Successfully reported this slideshow.
Your SlideShare is downloading. ×

WACATE2019冬 ソフトウェアテスト業界でのステップアップを考えよう #wacate

Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Loading in …3
×

Check these out next

1 of 66 Ad

WACATE2019冬 ソフトウェアテスト業界でのステップアップを考えよう #wacate

Download to read offline

WACATE2019冬の2日目に講演した、「ソフトウェアテスト業界でのステップアップを考えよう」の公開資料です。当日実施した演習については抜いてあります。

WACATE2019冬の2日目に講演した、「ソフトウェアテスト業界でのステップアップを考えよう」の公開資料です。当日実施した演習については抜いてあります。

Advertisement
Advertisement

More Related Content

Slideshows for you (20)

Similar to WACATE2019冬 ソフトウェアテスト業界でのステップアップを考えよう #wacate (20)

Advertisement

Recently uploaded (20)

Advertisement

WACATE2019冬 ソフトウェアテスト業界でのステップアップを考えよう #wacate

  1. 1. ソフトウェアテスト業界での ステップアップを考えよう WACATE実⾏委員 朱峰 錦司
  2. 2. マイヤーズの三⾓形問題 ■ 3つの整数を⼊⼒として受け付ける。 ■ これら3値を各辺の⻑さとする三⾓形の構成を試みる。 ■ 結果、以下のいずれに該当するかを判定する。 – 正三⾓形 – ⼆等辺三⾓形 – 不等辺三⾓形 – 三⾓形を構成できない 2019/12/15 WACATE 2019 冬 2
  3. 3. マイヤーズの三⾓形問題のテストケース ■ はじめて解く⼈向け – この問題の判定関数の機能が正しく動作するかを テストするためのテストケースを10件以上 挙げてみましょう。 ■ 過去に解いたことがある⼈向け – このプログラムがユーザに配布・提供・利⽤される 形式も含め想定し、様々な観点からテストケースを 15件以上挙げてみましょう。 2019/12/15 WACATE 2019 冬 3
  4. 4. 宿題 ■ はじめて解く⼈向け – 書籍の購⼊、もしくは、グーグル検索を駆使して、 本問題の解答例(14件)を調査し、各⾃で 答え合わせをしてください。 2019/12/15 WACATE 2019 冬 4
  5. 5. その他の観点の例 ■ 機種依存⽂字の⼊⼒時の挙動 ■ 巨⼤バイナリデータ送付時の挙動 ■ ⼊⼒フォームの使いやすさ ■ ⼤⼈数での同時利⽤時のパフォーマンス …etc 2019/12/15 WACATE 2019 冬 5
  6. 6. 本⽇のゴール ■ 何事も⾔語化をしようとする意識づけをする。 ■ 現在のソフトウェアテストスキル、業務内容を 棚下ろすきっかけを作る。 ■ 今後のソフトウェアテスト領域でのスキルアップの⽅ 向性を考えるきっかけを作る。 ■ ⾃分の周りの⼈のスキルアップをサポートしようとい う気持ちになる。 2019/12/15 WACATE 2019 冬 6
  7. 7. ⾃⼰紹介 ■ 朱峰錦司(あけみねきんぢ)@kjstylepp ■ 本業@みかかデータ – 2009〜2014︓全社のソフトウェアテストプロセス策定 と実案件での効率化⽀援 – 2014〜︓アジャイル開発、デジタルトランスフォーメ ションのための⽅法論策定、実案件での実践⽀援 ■ 趣味 – WACATE実⾏委員 2019/12/15 WACATE 2019 冬 7
  8. 8. ⾃⼰紹介 ■ 2011冬、2012冬、2013夏にWACATE参加 ■ 2013冬よりWACATE実⾏委員 – 2013冬︓状態遷移テスト, 論⽂書こうぜ – 2014夏︓ゆもつよメソッド – 2014冬︓モデル検査 – 2015冬︓ISO29119 – 2016夏︓テスト分析演習お題作成 – 2016冬︓SWEBOK, SQuBOK, PMBOK – 2017夏︓ICST参加報告 – 2017冬︓論⽂書こうぜ – 2018夏︓テスト分析演習お題作成 – 2018冬︓ASTERセミナーテキスト,Agile Testing Days参加報告 – 2019夏︓テスト分析演習お題作成 2019/12/15 WACATE 2019 冬 8
  9. 9. ⾃⼰紹介 2019/12/15 WACATE 2019 冬 9
  10. 10. お品書き 1. スキルアップのためのプロセス 2. 品質とテスト 3. テストの技術領域 4. スキルアップのためのアクション まとめ 2019/12/15 WACATE 2019 冬 10
  11. 11. スキルアップ のためのプロセス 2019/12/15 WACATE 2019 冬 11 #1
  12. 12. 1.1 プロセス 2019/12/15 WACATE 2019 冬 12 知識領域の 拡⼤ ⽬標の設定 と補正 ⽬標への ⾏動
  13. 13. 1.2 今⽇やること 2019/12/15 WACATE 2019 冬 13 知識領域の 拡⼤ ⽬標の設定 と補正 ⽬標への ⾏動 ①ソフトウェアテストに関する 知識領域のベースを構築する ③知識領域拡⼤のための 具体的な⼿⽴ての例を⽰す ②⽬標設定の練習をする ④⾏動の具体的な例を⽰す
  14. 14. 品質とテスト 2019/12/15 WACATE 2019 冬 14 #2
  15. 15. 2.1 品質とは ■ ISO/IEC 25010:2011 / JIS X 25010:2013 における定義 ■ システムの品質は,システムが様々な利害関係者 の明⽰的ニーズ及び暗黙のニーズを満⾜している 度合いであり,それによって価値を提供する。 2019/12/15 WACATE 2019 冬 15
  16. 16. 2.2 テストとは ■ ISTQBテスト技術者資格制度 Foundation Level シラバス ⽇本語版 Version 2011.J02 における定義 ■ 全てのライフサイクルを通じて実施する静的、動 的なプロセスにおいて、成果物が特定の要件を満 ⾜するかを判定し、⽬的に合致することを実証し、 ⽋陥を⾒つけるため、ソフトウェアプロダクトや 関連成果物に対し、計画、準備、評価をすること。 2019/12/15 WACATE 2019 冬 16 古いです
  17. 17. 2.2 テストとは ■ 全てのライフサイクルを通じて実施する静的、動的なプロセスにおいて、 成果物が特定の要件を満⾜するかを判定し、⽬的に合致することを実証し、 ⽋陥を⾒つけるため、ソフトウェアプロダクトや関連成果物に対し、計画、 準備、評価をすること。 2019/12/15 WACATE 2019 冬 17 計画 準備 評価 • ソフトウェアプロダクトを • 関連成果物を • 特定の要件を満⾜するかを判定 • ⽬的に合致することを実証 • ⽋陥を⾒つける • 静的に • 動的に Why What How
  18. 18. 2.3 品質とテスト ■ テストだけで、全ての品質をカバーできない。 ■ プロジェクト計画時に、どの品質をテストで カバーするかを計画しなければならない。 – テストでカバーできないものは、設計の作り込みや レビュー等で対処しなければならない。 2019/12/15 WACATE 2019 冬 18
  19. 19. テストの技術領域 2019/12/15 WACATE 2019 冬 19 #3
  20. 20. 知識領域の 拡⼤ ⽬標の設定 と補正 ⽬標への ⾏動 ①ソフトウェアテストに関する 知識領域のベースを構築する ③知識領域拡⼤のための 具体的な⼿⽴ての例を⽰す ②⽬標設定の練習をする ④⾏動の具体的な例を⽰す 知識領域の 拡⼤ ①ソフトウェアテストに関する 知識領域のベースを構築する 2019/12/15 WACATE 2019 冬 20 ⽬標の設定 と補正 ②⽬標設定の練習をする
  21. 21. 3.1 テストの全体像 2019/12/15 WACATE 2019 冬 21 ■ テスト技術を整理するうえで有⽤な3つの軸 1. テストレベル 2. テストタイプ 3. テストプロセス
  22. 22. 3.2 テストレベル 2019/12/15 WACATE 2019 冬 22 要件定義 外部設計 内部設計 実装 コンポーネント テスト 結合テスト システムテスト 受⼊テスト
  23. 23. 3.2 テストレベル ■ テストレベルを規定する要素の例 – テスト対象は何か︖ ■ 2つのカバレッジ – コンポーネントカバレッジ – シナリオカバレッジ ■ 環境 – テストベースは何か︖ 2019/12/15 WACATE 2019 冬 23
  24. 24. 3.2 テストレベル 2019/12/15 WACATE 2019 冬 24 ■ 既成のテストレベルの名称を借りることで 思考停⽌しないように注意。 – 「E2Eテスト」って何︖問題 ■ 常に⾃分たちのテストレベルを具体的に ⾔語化しよう。
  25. 25. 3.3 テストタイプ 2019/12/15 WACATE 2019 冬 25 機能テスト ⾮機能テスト ホワイト ボックス テスト 変更部分のテスト ブラックボックステスト
  26. 26. 3.3 テストタイプ 2019/12/15 WACATE 2019 冬 26 利⽤時の品質 有効性 効率性 満⾜性 リスク 回避性 利⽤状況 網羅性 製品品質 性能 効率性 互換性 使⽤性 信頼性 機能 適合性 セキュ リティ 保守性 移植性
  27. 27. 3.3 テストタイプ ■ 規格は整理・体系⽴て⽤途としては便利。 ■ ただし、テスト実務の際は、あまり規格などに こだわりすぎないように。 – 具体的でチーム内の共通認識が 持てる⾔葉で定義しよう。 2019/12/15 WACATE 2019 冬 27
  28. 28. 3.4 テストプロセス 2019/12/15 WACATE 2019 冬 28 終 了 作 業 評 価 ・ レ ポ ト テ ス ト 実 ⾏ テ ス ト 実 装 テ ス ト 設 計 テ ス ト 分 析 テ ス ト 計 画 モニタリング・コントロール
  29. 29. 3.4 テストプロセス 2019/12/15 WACATE 2019 冬 29 テ ス ト ア キ テ ク チ 設 計 全 体 テ ス ト 計 画 全 体 終 了 作 業 全 体 評 価 ・ レ ポ ト 全体モニタリング・コントロール
  30. 30. 3.4 テストプロセス ■ 暗黙知によって省略されているプロセスが あるかどうかを意識しよう。 – 全社標準のテストアーキテクチャがある – 都度効率を考えてテストケース実⾏順を決めている 2019/12/15 WACATE 2019 冬 30
  31. 31. 3.5 様々なテスト技術に関するロール ■ テストレベルカット – そもそも開発がメインだがテストもやっている – 特定のテストレベルのみを担当 – 発注の⽴場として受⼊テストのみを担当 2019/12/15 WACATE 2019 冬 31
  32. 32. 3.5 様々なテスト技術に関するロール ■ テストタイプカット – 機能テストメイン – パフォーマンステスト専⾨ – セキュリティ専⾨ 2019/12/15 WACATE 2019 冬 32
  33. 33. 3.5 様々なテスト技術に関するロール ■ テストプロセスカット – テストマネージャー – テストアーキテクト – テスト分析〜テスト実⾏まで – テスト実⾏のみ 2019/12/15 WACATE 2019 冬 33
  34. 34. 3.5 様々なテスト技術に関するロール ■ その他 – テスト⾃動化システムを開発している。 – 会社のテストプロセス、品質保証標準プロセスを 策定している。 – テスト技術の教育をしている。 2019/12/15 WACATE 2019 冬 34
  35. 35. 3.6 テスト「エンジニア」 ■ テストコードを実装するのがテストエンジニア︖ ■ テスト設計技法を使うのがテストエンジニア︖ 2019/12/15 WACATE 2019 冬 35
  36. 36. 3.6 テスト「エンジニア」 ■ テストのエンジニアリングの要素 – ⾔語化 ■ モデリングを含む – UML : unified modeling language – 再現性 ■ みんながテストエンジニアである必要はあるか︖ – すごく腕のいいテスターの存在は超ありがたい – テスターとテストエンジニアでタッグを組めるのが 理想的な世界かもしれない 2019/12/15 WACATE 2019 冬 36
  37. 37. スキルアップのための アクション 2019/12/15 WACATE 2019 冬 37 #4
  38. 38. 知識領域の 拡⼤ ⽬標の設定 と補正 ⽬標への ⾏動 ①ソフトウェアテストに関する 知識領域のベースを構築する ③知識領域拡⼤のための 具体的な⼿⽴ての例を⽰す ②⽬標設定の練習をする ④⾏動の具体的な例を⽰す 知識領域の 拡⼤ ③知識領域拡⼤のための 具体的な⼿⽴ての例を⽰す 2019/12/15 WACATE 2019 冬 38
  39. 39. 4.1 知識領域を広げる 2019/12/15 WACATE 2019 冬 39 道具や武器 業務上の 問題や課題 知識 引き出し
  40. 40. 4.2 道具や武器の⼊⼿ ■ 勉学あるのみ︕ 2019/12/15 WACATE 2019 冬 40
  41. 41. 4.2 道具や武器の⼊⼿ ■ ASTERセミナー標準テキスト – JSTQB Foundation Levelの内容 ■ 章構成もFLシラバスと同様 – ひとりで学習する分にはシラバスと同等 – みんなで学習、後進を育成する際に、 スライド教材として効⼒を発揮
  42. 42. 4.2 道具や武器の⼊⼿ ■ JSTQBシラバス – 定番中の定番 – 読んでいないやつはもぐり ■ 過激派の意⾒ – FL -> AL
  43. 43. 4.2 道具や武器の⼊⼿ ■ Amazonで「ソフトウェアテスト」で検索︕ – よほど評価の低いやつ以外はどれも良書 ■ そんなに数はないので、最終的には全て読破︕ – 過激派の意⾒ ■ そんな中から本⽇はいくつかピックアップ
  44. 44. 4.2 道具や武器の⼊⼿ ■ はじめて学ぶソフトウェアのテスト技法 – 定番中の定番 – Kindleがある
  45. 45. 4.2 道具や武器の⼊⼿ ■ ソフトウェアテスト技法ドリル – 技法といったらこれ – ⽇本発 ■ わりと簡単に著者に会える︖︕ – 定期的に勉強会も発⾜
  46. 46. 4.2 道具や武器の⼊⼿ ■ ソフトウェア品質知識体系ガイド – いわゆる辞書 – 参考⽂献の宝庫
  47. 47. 4.2 道具や武器の⼊⼿ ■ ソフトウェア教科書 JSTQB Foundation – JSTQB FL受けるならこれ – 意外と100点は難しい︖︕
  48. 48. 4.2 道具や武器の⼊⼿ ■ ひとりでの勉学はつらい… ■ そんなときは知⼈やWACATEで出会った仲間と 読書会や勉強会を企画しよう︕
  49. 49. 4.3 問題解決のヒント ■ 取り組み発表、紹介を扱うイベントに⾏こう︕ – 気軽にライトなものに⾏くもよし – 査読プロセスを通った硬派なものもよし
  50. 50. 4.3 問題解決のヒント ■ WACATE ■ connpassで「ソフトウェアテスト」で検索︕ – NaITE – Web Service QA Meeting – Ques – D3 …etc
  51. 51. 4.3 問題解決のヒント ■ JaSST – 東京 ■ レビュー – 地⽅ ■ 北海道 ■ 東北 ■ 新潟 ■ 北陸 ■ 東海 ■ 関⻄ ■ 四国 ■ 九州
  52. 52. 4.3 問題解決のヒント ■ ソフトウェア品質シンポジウム = SQiPシンポジウム ■ テスト設計コンテスト – 各地予選 – 東京本戦 ■ システムテスト⾃動化カンファレンス
  53. 53. 4.4 ⼈⽣を変える出会い ■ ふと⾜を運んだイベントに、神や化け物のような ⼈たちがいっぱいいる。 ■ ロールモデルと出会う。 ■ ロールモデルとまではいかないまでも、こういう 活動をしている⼈もいるんだ、と知⾒を広げる。 2019/12/15 WACATE 2019 冬 53
  54. 54. 4.5 バランスよく ■ 「⽬的意識も持たないで…」という⼈もいるけど、 とりあえず勉強する、も決して悪くない。 ■ ⼀⽅、勉強過多になって、問題解決と結びつける ⽅がおろそかになるのも危ない。 2019/12/15 WACATE 2019 冬 54
  55. 55. 知識領域の 拡⼤ ⽬標の設定 と補正 ⽬標への ⾏動 ①ソフトウェアテストに関する 知識領域のベースを構築する ③知識領域拡⼤のための 具体的な⼿⽴ての例を⽰す ②⽬標設定の練習をする ④⾏動の具体的な例を⽰す ⽬標への ⾏動 ④⾏動の具体的な例を⽰す 2019/12/15 WACATE 2019 冬 55
  56. 56. 4.6 よきタイミングで棚卸しをしよう ■ ⾃分のスキルや取り組みを棚下ろす・振り返る ことで、効果的に次の⼀歩につながる。 ■ 資格取得 ■ 発表 – 社内 – 対外 2019/12/15 WACATE 2019 冬 56
  57. 57. 4.7 資格をとろう ■ JSTQB – いわずもがな ■ JCSQE – 初級︓SQuBOK頭に叩き込めばいける – 中級︓わりとむずかしい 2019/12/15 WACATE 2019 冬 57
  58. 58. 4.8 発表をしよう ■ ⾃分の取り組みを体系⽴てられる – どんな問題を解決したのか︖ – 何が効いたのか、何は効かなかったのか︖ ■ 客観的なフィードバックを得られる – 参加者からのコメント – 査読コメント ■ 査読に落ちた場合は、まだまだなんだと 反省して次に繋げる。 2019/12/15 WACATE 2019 冬 58
  59. 59. 4.9 戦略的に ■ 最初から事例発表をするつもりチャレンジ – 仮説は何︖ – 効果はどうやって検証する︖ ■ アウトプットよりアウトカム ■ 発表過多にご注意 2019/12/15 WACATE 2019 冬 59
  60. 60. one more thing 2019/12/15 WACATE 2019 冬 60 知識領域の 拡⼤ ⽬標の設定 と補正 ⽬標への ⾏動 業界貢献を通して、⾃分や他の ⼈のループを加速させる。
  61. 61. 4.10 業界貢献 ■ ⾃分や仲間でイベントを企画する。 – 次のセッションを乞うご期待 ■ 既存イベントの運営委員を担当する。 2019/12/15 WACATE 2019 冬 61
  62. 62. まとめ 2019/12/15 WACATE 2019 冬 62
  63. 63. [再掲] 本⽇のゴール ■ 何事も⾔語化をしようとする意識づけをする。 ■ 現在のソフトウェアテストスキル、業務内容を 棚下ろすきっかけを作る。 ■ 今後のソフトウェアテスト領域でのスキルアップの⽅ 向性を考えるきっかけを作る。 ■ ⾃分の周りの⼈のスキルアップをサポートしようとい う気持ちになる。 2019/12/15 WACATE 2019 冬 63
  64. 64. [再掲] 今⽇やったこと 2019/12/15 WACATE 2019 冬 64 知識領域の 拡⼤ ⽬標の設定 と補正 ⽬標への ⾏動 ①ソフトウェアテストに関する 知識領域のベースを構築する ③知識領域拡⼤のための 具体的な⼿⽴ての例を⽰す ②⽬標設定の練習をする ④⾏動の具体的な例を⽰す
  65. 65. いい修⾏場所 ありますよ :) 2019/12/15 WACATE 2019 冬 65
  66. 66. Join WACATE!

×