Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

追試H28.3.3 神と人

355 views

Published on

4

Published in: Education
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

追試H28.3.3 神と人

  1. 1. 追試H28.3.3 神と人 タイバネティックスが導き出した最初のヒト ミケランジェロ「天地創造」より
  2. 2. 問1 • ( )の中に入る言葉は何か? • 物理学では、自然法則の中に現れる各物理定数が、求められて いる値とごくわずかでも(同じ or 異なる)値であれば、人間のよ うな知的生命や、あらゆる生命活動に必要なエネルギーを放出 している(太陽 or 惑星)はおろか、それらの物体を構成する原子 すら形成されなかったであろうと推測されている。
  3. 3. 解 答 • 物理学では、自然法則の中に現れる各物理定数が、求められて いる値とごくわずかでも異なる値であれば、人間のような知的 生命や、あらゆる生命活動に必要なエネルギーを放出している 太陽はおろか、それらの物体を構成する原子すら形成されな かったであろうと推測されている。
  4. 4. 問2 • ( )の中に入る言葉は何か? {人間原理, 物理定数, 人間} • ( )の値がごくわずかでも異なれば、目に見える物体は 何も形成されないような宇宙であり、多種多様な天体が存在す るような宇宙の姿ではありえなかった。 • しかし、人類が存在する宇宙における自然法則やその中に含ま れる物理定数は、( )のような高度な知的生命を生み出すた めに必要な条件を満たしている。このファイン・チューニング と呼ばれる状況に対して与える事が可能な一つの説明が( ) である。
  5. 5. 解 答 • 物理定数の値がごくわずかでも異なれば、目に見える物体は何 も形成されないような宇宙であり、多種多様な天体が存在する ような宇宙の姿ではありえなかった。 • しかし、人類が存在する宇宙における自然法則やその中に含ま れる物理定数は、人間のような高度な知的生命を生み出すため に必要な条件を満たしている。このファイン・チューニングと 呼ばれる状況に対して与える事が可能な一つの説明が人間原理 である。
  6. 6. 問3 • ( )の中に入る言葉は何か? ※旧約聖書創世記6日目より • 神はまた言われた、「(空・海・地)は生き物を種類にしたがって いだせ。家畜と、這うものと、(空・海・地)の獣とを種類にした がっていだせ」。そのようになった。神は見て、良しとされた。 • 神はまた言われた、「我がかたちに、かたどって人を造り、こ れに海の魚と、空の鳥と、家畜と、地のすべての獣と、地のす べての這うものとを治めさせよう」。 • 神は(自分・他人・獣)のかたちに人を創造された。
  7. 7. 解 答 • 神はまた言われた、「地は生き物を種類にしたがっていだせ。 家畜と、這うものと、地の獣とを種類にしたがっていだせ」。 そのようになった。神は見て、良しとされた。 • 神はまた言われた、「我がかたちにかたどって人を造り、これ に海の魚と、空の鳥と、家畜と、地のすべての獣と、地のすべ ての這うものとを治めさせよう」。 • 神は自分のかたちに人を創造された。 • こうして天と地と、その万象とが完成した。第7日に休まれた。
  8. 8. 問4 • タイバネティックスのモデルで “アダム”はどう表されるか?
  9. 9. 問4のヒント • 赤い円内に入る系は?
  10. 10. 解答(神は自分に似せて人を造った) • 6日目に造った動物とヒト→ヒト(アダム)→系的に神と対応
  11. 11. 問5 • 各普遍定数が微調整されて宇宙や生物、人間を存在させている のはなんのためか?
  12. 12. 解 答 • 各普遍定数が微調整されて宇宙や生物、人間を存在させている のはなんのためか? ・・・それは明確に分からないとしても、 • 宇宙は宇宙自身で、私たちの精神によって認識できる。 • つまり宇宙の中心は、コペルニクスの「地動説」が説く太陽で はなく、再び「天動説」の地球に戻り、いや・・・人間となる。 • 科学者たちはこれを「人間原理」と名付けている。

×