SlideShare a Scribd company logo
Ruby 勉強会@札幌‒09
                2008‒08‒23




Measure
単位付き数値ライブラリ
村田 賢太
Ruby 札幌
単位付き数値とは?




     2
単位付き数値とは?
 173 [cm]

 63 [kg]

 376.730 [Ω]

 101,325 [Pa]

 1.602 10‒19 [C]

                   2
Measure ライブラリ

 単位付き数値クラスを提供

 異なる単位間の変換を定義可能

 単位付き数値の簡易記法を提供



          3
インストール方法
mrkn-macbook:~ root# gem install -r measure

Bulk updating Gem source index for: http://gems.rubyforge.org

Successfully installed measure-0.1.0

1 gem installed

Installing ri documentation for measure-0.1.0...

Installing RDoc documentation for measure-0.1.0...

mrkn-macbook:~ root#




                                 4
使い方
mrkn-macbook:~ root# irb

irb(main):001:0> require 'measure'

irb(main):002:0> Measure.define_unit :m, :length

irb(main):003:0> Measure.define_unit :cm, :length

irb(main):004:0> Measure(1, :m)

=> #<Measure:0x57d8c @unit=:m, @value=1>

irb(main):005:0> Measure(1, :cm).to_s

=> "1 [cm]"




                                  5
単位変換
irb(main):006:0> Measure.define_conversion :m, :cm => 100

irb(main):007:0> (Measure(1, :m) + Measure(1, :cm)).to_s

=> "1.01 [m]"

irb(main):008:0> Measure.define_unit :in, :length

irb(main):009:0> Measure.define_conversion :in, :cm => 2.54

irb(main):010:0> Measure.define_unit :mm, :length

irb(main):011:0> Measure.define_conversion :m, :mm => 1000

irb(main):012:0> (Measure(210, :mm) - 2*Measure(1, :in)).to_s

=> "159.2 [mm]"



                                 6
マルチホップ変換
  [in]   2.54倍    [cm]



                 100倍
                         [m]
                 1000倍



                  [mm]


                    7
マルチホップ変換
  [in]   2.54倍    [cm]
                         100分の1

     2.54分の1
                 100倍
                             [m]
                 1000倍

                         1000倍
                  [mm]


                    7
マルチホップ変換
    [in]   2.54倍    [cm]
                           100分の1

       2.54分の1
                   100倍
                               [m]
                   1000倍

連結な単位間での                   1000倍
相互変換の経路を            [mm]
幅優先探索で発見
                      7
簡易記法
irb(main):013:0> require 'measure/support'

irb(main):014:0> Measure.form { 1.m - 1.cm }.to_s

=> "0.99 [m]"




                                 8
定義済み単位
   measure/length を require すると次の単
   位が定義され相互変換可能な状態になる
m, meter          in, inch       pt, point, dp, didot_point
cm, centi_meter   ft, feet       bp, big_point
mm, milli_meter   yd, yard       pc, pica
km, kilo_meter
um, micro_meter
nm, nano_meter
                             9
未対応な機能
 多次元単位

 たとえば 1 [kg m / s2] など

  簡易記法なら 1.kg.m.s(‒2) かな?

 スケーリング以外の単位変換

 [ C] = 5 ([ F] ‒ 32) / 9 など

 開発版では対応済み
                 10
Proc による単位変換
irb(main):015:0> Measure.define_unit :deg_c, :temperature

irb(main):016:0> Measure.define_unit :deg_f, :temperature

irb(main):017:0> Measure.define_conversion :deg_c, :deg_f => lambda

{|x| 9.0*x/5.0 + 32 }

irb(main):018:0> Measure.define_conversion :deg_f, :deg_c => lambda

{|x| 5.0*(x - 32)/9.0 }

irb(main):019:0> Measure.form { -40.deg_c.as_deg_f }.to_s

=> "-40.0 [deg_f]"




                                11
Future works

 スケーリング以外の変換を実装したバージョン
 をリリースする

 定義済み単位を増やす

 多次元単位への対応


             12

More Related Content

More from Kenta Murata

関数型プログラミングの世界
関数型プログラミングの世界関数型プログラミングの世界
関数型プログラミングの世界
Kenta Murata
 
Let's begin Behavior Driven Development using RSpec
Let's begin Behavior Driven Development using RSpecLet's begin Behavior Driven Development using RSpec
Let's begin Behavior Driven Development using RSpec
Kenta Murata
 
Rubyをたのしくするために私が考えていること
Rubyをたのしくするために私が考えていることRubyをたのしくするために私が考えていること
Rubyをたのしくするために私が考えていること
Kenta Murata
 
Ruby の懸案事項
Ruby の懸案事項Ruby の懸案事項
Ruby の懸案事項
Kenta Murata
 
5分弱で分かる量子ビット
5分弱で分かる量子ビット5分弱で分かる量子ビット
5分弱で分かる量子ビット
Kenta Murata
 
Rubykaigi2010mrkn bigdecimal
Rubykaigi2010mrkn bigdecimalRubykaigi2010mrkn bigdecimal
Rubykaigi2010mrkn bigdecimal
Kenta Murata
 
Ruby における絵文字エンコーディング間の相互変換ダイアグラム (案)
Ruby における絵文字エンコーディング間の相互変換ダイアグラム (案)Ruby における絵文字エンコーディング間の相互変換ダイアグラム (案)
Ruby における絵文字エンコーディング間の相互変換ダイアグラム (案)
Kenta Murata
 
校内勉強会のススメ An encouragement to hold workshops In your school
校内勉強会のススメ An encouragement to hold workshops In your school校内勉強会のススメ An encouragement to hold workshops In your school
校内勉強会のススメ An encouragement to hold workshops In your school
Kenta Murata
 
Ruby の標準乱数生成器とその改善案
Ruby の標準乱数生成器とその改善案Ruby の標準乱数生成器とその改善案
Ruby の標準乱数生成器とその改善案
Kenta Murata
 
情報学特論#02
情報学特論#02情報学特論#02
情報学特論#02
Kenta Murata
 
情報学特論#01
情報学特論#01情報学特論#01
情報学特論#01
Kenta Murata
 
北海道関数型言語勉強会@札幌#2のお知らせ
北海道関数型言語勉強会@札幌#2のお知らせ北海道関数型言語勉強会@札幌#2のお知らせ
北海道関数型言語勉強会@札幌#2のお知らせ
Kenta Murata
 
Ruby 拡張モジュール入門
Ruby 拡張モジュール入門Ruby 拡張モジュール入門
Ruby 拡張モジュール入門
Kenta Murata
 

More from Kenta Murata (13)

関数型プログラミングの世界
関数型プログラミングの世界関数型プログラミングの世界
関数型プログラミングの世界
 
Let's begin Behavior Driven Development using RSpec
Let's begin Behavior Driven Development using RSpecLet's begin Behavior Driven Development using RSpec
Let's begin Behavior Driven Development using RSpec
 
Rubyをたのしくするために私が考えていること
Rubyをたのしくするために私が考えていることRubyをたのしくするために私が考えていること
Rubyをたのしくするために私が考えていること
 
Ruby の懸案事項
Ruby の懸案事項Ruby の懸案事項
Ruby の懸案事項
 
5分弱で分かる量子ビット
5分弱で分かる量子ビット5分弱で分かる量子ビット
5分弱で分かる量子ビット
 
Rubykaigi2010mrkn bigdecimal
Rubykaigi2010mrkn bigdecimalRubykaigi2010mrkn bigdecimal
Rubykaigi2010mrkn bigdecimal
 
Ruby における絵文字エンコーディング間の相互変換ダイアグラム (案)
Ruby における絵文字エンコーディング間の相互変換ダイアグラム (案)Ruby における絵文字エンコーディング間の相互変換ダイアグラム (案)
Ruby における絵文字エンコーディング間の相互変換ダイアグラム (案)
 
校内勉強会のススメ An encouragement to hold workshops In your school
校内勉強会のススメ An encouragement to hold workshops In your school校内勉強会のススメ An encouragement to hold workshops In your school
校内勉強会のススメ An encouragement to hold workshops In your school
 
Ruby の標準乱数生成器とその改善案
Ruby の標準乱数生成器とその改善案Ruby の標準乱数生成器とその改善案
Ruby の標準乱数生成器とその改善案
 
情報学特論#02
情報学特論#02情報学特論#02
情報学特論#02
 
情報学特論#01
情報学特論#01情報学特論#01
情報学特論#01
 
北海道関数型言語勉強会@札幌#2のお知らせ
北海道関数型言語勉強会@札幌#2のお知らせ北海道関数型言語勉強会@札幌#2のお知らせ
北海道関数型言語勉強会@札幌#2のお知らせ
 
Ruby 拡張モジュール入門
Ruby 拡張モジュール入門Ruby 拡張モジュール入門
Ruby 拡張モジュール入門
 

Recently uploaded

論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...
論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...
論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...
Toru Tamaki
 
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit IntroductionMatsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo Lab
 
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
shogotaguchi
 
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Natsutani Minoru
 
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit IntroductionMatsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo Lab
 
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit IntroductionMatsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo Lab
 
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ..."ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
たけおか しょうぞう
 
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
Takayuki Nakayama
 
LoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログ
LoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログLoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログ
LoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログ
CRI Japan, Inc.
 
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
Sony - Neural Network Libraries
 
最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce
最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce
最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce
chisatotakane
 
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
Toru Tamaki
 

Recently uploaded (12)

論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...
論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...
論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...
 
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit IntroductionMatsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
 
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
 
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
 
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit IntroductionMatsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
 
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit IntroductionMatsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
 
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ..."ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
 
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
 
LoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログ
LoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログLoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログ
LoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログ
 
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
 
最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce
最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce
最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce
 
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
 

Measure 単位付き数値ライブラリ