Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

追試H28.3.3 生命の誕生

433 views

Published on

1

Published in: Education
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

追試H28.3.3 生命の誕生

  1. 1. 追試H28.3.3 生命の誕生 タイバネティックスが導き出した原始生命の起源論
  2. 2. 問1 • 現代科学は、生命の起源について解明できているか?
  3. 3. 問1のヒント • 生命の起源についてはいろいろな説があって定まっていない。 • 「化学進化仮説」…無機物→有機物→原始生命の誕生? • 「ワールド仮説」…タンパク質やアミノ酸、遺伝子が元?? • 「パンスペルミア説」…生命は宇宙由来。隕石からと???
  4. 4. 解答 • 科学的実験で、無機物から単細胞生物すら作ることができて いないため、生命の起源を解明できたとは言い難い。
  5. 5. 問2 • 旧約聖書は、生命の起源についてどう捉えているか?
  6. 6. 問2のヒント(創世記より) • 1:11 神はまた言われた、「地は青草と、種をもつ草と、種のあ る果樹とを地の上に生えさせよ」。そのようになった。 • 1:20 神はまた言われた、「水は、生き物の群れで満ち、鳥は地 の上、天の大空を飛べ」。 • 1:21 神は海の大いなる獣と、水に群がる全ての動く生き物とを、 種類に従って創造し、また翼のある全ての鳥を、種類に従って 創造された。「生めよ、増えよ、海に満ちよ、地に増えよ」
  7. 7. 解 答 • 前章の続きから、まず環境を整え、植物を創造し、魚や鳥など の動物を創造している。
  8. 8. 問3 • 古事記では、生命の起源をどう捉えているか?
  9. 9. 問3のヒント(創世の神々編) • 混沌から天地が分かれ、天之御中主神(アメノミナカヌシノカミ)が誕生。 • 次に、天からくるくる回転しながら高皇産巣日神(タカミムスビノカミ)、 • 地からくるくる回転しながら神皇産巣日神(カミムスビノカミ)が誕生。 • “造化三神”の後、宇摩志阿斯訶備比古遅神(ウマシアシカビヒコヂノカミ)と いう「全ての命の素」となる神が生まれ、 • 次に天之常立神(アメノトコタチノカミ)が生まれ、天を支えた。 • ここまでの五神は特別の神々で、男でも女でもない。
  10. 10. 解 答 • 古事記も、聖書と同様に「混沌→創造神→天と地→生命」の流 れがある。 • 水陸の自然環境が先にあって、生物が後からできた点は分かり やすいが、どちらも創造神がつくったかどうかという点に次回 は切り込む。
  11. 11. 問4 • タイバネティックスのモデルでは、生命の起源をどう捉えられ るか?
  12. 12. 問4のヒント • 特に、赤円内に着目!(いわゆる主体の切替部分) 植物にも感 情があると の実験結果 より
  13. 13. 解 答 • 生命が、これまでの神に替わり生まれた!(→単細胞生物へ) 植物にも感 情があると の実験結果 より

×