Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

遅刻可視化ツールの紹介

899 views

Published on

紹介記事: https://mizdra.hatenablog.com/entry/2018/03/15/003938
Dentoo.LT #19 で使用したスライドです.

Published in: Engineering
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

遅刻可視化ツールの紹介

  1. 1. 遅刻可視化ツールの紹介 in Dentoo.LT #19
  2. 2. 自己紹介 mizdra 2年I類CSプログラム 2018年度MMA部長 興味のあること JavaScript/TypeScript/Vue.js 乱数調整 2
  3. 3. 近状 3
  4. 4. 乱数調整に関する活動 乱数調整のためのタイマーを作ったらウケた 公開してからの3ヶ月間のアクセス 5000ユーザ 2.2万セッション 4
  5. 5. 5
  6. 6. 乱数調整に関する活動 Pokémon RNG Advent Calendar 2017 2016年同様, 2017年も開催 全日程埋まった 6
  7. 7. 7
  8. 8. 8
  9. 9. http://shinchokudodesuka.tumblr.com/post/122399366872 (そのうち書きます…) 9
  10. 10. 近状ここまで 10
  11. 11. 今回話すこと 11
  12. 12. 遅刻について 12
  13. 13. 様々な要因 電車の遅延 夜更かし 朝起きるのが苦手 僕もやります. だってにんげんだもの. 13
  14. 14. 今年度のMMA合宿LTにて 遅刻検知ツールを作成・発表した Googleロケーション履歴のデータを使ったもの 日付, 緯度, 経度の情報を元に, その日最初に大学の 敷地に入った時刻を検出 その時刻が授業開始時刻より遅れていれば遅刻 と判定 14
  15. 15. 遅刻検知ツールの問題点 CLIツール 授業開始時刻や大学の敷地情報をテキストベース で入力しないといけない 遅刻率などの出力もテキストベース 面倒だし分かりにくい 15
  16. 16. というわけで 16
  17. 17. 作った (https://slakoth.netlify.com) React製Webアプリケーション 機能 ロケーション履歴の読み込み 始業時間の追加/修正 通勤先/通学先の敷地をGoogle Mapsの図形ツー ルを用いて指定 遅刻をチャートで可視化 17
  18. 18. 到着の判定のイメージ(到着前) 18
  19. 19. 到着の判定のイメージ(到着後) 19
  20. 20. 補足: Googleロケーション履歴について スマホの位置情報を定期的にGoogleアカウントに 記録するサービス 活用例 検索結果の改善 通勤時の交通状況の自動予測 Google Timeline 履歴はダウンロードすることができる https://takeout.google.com/settings/takeout JSONもしくはKMLで取得可能 20
  21. 21. 補足: 履歴に含まれるデータ 日時, 緯度, 経度, 標高, 精度, etc... interface LocationHistory { locations: Location[]; } interface Location { timestampMs: string; // 日時 latitudeE7: number; // 緯度(度) * 1e7 longitudeE7: number; // 経度(度) * 1e7 velocity?: number; // 速度 heading?: number; // 進行方向 altitude: number; // 標高 activity?: Activity; // 活動(移動方法など) accuracy: number; // 精度 } 21
  22. 22. 実演 22
  23. 23. 良くない情報が映り込むので サンプルデータを使います 23
  24. 24. 良くない情報が映り込むので サンプルデータを使います 24
  25. 25. 用意する時間が無かったので 僕のロケーション履歴を使います 25
  26. 26. 実演 1. https://slakoth.netlify.com にアクセス 2. ロケーション履歴を読み込む にJSONを投げる 3. 始業時刻/授業開始時刻 を設定 4. 必要に応じて 始業時刻一覧 から時刻を修正 5. 通勤先/通学先の設定 で通勤先/通学先の領域を囲う 6. グラフを出力 で可視化 26
  27. 27. 応用 27
  28. 28. 電車の寝過ごし回数を調べられる 28
  29. 29. 帰路での最寄り駅の寝過ごし回数 29
  30. 30. まとめ 怠慢がわかって便利 30
  31. 31. まとめ 怠慢がわかって便利 Googleロケーション履歴を遅刻の可視化に活用し た Webで簡単に遅刻の振り返りができるようにした 遅刻はよくない 31

×