Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

18.循環式産業システム

482 views

Published on

18

Published in: Science
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

18.循環式産業システム

  1. 1. 第18講 循環式産業システム 循環型サービスの可能性を探る
  2. 2. 従来の産業構造とは・・・ • 「資源の採掘」→「加工」→「市場へ」→「廃棄」 の直線式だった。 ・それは、「資源の枯渇」と「環境破壊」を生む だけでなく、 ・「在庫」や「雇用の不安定」等の問題もある。
  3. 3. 理想的な産業社会とは • 人間に合ったサービスが行き届いている。 • 内需拡大につながる。 • 雇用が確保されている。 • 環境にやさしくゴミが少ない。 • 資源の再利用が多く枯渇しにくい。 • 不正な産業がない。 • 技術の進化が常にあり、らせん状に伸びる。
  4. 4. タイバネティックスの考え方 ①「与える状態」と「受ける状態」の対応から、 前者をサービスを与える産業、後者を 産業のサービスを受ける側と捉えた。 ②ただし、一概に「生産者と消費者」とはしない。 サービスを受けた状態は、段階を進んで 自らサービスを与える側にもなる。
  5. 5. タイバネティックスの考え方 ③状態が大きな環(わ)を成すように、 産業のサービスの流れも環(わ)を成す。 ④循環式産業システムがうまく機能すれば、 人間に合った理想的な産業社会ができる のではないだろうか?
  6. 6. 衣食住×衣食住=九業界 産業の新しい分類方法。衣の衣がファッションならば、食の衣はグルメ、住の 衣はインテリアとなる。食の横軸は味と量と栄養。 従来の産業分類は、 第1次産業、第2次 産業・・・や、重厚 長大と軽薄短小等。
  7. 7. インストラクターが教え、教わった人がコンテストに出て、コンテストの結果をメディアが報 道し、報道を見て評論家が分析し、分析結果をインストラlクターが採用すれば循環する。
  8. 8. 料理学校が調理を教え、教わったシェフが創造的な料理を創り、それを参考に食堂がメ ニューに入れ、調味料産業がソースやドレッシングに応用し、それらを料理学校が用いる。
  9. 9. 大工が部材を整え、この部材で工芸家が作品をつくり、パンフレット業がそれを見せさせ、 見たデザイナーがデザインし、大工がそのデザインに部材を整えようとすると循環する。
  10. 10. 素材業が素材を提供し、加工業が加工し、流通業が流し、販売業が販売 する。予めリサイクル可能な素材であれば、素材業へと循環する。
  11. 11. 肥料業が耕作し、作物業が植えて育て、問屋業が卸し、小売業が売る。食べられた消耗 財はエネルギーとなって働かれたり、肥料となって考えようによっては循環している。
  12. 12. 土木業が造成し、建築業が建て、建物管理業が引き取る。不動産業が 売買し、スクラップ&ビルドとなる。
  13. 13. 大隊を参謀が策謀し、各有能者を配置する。有能者たちはそれぞれ 部隊を組み、部隊が合わさって大隊を構成する。
  14. 14. 検査業が定期健康診断を行って病気を発見したり傾向を調べ、医学研究者が治療法を 研究し、それを受けて各病院が治療し、製薬業が新薬を開発し、傾向を検査業が調べる。
  15. 15. 鉄道や道路等の交通網業の路線の上を輸送業が運び、その暴走を治 安業が押さえ、もっと根本的に立法業が整え、交通網業が整備する。

×