The outlineoftestprocess

6,073 views
5,992 views

Published on

Nagoya.Testing

0 Comments
4 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
6,073
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
8
Actions
Shares
0
Downloads
13
Comments
0
Likes
4
Embeds 0
No embeds

No notes for slide
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • The outlineoftestprocess

    1. 1. The Outline of Test Processin Nagoya.Testing 2 in Tokyo 2012.04.06
    2. 2. Self Introduction名前:きょん(kyon_mm)Blog : うさぎ組Target : 開発環境改善Groovy、テスト、自動化、アジャイル、品質保証24歳うさみみ系男子SCMBootCamp、Nagoya.Testing, StartupGroovy
    3. 3. Agendaテストとは?テストプロセスについてまとめ
    4. 4. テストとは?
    5. 5. JSTQB (Testing) 成果物が定義した要件を満足するかを判定し、目的に合致することを実証し、欠陥を見つけるため、ソフトウェア製品や関連成果物に対し、計画、準備、評価をすること。全てのライフサイクルを通じて実施する静的、動的なプロセス。静的解析ツール、レビュー、ユーザビリティーテスト も含む
    6. 6. kyon_mm対象のプロダクトを一意的に判断する行為。(レビューやユーザビリティテストは必須な要素だが、テストではない)
    7. 7. #なごやこわいコンパイルはテストロジックを型に落とし込みやすい言語で、静的型付けだと、コンパイル時に多くのエラーがとれるつまり、静的型付け関(ry
    8. 8. Agendaテストとは?テストプロセスについてまとめ
    9. 9. テストプロセスについて
    10. 10. テストプロセスについてテスト戦略策定(テスト計画)テスト分析/テスト設計テスト実装テスト実施/報告
    11. 11. テスト戦略策定Purposeテストの指針となるものに関して計画する。テストに要求されているもの、実施時のリスクやリソースなど鑑みる。Input要求仕様書、アーキテクチャ、プロジェクト体制Outputテスト計画書。例として次のような項目をリストにできるようにする。テストカテゴリ(テスト目的、テスト対象)、テスト設計方針(適用する手法)、時期、人、手段、テストログ、インシデントレポートの提供方法
    12. 12. テスト戦略手順テスト要求(テスト目的、品質目標、リスク、リソース)の分析テスト対象アーキテクチャの分析、分解する「テスト対象」と「テスト要求」の分析結果を組み合わせて「テスト観点」を構築するテスト全体のバランスをとる。テストの抜けもれ、重複をなくすテスト技法などの組合せの方針を決定するテストのマイルストーンを決めて、テスト計画書に書き出す
    13. 13. テスト戦略テスト要求テストに求められているもののこと。「○○であることを保証したい」「○○チームでテストをまわしてほしい」「○○までにリリースしてほしい」などなどアジャイルサムライ的に言うと「時間, 予算, 品質, スコープ」などの要求があり、それらはリスクでもある。
    14. 14. テスト戦略テスト対象対象プロダクトでテストする機能、特徴のこと。JSTQB的には「テストするコンポーネントやシステムのこと」
    15. 15. テスト戦略テスト目的対象プロダクトを評価する視点、どんなバグがあるか(ないか)を確認する視点のこと。
    16. 16. テスト戦略手順テスト要求(テスト目的、品質目標、リスク、リソース)の分析テスト対象アーキテクチャの分析、分解する「テスト対象」と「テスト要求」の分析結果を組み合わせて「テスト観点」を構築するテスト全体のバランスをとる。テストの抜けもれ、重複をなくすテスト戦略全体を見ながら、テスト観点毎にテスト技法や網羅基準、組合せなどの「テスト設計の方針」を決定するテストのマイルストーンを決めて、テスト計画書に書き出す
    17. 17. テスト戦略:キーワードソフトウェアの品質特性テストタイプ、テストカテゴリテストフレーム、テストアーキテクチャテスト技法、レビュー
    18. 18. テスト分析Purpose対象プロダクトを「テスト設計可能なレベル」まで分析する。プロダクトをテストしやすいように再度整理する。Input外部仕様書、開発で採用しているツール、設計思想Outputテストを設計するための調査結果。例として次のようなものがあげられる。機能をまとめたマトリクス、状態遷移図、ER図、ユースケース図、デシジョンテーブル
    19. 19. テスト分析手順対象プロダクトの「 振る舞い、モデル、ツール、原則など」を整理する。整理した結果をもとにテスト対象をブレークダウンする。必要であればプロダクトの仕様書とは別にテスト用に再整理したドキュメントを作成する。テスト分析結果をまとめる。
    20. 20. テスト設計Purposeテスト戦略で決定した「テスト観点」を「テスト設計方針」に従ってテストケース作成のために設計を実施する。Input前フェーズまでのインプット、アウトプットOutputテスト設計書。例として次のような項目をリストにできるようにする。テストカテゴリ、テスト目的、テスト対象、テスト条件とすべきパラメータ(仕様項目)、テスト実装方針(適用するテスト技法、網羅基準)、テストケースにした際の優先順位基準
    21. 21. テスト設計手順テスト観点毎にテスト分析結果およびテスト設計方針にしたがってテスト条件を特定する。テストケース数を見積もるテスト設計が妥当かを考える。テストが多すぎないか、テスト目的から外れていないか、テスト減らすことは出来るか。テスト設計書にまとめる。
    22. 22. テスト設計テスト技法(テスト設計技法)テストケースを導出するための手法。主に網羅基準や論理関係の決定からパターンを作成しやすくする目的で使用する。
    23. 23. テスト設計:キーワードテスト技法同値分割、境界値分析、制御パスフロー、All-Pair法、状態遷移テスト、デシジョンテーブル、原因結果グラフ、リスクベースドテスト静的解析網羅基準
    24. 24. テスト実装Purposeテスト設計をもとにテストケースを実装する。テストケースはテスト実施者に最適化されたフォーマットが望ましい。Input前フェーズまでのインプット、アウトプットOutputテスト仕様書。例として次のような項目をリストにできるようにする。テストカテゴリ、テスト目的、テスト対象、テスト設計方針、テスト条件の基準となった仕様、優先順位、事前条件、テスト手順、期待結果(不変な項目、変化する項目)
    25. 25. テスト実装手順テスト設計結果から、テスト条件パラメータを見直す具体的な期待結果(不変項目、変化項目など)を考える事前条件、テスト手順を考える設計にしたがって(「事前条件、テスト条件パラメータ、期待結果の組合せ」「テストケースの優先度」、などを考えて)、テストケースを作成するテスト仕様書にまとめる。テスト環境やテスト実施者が実施しやすい、確認しやすいようなテストケースの並び順や記述を考慮する。
    26. 26. テスト実施/報告Purposeテストを実施し、プロダクトを評価する。テストケースの結果だけではなく、プロダクトの品質に関わるものは報告する。ただし、品質が定義されている事が重要。Input前フェーズまでのインプット、アウトプットOutputバグレポート、テスト成績、テスト結果報告
    27. 27. テスト実施/報告手順テストログのフォーマットを決定するテスト仕様書に従ってテストを実施するテストログをとるテストログからバグについて分析するバグについてインシデントレポートをまとめる品質見解報告をまとめる
    28. 28. Agendaテストとは?テストプロセスについてまとめ
    29. 29. まとめテストプロセスって長いと思われがちだけど、実際はよくやっていることを明確に定義づけたものです。テスト自体がまだまだ未成熟な領域が広いので、違和感があるかもしれません。一元的に正しいものは存在しません。

    ×