future-study on 2012.09.22 #metacon
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

Like this? Share it with your network

Share

future-study on 2012.09.22 #metacon

on

  • 682 views

future-study(フューチャーアーキテクト)発表資料

future-study(フューチャーアーキテクト)発表資料
2012年9月22日 勉強会カンファレンス(#metacon)
http://metacon.doorkeeper.jp/events/1716

Statistics

Views

Total Views
682
Views on SlideShare
680
Embed Views
2

Actions

Likes
0
Downloads
2
Comments
0

1 Embed 2

https://twitter.com 2

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

future-study on 2012.09.22 #metacon Presentation Transcript

  • 1. future-study
  • 2. 自己紹介 廣瀬 太郎 (Taro Hirose)  フューチャーアーキテクト(System Integrator)  R&D部門  社内ミドルウェアの開発、PJサポート  運用監視、構成管理  Twitter: @uorat  Facebook: http://www.facebook.com/uoratfuture-study 2/17
  • 3. future-studyの紹介 3/17
  • 4. future-study とは? future-study  IT系勉強会の会場提供・運営サポート  フューチャーの有志による活動  場所:JR大崎駅徒歩5分 https://sites.google.com/site/futurestudyfree/  歴史: • 2011年春から水面下で活動、根回し&信頼獲得期間 • 地道な活動が実り、2012年春に会社承認を獲得 • いくつかのサイトで紹介頂きました – 勉強会会場提供のある会社/団体 Naverまとめ @hanazukinさん – Doorkeeper – IT勉強会の会場 – 祝・future-study発足 - doryokujin‘s blog @doryokujinさん 4/17
  • 5. 会場紹介 会場: 少人数から100人overまで利用可  梅 : 20 + 22名  竹 : 120名  松 : 150名 (懇親会など) 設備:  プロジェクタ / PA  電源 / 電源タップ利用可 (数に限りあり)  無線LAN解放  お茶・コーヒー無料  インターネット中継: △ 5/17
  • 6. こんなところです エントランス 6/17
  • 7. こんなところです エントランス 7/17
  • 8. こんなところです 会場 8/17
  • 9. 開催実績 開催日 イベント名称 参加者数 告知ページ2011年04月09日 MongoDB勉強会 89 http://atnd.org/events/142712011年05月14日 MongoDB勉強会 101 http://atnd.org/events/153052011年06月11日 MongoDB勉強会 67 http://atnd.org/events/164032011年07月02日 R勉強会 42 http://atnd.org/events/174102011年07月23日 IPv6勉強会 102 http://kokucheese.com/event/index/13876/2011年07月30日 MongoDB勉強会 187 http://atnd.org/events/171362011年08月06日 小江戸Linuxユーザグループ 15 ―2011年08月21日 マイネット・ジャパン合同Hack-a-thon 20 ―2011年09月10日 小江戸Linuxユーザグループ 16 ―2011年09月24日 MongoDB勉強会 132 http://atnd.org/events/193082011年10月08日 GraphDB勉強会 131 http://atnd.org/events/193322011年10月22日 ZABBIX-JP勉強会 137 http://atnd.org/events/200702011年10月22日 キューピーインフラクッキング 88 http://atnd.org/events/208212011年10月28日 HPC勉強会 32 http://atnd.org/events/209202011年10月29日 ニフティクラウド研究会 22 http://atnd.org/events/209962011年11月23日 運用&ドキュメンテーション勉強会 42 http://www.zusaar.com/event/1730122011年12月03日 IPv6勉強会 55 http://www.zusaar.com/event/1730582012年01月28日 Twitter研究会 89 http://homepage3.nifty.com/toremoro/study/twitterconf3.html2012年02月04日 Fluentd meetup in Japan 147 http://www.zusaar.com/event/1931042012年02月18日 logstudy & mailerstudy 67 http://www.zusaar.com/event/206001 http://partake.in/events/e21c87a0-70ab-4d13-9d86-2012年04月21日 アルゴリズム勉強会 9 221cea01c0b32012年04月22日 Git道場 50 http://git-dojo.doorkeeper.jp/events/979-git道場2012年05月12日 ZABBIX-JP勉強会 140 http://atnd.org/events/28199 Python mini Hack-a-thon & http://connpass.com/event/433/2012年05月19日 35 TokyoMercurial http://connpass.com/event/445/2012年06月02日 Tokyo.Lang.R 15 http://atnd.org/events/28465 http://www.zusaar.com/event/3140032012年07月21日 Chef de DevOps 35 http://www.zusaar.com/event/3121012012年08月25日 Bitbucket勉強会 35 http://connpass.com/event/623/ 9/17
  • 10. 基本原則  土日祝日の 10:00 – 21:00 • 業務とぶつからない時間に会場提供  勉強会のテーマは「IT」に関わるものであること  営利目的の活動はNG  その勉強会に参加したい社員がいて運用が回る場合  会場設営や現状復帰はみんなでやりましょう • 皆が楽しく学べる場になるように • 運営に手一杯で「スタッフが学べなかった」にならないように 10/17
  • 11. なぜ会場提供? 11/17
  • 12. 背景 近年の先端技術への意識が高く、向上心の強い技術者は、 "勉強会" に積極的に参加する傾向  フラットな技術交流 • 業界や技術のトレンドを知る/技術者としての幅と深さ • ドキュメント化されていないナマの情報、実体験 • フラットな関係、意識の高い技術者クラスタ  オープンなコミュニティへの貢献 • 技術への投資 • オープンな活動に対する魅力  セルフブランディング/技術レベル・市場価値の確認future-study 12/17
  • 13. 企業にとっての勉強会・会場提供 ブランディング 認知度向上 イメージ向上 技術力 意識 技術トレンドをcatch 技術者との交流 情報交換 市場価値の確認future-study 13/17
  • 14. 僕らにとっての勉強会・会場提供 自分たちがやりたいからやる  学びたいから学ぶ  オープンな環境に貢献することは楽しい 建前はとても大事  理解しあう(目的、互いのメリット)  トラブルのないように責任をもって運営する  会社との関係を良好に保つfuture-study 14/17
  • 15. 最近のfuture-study 15/17
  • 16. future-studyの運営 1年の運営を経て貯まったノウハウ  会場設営(勉強会/懇親会)、現状復帰  社内申請、手続き、時に根回し  受付(並列化)  テンプレート(各種資料、ATND→受付表生成)  Ustream(@ixixi, @understeer) 卒業生とのコネクション/巻き込み 16/17
  • 17. もっとよくしたい 困っていること  メンバー不足 • 運営メンバーの母数が少ない • 家族持ちの方は都合がつきにくい  運営の属人化 • 有志中心で運営しているためオペレーションが属人化 • 結果、運営負荷が一部のスタッフに偏っている ・新規メンバーでも参加しやすい仕組み ・作業の細分化 ・運営の見える化 17/17