Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
Why 40? なぜ40個のサンプルで調査をするのか ― 数値例からの考察
Why 40? なぜ40個のサンプルで調査をするのか ― 数値例からの考察
Why 40? なぜ40個のサンプルで調査をするのか ― 数値例からの考察
Why 40? なぜ40個のサンプルで調査をするのか ― 数値例からの考察
Why 40? なぜ40個のサンプルで調査をするのか ― 数値例からの考察
Why 40? なぜ40個のサンプルで調査をするのか ― 数値例からの考察
Why 40? なぜ40個のサンプルで調査をするのか ― 数値例からの考察
Why 40? なぜ40個のサンプルで調査をするのか ― 数値例からの考察
Why 40? なぜ40個のサンプルで調査をするのか ― 数値例からの考察
Why 40? なぜ40個のサンプルで調査をするのか ― 数値例からの考察
Why 40? なぜ40個のサンプルで調査をするのか ― 数値例からの考察
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×
Upcoming SlideShare
深層学習時代の自然言語処理
Next
Download to read offline and view in fullscreen.

37

Share

Download to read offline

Why 40? なぜ40個のサンプルで調査をするのか ― 数値例からの考察

Download to read offline

調査をするときに、観察対象を20サンプルではなくて40サンプルにしたい理由をまとめました。1回当たり10%で起きる現象を2回以上観測する可能性を90%確保するために必要な観測数はいくらであるか、相関関係を確かめるために何例のサンプルが必要か、そのような例題を5個用意し、それぞれについて検討しました。

数式は1つもありません。数の感覚をつかむこと、必要とあらば、自分で近似式を導いて、他の状況で必要な数の算出を即座に行うために必要な例を載せようと思い作りました。これについてはしばらく検証していこうと思います。とにかく40あれば十分という説明というよりは、20の場合と40の場合の違いを明らかにし、目的に応じて数を加減できるようにさまざまな数値例を示しました。

Related Books

Free with a 30 day trial from Scribd

See all
  • tnakamura1979

    Apr. 10, 2019
  • hirokiiida165

    Sep. 5, 2017
  • iriomoteyamaneco

    Jun. 27, 2017
  • KazukiInamura

    May. 13, 2017
  • IssaySuemitsu

    Oct. 11, 2016
  • katsutoshiseki

    Sep. 18, 2016
  • chidoriashi1990

    Oct. 11, 2015
  • helmenov

    Jun. 13, 2015
  • racooma

    May. 10, 2015
  • Uyauyamit

    Mar. 29, 2015
  • abemasanori7

    Mar. 24, 2015
  • ssuser0fd0f5

    Mar. 11, 2015
  • takashinakashima

    Mar. 9, 2015
  • nakao

    Mar. 9, 2015
  • perokotokyo

    Mar. 5, 2015
  • TakahiroEzaki

    Mar. 2, 2015
  • nekamay

    Mar. 2, 2015
  • koduki

    Mar. 1, 2015
  • fyusuke

    Mar. 1, 2015
  • YOwatari

    Mar. 1, 2015

調査をするときに、観察対象を20サンプルではなくて40サンプルにしたい理由をまとめました。1回当たり10%で起きる現象を2回以上観測する可能性を90%確保するために必要な観測数はいくらであるか、相関関係を確かめるために何例のサンプルが必要か、そのような例題を5個用意し、それぞれについて検討しました。 数式は1つもありません。数の感覚をつかむこと、必要とあらば、自分で近似式を導いて、他の状況で必要な数の算出を即座に行うために必要な例を載せようと思い作りました。これについてはしばらく検証していこうと思います。とにかく40あれば十分という説明というよりは、20の場合と40の場合の違いを明らかにし、目的に応じて数を加減できるようにさまざまな数値例を示しました。

Views

Total views

38,871

On Slideshare

0

From embeds

0

Number of embeds

26,866

Actions

Downloads

45

Shares

0

Comments

0

Likes

37

×