ノンプログラマのためのSelenium de DDTはじめの一歩

7,131 views

Published on

第1回 日本Seleniumユーザーコミュニティ勉強会 LT

0 Comments
4 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
7,131
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
5,109
Actions
Shares
0
Downloads
16
Comments
0
Likes
4
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

ノンプログラマのためのSelenium de DDTはじめの一歩

  1. 1. ノンプログラマのための Selenium de DDT はじめの一歩 Satsuki Urayama
  2. 2. うらやま さつき • 所属:テスト自動化研究会(STAR)、しなてす • 出没:WACATE おいしいものがあるところ • ノンプログラマ / テストやってます いわゆる協力会社メンバーです • 携わったシステム: 顧客管理(Java/web) 広告管理(web)、組込み、 証券取引(web) M
  3. 3. ノンプログラマの環境・制約 • 自動化は当たり前? • 自動化していきたい? 事情は いろいろ • 手動テスト全盛? • テストなのに開発ツール入れるの? • OSSツールの使用も承認制? • 工数は?効果は?? M
  4. 4. いつまで手でやってるの? 【このおはなしの対象】 • 自動化に挑戦したいマニュアルテスター • ちょっとした工夫で解決できることに 時間を割いている人に心当たりがある人
  5. 5. 自動化したいテストケース 【例】 • バリデーションチェック後に表示されるエラーメッセー ジの確認 • 登録情報によって変わる割引サービスの適用 • 購入金額による手数料の確認 刺身にたんぽぽ乗っけるようなテスト。
  6. 6. 例題 未入力の場合 0~100の半角数字以外を入力した場合 エラーメッセージが表示される
  7. 7. 例題:テストケース 【手順】 ①「順番」のテキストボックスに値を入力する (同時にテーマ名にも任意の文字列を入力する) ②「テーマの追加」ボタンを押す ③エラーメッセージが表示されることを確認する 項番 内容 入力値 1 エラーメッセージ 1 全角数字 順番は、0から100の範囲で入力してください。 2 範囲外の半角 101 数字 順番は、0から100の範囲で入力してください。 3 全角ひらがな あ 順番は、0から100の範囲で入力してください。 4 半角英字 A 順番は、0から100の範囲で入力してください。 5 htmlタグ <b>1</b> 順番は、0から100の範囲で入力してください。 6 記号 ; 順番は、0から100の範囲で入力してください。 7 未入力 未入力 順番を入力してください。
  8. 8. 項番 STEP1:記録する 内容 入力値 エラーメッセージ 1 全角数字 1 順番は、0から100の範囲で入力してく 2 範囲外の半角 数字 101 順番は、0から100の範囲で入力してく 3 全角ひらがな あ 順番は、0から100の範囲で入力してく 4 半角数字 A 順番は、0から100の範囲で入力してく 5 htmlタグ <b>a</b> 順番は、0から100の範囲で入力してく 6 記号 ; 順番は、0から100の範囲で入力してく 7 未入力 未入力 順番を入力してください。 値を変えただけの テストケースを作っていく
  9. 9. STEP2:値違いのケースを作る • テストケースとテストスイート(htmlファイル)を 出力するマクロを作成 ※某社H島さんのツールをインスパイアしました。ありがとうございました。
  10. 10. STEP3:実行する
  11. 11. ね、簡単でしょ? Very easy. M
  12. 12. データ駆動テスト(data driven testing) スクリプト作成技術の1つ。 テスト入力と期待結果をテーブルやスプレッド シートに格納し、1つの制御スクリプトでテーブ ル中の全テストを実行するもの。キャプチャ/プレ イバックツールのような、テスト実行ツールのア プリケーションで使うことが多い。 (JSTQB Glossaryより)
  13. 13. テスト自動化の3世代 レベル1 Linear Script Frameworks Data-driven Frameworks レベル2 レベル3 Functional Decomposition Frameworks Keyword-Driven Frameworks Model-based Framework TABOK Segment 2: Macroscopic Process Skills Skill Category 4: Test Automation Frameworks
  14. 14. あれもやりたい これもやりたい • 仕様を整理しないと • 文字列比較は曖昧でもいい • エビデンス残したい • 画面に表示された値を使いたい 遅延評価 学習 • 文字列の一部を取り出したい • 現在日付を使いたい • いろんなブラウザでテストしたい • 実施前に環境を初期化したい !! ! ! ! ! ! !! ! • 実施時間帯によって操作を変えたい • 無人の時間帯に実行したい などなど…… M
  15. 15. まず、やってみよう ご清聴ありがとうございました M

×