Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

意思決定のための色彩の話

129 views

Published on

7/20「第4回 意思決定のためのデータ分析勉強会 in Fukuoka」
LT資料

Published in: Design
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

意思決定のための色彩の話

  1. 1. 意思決定のための色彩の話
  2. 2. 自己紹介 大分県のマスコットキャラクター めじろん 甲斐 研造(Ka-k)名 前 (公財)福岡県産業・科学技術振興財団 人材育成G 主任所 属 大分県別府市出 身 九州工業大学(情報コース)出身校 CGクリエイター(フリーランス)前 職 AFT色彩コーディネーター1級資 格 ゲーム ※今はSplatoon2にはまってます。フレ募集中!趣 味 メールアドレス 職 場:k-kai@ist.or.jp プライベート:shoe_knowcase@icloud.com 何かありましたらお気軽に!
  3. 3. 説得力のあるデータが集まった! さあ、資料を作ろう そんなときにちょっと気を使ってみて 欲しい色のこと
  4. 4. 次の棒グラフのデータの中で、 特徴的なものはどれでしょう?
  5. 5. 最初にどこに注目しましたか? 0 2 4 6 8 10 12 たぶんココですよね? スイカが多い。そういうデータ。でも本当にそれが特徴?
  6. 6. こうしてみると…? 0 2 4 6 8 10 12 色を効果的に使うことで、注目する場所を指定することができる! お前、野菜やん?!
  7. 7. カラフルにすればいいってもんじゃない 0 2 4 6 8 10 12 どこに注目すれば いいん??? 使う色の数は慎重に考えましょう!
  8. 8. 色の選び方も工夫しましょう! 0 2 4 6 8 10 12 イマイチ目立たん… 周囲の色の、反対の色を選ぶのが基本(赤と青、緑と紫 etc.)
  9. 9. 実物の色とリンクさせるのも効果的です 0 2 4 6 8 10 12 さっきのグラフより、ナス感が増しました! ナスやん!!
  10. 10. 応用すれば注目させる所も変えられます 0 2 4 6 8 10 12 グラフの特徴が「野菜が紛れてる」→「柑橘が2つある」に変わりました! 柑橘系が2つもある!
  11. 11. 色の選択方法のヒント 引用元:株式会社 日本カラーデザイン研究所 webサイト http://www.ncd-ri.co.jp/about/image_system/imagescale.html 色の与えるイメージは体系化され ています。 アプローチしたい相手に併せて配 色を選択できると、より良い資料 になります。 例えば、女性向け(やわらかい、優しい、 暖かい)なら右図の左上。 ビジネスシーン(硬い、合理的、洗練)な ら右下。 というように選択。
  12. 12. 自分が訴えたいと思う部分を強調する ように、効果的に色を使いましょう! 感覚で決めてしまいがちな部分も理屈で考え られれば、資料の説得力は増します。
  13. 13. ご清聴ありがとうございました。

×