Successfully reported this slideshow.
Your SlideShare is downloading. ×

2020年1月25日 AITCシニア成果発表会(2) あとちょっと

Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad

Check these out next

1 of 13 Ad
Advertisement

More Related Content

More from aitc_jp (20)

Recently uploaded (20)

Advertisement

2020年1月25日 AITCシニア成果発表会(2) あとちょっと

  1. 1. あとちょっと 〜使おうと思ったら、なかったを防ぐ〜 2020/01/25 あとちょっと メンバー 大越 豊 木曽野 友寛
  2. 2. プロジェクトの目的 •使いたいときに、使えないを解決する • たとえば • お醤油を使いたいのに、醤油入れに入ってない • 頭を洗いたいのに、シャンプーがない • 無くなる前に教えて欲しいとは思いませんか?
  3. 3. 無くなる前に教えてほしい。 •センサによる、無くなるの認識 •通信による、無くなるを通知
  4. 4. 超音波によるシステム構成 •問題の対象を絞り、醤油が無いを解決する。 •距離を計測して底に近くなると警告する。
  5. 5. システム構成 - センサ部 •液体の場合は、光学センサは制御が難しい。 •今回は超音波センサを使う。DFRobot URM09 Ultrasonic Sensor •インターフェイスはI2Cにより制御する。 •2cm to 500cmの距離が計測可能 •解像度は1cm
  6. 6. システム構成 - 本体制御 •M5Stack Cを使う • バッテリー駆動が可能 • I2C接続が可能 • 加速度センサが付いている •センサの制御 •加速度センサの制御 •残量判定処理
  7. 7. センサを接続する
  8. 8. 開発環境 •Visual Studio Code + PlatformIO + ESP32 Arduino Library • コンパイルが早いので助かる • コード補完がきくので助かる
  9. 9. あとちょっとの判定 •センサから液面までの距離>7cm以上であれば、残りがないとする。 •Gyro X値>0.8となる状態から、2秒以内は距離を更新しない。
  10. 10. 重さ判定 ・圧力センサーを使い容器に入っている水の量を判定する。 ・残りが少ないときにLEDで知らせる。
  11. 11. 感想 •少人数チームはやることが多くて大変。 •後半は海外出張が増えて全然手をつけられなかった。
  12. 12. 感想 前回はお父さんの助けをたくさん借りていたが、今回は結構自分で 作った。 中学校に入って急がしくなり何回か参加できなかった。
  13. 13. ご静聴ありがとうございました

×