Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

2020年1月25日 AITCシニア成果発表会(3) 新鮮組

129 views

Published on

文字が見えにくいので、再アップロードしました。
https://www.slideshare.net/aitc_jp/2020125-aitc3-230785081

<<AITCシニア技術者勉強会>>
チーム名:新鮮組
概要:冷蔵庫内の情報を更新

Published in: Internet
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

2020年1月25日 AITCシニア成果発表会(3) 新鮮組

  1. 1. 新鮮組 新商品 『わすれま鮮』 Produced by 井上雅典(Inoue Masanori) 外川秀人(Togawa Hideto) 堀部壮彦(Horibe Takehiko) 安原亮甫(Yasuhara Ryosuke)
  2. 2. こんなこと、よくありませんか? また納豆 腐らせた… 何買えば 良いんだった かしら…
  3. 3. 『わすれま鮮』が解決します! いつも使うなんやかんやを 自動で管理。 もう『わすれま鮮』!!
  4. 4. デモ 嬉し 恥ずかし お客様感謝デー
  5. 5. ある中年男性の帰宅途中。 スマホが震える。 「何か買わなければいけないもの、あったかな・・・・。(わすれません送って)」 男は徐に行きつけのスーパー、イ⃝ンへ向かう。 「今日はお客様感謝デー。5%OFF。買わなきゃいけないもの、他にあったよう な・・・」 (20代の時はこんなもの見なくても覚えていたのになぁ、、、) 「やれやれ」 スマホでブラウザ開き、買わなければいけないものをチェックする。
  6. 6. 家に着くと男はキッチンに買い物した荷物をおき、その中からトマトを手に取った。 「おっ、しまう前に相棒にチェックしてもらわないと」 キッチン脇の『わすれま鮮』にトマトを見せる。 「なかなか良いトマトが買えたよ」 気のせいか、相棒も納得したように見えた。
  7. 7. 「あなた、しまい忘れてるわよ!!」 キッチンにコーラが一本。 『わすれま鮮』にバーコードを見せる。 「うん、覚えておくよ!!」 相棒がやさしく頷いた。
  8. 8. 『わすれま鮮』ができるまで š 2019/6/18 アイデアソンで産声をあげる
  9. 9. 『わすれま鮮』ができるまで š 2019/7/13 「欲しいもの」を探しに旅にでる
  10. 10. 『わすれま鮮』ができるまで š 2019/8/10 おおよその流れができあがる
  11. 11. 『わすれま鮮』ができるまで š 2019/9/14 分担、設計がきまり開発スタート 『わすれま鮮』ができるまで š 2019/9/14 分担、設計がきまり開発スタート
  12. 12. 『わすれま鮮』ができるまで š 2019/10,11,12 ひたすら実装,、、、
  13. 13. 『わすれま鮮』の中身 ハードウェア RaspberryPi 3B+、 ラズパイカメラ(高機動型) ソフトウェアスタック š Webフレームワーク ・・・Python Flask š DB ・・・SQLite š 品目の判別 ・・・OpenCV & Tensorflow(EdgeTPU) š バーコード読み取り ・・・OpenCV & Zbar š 音声認識 ・・・Julius
  14. 14. 感想 š 堀部 チームで取り組むことで、ラズパイでかなり完成度の高いプロダクトを作ることができ ました。 ただ、完成度を高めるには商品のカテゴリーとその賞味期限の『精緻なデータ』が必要 なことを痛感。 『ラズパイの可能性』と『データの価値』を感じられた取り組みになりました。 š 戸川 第一にメンバーに恵まれました。プロジェクトの運び方、技術、たくさんの学びがあり ました。 面白いプロダクトが作れたのも、皆さまのおかげです。 アイデアが形になっていくのはエンジニアとしての喜びです。 とっても楽しかったです。
  15. 15. 感想 š 井上 IoTに興味があり、シニア勉強会に参加させていただきました。担当機能ではOpenCV やZBar等、色々な知識を習得できました。 また、分からない事や色々な知識がグループ内で共有され、楽しく作業を進めることが 出来ました。 š 安原 チームメンバーでアイデアを出し合い、それを形にしていくのは面白かった。 自分では実現できないと思ったことでも、チーム内でほかの方法が出てくることでプロ ダクトがより良くなっていくのがとても刺激的であり、また、自分のアイデアを取り入 れてもらえるのは嬉しかった。 技術についても、チームでプロダクトを作っていく方法についても、得るものがたくさ んあり、とても楽しかったです。
  16. 16. 完 Thanks ! We are Shinsengumi!! 井上雅典(Inoue Masanori) 外川秀人(Togawa Hideto) 堀部壮彦(Horibe Takehiko) 安原亮甫(Yasuhara Ryosuke) Thanks for SUPER SUPPORT 荒本道隆(Aramoto Michitaka) トマト判別器提供!

×