Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

CDN Study in http2study by bata

4,823 views

Published on

2018年4月13日に開催されたCDN Study in http2studyのAkamai 塲田の発表です。
https://http2study.connpass.com/event/81469/

Akamai 岡本の発表は以下。
https://speakerdeck.com/hokamoto/past-present-and-futures-of-cdn-at-cdn-study-http2study

Akamai Tech Summit
日時:2018/6/21(木)10:00~18:00
場所:Akamai Technologies 東京オフィス (京橋)
レジストレーションサイト:4/27オープン予定

  • Be the first to comment

CDN Study in http2study by bata

  1. 1. CDN Study in http2study アカマイ・テクノロジーズ合同会社 2018.04.13
  2. 2. ©2018 AKAMAI | FASTER FORWARDTM 自己紹介 塲田 隼也(ばた としや) アカマイ・テクノロジーズ合同会社 シニア・ソリューション・アーキテクト http2study歴 2012年頃からちょいちょい参加してました 休日の過ごし方 • 旅に出る! → 一泊できるのであれば、海外旅行。 • 犬と散歩!
  3. 3. ©2018 AKAMAI | FASTER FORWARDTM 本日の発表内容は原則として発表者の個人的見解に基づいており、 当社としての将来 的な経営戦略、技術戦略、営業方針を正式に表明するものではありません
  4. 4. ©2018 AKAMAI | FASTER FORWARDTM Agenda CDNベンダによる標準化への参加 HTTP/2 & QUIC & TLS 1.3
  5. 5. ©2018 AKAMAI | FASTER FORWARDTM CDNベンダによる標準化への参加
  6. 6. ©2018 AKAMAI | FASTER FORWARDTM Akamaiによる標準化への参加 目的  CDN事業者は、ブラウザと共有言語で話せる必要がある  CDN事業者は、ブラウザに新しいプロトコルを導入してもらえないと意味がない → 様々なサービス事業者から数多くのユーザに配信しているという幅広い視点を活かし、 ワーキンググループに知見を提供しています 参加状況  HTTP/2 Chairmanがアカマイ社員(当時)だった  QUIC Editorとしてアカマイ社員が参加している  TLS1.3 OpenSSL Software Foundationに出資し、TLS1.3サポートを加速させている Akamaiでは、コンテンツ配信の知見を活かすため、社員をIETF等の ワーキンググループに派遣するなど、標準化に貢献しています!
  7. 7. ©2018 AKAMAI | FASTER FORWARDTM QUIC & HTTP/2 & TLS 1.3
  8. 8. ©2018 AKAMAI | FASTER FORWARDTM AkamaiにおけるHTTP/2 HTTP/2は、Akamai製品においてデフォルトで有効となります また、Akamai独自のアルゴリズムでできたServer Pushなども利用可能です HTTP/2の利用 アカマイ サーバ Web サーバ ユーザ HTTP/2 HTTP1.1 • お客様Webサーバに手を加えることなく HTTP/2対応が可能となる • クリック1つでHTTP/2化が実現できる HTTP/2のオプション機能 以下の機能をオプションとして利用可能 • Server Push アカマイサーバよりリソースをプッシュする • Pre-connect 事前に他リソース取得のために接続を確立する • Resource Optimizer アカマイサーバでリソースをBrotli圧縮して配信する
  9. 9. ©2018 AKAMAI | FASTER FORWARDTM AkamaiにおけるHTTP/2 (Server Push) Real User Monitor (RUM)を利用した独自アルゴリズムで、cssとjsを対象として効率的 なServer Push機能を提供しています(2018/04現在) Real User Monitoringとは RUMを使ったServer Push 以下のステップでServer Push対象のリソースを決定します アカマイ サーバ アカマイ サーバ 測定用jsを付与したhtmlを返却 htmlページを要求 beacon情報を送信 • html返却時、アカマイサーバにて測定用 jsを付与して返却する • それで得られたbeacon情報を集計し、 実際のユーザ体験を可視化している サンプリング フィルタリング 順番の最適化 Server Push対象のリソース決定
  10. 10. ©2018 AKAMAI | FASTER FORWARDTM AkamaiにおけるHTTP/2 (Piez) ChromeへのAdd-on「Piez」を使用することで、アカマイの機能(画像最適化、Server Push、Pre-connect、Resource Optimizer)の効果を確認できます
  11. 11. ©2018 AKAMAI | FASTER FORWARDTM AkamaiにおけるHTTP/2 (Demo) Pre-connect対象 Server Push対象
  12. 12. ©2018 AKAMAI | FASTER FORWARDTM AkamaiにおけるQUIC Akamaiプラットフォームにおいて、Media Accelerationとして、ダウンロードやス トリーミング配信で6月1日より使用可能となります AkamaiプラットフォームでQUICを利用するためには、 • メディア製品をご契約されていること • *.akamaized.net、*.akamaihd.netで配信すること • 設定において、Media Accelerationを有効にすること が必要となります ※ただし、他プロダクトでも使用可能なケースがあります QUICの利用 アカマイ サーバ Web サーバ ユーザ QUIC HTTP1.1 • お客様Webサーバに手を加えることなく QUIC対応が可能 • クリック1つでQUIC配信が可能 QUICご利用の条件
  13. 13. ©2018 AKAMAI | FASTER FORWARDTM AkamaiにおけるQUIC (効果測定) HLS動画ファイルを取得するのに要した時間の合計は、HTTP1.1と比較して約 半分となり、高速化が確認されました HTTP1.1を利用した時のWaterfall Media Accelrationを有効にした時のWaterfall HLS動画ファイル10個を取得するのに要した時間 46.53 sec 23.98 sec 約半分に高速化!
  14. 14. ©2018 AKAMAI | FASTER FORWARDTM AkamaiにおけるTLS 1.3 Draft21もしくは23に対応したopensslを利用すれば、Akamaiプラットフォームと TLS 1.3で接続することが現時点でも可能です IETFでの標準化が完了すると、以下のようにAkamaiプラットフォームの設定が変更され、Akamaiを ご利用のすべてのお客様がTLS 1.3を利用できる状態になります IETFでの標準化完了前 IETFでの標準化完了後 Akamaiプラットフォームの デフォルトTLSバージョン TLSv1.0-v1.2 TLSv1.0-v1.3 デフォルトCipherProfile TLS 1.3対応の Cipher Profile TLS 1.3対応の Cipher Profile ※Cipher ProfileがTLS 1.3対応のものになっていない場合は、Profileの変更が必要となります
  15. 15. ©2018 AKAMAI | FASTER FORWARDTM AkamaiにおけるTLS1.3 (Demo) # LD_LIBRARY_PATH=./ ./apps/openssl s_client -connect h2test.bata.tokyo:443 --tls1_3 CONNECTED(00000003) (中略) --- New, TLSv1.3, Cipher is TLS13-AES-256-GCM-SHA384 Server public key is 2048 bit Secure Renegotiation IS NOT supported Compression: NONE Expansion: NONE No ALPN negotiated Early data was not sent SSL-Session: Protocol : TLSv1.3 Cipher : TLS13-AES-256-GCM-SHA384 Session-ID: Session-ID-ctx: Master-Key: B6CF6B4BAD211749228DE62206CB224C8F245B0A932CA8F70906828BC6058BBD9AC91E12F7EB022A5C430615A95FEB68 PSK identity: None PSK identity hint: None SRP username: None Start Time: 1523690447 Timeout : 7200 (sec) Verify return code: 20 (unable to get local issuer certificate) Extended master secret: no --- read R BLOCK Openslによるテスト Openslテスト時のパケットキャプチャ
  16. 16. ©2018 AKAMAI | FASTER FORWARDTM Akamai Tech Summit 日時:2018/6/21(木)10:00~18:00 場所:Akamai Technologies 東京オフィス (京橋) レジストレーションサイト:4/27オープン予定
  17. 17. ©2018 AKAMAI | FASTER FORWARDTM

×