Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Code4Lib 2011 参加報告会 ONO Haruki

2,780 views

Published on

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

Code4Lib 2011 参加報告会 ONO Haruki

  1. 1. Code4Lib JAPAN小野 永貴 (筑波大学)
  2. 2.  小野永貴  Code4Lib JAPAN コアメンバー  筑波大学大学院 図書館情報メディア研究科 博士前期課程 Code4Lib 2011 渡航  日本派遣団:6名の一員として渡航  海外初渡航(日本初脱出)  初国際線, 初入国審査, 初パスポート, 初英会話... 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 2
  3. 3.  Code4Lib  図書館システム・図書館のICT技術活用に関 する世界的コミュニティ(アメリカ中心)  通年: メーリングリスト 年1回の国際会議  図書館員・研究者・企業など多様な図書館シ ステム関係者が集結・発表・情報交換  ‚学術会議‛とは違い、内容は極めて多岐に渡る  開発, 技術, 実践報告, 運用事例, 理念, 悩み, ノウハウ… 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 3
  4. 4.  Loosely-structured conference  PC使用率が半端ない  電源が会場のいたるところに  現地会場でもIRCチャット  それを拾うAsk me!セッションも  ソーシャルな会議の仕組み  講演事前審査:voting  Wikiに書き込むLightning Talks  多数のSocial Event 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 4
  5. 5. 1. 海外の図書館現場の実際の現状・ 先端的事例を知ることができる2. 海外の大学環境・図書館を実際に 見学することができる3. 日本の取り組みも十分世界に通用 することがわかる  情報発信の場として,意見をもらう場として 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 5
  6. 6. Code4Lib 2011 Conference 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 6
  7. 7.  日程  2月7日: Pre Conference  2月8日~10日: Conference 場所  インディアナ州ブルーミントン  Biddle Hotel and Conference Center, Indiana University Bloomington 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 7
  8. 8.  10,400 km  from Tsukuba, Ibaraki, Japan. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 8
  9. 9. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 9
  10. 10. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 10
  11. 11. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 11
  12. 12. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 12
  13. 13. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 13
  14. 14. アメリカの大学の学習環境・施設 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 14
  15. 15. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 15
  16. 16.  何でもある統合大学施設  カンファレンスホール・会議ルーム  ホテル(←我々も宿泊)  コンピュータルーム・キオスク端末  学習ワークスペース・技術サポートスタッフ  学生掲示板・情報発信スペース  フードコート・ファストフード  電気屋・大学グッズショップ・書店・理髪店  ビリヤード・ボーリング場・ゲーセン… 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 16
  17. 17. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 17
  18. 18. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 18
  19. 19. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 19
  20. 20. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 20
  21. 21. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 21
  22. 22. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 22
  23. 23. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 23
  24. 24. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 24
  25. 25. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 25
  26. 26. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 26
  27. 27. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 27
  28. 28. 学生の 学習・日常生活・娯楽 までワンストップに支援する、学部・学科を超えた統合的な福利厚生施設 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 28
  29. 29. Code4Lib 2011 Conference 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 29
  30. 30. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 30
  31. 31. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 31
  32. 32. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 32
  33. 33. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 33
  34. 34. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 34
  35. 35.  シングルセッションが原則  250人が1ホールに集結  全員で1つのセッションを聞き、質問・情報 共有する(LightningTalks含む) 一部のみ分科会ライク  Pre-conference  テーマ毎のチュートリアルやワークショップ  Breakout Sessions  テーマやシステム毎にディスカッション 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 35
  36. 36. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 36
  37. 37. Code4Lib 2011 Conference 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 37
  38. 38.  Pre Conference  1日目: チュートリアル・ワークショップ Industry Remarks & Keynote  2日目午前: 基調講演 Main Session  2日目午後~4日目: 採択者のプレゼン発表  1人20分: 発表・質疑応答の配分自由 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 38
  39. 39.  Breakout Sessions  2日目・3日目の夕方:  システム・ソフト毎に話題を絞ったディスカッション Lightning Talks  2日目~4日目に3回設定: 約30人枠  当日限定エントリー: Wikiに名前・テーマを書く  1人5分発表: 本年、日本人3名発表! Ask anything!  会場全体に質問をし、会場の誰かが答える  全員で疑問や悩みを共有し、適切な人が解決する 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 39
  40. 40. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 40
  41. 41. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 41
  42. 42. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 42
  43. 43. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 43
  44. 44. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 44
  45. 45. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 45
  46. 46. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 46
  47. 47.  NDL Search 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 47
  48. 48.  Making integrated search system which your choice - primo central index or summon? 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 48
  49. 49.  Two Engineering Projects of LIS at Tsukuba in Japan: Project Shizuku and Project Lie 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 49
  50. 50. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 50
  51. 51. Code4Lib 2011 Conference 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 51
  52. 52.  頻出キーワード  Solr  Drupal  (次世代OPAC) その他、個人的注目点  Visualization, GIS, Library Websites, Mobile, Tablet 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 52
  53. 53.  全文検索エンジン  オープンソース  多くの検索システム事例の発表がSolrを採用  図書館系検索システム技術者はSolrが大好き?  C.f. 日本利用されている他の検索・計算エンジン  Senna, Tritonn, Sedue, Geta, HyperEstraier, Namazu... →詳細は田辺様からご報告 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 53
  54. 54.  オープンソースCMSの1つ  Contents Management System  HTML等を書くことなく、Webブラウザ上で文章や画像・ 映像を投稿することで、Web上にコンテンツを生成・管理 できるシステム  プラグインで簡単に機能を追加したり表示を工夫できる  低コストな開発・運用が可能  他: WordPress, MovableTypeなど Drupal  国立国会図書館Current Awarenessも使用 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 54
  55. 55.  図書館での利用事例が多数  図書館Webサイトの低コストな構築  学術機関リポジトリのシステム・I/F  DSpaceやWordPressより圧倒的多数  世界的にはDrupalがメジャー? Pre-conference  ‚Islandora Repository System‛(1日目午前)  Fedoraベースの新たな機関リポジトリシステム  FedoraはDrupal上で作られている 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 55
  56. 56.  ‚Drupal 7 as Rapid Application Development Tool‛(2日目昼)  Drupalが、ツールや機能の高速開発に有用で あることを主張 ‚Chicago Underground Library’s Community-Based Cataloging System‛(3日目午前)  街のコミュニティを活かしたカタログ機能  どんあ街でも適用できるよう、Drupal独立モ ジュールとして開発 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 56
  57. 57.  ‚Visualizing Library Data‛(2日目午前)  OCLCのもつ大規模データを可視化する  WorldCat, WorldCat Registry…など  データの可視化は、ユーザへのサービスや、 図書館の意思決定に有効である  QRコード  チャート・グラフ  地図:Google Chart API 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 57
  58. 58. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 58
  59. 59. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 59
  60. 60.  ‚GIS on the Cheap‛(3日目午後)  地理情報から資料を検索できる  Solr・PostgreSQLを使用  Solrは最新バージョンで地理情報をネイティブな 型として扱えるようになった  位置情報や範囲情報をクエリに検索可能 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 60
  61. 61.  ‚Enhancing the Mobile Experience: Mobile Library Services at Illinois‛(2 日目午後)  イリノイ大学, 2010年春 モバイルサイト公開  図書館のモバイルWebサイトに何が必要か  機能ごとに検討  OPACやアカウント情報だけでなく、アクセス地図 やバスの情報も必要  VuFindの上にI/F構築 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 61
  62. 62. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 62
  63. 63. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 63
  64. 64. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 64
  65. 65. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 65
  66. 66.  ‚Let‘s Get Small: A Microservices Approach to Library Websites‛(3日目 午後)  小さいサービス・システムを組み合わせて図書館 Webサイトを構築する手法を提案  図書館で利用可能な様々なサービス・システムを検 討 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 66
  67. 67.  ‚Building an Open Source Staff- Facing Tablet App for Library Assessment‛(4日目午前)  エビデンスベースで図書館をdesignすべき  図書館利用者が、いつ・どこで・なにをしてい るか、TabletPCを用いてトラッキングする  統計データとして可視化し、空間設計に有効活 用する  オープンソースフレームワークとして夏に公開 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 67
  68. 68. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 68
  69. 69. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 69
  70. 70. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 70
  71. 71. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 71
  72. 72.  田辺様よりご報告  Code4Lib JAPAN Scholarship にて渡航 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 72
  73. 73. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 73

×