Successfully reported this slideshow.
Your SlideShare is downloading. ×

コープこうべU 31代表

More Related Content

Slideshows for you

Related Books

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

Related Audiobooks

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

コープこうべU 31代表

  1. 1. コ ー プ こ う べ U - 3 1 代 表 チ ー ム KOBE IDEA HACK
  2. 2. 問題意識  人口の減少について  日本全体の人口が減っている中で、神戸市の人口が減 少するのは、悪いことではない。縮小する人口に対して、 まち・サービスもリサイズして対応していくことが大事。  ただし、人口減少によって、リサイズ化に対応できず、困 ることがある。
  3. 3. 取り組みテーマ  例えば・・・  経済競争力が低下する  空き家が増える  公的サービスの維持が難しい  教育格差  コミュニティーの担い手がいない など
  4. 4. 取り組みテーマ  コミュニティーの担い手がいないとどうなるか・・・  ゴミ収集所の管理をする人がいない  隣人と関わらなくなる  一人暮らしのお年寄りの無事が確認できない  清掃活動が無くなる  相互扶助が出来ない  コミュニケーションをとる場所が無くなる  地域の方向性が決められない  個人同士の喧嘩の解決が難しい
  5. 5. 解決方法 「コミュニティーの担い手がいない」という課題について 若者 × IT 担い手が全くいない訳ではない。 若者が地域のコミュニティーに参加しにくのはなぜか。 仕事が忙しく、自治会議への参加が難しい 自分に関心のある情報が得られない
  6. 6. 若者も自治活動に参加できる形 回覧板の電子化≪SNS≫  会議に参加(コメント・投票)  子育て世代に必要な情報(保育園の空き状況・子連れで入 れるカフェ)も掲載できる  地域のイベント情報 考え方⇒ 今存在しない仕組みをつくる (若者の人口は減少しているが、0人ではない。 若者が参加できない原因に手を打つ)  検討事項 お年寄りへのSNS普及

×