_i(36)[x+32+v*3-y/5*44]<1?z*9:t.slice!(0,9)}<< z }.join.rstrip; y>23&&m[-9,9]=d; puts(m) } }[1]#pY.E.@*) # <= * ‘’ は Array.join(’’)の シンタックスシュガー12年10月1日月曜日
  36. 36. u=":>==;<==?"[m=n**4%-15,m+13]||"#{$f=k}" • n=1ならm=-14 • n=5ならm=-5 • u= [1] • u= ;<==? • n=2ならm=-14 • n=15ならm=-0 • u= [2] • u= >==;<==? • n=3ならm=-9 • u= :>==12年10月1日月曜日
  37. 37. FizzBuzz判定… だと…!?12年10月1日月曜日
  38. 38. FizzBuzz判定… だと…!? …なんであれで計算できるのか誰か教えてください12年10月1日月曜日
  39. 39. eval(s=s= #<= 自己複製用にソースをsに代入 %w@proc{|n| # <= eval で実行する用の文字列配列 @∼@ nには前回の数値 z=32.chr; # <= 半角スペース(通常のはjoinで消えるため) k="[#{n+=1}]"; # <= nをカウントアップ + 次回用の文字列生成 u=":>==;<==?"[m=n**4% -15,m+13]||"#{$f=k}"; #<= FizzBuzzでした d="Y.E.#{c=64.chr}*)"; $f||d<<z+k; t="eval(s=s=%w#{c+s=s[0,334]}#$f#"; 25.times{|y| m=u.bytes.map{|v| t<<s; (0..[62-v,2].min).map{|x| "if0zgl11p0zghuhku744d8hzeg41qtfx7xs7twflr" .to_i(36)[x+32+v*3-y/5*44]<1?z*9:t.slice!(0,9)}<< z }.join.rstrip; y>23&&m[-9,9]=d; puts(m) } }[1]#pY.E.@*) # <= * ‘’ は Array.join(’’)の シンタックスシュガー12年10月1日月曜日
  40. 40. eval(s=s= #<= 自己複製用にソースをsに代入 %w@proc{|n| # <= eval で実行する用の文字列配列 @∼@ nには前回の数値 z=32.chr; # <= 半角スペース(通常のはjoinで消えるため) k="[#{n+=1}]"; # <= nをカウントアップ + 次回用の文字列生成 u=":>==;<==?"[m=n**4% -15,m+13]||"#{$f=k}"; #<= FizzBuzzでした d="Y.E.#{c=64.chr}*)"; #<= 署名(cは@) $f||d<<z+k; t="eval(s=s=%w#{c+s=s[0,334]}#$f#"; 25.times{|y| m=u.bytes.map{|v| t<<s; (0..[62-v,2].min).map{|x| "if0zgl11p0zghuhku744d8hzeg41qtfx7xs7twflr" .to_i(36)[x+32+v*3-y/5*44]<1?z*9:t.slice!(0,9)}<< z }.join.rstrip; y>23&&m[-9,9]=d; puts(m) } }[1]#pY.E.@*) # <= * ‘’ は Array.join(’’)の シンタックスシュガー12年10月1日月曜日
  41. 41. eval(s=s= #<= 自己複製用にソースをsに代入 %w@proc{|n| # <= eval で実行する用の文字列配列 @∼@ nには前回の数値 z=32.chr; # <= 半角スペース(通常のはjoinで消えるため) k="[#{n+=1}]"; # <= nをカウントアップ + 次回用の文字列生成 u=":>==;<==?"[m=n**4% -15,m+13]||"#{$f=k}"; #<= FizzBuzzでした d="Y.E.#{c=64.chr}*)"; #<= 署名(cは@) $f||d<<z+k; # <= ‘Fizz’,‘Buzz’,‘FizzBuzz’の際は’[n]’を別表示するため t="eval(s=s=%w#{c+s=s[0,334]}#$f#"; 25.times{|y| m=u.bytes.map{|v| t<<s; (0..[62-v,2].min).map{|x| "if0zgl11p0zghuhku744d8hzeg41qtfx7xs7twflr" .to_i(36)[x+32+v*3-y/5*44]<1?z*9:t.slice!(0,9)}<< z }.join.rstrip; y>23&&m[-9,9]=d; puts(m) } }[1]#pY.E.@*) # <= * ‘’ は Array.join(’’)の シンタックスシュガー12年10月1日月曜日
  42. 42. eval(s=s= #<= 自己複製用にソースをsに代入 %w@proc{|n| # <= eval で実行する用の文字列配列 @∼@ nには前回の数値 z=32.chr; # <= 半角スペース(通常のはjoinで消えるため) k="[#{n+=1}]"; # <= nをカウントアップ + 次回用の文字列生成 u=":>==;<==?"[m=n**4% -15,m+13]||"#{$f=k}"; #<= FizzBuzzでした d="Y.E.#{c=64.chr}*)"; #<= 署名(cは@) $f||d<<z+k; # <= ‘Fizz’,‘Buzz’,‘FizzBuzz’の際は’[n]’を別表示するため t="eval(s=s=%w#{c+s=s[0,334]}#$f#"; #<= evalつけて’[n]‘とかつけて 25.times{|y| m=u.bytes.map{|v| t<<s; (0..[62-v,2].min).map{|x| "if0zgl11p0zghuhku744d8hzeg41qtfx7xs7twflr" .to_i(36)[x+32+v*3-y/5*44]<1?z*9:t.slice!(0,9)}<< z }.join.rstrip; y>23&&m[-9,9]=d; puts(m) } }[1]#pY.E.@*) # <= * ‘’ は Array.join(’’)の シンタックスシュガー12年10月1日月曜日
  43. 43. s[0,334] eval(s=s=%w@proc{|n|z=32.chr;k="[#{n +=1}]";u=":>==;<==?"[m=n**4%-15,m +13]||"#{$f=k}";d="Y.E.#{c=64.chr}*)";$f||d<<z +k;t="eval(s=s=%w#{c+s=s[0,334]}#$f#";25.times{|y| m=u.bytes.map{|v|t<<s;(0..[62-v,2].min).map{| x|"if0zgl11p0zghuhku744d8hzeg41qtfx7xs7twflr".to_i(36) [x+32+v*3-y/5*44]<1?z*9:t.slice!(0,9)} <<z}.join.rstrip;y>23&&m[-9,9]=d;puts(m)}} [1]#pY.E.@*) ここ12年10月1日月曜日
  44. 44. eval(s=s= #<= 自己複製用にソースをsに代入 %w@proc{|n| # <= eval で実行する用の文字列配列 @∼@ nには前回の数値 z=32.chr; # <= 半角スペース(通常のはjoinで消えるため) k="[#{n+=1}]"; # <= nをカウントアップ + 次回用の文字列生成 u=":>==;<==?"[m=n**4% -15,m+13]||"#{$f=k}"; #<= FizzBuzzでした d="Y.E.#{c=64.chr}*)"; #<= 署名(cは@) $f||d<<z+k; # <= ‘Fizz’,‘Buzz’,‘FizzBuzz’の際は’[n]’を別表示するため t="eval(s=s=%w#{c+s=s[0,334]}#$f#"; #<= evalつけて’[n]‘とかつけて 25.times{|y| # <= 1行毎に表示 m=u.bytes.map{|v| t<<s; (0..[62-v,2].min).map{|x| "if0zgl11p0zghuhku744d8hzeg41qtfx7xs7twflr" .to_i(36)[x+32+v*3-y/5*44]<1?z*9:t.slice!(0,9)}<< z }.join.rstrip; y>23&&m[-9,9]=d; puts(m) } }[1]#pY.E.@*) # <= * ‘’ は Array.join(’’)の シンタックスシュガー12年10月1日月曜日
  45. 45. eval(s=s= #<= 自己複製用にソースをsに代入 %w@proc{|n| # <= eval で実行する用の文字列配列 @∼@ nには前回の数値 z=32.chr; # <= 半角スペース(通常のはjoinで消えるため) k="[#{n+=1}]"; # <= nをカウントアップ + 次回用の文字列生成 u=":>==;<==?"[m=n**4% -15,m+13]||"#{$f=k}"; #<= FizzBuzzでした d="Y.E.#{c=64.chr}*)"; #<= 署名(cは@) $f||d<<z+k; # <= ‘Fizz’,‘Buzz’,‘FizzBuzz’の際は’[n]’を別表示するため t="eval(s=s=%w#{c+s=s[0,334]}#$f#"; #<= evalつけて’[n]‘とかつけて 25.times{|y| # <= 1行毎に表示 m=u.bytes.map{|v| <= 先頭の文字から表示 t<<s; (0..[62-v,2].min).map{|x| "if0zgl11p0zghuhku744d8hzeg41qtfx7xs7twflr" .to_i(36)[x+32+v*3-y/5*44]<1?z*9:t.slice!(0,9)}<< z }.join.rstrip; y>23&&m[-9,9]=d; puts(m) } }[1]#pY.E.@*) # <= * ‘’ は Array.join(’’)の シンタックスシュガー12年10月1日月曜日
  46. 46. eval(s=s= #<= 自己複製用にソースをsに代入 %w@proc{|n| # <= eval で実行する用の文字列配列 @∼@ nには前回の数値 z=32.chr; # <= 半角スペース(通常のはjoinで消えるため) k="[#{n+=1}]"; # <= nをカウントアップ + 次回用の文字列生成 u=":>==;<==?"[m=n**4% -15,m+13]||"#{$f=k}"; #<= FizzBuzzでした d="Y.E.#{c=64.chr}*)"; #<= 署名(cは@) $f||d<<z+k; # <= ‘Fizz’,‘Buzz’,‘FizzBuzz’の際は’[n]’を別表示するため t="eval(s=s=%w#{c+s=s[0,334]}#$f#"; #<= evalつけて’[n]‘とかつけて 25.times{|y| # <= 1行毎に表示 m=u.bytes.map{|v| <= 先頭の文字から表示 t<<s; # <= 出力が可変長なので余裕を見て追加 (0..[62-v,2].min).map{|x| "if0zgl11p0zghuhku744d8hzeg41qtfx7xs7twflr" .to_i(36)[x+32+v*3-y/5*44]<1?z*9:t.slice!(0,9)}<< z }.join.rstrip; y>23&&m[-9,9]=d; puts(m) } }[1]#pY.E.@*) # <= * ‘’ は Array.join(’’)の シンタックスシュガー12年10月1日月曜日
  47. 47. eval(s=s= #<= 自己複製用にソースをsに代入 %w@proc{|n| # <= eval で実行する用の文字列配列 @∼@ nには前回の数値 z=32.chr; # <= 半角スペース(通常のはjoinで消えるため) k="[#{n+=1}]"; # <= nをカウントアップ + 次回用の文字列生成 u=":>==;<==?"[m=n**4% -15,m+13]||"#{$f=k}"; #<= FizzBuzzでした d="Y.E.#{c=64.chr}*)"; #<= 署名(cは@) $f||d<<z+k; # <= ‘Fizz’,‘Buzz’,‘FizzBuzz’の際は’[n]’を別表示するため t="eval(s=s=%w#{c+s=s[0,334]}#$f#"; #<= evalつけて’[n]‘とかつけて 25.times{|y| # <= 1行毎に表示 m=u.bytes.map{|v| <= 先頭の文字から表示 t<<s; # <= 出力が可変長なので余裕を見て追加 (0..[62-v,2].min).map{|x| #<= ? "if0zgl11p0zghuhku744d8hzeg41qtfx7xs7twflr" .to_i(36)[x+32+v*3-y/5*44]<1?z*9:t.slice!(0,9)}<< z }.join.rstrip; y>23&&m[-9,9]=d; puts(m) } }[1]#pY.E.@*) # <= * ‘’ は Array.join(’’)の シンタックスシュガー12年10月1日月曜日
  48. 48. vに入る値 • u.bytes.map{¦v¦ ... } • u= [1] • u= :>==;’ # fizz • u= ;<==?’ # buzz • u= :>==;<==?’ # fizzbuzz12年10月1日月曜日
  49. 49. • [ 0 , "1", "2", "3", "4", "5", "6", "7", "8", "9", ":", ";", "<", "=", ">", "?"].map{¦v¦ v.bytes.to_a}.flatten • [48, 49, 50, 51, 52, 53, 54, 55, 56, 57, 58, 59, 60, 61, 62, 63]12年10月1日月曜日
  50. 50. • [48, 49, 50, 51, 52, 53, 54, 55, 56, 57, 58, 59, 60, 61, 62, 63].map{¦v¦ [62-v,2].min} • [2, 2, 2, 2, 2, 2, 2, 2, 2, 2, 2, 2, 2, 1, 0, -1]12年10月1日月曜日
  51. 51. 12年10月1日月曜日 ?
  52. 52. 12年10月1日月曜日
  53. 53. 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 1 0 -112年10月1日月曜日
  54. 54. 表示横幅の… だと…!?12年10月1日月曜日
  55. 55. eval(s=s= #<= 自己複製用にソースをsに代入 %w@proc{|n| # <= eval で実行する用の文字列配列 @∼@ nには前回の数値 z=32.chr; # <= 半角スペース(通常のはjoinで消えるため) k="[#{n+=1}]"; # <= nをカウントアップ + 次回用の文字列生成 u=":>==;<==?"[m=n**4% -15,m+13]||"#{$f=k}"; #<= FizzBuzzでした d="Y.E.#{c=64.chr}*)"; #<= 署名(cは@) $f||d<<z+k; # <= ‘Fizz’,‘Buzz’,‘FizzBuzz’の際は’[n]’を別表示するため t="eval(s=s=%w#{c+s=s[0,334]}#$f#"; #<= evalつけて’[n]‘とかつけて 25.times{|y| # <= 1行毎に表示 m=u.bytes.map{|v| <= 先頭の文字から表示 t<<s; # <= 出力が可変長なので余裕を見て追加 (0..[62-v,2].min).map{|x| #<= 出力文字列の幅 "if0zgl11p0zghuhku744d8hzeg41qtfx7xs7twflr" .to_i(36)[x+32+v*3-y/5*44]<1?z*9:t.slice!(0,9)}<< z }.join.rstrip; y>23&&m[-9,9]=d; puts(m) } }[1]#pY.E.@*) # <= * ‘’ は Array.join(’’)の シンタックスシュガー12年10月1日月曜日
  56. 56. eval(s=s= #<= 自己複製用にソースをsに代入 %w@proc{|n| # <= eval で実行する用の文字列配列 @∼@ nには前回の数値 z=32.chr; # <= 半角スペース(通常のはjoinで消えるため) k="[#{n+=1}]"; # <= nをカウントアップ + 次回用の文字列生成 u=":>==;<==?"[m=n**4% -15,m+13]||"#{$f=k}"; #<= FizzBuzzでした d="Y.E.#{c=64.chr}*)"; #<= 署名(cは@) $f||d<<z+k; # <= ‘Fizz’,‘Buzz’,‘FizzBuzz’の際は’[n]’を別表示するため t="eval(s=s=%w#{c+s=s[0,334]}#$f#"; #<= evalつけて’[n]‘とかつけて 25.times{|y| # <= 1行毎に表示 m=u.bytes.map{|v| <= 先頭の文字から表示 t<<s; # <= 出力が可変長なので余裕を見て追加 (0..[62-v,2].min).map{|x| #<= 出力文字列の幅 "if0zgl11p0zghuhku744d8hzeg41qtfx7xs7twflr" .to_i(36)[x+32+v*3-y/5*44]<1?z*9:t.slice!(0,9)}<< z # <= ビットパターンから空白にするかソースにするか }.join.rstrip; y>23&&m[-9,9]=d; puts(m) } }[1]#pY.E.@*) # <= * ‘’ は Array.join(’’)の シンタックスシュガー12年10月1日月曜日
  57. 57. !x+32+v*3-y/5*44 !n=2のとき12年10月1日月曜日
  58. 58. 182 183 184 182 183 184 182 183 184 182 183 184 182 183 184 138 139 140 138 139 140 138 139 140 138 139 140 138 139 140 94 95 96 94 95 96 94 95 96 94 95 96 94 95 96 50 51 52 50 51 52 50 51 52 50 51 52 50 51 52 6 7 8 6 7 8 6 7 8 6 7 8 6 7 812年10月1日月曜日
  59. 59. ! "if0zgl11p0zghuhku744 d8hzeg41qtfx7xs7twflr ".to_i(36) [x+32+v*3-y/5*44] !n=2のとき12年10月1日月曜日
  60. 60. 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 0 0 1 0 0 1 0 0 1 0 0 1 0 0 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 0 0 1 0 0 1 0 0 1 0 0 1 0 0 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 112年10月1日月曜日
  61. 61. "if0zgl11p0zghuhku744 d8hzeg41qtfx7xs7twflr ".to_i(36) [x+32+v*3-y/5*44]<1 ? z*9:’*’*9 !n=2のとき12年10月1日月曜日
  62. 62. *************************** *************************** *************************** *************************** *************************** ********* ********* ********* ********* ********* *************************** *************************** *************************** *************************** *************************** ********* ********* ********* ********* ********* *************************** *************************** *************************** *************************** ***************************12年10月1日月曜日
  63. 63. eval(s=s= #<= 自己複製用にソースをsに代入 %w@proc{|n| # <= eval で実行する用の文字列配列 @∼@ nには前回の数値 z=32.chr; # <= 半角スペース(通常のはjoinで消えるため) k="[#{n+=1}]"; # <= nをカウントアップ + 次回用の文字列生成 u=":>==;<==?"[m=n**4% -15,m+13]||"#{$f=k}"; #<= FizzBuzzでした d="Y.E.#{c=64.chr}*)"; #<= 署名(cは@) $f||d<<z+k; # <= ‘Fizz’,‘Buzz’,‘FizzBuzz’の際は’[n]’を別表示するため t="eval(s=s=%w#{c+s=s[0,334]}#$f#"; #<= evalつけて’[n]‘とかつけて 25.times{|y| # <= 1行毎に表示 m=u.bytes.map{|v| <= 先頭の文字から表示 t<<s; # <= 出力が可変長なので余裕を見て追加 (0..[62-v,2].min).map{|x| #<= 出力文字列の幅 "if0zgl11p0zghuhku744d8hzeg41qtfx7xs7twflr" .to_i(36)[x+32+v*3-y/5*44]<1?z*9:t.slice!(0,9)}<< z # <= ビットパターンから空白にするかソースにするか }.join.rstrip; y>23&&m[-9,9]=d; # <= 最終行なら署名を入れる puts(m) } }[1]#pY.E.@*) # <= * ‘’ は Array.join(’’)の シンタックスシュガー12年10月1日月曜日
  64. 64. eval(s=s= #<= 自己複製用にソースをsに代入 %w@proc{|n| # <= eval で実行する用の文字列配列 @∼@ nには前回の数値 z=32.chr; # <= 半角スペース(通常のはjoinで消えるため) k="[#{n+=1}]"; # <= nをカウントアップ + 次回用の文字列生成 u=":>==;<==?"[m=n**4% -15,m+13]||"#{$f=k}"; #<= FizzBuzzでした d="Y.E.#{c=64.chr}*)"; #<= 署名(cは@) $f||d<<z+k; # <= ‘Fizz’,‘Buzz’,‘FizzBuzz’の際は’[n]’を別表示するため t="eval(s=s=%w#{c+s=s[0,334]}#$f#"; #<= evalつけて’[n]‘とかつけて 25.times{|y| # <= 1行毎に表示 m=u.bytes.map{|v| <= 先頭の文字から表示 t<<s; # <= 出力が可変長なので余裕を見て追加 (0..[62-v,2].min).map{|x| #<= 出力文字列の幅 "if0zgl11p0zghuhku744d8hzeg41qtfx7xs7twflr" .to_i(36)[x+32+v*3-y/5*44]<1?z*9:t.slice!(0,9)}<< z # <= ビットパターンから空白にするかソースにするか }.join.rstrip; y>23&&m[-9,9]=d; # <= 最終行なら署名を入れる puts(m) # <= 1行毎に出力 } }[1]#pY.E.@*) # <= * ‘’ は Array.join(’’)の シンタックスシュガー12年10月1日月曜日
  65. 65. 以上12年10月1日月曜日
  66. 66. 結論12年10月1日月曜日
  67. 67. 超絶プログラマーへ の道は険しい12年10月1日月曜日

×