Successfully reported this slideshow.
Your SlideShare is downloading. ×

21. 人の動作・行動センシングに基づく拡張現実感システムの開発

21. 人の動作・行動センシングに基づく拡張現実感システムの開発

Download to read offline

拡張現実感技術を用いた多くのソフトウェアが普及しているが、現状そのほとんどはゲーム応用に限られている。本テーマでは、カメラや各種センサにより、ユーザの現在の行動・状態をセンシングし、それに応じて、役に立つ情報を提示するシステムを開発する。それを通じて、人をセンシングする技術や、ヘッドマウントディスプレイ型、プロジェクション型拡張現実感技術により現実世界に情報を重畳表示する技術の基礎を学ぶ。

拡張現実感技術を用いた多くのソフトウェアが普及しているが、現状そのほとんどはゲーム応用に限られている。本テーマでは、カメラや各種センサにより、ユーザの現在の行動・状態をセンシングし、それに応じて、役に立つ情報を提示するシステムを開発する。それを通じて、人をセンシングする技術や、ヘッドマウントディスプレイ型、プロジェクション型拡張現実感技術により現実世界に情報を重畳表示する技術の基礎を学ぶ。

More Related Content

More from 奈良先端大 情報科学研究科

21. 人の動作・行動センシングに基づく拡張現実感システムの開発

  1. 1. 人の動作・行動センシングに基づく 拡張現実感(AR)システムの開発 インタラクティブメディア設計学研究室 テーマ2 実施日:2019/8/28-29 カメラ・デプス画像からの 人の身体の動作・状態の計測 -Zhe Cao et al., “Realtime multi-person pose estimation”, CVPR2017. -Microsoft Kinect v2 ヘッドマウントディスプレイや プロジェクタを用いた拡張現実感(AR) による情報提示 -Microsoft HoloLens -Ayaka Sato et al., “MimiCook: A cooking assistant system with situated guidance”, TEI2014. カメラやデプス画像から人や環境をセンシングする技術、 それに応じて、ヘッドマウントディスプレイやプロジェクタを用いて、 実環境に情報を表示する拡張現実感技術の基礎を学びます

×