Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
ひとつでも多くのコンテンツを、ひとりでも多くの人へ
Media Do Confidential
11月8日 メディアドゥフォーラム
電子図書館を活用した多文化サービス
ひとつでも多くのコンテンツを、ひとりでも多くの人へ
Media Do Confidential
本日のフォーラム
1.登壇者ご紹介
2.メディアドゥと電子図書館事業について
3. Rakuten OverDrive電子図書館の特徴
4.浜松市立...
ひとつでも多くのコンテンツを、ひとりでも多くの人へ
Media Do Confidential
本日の登壇者
■Rakuten OverDrive電子図書館の特徴
■浜松市立中央図書館との
多文化サービス取組
■多文化サービスに関するコメント
...
ひとつでも多くのコンテンツを、ひとりでも多くの人へ
Media Do Confidential
当社について
電子図書館事業のご紹介2
1
ひとつでも多くのコンテンツを、ひとりでも多くの人へ
Media Do Confidential
ミッション
当社について1
ひとつでも多くのコンテンツを、ひとりでも多くの人に届けること。
私たちメディアドゥは、著作物を公正利用のもと、私たちの力...
ひとつでも多くのコンテンツを、ひとりでも多くの人へ
Media Do Confidential
当社について1
「電子書籍取次」は、ニーズが高まってきた2006年頃にスタート。市場拡大とともに、出版社の煩雑な業務
の担い手として定着。その後、取...
ひとつでも多くのコンテンツを、ひとりでも多くの人へ
Media Do Confidential
メディアドゥグループについて
当社について1
メディアドゥ
出版デジタル機構
Media Do International
アルトラエンタテインメン...
ひとつでも多くのコンテンツを、ひとりでも多くの人へ
Media Do Confidential
当社について1
会社概要
:株式会社メディアドゥホールディングス ( MEDIA DO HOLDINGS Co.,LTD. )
:1999年4月
:...
ひとつでも多くのコンテンツを、ひとりでも多くの人へ
Media Do Confidential
当社について
電子図書館事業のご紹介2
1
ひとつでも多くのコンテンツを、ひとりでも多くの人へ
Media Do Confidential
10
米国の公共図書館の90%以上が導入
世界70ヶ国
38,000館
公共・学校図書館
出版社
5,000以上
提供コンテンツ
330万以上
10...
ひとつでも多くのコンテンツを、ひとりでも多くの人へ
Media Do Confidential
楽天株式会社 OverDrive事業
日本代表 田島由美子
講演
Rakuten OverDriveとは
米国の図書館の90%以上が導入する電子図書館サービス
世界70ヶ国
38,000館
公共・学校図書館
出版社
5,000以上
提供コンテンツ
330万以上
100言語以上
※日本への提供は約160万コンテ...
3社での推進活動
楽天・Rakuten OverDrive ・メディアドゥは
3社で協力して国内電子図書館の推進に努めています
サービス概要
紙の書籍を借りる図書館の利用シーンを
インターネット上でそのまま実現
本を探す 閲覧
予約
自動返却
在庫あり
在庫なし
貸出可能を自動通知
期限が来ると
ネット接続環境の
全端末に対応
① パソコンルームや多目的ルームを設置
多くの地域住民が集まる図書館に
② 子ども向けエリアを設置
③ 他の施設とのコラボレーションエリアを設置
電子図書館のメリット①
スペースの
有効活用例
電子図書館は24時間どこにいても利用可能
電子図書館のメリット②
閉館後や、年末年始、蔵書点検による休館日にもサービスを提供できる
遠方に住んでいるなど図書館への来訪が困難な方へもサービスを提供できる
いつでも だれでもどこでも
地域住民なら
英語学習の機会を作りグローバルな人材を育成
Audiobook Read-Along
文字 ナレーションイラスト
①ナレーションにあわせてテキストが
ハイライトされる
②ナレーションの速さや音量の調節が可能
③一時停止や、戻って聴き直すことが可...
地域の歴史や広報物を多くの住民に知ってもらう
電子図書館のメリット④
・劣化が激しい地域資料
・貴重な地域資料
・市町村の広報資料
アップロードする資料の例
・地域住民の作品
スマートフォン上で住民へリーチ可能に
電子図書館のメリット⑤
選書・購入サイト 電子図書館サイト
電子図書館を運営するための
司書向けの仕組み
Marketplace
その他、利用分析に役立つレポート機能もあります
Digital Library Reserve
便利に電子図書館を利用するための
利用者向...
① おすすめコンテンツ(洋書/和書)の提案
② 新着コンテンツの案内
③ 電子図書館サイトTOPページの特集案の提案 など
選書システム
弊社による選書サポート
・約20種類のレポート機能
・選書効率化機能
・25項目以上の詳細検索機能
電子図...
選書システム
講談社/文藝春秋/銀の鈴社/主婦と
生活社/朝倉書店/インプレス/PHP
研究所/旺文社/集英社/学研プラス
/平凡社/東洋経済新報社/マイナビ
出版 など80社以上
作品数:約26,000冊* 作品数:約160万冊
Hachette Book...
多言語対応
100ヵ国語を超えるコンテンツと、多言語対応したウェブサイト
英語 中国語
スペイン語 ポルトガル語
タガログ語
外国語の取り扱い作品例
1. 英語
2. スペイン語
3. 中国語(繁体字)
4. 中国語(簡体字)
5. イタリア語...
英語学習に適したタイトル例
英語習得に有効とされる多読に適した洋書を多数
レーベル例
Scholastic ReaderStep into ReadingReady-to-Reads
DK Readers Penguin Young Reade...
英語学習に適したタイトル例
Ron Roy, John Steven Gurney,
A to Z Mystery Series,
Random House Children's Books
Beatrix Potter, Beatrix Po...
英語学習に適したタイトル例
Roald Dahl, Quentin,
Chairlie and the Chocolate Works,
Black & White Publishing
E. B. White, Garth Williams,...
導入実績
龍ケ崎市立中央図書館潮来市立図書館 近畿大学中央図書館
まんのう町立図書館
福井大学附属図書館
熊谷市立図書館
天塩町社会福祉会館図書室
矢巾町図書センター
清泉インターナショナル
Rakuten Digital Library
VI...
日本の事例:矢巾町図書センター(やはぱーく)
2017年8月26日より岩手県矢巾町で電子図書館の提供開始
電子書籍と紙の本を使った読み聞かせの様子
各メディアで取り上げられています
・岩手日報
・盛岡タイムス
・読売新聞(岩手版)
日本の事例:矢巾町図書センター(やはぱーく)
和書の絵本とRead-Alongを併用することで
本物の英語に触れる機会を提供
他国の事例:北米
移民に向けた英語教育を図書館と学校・職業訓練所が連携推進
他国の事例:北米
図書館で英語教室を定期的に開催し教育機関の一翼を担う
他国の事例:北米
子供むけのコーナーを本館の電子図書館とは別に開設。
英語習熟度の低い住民にむけた英語学習の機会を提供。
他国の事例:韓国
英語に特化した図書館を電子図書館で開設
Busan English Library
楽天の多文化への取り組み
英語公用語化と70ヶ国を超える多国籍の社員
833
Apr 2017
楽天の多文化への取り組み
多国籍社員による多様な選書と積極的な利用促進
楽天として貢献したいこと
• 読書時間の増加
• 電子図書館普及の加速
• 多文化、英語教育の強化
ご清聴ありがとうございました
浜松市立中央図書館
館長 鈴木正仁様
講演
浜松市立中央図書館
館長 鈴木 正仁
浜松市の紹介と概要
2015
ゆるキャラ® グランプリ
ノーベル物理学賞
天野浩さん
スーパーカミオカンデの
浜松ホトニクス
1人あたりの
蔵書数
3.1冊
政令市2位
人口80万の静岡県西部の政令指定都市
“ものづくりのまち”として発展
世界的な企業、スズキ、ヤマハ、ホンダを育んだまち
スーパーカミオカンデの浜松ホトニクスも…
平成17年に12市町村合併!
面...
NHK大河ドラマ「女城主直虎」
現在放映中の
大河ドラマ
舞台は浜松市!
井伊直政は
徳川四天王の
一人
見てね!!
浜松市の在留外国人の推移
浜松市の国籍別・在留資格別内訳
浜松市多文化共生都市ビジョン
計画期間:2013年度~2017年度
◆未来を担う子どもたちの教育
◆安全・安心な暮らしのための防災
◆多様性を生かしたまちづくり
1.日本人市民と外国人市民がともに構築する地域【協働】
2.多様性を都市の活力の源...
 未来を担う子供たちの教育
 外国人の子どもの不就学ゼロ作戦事業
 外国につながる若者の学び直し教室
 安全・安心な暮らしのための防災
 災害時多言語支援センター協定締結
 自治会と連携した多文化防災訓練
 多様性を生かしたまちづ...
浜松市立図書館の
これまでの多文化サービス
通訳付き
ブックスタート
多言語資料の
充実
外国人住民へ
の図書館紹介
日本語学習
支援資料の充実
いろいろな国の
ことばの
おはなし会
多言語館内表示
多言語パンフレット
 ポルトガル語の図書館案内ビデオ
 出張フィリピン大使館でのブックスタートと読み聞かせ
…図書館で待つだけでなく該当者が集まる場所へ出向いた
事業も展開
 在浜松ブラジル総領事館との連携
…ブラジルの児童書を中心に、多数寄贈をいただきまし...
電子図書と多文化サービス
 電子図書で浜松市はなにを目指すのか?
 多文化サービスのハードル
 ➜言語の問題
 ➜資料の選定・収集
 ➜書誌の登録
より多くの人が使える図書館へ!
協定締結の目的
 楽天:外国人の多い都市へのグローバル化の支援
×
 浜松市:電子図書による多文化サービスの研究
連携協力
思いが合致
期待される効果
 多文化サービスの充実
 貸出サービスの利便性の向上(来館困難者への配慮)
 語学学習への対応(オーディオブック・リードアロング)
浜松市のグローバル社会の実現(多文化共生)
日本人・外国人への公平なサービスの提供
浜松市の電子図書のスケジュール
 H29年11月1日 楽天㈱と連携協定締結
(2年間楽天と連携協力)
 H30年 2月~ 電子図書システム提供予定
 H31年11月~ 検証し、本格導入を検討
浜松市立図書館の進むべき方向性
浜松市
図書館ビジョン
(策定中)
ありがとうございました
多文化サービスに
関するコメント
湯浅 俊彦
立命館大学文学部
2017年11月8日
電子図書館を活用した多文化サービス
(主催:メディアドゥ)
• 地域の情報拠点としての公共図書館は地域
住民にとって重要なアクセスポイント。
• 紙媒体だけでなく、オンライン資料やネッ
トワーク系情報資源を利用者に提供するこ
とはデジタル・ネットワーク社会において
は必須。
• ちょうど「障害者サービス...
• 多文化サービスとは、日本語を母語としな
い外国人を対象に、その知る自由、読む権
利、学ぶ権利を資料・情報の提供によって
保障していくための図書館活動。
• 日本の図書館における多文化サービスは決
して積極的に行われているとはいえない現
状。...
2.公共図書館における電子書籍貸出サービス
に関する調査
「電子書籍サービス
導入図書館」と在留
外国人の居住分布
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

-メディアドゥフォーラム資料- 電子図書館を活用した多文化サービス(図書館総合展2017)

111 views

Published on

日時・会場:
2017年11月8日(水) パシフィコ横浜

登壇者:
・浜松市立中央図書館館長 鈴木正仁氏
・立命館大学文学部教授 湯浅俊彦氏
・楽天株式会社 OverDrive事業日本代表 田島由美子氏

OverDrive Japan
ホームページ: http://overdrivejapan.jp/
フェイスブック: https://www.facebook.com/OverDriveJapan/

Published in: Services
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

-メディアドゥフォーラム資料- 電子図書館を活用した多文化サービス(図書館総合展2017)

  1. 1. ひとつでも多くのコンテンツを、ひとりでも多くの人へ Media Do Confidential 11月8日 メディアドゥフォーラム 電子図書館を活用した多文化サービス
  2. 2. ひとつでも多くのコンテンツを、ひとりでも多くの人へ Media Do Confidential 本日のフォーラム 1.登壇者ご紹介 2.メディアドゥと電子図書館事業について 3. Rakuten OverDrive電子図書館の特徴 4.浜松市立中央図書館との多文化サービス取組 5.多文化サービスに関するコメント 6.質疑応答
  3. 3. ひとつでも多くのコンテンツを、ひとりでも多くの人へ Media Do Confidential 本日の登壇者 ■Rakuten OverDrive電子図書館の特徴 ■浜松市立中央図書館との 多文化サービス取組 ■多文化サービスに関するコメント 楽天株式会社 OverDrive事業 日本代表 田島由美子 浜松市立中央図書館 館長 鈴木正仁 立命館大学文学部 教授 湯浅俊彦
  4. 4. ひとつでも多くのコンテンツを、ひとりでも多くの人へ Media Do Confidential 当社について 電子図書館事業のご紹介2 1
  5. 5. ひとつでも多くのコンテンツを、ひとりでも多くの人へ Media Do Confidential ミッション 当社について1 ひとつでも多くのコンテンツを、ひとりでも多くの人に届けること。 私たちメディアドゥは、著作物を公正利用のもと、私たちの力で出来る限り広く頒布し著作者に収益を還元 するという“著作物の健全なる創造サイクルの実現”を事業理念と掲げ、この日本における文化の発展、及び 豊かな社会づくりに貢献したいと考えています。 著作物の利用と 保護の調和 著作物は文化の 発展に寄与 著作物の健全な デジタル流通 著作権法 第一章 総則 第一節 通則 第一条 この法律は、著作物並びに実演、レコード、放送及び有線放送に関し著作者の権利及びこれに隣接する権利を定め、これらの文化的 所産の公正な利用に留意しつつ、著作者等の権利の保護を図り、もつて文化の発展に寄与することを目的とする。
  6. 6. ひとつでも多くのコンテンツを、ひとりでも多くの人へ Media Do Confidential 当社について1 「電子書籍取次」は、ニーズが高まってきた2006年頃にスタート。市場拡大とともに、出版社の煩雑な業務 の担い手として定着。その後、取次の利用が主流となり流通シェアは年々上昇しています。 当社の事業ポジション 電子書籍の取次 電子書籍の流通事業 利 用 者 作 者 出 版 社 電 子 書 店
  7. 7. ひとつでも多くのコンテンツを、ひとりでも多くの人へ Media Do Confidential メディアドゥグループについて 当社について1 メディアドゥ 出版デジタル機構 Media Do International アルトラエンタテインメント メディアドゥテック徳島 フライヤー マンガ新聞 Lunascape 創 作 支 援 販 促 支 援 情 報 提 供 当社グループは、電子書籍事業領域において「流通」の最大化を目指し、「創作」「販売」を支援する事 業を展開するとともに、「読書」を加速するための情報やサービスの提供を推進しています。
  8. 8. ひとつでも多くのコンテンツを、ひとりでも多くの人へ Media Do Confidential 当社について1 会社概要 :株式会社メディアドゥホールディングス ( MEDIA DO HOLDINGS Co.,LTD. ) :1999年4月 :9億1,887万円(2017年8月末日現在) :東京証券取引所 市場第一部 :3678 :代表取締役社長 藤田 恭嗣 取締役 溝口 敦 取締役 山本 治 取締役 鈴木 克征 取締役 森 秀樹 取締役 駿田 和彦(社外取締役/独立役員) 取締役 榎 啓一(社外取締役/独立役員) 常勤監査役 大和田 和惠 監査役 森藤 利明(社外監査役/独立役員) 監査役 高山 健(社外監査役/独立役員) 監査役 椎名 毅(社外監査役/独立役員) :東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル5F(竹橋) :愛知県名古屋市中区丸の内3-5-10 名古屋丸の内平和ビル9F :株式会社メディアドゥ、株式会社出版デジタル機構、Media Do International,.Inc.(米国サンディエゴ)、株式会社フライヤー 株式会社マンガ新聞、アルトラエンタテインメント株式会社、Lunascape株式会社、株式会社メディアドゥテック徳島、 :LINE Book Distribution株式会社、株式会社インターネット総合研究所、株式会社エーアイスクエア、株式会社リブリカ 商 号 設 立 資 本 金 上 場 取 引 所 証 券 コ ー ド 代 表 者 本 社 名 古 屋 オ フ ィ ス 子 会 社 関 連 会 社
  9. 9. ひとつでも多くのコンテンツを、ひとりでも多くの人へ Media Do Confidential 当社について 電子図書館事業のご紹介2 1
  10. 10. ひとつでも多くのコンテンツを、ひとりでも多くの人へ Media Do Confidential 10 米国の公共図書館の90%以上が導入 世界70ヶ国 38,000館 公共・学校図書館 出版社 5,000以上 提供コンテンツ 330万以上 100言語以上 × 電子書籍の取次 電子図書館サービス世界最大手 電子書籍の流通事業 利 用 者 作 者 出 版 社 メディアドゥと楽天グループ OverDrive社との業務提携により、日本国内で推進している電子図書館事業 電 子 書 店 2 電子図書館事業のご紹介 世界シェアNo.1! 電子図書館プラットフォーム
  11. 11. ひとつでも多くのコンテンツを、ひとりでも多くの人へ Media Do Confidential 楽天株式会社 OverDrive事業 日本代表 田島由美子 講演
  12. 12. Rakuten OverDriveとは 米国の図書館の90%以上が導入する電子図書館サービス 世界70ヶ国 38,000館 公共・学校図書館 出版社 5,000以上 提供コンテンツ 330万以上 100言語以上 ※日本への提供は約160万コンテンツ
  13. 13. 3社での推進活動 楽天・Rakuten OverDrive ・メディアドゥは 3社で協力して国内電子図書館の推進に努めています
  14. 14. サービス概要 紙の書籍を借りる図書館の利用シーンを インターネット上でそのまま実現 本を探す 閲覧 予約 自動返却 在庫あり 在庫なし 貸出可能を自動通知 期限が来ると ネット接続環境の 全端末に対応
  15. 15. ① パソコンルームや多目的ルームを設置 多くの地域住民が集まる図書館に ② 子ども向けエリアを設置 ③ 他の施設とのコラボレーションエリアを設置 電子図書館のメリット① スペースの 有効活用例
  16. 16. 電子図書館は24時間どこにいても利用可能 電子図書館のメリット② 閉館後や、年末年始、蔵書点検による休館日にもサービスを提供できる 遠方に住んでいるなど図書館への来訪が困難な方へもサービスを提供できる いつでも だれでもどこでも 地域住民なら
  17. 17. 英語学習の機会を作りグローバルな人材を育成 Audiobook Read-Along 文字 ナレーションイラスト ①ナレーションにあわせてテキストが ハイライトされる ②ナレーションの速さや音量の調節が可能 ③一時停止や、戻って聴き直すことが可能 ナレーション 特長 ③50,000作品以上の取り扱い ②ナレーションの速さや音量の調節が可能 ①ネイティブな発音のナレーションで 通学やスポーツ中でも読書ができる 電子図書館のメリット③ 特長
  18. 18. 地域の歴史や広報物を多くの住民に知ってもらう 電子図書館のメリット④ ・劣化が激しい地域資料 ・貴重な地域資料 ・市町村の広報資料 アップロードする資料の例 ・地域住民の作品
  19. 19. スマートフォン上で住民へリーチ可能に 電子図書館のメリット⑤
  20. 20. 選書・購入サイト 電子図書館サイト 電子図書館を運営するための 司書向けの仕組み Marketplace その他、利用分析に役立つレポート機能もあります Digital Library Reserve 便利に電子図書館を利用するための 利用者向けの仕組み 探す 借りる 読む 返す 基本的な操作はたったの4ステップ 探す カートに入れる 購入 電子図書館ソリューション 探す 借りる 読む 返す
  21. 21. ① おすすめコンテンツ(洋書/和書)の提案 ② 新着コンテンツの案内 ③ 電子図書館サイトTOPページの特集案の提案 など 選書システム 弊社による選書サポート ・約20種類のレポート機能 ・選書効率化機能 ・25項目以上の詳細検索機能 電子図書館運営のパートナーとして弊社が図書館員のお仕事をバックアップさせていただきます。 CSV形式でデータを出力することも可能です。 新着書籍を自動でカートに入れるなど便利な選書機能があります。 タイトルや出版社検索はもちろん、価格や配信日ごとの検索も可能です。
  22. 22. 選書システム
  23. 23. 講談社/文藝春秋/銀の鈴社/主婦と 生活社/朝倉書店/インプレス/PHP 研究所/旺文社/集英社/学研プラス /平凡社/東洋経済新報社/マイナビ 出版 など80社以上 作品数:約26,000冊* 作品数:約160万冊 Hachette Book Group/HarperCollins/Harlequin Penguin Random House/Simon and Schuster Wiley/Macmillan Publishers/Blackstone Disney Digital Books/Marvel/Lonely Planet など *内 約11,000冊を無料で提供可能 青空文庫 配信中の作品 国内出版社 海外出版社 ©Penguin Random House ©Random House, Inc. ©ABC-CLIO ©BOOM! Studios 米国BIG 5(五大出版社)の作品あり New York Timesに掲載されたベストセラー作品 80%取り扱いあり(2016年12月時点)
  24. 24. 多言語対応 100ヵ国語を超えるコンテンツと、多言語対応したウェブサイト 英語 中国語 スペイン語 ポルトガル語 タガログ語 外国語の取り扱い作品例 1. 英語 2. スペイン語 3. 中国語(繁体字) 4. 中国語(簡体字) 5. イタリア語 6. スウェーデン語 7. ドイツ語 8. デンマーク語 9. ロシア語、 10.フランス語 11.アラビア語、 12.フィンランド語 13.ヘブライ語 14.マオリ語 15.マレー語 電子図書館ウェブサイト対応外国語
  25. 25. 英語学習に適したタイトル例 英語習得に有効とされる多読に適した洋書を多数 レーベル例 Scholastic ReaderStep into ReadingReady-to-Reads DK Readers Penguin Young ReadersI Can Read! Pre-Level 1~Level 4 My First, Level 1~Level 4 Level 1~Level 4 Pre-Level 1~Level 3 Step 1~Step 5 Level 1~Level 4 ※近日中にOxford Bookworms Library追加予定
  26. 26. 英語学習に適したタイトル例 Ron Roy, John Steven Gurney, A to Z Mystery Series, Random House Children's Books Beatrix Potter, Beatrix Potter Series, Penguin Books Ltd H. A. Rey, Curious George, Houghton Mifflin Harcourt Kate McMullan, Bill Basso, Stephen Gilpin, Dragon Slayers' Academy Series, Penguin Young Readers Group J.K. Rowling, Harry Potter Series, Pottermore Megan McDonald, Peter H. Reynolds, Judy Moody Series, Candlewick Press Mary Pope Osborne, Sal Murdocca, Magic Tree House, Random House Children's Books Tove Jansson, Moomintroll Series, Penguin Books Ltd Marjorie Weinman Sharmat, Marc Simont, Nate the Great Series, Random House Children's Books Darren Shan, The Saga of Darren Shan, HarperCollins Publishers シリーズ例
  27. 27. 英語学習に適したタイトル例 Roald Dahl, Quentin, Chairlie and the Chocolate Works, Black & White Publishing E. B. White, Garth Williams, Charlotte's Web, HarperCollins Publishers Ruth Stiles Gannett, Ruth Chrisman Gannett, My Father's Dragon, Dover Publications J. M. Barrie, Peter Pan, Duke Classics Leo Lionni, Swimmy, Random House Children's Books Dr. Seuss, The Cat in the Hat, Random House Children's Books Antoine de Saint-Exupéry, Richard Howard, The Little Prince, Houghton Mifflin Harcourt L. Frank Baum, The Wonderful Wizard of Oz, Duke Classics ほか作品例
  28. 28. 導入実績 龍ケ崎市立中央図書館潮来市立図書館 近畿大学中央図書館 まんのう町立図書館 福井大学附属図書館 熊谷市立図書館 天塩町社会福祉会館図書室 矢巾町図書センター 清泉インターナショナル Rakuten Digital Library VIAX Digital Library 公共図書館 学校図書館 企業図書館
  29. 29. 日本の事例:矢巾町図書センター(やはぱーく) 2017年8月26日より岩手県矢巾町で電子図書館の提供開始 電子書籍と紙の本を使った読み聞かせの様子 各メディアで取り上げられています ・岩手日報 ・盛岡タイムス ・読売新聞(岩手版)
  30. 30. 日本の事例:矢巾町図書センター(やはぱーく) 和書の絵本とRead-Alongを併用することで 本物の英語に触れる機会を提供
  31. 31. 他国の事例:北米 移民に向けた英語教育を図書館と学校・職業訓練所が連携推進
  32. 32. 他国の事例:北米 図書館で英語教室を定期的に開催し教育機関の一翼を担う
  33. 33. 他国の事例:北米 子供むけのコーナーを本館の電子図書館とは別に開設。 英語習熟度の低い住民にむけた英語学習の機会を提供。
  34. 34. 他国の事例:韓国 英語に特化した図書館を電子図書館で開設 Busan English Library
  35. 35. 楽天の多文化への取り組み 英語公用語化と70ヶ国を超える多国籍の社員 833 Apr 2017
  36. 36. 楽天の多文化への取り組み 多国籍社員による多様な選書と積極的な利用促進
  37. 37. 楽天として貢献したいこと • 読書時間の増加 • 電子図書館普及の加速 • 多文化、英語教育の強化
  38. 38. ご清聴ありがとうございました
  39. 39. 浜松市立中央図書館 館長 鈴木正仁様 講演
  40. 40. 浜松市立中央図書館 館長 鈴木 正仁
  41. 41. 浜松市の紹介と概要 2015 ゆるキャラ® グランプリ
  42. 42. ノーベル物理学賞 天野浩さん スーパーカミオカンデの 浜松ホトニクス
  43. 43. 1人あたりの 蔵書数 3.1冊 政令市2位 人口80万の静岡県西部の政令指定都市 “ものづくりのまち”として発展 世界的な企業、スズキ、ヤマハ、ホンダを育んだまち スーパーカミオカンデの浜松ホトニクスも… 平成17年に12市町村合併! 面積:1558.04㎢ 浜松市の図書館の特徴 24館 (23館1分室) 蔵書数 約250万冊 1市あたりの 図書館数 全国第3位 面積 全国第2位
  44. 44. NHK大河ドラマ「女城主直虎」 現在放映中の 大河ドラマ 舞台は浜松市! 井伊直政は 徳川四天王の 一人 見てね!!
  45. 45. 浜松市の在留外国人の推移
  46. 46. 浜松市の国籍別・在留資格別内訳
  47. 47. 浜松市多文化共生都市ビジョン 計画期間:2013年度~2017年度 ◆未来を担う子どもたちの教育 ◆安全・安心な暮らしのための防災 ◆多様性を生かしたまちづくり 1.日本人市民と外国人市民がともに構築する地域【協働】 2.多様性を都市の活力の源泉として、発展していく地域【創造】 3.誰もが安心して暮らしていくことができる地域【安心】 相互の理解と尊重のもと、創造と成長を続けるともに築く多文化共生都市
  48. 48.  未来を担う子供たちの教育  外国人の子どもの不就学ゼロ作戦事業  外国につながる若者の学び直し教室  安全・安心な暮らしのための防災  災害時多言語支援センター協定締結  自治会と連携した多文化防災訓練  多様性を生かしたまちづくり  多文化共生マンス/各種セミナーの開催  浜松カップ「フェスタ・サンバ」の開催 重点施策の主な取組
  49. 49. 浜松市立図書館の これまでの多文化サービス 通訳付き ブックスタート 多言語資料の 充実 外国人住民へ の図書館紹介 日本語学習 支援資料の充実 いろいろな国の ことばの おはなし会 多言語館内表示 多言語パンフレット
  50. 50.  ポルトガル語の図書館案内ビデオ  出張フィリピン大使館でのブックスタートと読み聞かせ …図書館で待つだけでなく該当者が集まる場所へ出向いた 事業も展開  在浜松ブラジル総領事館との連携 …ブラジルの児童書を中心に、多数寄贈をいただきました 浜松市立図書館の これまでの多文化サービス (具体事例)
  51. 51. 電子図書と多文化サービス  電子図書で浜松市はなにを目指すのか?  多文化サービスのハードル  ➜言語の問題  ➜資料の選定・収集  ➜書誌の登録 より多くの人が使える図書館へ!
  52. 52. 協定締結の目的  楽天:外国人の多い都市へのグローバル化の支援 ×  浜松市:電子図書による多文化サービスの研究 連携協力 思いが合致
  53. 53. 期待される効果  多文化サービスの充実  貸出サービスの利便性の向上(来館困難者への配慮)  語学学習への対応(オーディオブック・リードアロング) 浜松市のグローバル社会の実現(多文化共生) 日本人・外国人への公平なサービスの提供
  54. 54. 浜松市の電子図書のスケジュール  H29年11月1日 楽天㈱と連携協定締結 (2年間楽天と連携協力)  H30年 2月~ 電子図書システム提供予定  H31年11月~ 検証し、本格導入を検討
  55. 55. 浜松市立図書館の進むべき方向性 浜松市 図書館ビジョン (策定中)
  56. 56. ありがとうございました
  57. 57. 多文化サービスに 関するコメント 湯浅 俊彦 立命館大学文学部 2017年11月8日 電子図書館を活用した多文化サービス (主催:メディアドゥ)
  58. 58. • 地域の情報拠点としての公共図書館は地域 住民にとって重要なアクセスポイント。 • 紙媒体だけでなく、オンライン資料やネッ トワーク系情報資源を利用者に提供するこ とはデジタル・ネットワーク社会において は必須。 • ちょうど「障害者サービス」とは、利用者 ではなく、図書館の側に「障害」があるよ うに「多文化サービス」でも電子資料によ る音声読み上げや多言語対応など、さまざ まな可能性がある。 図書館における多文化サービス
  59. 59. • 多文化サービスとは、日本語を母語としな い外国人を対象に、その知る自由、読む権 利、学ぶ権利を資料・情報の提供によって 保障していくための図書館活動。 • 日本の図書館における多文化サービスは決 して積極的に行われているとはいえない現 状。 • そこで、電子出版を活用した新しい多文化 サービスの可能性を探求することが重要。 多文化サービスの可能性
  60. 60. 2.公共図書館における電子書籍貸出サービス に関する調査 「電子書籍サービス 導入図書館」と在留 外国人の居住分布

×