Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Prpject one! presen final

32 views

Published on

G空間×ICT北陸まちづくりトライアルコンクールマッチングイベントでの資料

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

Prpject one! presen final

  1. 1. 提案名:たすけて!田んぼの掃除屋さん! ~農業イノベーション~ (提案者) グループ名: Project One! 提案代表者: 金沢工業大学 3年 草間 寧啓 参 加 者: 金沢工業大学 2年 辰巳 颯太 2年 石井 聖悟 2年 奥村 勇稀 2年 幸地 達哉
  2. 2. 提案名:たすけて!田んぼの掃除屋さん!~農業イノベーション~ (1) https://www.naro.affrc.go.jp/narc/kenkyu_koryu/files/kantoseika_h24SO02.pdf (2) http://ccaff.dc.affrc.go.jp/conference2012/pdf/p62_poster.pdfより一部引用 作業時間の20%は除草‼ 図1 雑草抑制効果の比較(2) 農家 消費者 有機栽培をしてこなかった 農家の人も始めやすい 安全・安心 栄養価も高くおいしい 位置情報を用いて 自動で草を除去 とても大変 0 200 400 600 精玄米重(g m⁻²) 0 1000 2000 3000 雑草個体数(NO.m⁻²) 収穫量に変化が 生じない 所得が 約2倍! 食卓に 安全なお米が 農家は2倍 儲かる 新規 有機農家の 開拓 起こせ!農業イノベーション 概要
  3. 3. 3 農業に関する支援機器の製作 有機栽培では除草が農家の大きな負担 除草機 経緯
  4. 4. 4 現在購入している 44% 一定の条件がそろえば購入したい 55% 購入したいと は思わない 1% 99%もの人が 有機農産物を購入 したいと思っている 有機栽培の収入は 慣行栽培に対し約2倍 消費者における有機農産物の 購入に対する意識 有機栽培は需要あり! *平成27年有機農業の推進について
  5. 5. 5 慣行栽培の 約1.6倍 33.1 53 0 10 20 30 40 50 60 慣行栽培 有機栽培 労働時間(時間/10a) 現状の有機栽培 *効率的な雑草対策で有機稲作経営を大幅に改善より
  6. 6. 6 作業時間の割合 除草に時間が かかる 除草 21% 管理 19% その他 17% 耕起 9% 種子予措 9% 刈取脱穀 8% 田植 8% 出荷労働 5% 基肥 4% 現状の有機栽培 *効率的な雑草対策で有機稲作経営を大幅に改善より
  7. 7. 7 1.8 10.7 0 2 4 6 8 10 12 慣行栽培 有機栽培 除草(時間/10a) 約5倍!! 作業時間を減らしたい 現状の有機栽培
  8. 8. 8 チェーン除草とは チェーンは金属のため重い 10㎏にもなる 人力でやると 大変!!
  9. 9. 9 チェーン除草のメリット チェーン除草で 雑草半減 ※有機栽培水田で利用する簡易なチェーン除草機の作製方法とその雑草低減効果より
  10. 10. GPS自動除草機 つらい除草作業の負担・時間を削減 有機栽培を取り組みやすくなる 新規参入者の増加
  11. 11. 11 有機栽培農家(全体の0.5%) 約5,800戸 市場分析 潜在的なマーケットサイズ 類似品 アイガモロボット 新規参入者
  12. 12. 12 GPS自動除草機 Googleマップから除草したい水田を選択 水田の位置情報をもとに 除草機が自動で水田を除草
  13. 13. 13 従来の除草機との違い • GPSを用いて除草機を制御 • エンジンを使わずに 電気で動作する • 小型化 + 軽量化 アピールポイント
  14. 14. 1 まとめ 農家は 儲かる 食卓に 安全なお米が 新規有機 農家の開拓 自動除草機を導入することによって、
  15. 15. 15 ご静聴ありがとうございました。

×