Your SlideShare is downloading. ×
果物の樹のお伽話 第2話:立て札を追加する話
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

果物の樹のお伽話 第2話:立て札を追加する話

1,595
views

Published on

http://www.catch.jp/oss-license/

http://www.catch.jp/oss-license/

Published in: Education

0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
1,595
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
9
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. オープンソース:果物の樹のお伽話 第2話:立て札を追加する話 Copyright © 2005-2011 Yutaka Kachi クリエイティブ・コモンズ・ライセンス http://creativecommons.org/licenses/by-sa/2.1/jp/ 挿し絵には、ぴぽやさんのドット絵素材を利用しています。 http://piposozai.blog76.fc2.com/
  • 2. むかしむかし、村の近くの草原に、 おいしい果物が実る樹が生えていました。 この果実は、 最初はあまりおいしくありませんでしたが、 多くの人が協力して世話を続けたおかげで、 おいしい果実が実るようになりました。 樹の脇には、 「誰でも自由にお持ちください」 という立て札が立っていました。 みんなで世話した樹なので、 誰でも好きなだけ果物を持っていって 構わなかったのです。 果物が足らない人は、枝を接ぎ木して、 自分の樹を育てることができました。
  • 3. あるとき、 村を通りかかった一人のビジネスマンが、 この果物を食べました。 「これは旨い!」 感動したビジネスマンは、 枝を接ぎ木して、この樹を育て始めました。 そして、肥料をやったり、 余分な枝を落としたりと、 何年もかけて世話をしました。 やがて、この樹にも おいしい果物が実るようになりました。
  • 4. 「あんなに一生懸命世話をしているんだから、きっとおいしいに違いない」 果物好きな若者が、 さっそくビジネスマンに 実った果物をもらいに行きました。 ビジネスマンは 「これは私が世話した樹だから、 タダではやらない」 と言いました。 「自由に持っていっていい樹から 育ったんじゃないか」と文句をいうと、 「自由に持っていっていいんだから、 そのあとどうしようと私の勝手だろう」 と言い返されました。
  • 5. そして、樹のまわりに柵を作って、 勝手に持っていけないようにしました。さらに、遠くの街に出かけて、 自分の樹の枝を高値で売りつけて 大儲けしました。
  • 6. 若者の方は、 自分が世話をしている樹の立て札を 次のように書き換えました。 「誰でも自由にお持ちください  ただし樹を育てる場合には、  これと同じ立て札を付けること」 そして、この樹を一生懸命に世話しました。 村人のある人は、 「こんなややこしい条件は面倒だ」と 、若者の樹を避けるようになりました。 でも、 ビジネスマンのやり口を聞いた人の中には、 「こうしないと、自由な樹がなくなってしまう」と、若者の作業を 積極的に手伝う人もいました。
  • 7. この樹を増やしたときには、 同じ立て札を付けなければなりません。 そのため、この樹は増えることはあっても、 減ることはありませんでした。 こうして、この少しややこしい条件の樹は、 少しずつ増えていきました。 やがて、遠くの街でも、 この少しややこしい条件の樹を 育てるようになりました。 ある商人は、 この樹から取れた果物を有料で届けたり、 ジャムを作って販売していました。 そして、売り上げの一部を、 樹の世話にまわしました。
  • 8. やがて、 世界中でこの樹を育てるようになると、 誰でも好きなだけ、 果物を持っていけるようになりました。 果物を届けてもらったりジャムが欲しい人は、「どうせなら」と、 この樹の世話をする人から買いました。
  • 9. そして、 みんなで育てた樹の成果を 独り占めしようとしたビジネスマンからは、 誰も買わなくなりました。
  • 10. 教訓その2
    • 皆で協力した成果なので、ただ乗りは嫌われます
    • 11. ただ乗りを防いでいる力は、モラルだったり、契約だったり、いろいろです
    • 12. 自分が利用したい成果が、どんな立て札か、よく読みましょう
  • 13. 参考リンク
    • このスライド
      • http://www.slideshare.net/YutakaKachi/ss-8755594
    • オープンソース・ライセンスの談話室
      • http://www.catch.jp/oss-license/
    • 知る、読む、使う ! オープンソースライセンス
      • http://tatsu-zine.com/books/osslicense