SlideShare a Scribd company logo
Ruby 勉強会@札幌‒09
                2008‒08‒23




Measure
単位付き数値ライブラリ
村田 賢太
Ruby 札幌
単位付き数値とは?




     2
単位付き数値とは?
 173 [cm]

 63 [kg]

 376.730 [Ω]

 101,325 [Pa]

 1.602 10‒19 [C]

                   2
Measure ライブラリ

 単位付き数値クラスを提供

 異なる単位間の変換を定義可能

 単位付き数値の簡易記法を提供



          3
インストール方法
mrkn-macbook:~ root# gem install -r measure

Bulk updating Gem source index for: http://gems.rubyforge.org

Successfully installed measure-0.1.0

1 gem installed

Installing ri documentation for measure-0.1.0...

Installing RDoc documentation for measure-0.1.0...

mrkn-macbook:~ root#




                                 4
使い方
mrkn-macbook:~ root# irb

irb(main):001:0> require 'measure'

irb(main):002:0> Measure.define_unit :m, :length

irb(main):003:0> Measure.define_unit :cm, :length

irb(main):004:0> Measure(1, :m)

=> #<Measure:0x57d8c @unit=:m, @value=1>

irb(main):005:0> Measure(1, :cm).to_s

=> "1 [cm]"




                                  5
単位変換
irb(main):006:0> Measure.define_conversion :m, :cm => 100

irb(main):007:0> (Measure(1, :m) + Measure(1, :cm)).to_s

=> "1.01 [m]"

irb(main):008:0> Measure.define_unit :in, :length

irb(main):009:0> Measure.define_conversion :in, :cm => 2.54

irb(main):010:0> Measure.define_unit :mm, :length

irb(main):011:0> Measure.define_conversion :m, :mm => 1000

irb(main):012:0> (Measure(210, :mm) - 2*Measure(1, :in)).to_s

=> "159.2 [mm]"



                                 6
マルチホップ変換
  [in]   2.54倍    [cm]



                 100倍
                         [m]
                 1000倍



                  [mm]


                    7
マルチホップ変換
  [in]   2.54倍    [cm]
                         100分の1

     2.54分の1
                 100倍
                             [m]
                 1000倍

                         1000倍
                  [mm]


                    7
マルチホップ変換
    [in]   2.54倍    [cm]
                           100分の1

       2.54分の1
                   100倍
                               [m]
                   1000倍

連結な単位間での                   1000倍
相互変換の経路を            [mm]
幅優先探索で発見
                      7
簡易記法
irb(main):013:0> require 'measure/support'

irb(main):014:0> Measure.form { 1.m - 1.cm }.to_s

=> "0.99 [m]"




                                 8
定義済み単位
   measure/length を require すると次の単
   位が定義され相互変換可能な状態になる
m, meter          in, inch       pt, point, dp, didot_point
cm, centi_meter   ft, feet       bp, big_point
mm, milli_meter   yd, yard       pc, pica
km, kilo_meter
um, micro_meter
nm, nano_meter
                             9
未対応な機能
 多次元単位

 たとえば 1 [kg m / s2] など

  簡易記法なら 1.kg.m.s(‒2) かな?

 スケーリング以外の単位変換

 [ C] = 5 ([ F] ‒ 32) / 9 など

 開発版では対応済み
                 10
Proc による単位変換
irb(main):015:0> Measure.define_unit :deg_c, :temperature

irb(main):016:0> Measure.define_unit :deg_f, :temperature

irb(main):017:0> Measure.define_conversion :deg_c, :deg_f => lambda

{|x| 9.0*x/5.0 + 32 }

irb(main):018:0> Measure.define_conversion :deg_f, :deg_c => lambda

{|x| 5.0*(x - 32)/9.0 }

irb(main):019:0> Measure.form { -40.deg_c.as_deg_f }.to_s

=> "-40.0 [deg_f]"




                                11
Future works

 スケーリング以外の変換を実装したバージョン
 をリリースする

 定義済み単位を増やす

 多次元単位への対応


             12

More Related Content

More from Kenta Murata

関数型プログラミングの世界
関数型プログラミングの世界関数型プログラミングの世界
関数型プログラミングの世界
Kenta Murata
 
Let's begin Behavior Driven Development using RSpec
Let's begin Behavior Driven Development using RSpecLet's begin Behavior Driven Development using RSpec
Let's begin Behavior Driven Development using RSpec
Kenta Murata
 
Rubyをたのしくするために私が考えていること
Rubyをたのしくするために私が考えていることRubyをたのしくするために私が考えていること
Rubyをたのしくするために私が考えていること
Kenta Murata
 
Ruby の懸案事項
Ruby の懸案事項Ruby の懸案事項
Ruby の懸案事項
Kenta Murata
 
5分弱で分かる量子ビット
5分弱で分かる量子ビット5分弱で分かる量子ビット
5分弱で分かる量子ビット
Kenta Murata
 
Rubykaigi2010mrkn bigdecimal
Rubykaigi2010mrkn bigdecimalRubykaigi2010mrkn bigdecimal
Rubykaigi2010mrkn bigdecimal
Kenta Murata
 
Ruby における絵文字エンコーディング間の相互変換ダイアグラム (案)
Ruby における絵文字エンコーディング間の相互変換ダイアグラム (案)Ruby における絵文字エンコーディング間の相互変換ダイアグラム (案)
Ruby における絵文字エンコーディング間の相互変換ダイアグラム (案)
Kenta Murata
 
校内勉強会のススメ An encouragement to hold workshops In your school
校内勉強会のススメ An encouragement to hold workshops In your school校内勉強会のススメ An encouragement to hold workshops In your school
校内勉強会のススメ An encouragement to hold workshops In your school
Kenta Murata
 
Ruby の標準乱数生成器とその改善案
Ruby の標準乱数生成器とその改善案Ruby の標準乱数生成器とその改善案
Ruby の標準乱数生成器とその改善案
Kenta Murata
 
情報学特論#02
情報学特論#02情報学特論#02
情報学特論#02Kenta Murata
 
情報学特論#01
情報学特論#01情報学特論#01
情報学特論#01
Kenta Murata
 
北海道関数型言語勉強会@札幌#2のお知らせ
北海道関数型言語勉強会@札幌#2のお知らせ北海道関数型言語勉強会@札幌#2のお知らせ
北海道関数型言語勉強会@札幌#2のお知らせKenta Murata
 
Ruby 拡張モジュール入門
Ruby 拡張モジュール入門Ruby 拡張モジュール入門
Ruby 拡張モジュール入門
Kenta Murata
 

More from Kenta Murata (13)

関数型プログラミングの世界
関数型プログラミングの世界関数型プログラミングの世界
関数型プログラミングの世界
 
Let's begin Behavior Driven Development using RSpec
Let's begin Behavior Driven Development using RSpecLet's begin Behavior Driven Development using RSpec
Let's begin Behavior Driven Development using RSpec
 
Rubyをたのしくするために私が考えていること
Rubyをたのしくするために私が考えていることRubyをたのしくするために私が考えていること
Rubyをたのしくするために私が考えていること
 
Ruby の懸案事項
Ruby の懸案事項Ruby の懸案事項
Ruby の懸案事項
 
5分弱で分かる量子ビット
5分弱で分かる量子ビット5分弱で分かる量子ビット
5分弱で分かる量子ビット
 
Rubykaigi2010mrkn bigdecimal
Rubykaigi2010mrkn bigdecimalRubykaigi2010mrkn bigdecimal
Rubykaigi2010mrkn bigdecimal
 
Ruby における絵文字エンコーディング間の相互変換ダイアグラム (案)
Ruby における絵文字エンコーディング間の相互変換ダイアグラム (案)Ruby における絵文字エンコーディング間の相互変換ダイアグラム (案)
Ruby における絵文字エンコーディング間の相互変換ダイアグラム (案)
 
校内勉強会のススメ An encouragement to hold workshops In your school
校内勉強会のススメ An encouragement to hold workshops In your school校内勉強会のススメ An encouragement to hold workshops In your school
校内勉強会のススメ An encouragement to hold workshops In your school
 
Ruby の標準乱数生成器とその改善案
Ruby の標準乱数生成器とその改善案Ruby の標準乱数生成器とその改善案
Ruby の標準乱数生成器とその改善案
 
情報学特論#02
情報学特論#02情報学特論#02
情報学特論#02
 
情報学特論#01
情報学特論#01情報学特論#01
情報学特論#01
 
北海道関数型言語勉強会@札幌#2のお知らせ
北海道関数型言語勉強会@札幌#2のお知らせ北海道関数型言語勉強会@札幌#2のお知らせ
北海道関数型言語勉強会@札幌#2のお知らせ
 
Ruby 拡張モジュール入門
Ruby 拡張モジュール入門Ruby 拡張モジュール入門
Ruby 拡張モジュール入門
 

Recently uploaded

生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI
生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI
生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI
Osaka University
 
Humanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライド
Humanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライドHumanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライド
Humanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライド
tazaki1
 
Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。
Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。
Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。
iPride Co., Ltd.
 
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
sugiuralab
 
ハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMM
ハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMMハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMM
ハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMM
osamut
 
なぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDD
なぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDDなぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDD
なぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDD
ssuserfcafd1
 
iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptxiMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
kitamisetagayaxxx
 
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
Osaka University
 
20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro
20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro
20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro
Seiya Shimabukuro
 
ロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobody
ロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobodyロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobody
ロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobody
azuma satoshi
 
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
ARISE analytics
 
ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT vol112 発表資料)
ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT  vol112 発表資料)ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT  vol112 発表資料)
ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT vol112 発表資料)
Takuya Minagawa
 
気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす
気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす
気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす
Shinichi Hirauchi
 
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
Yuki Miyazaki
 

Recently uploaded (14)

生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI
生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI
生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI
 
Humanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライド
Humanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライドHumanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライド
Humanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライド
 
Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。
Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。
Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。
 
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
 
ハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMM
ハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMMハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMM
ハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMM
 
なぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDD
なぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDDなぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDD
なぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDD
 
iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptxiMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
 
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
 
20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro
20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro
20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro
 
ロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobody
ロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobodyロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobody
ロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobody
 
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
 
ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT vol112 発表資料)
ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT  vol112 発表資料)ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT  vol112 発表資料)
ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT vol112 発表資料)
 
気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす
気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす
気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす
 
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
 

Measure 単位付き数値ライブラリ