SlideShare a Scribd company logo
1 of 11
Download to read offline
ロボコンで電波を安全に
使用するときに必要なこと
コンテンツ
■ 電波とは
■ 電波法を守りつつ使うために大事なこと
■ 通信を安定させるためにできること
■ ロボコンで使用できる主な周波数・製品の特徴
電波とは
■ 周波数が3THz以下の電磁波の総称
■ 電波は電気と波の両方の性質を持っている
電気的性質:金属などの導電体に吸収される
波の性質:反射、屈折、回折が起きる
電波とは
■ 周波数の違いによる性質
周波数が高い:直進性良、一度に送信できるデータ量大、回折性悪
周波数が低い:回折性良、直進性悪、一度に送信できるデータ小
■ 同じ周波数で伝送速度の違いによる性質
伝送速度が速い:時間単位で送れるデータ量大、通信距離が短くなる
伝送速度が遅い:時間単位で送れるデータ量小、通信距離が長い
電波法を守りつつ使うために
大事なこと
■ 次の4点に気を付ける
認証が取れているかはまず総務省のHPより検索可能
http://www.tele.soumu.go.jp/giteki/SearchServlet?pageID=js01
通信を安定させるためにできること
■ 一般的な棒状のアンテナは軸方向に対しての出力が弱いため、
アンテナの側面同士が向き合うようにする
通信を安定させるためにできること
■ 送信アンテナの近くに金属部品を取り付けない
■ 受信アンテナのアンテナ線は金属に触れさせない
■ 受信機本体をアンテナやモータから遠ざける
■ アンテナを2本使用して通信する場合はアンテナが直交するように配置する
ロボコンで使用できる周波数・製品
の特徴
■ Wi-Fiモジュール、Bluetoothモジュール、Zigbeeモジュール
メリット:使用するときに参考できる情報が多い
安価に入手できる
デメリット:2.4GHz帯はたいてい混んでる
Wi-Fiは妨害されやすいし、妨害しやすい
5GHz帯は5.6GHz帯のチャネル使用時に接続に時間がかかる
5.6GHz帯は衛星電波との干渉を考慮する必要がある。
ロボコンで使用できる周波数・製品
の特徴
■ 920MHz帯無線モジュール
メリット:2.4GHz帯よりは使用頻度が少ない
2.4GHz帯の次に情報が多い
大会によっては協賛企業製のモジュールが安価で購入できる
デメリット:法的に連続での通信ができない
(1時間あたりの通信時間ルール、もしくは4秒に1回、50msの休止時間が発
生する)
情報が2.4GHzより少ない
920MHz帯を使用している無線コントローラが既製品で存在しない
ロボコンで使用できる周波数・製品
の特徴
■ ラジコンプロポ(20、40、72MHz)
メリット:この周波数帯はラジコンのみにしか使用できないため、
他では使用していない
デメリット:現在生産しているメーカーがいない
使用できるch数(スイッチ、レバー数)が決まってしまう。
高額
■ ラジコンプロポ(2.4GHz)
メリット:2.4GHz帯モジュールより通信の安定性が良い。
デメリット:使用できるch数(スイッチ、レバー数)が決まってしまう。
高額
終わりに
■ ここで書いたことは読む時間を考慮して基礎の部分です。
■ 質問がある際は下記Twitterアカウントまで
https://twitter.com/_amayiak

More Related Content

What's hot

[PyConJP2019]Pythonで切り開く新しい農業
[PyConJP2019]Pythonで切り開く新しい農業[PyConJP2019]Pythonで切り開く新しい農業
[PyConJP2019]Pythonで切り開く新しい農業Makoto Koike
 
2015年度GPGPU実践プログラミング 第12回 偏微分方程式の差分計算
2015年度GPGPU実践プログラミング 第12回 偏微分方程式の差分計算2015年度GPGPU実践プログラミング 第12回 偏微分方程式の差分計算
2015年度GPGPU実践プログラミング 第12回 偏微分方程式の差分計算智啓 出川
 
Kaggleのテクニック
KaggleのテクニックKaggleのテクニック
KaggleのテクニックYasunori Ozaki
 
ZytleBot: ROSベースの自律移動ロボットへのFPGAの統合に向けて
ZytleBot: ROSベースの自律移動ロボットへのFPGAの統合に向けてZytleBot: ROSベースの自律移動ロボットへのFPGAの統合に向けて
ZytleBot: ROSベースの自律移動ロボットへのFPGAの統合に向けてHideki Takase
 
TokyoR101_BeginnersSession2.pdf
TokyoR101_BeginnersSession2.pdfTokyoR101_BeginnersSession2.pdf
TokyoR101_BeginnersSession2.pdfkotora_0507
 
QGIS初級編2018
QGIS初級編2018QGIS初級編2018
QGIS初級編2018Jyun Tanaka
 
Factorization machines with r
Factorization machines with rFactorization machines with r
Factorization machines with rShota Yasui
 
リンク機構を有するロボットをGazeboで動かす
リンク機構を有するロボットをGazeboで動かすリンク機構を有するロボットをGazeboで動かす
リンク機構を有するロボットをGazeboで動かすtomohiro kuwano
 
ETAP - Arc flash analysis done Right
ETAP - Arc flash analysis done RightETAP - Arc flash analysis done Right
ETAP - Arc flash analysis done RightHimmelstern
 
CUDAのアセンブリ言語基礎のまとめ PTXとSASSの概説
CUDAのアセンブリ言語基礎のまとめ PTXとSASSの概説CUDAのアセンブリ言語基礎のまとめ PTXとSASSの概説
CUDAのアセンブリ言語基礎のまとめ PTXとSASSの概説Takateru Yamagishi
 
大規模な組合せ最適化問題に対する発見的解法
大規模な組合せ最適化問題に対する発見的解法大規模な組合せ最適化問題に対する発見的解法
大規模な組合せ最適化問題に対する発見的解法Shunji Umetani
 
Word2vecの並列実行時の学習速度の改善
Word2vecの並列実行時の学習速度の改善Word2vecの並列実行時の学習速度の改善
Word2vecの並列実行時の学習速度の改善Naoaki Okazaki
 
2015年度GPGPU実践プログラミング 第4回 GPUでの並列プログラミング(ベクトル和,移動平均,差分法)
2015年度GPGPU実践プログラミング 第4回 GPUでの並列プログラミング(ベクトル和,移動平均,差分法)2015年度GPGPU実践プログラミング 第4回 GPUでの並列プログラミング(ベクトル和,移動平均,差分法)
2015年度GPGPU実践プログラミング 第4回 GPUでの並列プログラミング(ベクトル和,移動平均,差分法)智啓 出川
 
フォトグラメトってリダクションしてアセット化した話
フォトグラメトってリダクションしてアセット化した話フォトグラメトってリダクションしてアセット化した話
フォトグラメトってリダクションしてアセット化した話Takuya Kishikawa
 
ros_whillとROS2対応(ROS勉強会第28回LT大会)
ros_whillとROS2対応(ROS勉強会第28回LT大会)ros_whillとROS2対応(ROS勉強会第28回LT大会)
ros_whillとROS2対応(ROS勉強会第28回LT大会)Seiya Shimizu
 
NEDO特別講座 ロボット共通プラットフォーム講習会 (1)
NEDO特別講座 ロボット共通プラットフォーム講習会 (1)NEDO特別講座 ロボット共通プラットフォーム講習会 (1)
NEDO特別講座 ロボット共通プラットフォーム講習会 (1)NoriakiAndo
 

What's hot (20)

半導体製造(TinyTapeout)に挑戦しよう!
半導体製造(TinyTapeout)に挑戦しよう!半導体製造(TinyTapeout)に挑戦しよう!
半導体製造(TinyTapeout)に挑戦しよう!
 
[PyConJP2019]Pythonで切り開く新しい農業
[PyConJP2019]Pythonで切り開く新しい農業[PyConJP2019]Pythonで切り開く新しい農業
[PyConJP2019]Pythonで切り開く新しい農業
 
Rosserial stm32
Rosserial stm32Rosserial stm32
Rosserial stm32
 
2015年度GPGPU実践プログラミング 第12回 偏微分方程式の差分計算
2015年度GPGPU実践プログラミング 第12回 偏微分方程式の差分計算2015年度GPGPU実践プログラミング 第12回 偏微分方程式の差分計算
2015年度GPGPU実践プログラミング 第12回 偏微分方程式の差分計算
 
Kaggleのテクニック
KaggleのテクニックKaggleのテクニック
Kaggleのテクニック
 
ZytleBot: ROSベースの自律移動ロボットへのFPGAの統合に向けて
ZytleBot: ROSベースの自律移動ロボットへのFPGAの統合に向けてZytleBot: ROSベースの自律移動ロボットへのFPGAの統合に向けて
ZytleBot: ROSベースの自律移動ロボットへのFPGAの統合に向けて
 
TokyoR101_BeginnersSession2.pdf
TokyoR101_BeginnersSession2.pdfTokyoR101_BeginnersSession2.pdf
TokyoR101_BeginnersSession2.pdf
 
QGIS初級編2018
QGIS初級編2018QGIS初級編2018
QGIS初級編2018
 
Factorization machines with r
Factorization machines with rFactorization machines with r
Factorization machines with r
 
リンク機構を有するロボットをGazeboで動かす
リンク機構を有するロボットをGazeboで動かすリンク機構を有するロボットをGazeboで動かす
リンク機構を有するロボットをGazeboで動かす
 
ETAP - Arc flash analysis done Right
ETAP - Arc flash analysis done RightETAP - Arc flash analysis done Right
ETAP - Arc flash analysis done Right
 
CUDAのアセンブリ言語基礎のまとめ PTXとSASSの概説
CUDAのアセンブリ言語基礎のまとめ PTXとSASSの概説CUDAのアセンブリ言語基礎のまとめ PTXとSASSの概説
CUDAのアセンブリ言語基礎のまとめ PTXとSASSの概説
 
大規模な組合せ最適化問題に対する発見的解法
大規模な組合せ最適化問題に対する発見的解法大規模な組合せ最適化問題に対する発見的解法
大規模な組合せ最適化問題に対する発見的解法
 
Word2vecの並列実行時の学習速度の改善
Word2vecの並列実行時の学習速度の改善Word2vecの並列実行時の学習速度の改善
Word2vecの並列実行時の学習速度の改善
 
劣微分
劣微分劣微分
劣微分
 
20180424 orb slam
20180424 orb slam20180424 orb slam
20180424 orb slam
 
2015年度GPGPU実践プログラミング 第4回 GPUでの並列プログラミング(ベクトル和,移動平均,差分法)
2015年度GPGPU実践プログラミング 第4回 GPUでの並列プログラミング(ベクトル和,移動平均,差分法)2015年度GPGPU実践プログラミング 第4回 GPUでの並列プログラミング(ベクトル和,移動平均,差分法)
2015年度GPGPU実践プログラミング 第4回 GPUでの並列プログラミング(ベクトル和,移動平均,差分法)
 
フォトグラメトってリダクションしてアセット化した話
フォトグラメトってリダクションしてアセット化した話フォトグラメトってリダクションしてアセット化した話
フォトグラメトってリダクションしてアセット化した話
 
ros_whillとROS2対応(ROS勉強会第28回LT大会)
ros_whillとROS2対応(ROS勉強会第28回LT大会)ros_whillとROS2対応(ROS勉強会第28回LT大会)
ros_whillとROS2対応(ROS勉強会第28回LT大会)
 
NEDO特別講座 ロボット共通プラットフォーム講習会 (1)
NEDO特別講座 ロボット共通プラットフォーム講習会 (1)NEDO特別講座 ロボット共通プラットフォーム講習会 (1)
NEDO特別講座 ロボット共通プラットフォーム講習会 (1)
 

ロボコンにおける電波を安全に使用するときに必要なこと