Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

20190305 AWS Black Belt Online Seminar Amazon EC2

25,496 views

Published on

AWS公式オンラインセミナー: https://amzn.to/JPWebinar
過去資料: https://amzn.to/JPArchive

Published in: Technology
  • Be the first to comment

20190305 AWS Black Belt Online Seminar Amazon EC2

  1. 1. © 2019, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. Amazon Confidential and Trademark© 2019, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. Amazon Confidential and Trademark AWS 公式 Webinar https://amzn.to/JPWebinar 過去資料 https://amzn.to/JPArchive Solutions Architect 小川 貴士 2019/3/5 Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) サービスカットシリーズ [AWS Black Belt Online Seminar]
  2. 2. © 2019, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. Amazon Confidential and Trademark AWS の日本語資料の場所「AWS 資料」で検索 https://amzn.to/JPArchive
  3. 3. © 2019,Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. 自己紹介 名前:小川 貴士 (おがわ たかし) 所属:アマゾンウェブサービスジャパン ソリューションアーキテクト 担当エリア: 製造業R&Dならびに HPCのお客様 担当サービス:Amazon EC2、AWS Batch などのComputeサービス 3
  4. 4. © 2019,Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. AWS Black Belt Online Seminar とは • 「サービス別」「ソリューション別」「業種別」のそれぞれのテーマに分かれて、 アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社が主催するオンラインセミナーシリーズ です。 • 質問を投げることができます! • 書き込んだ質問は、主催者にしか見えません • 今後のロードマップに関するご質問は お答えできませんのでご了承下さい Twitter ハッシュタグは以下をご利用ください #awsblackbelt ① 吹き出しをクリック ② 質問を入力 ③ Sendをクリック 4
  5. 5. © 2019,Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. 内容についての注意点 • 本資料では2019年3月5日時点のサービス内容および価格についてご説明しています。最新の情報 はAWS公式ウェブサイト(http://aws.amazon.com)にてご確認ください。 • 資料作成には十分注意しておりますが、資料内の価格とAWS公式ウェブサイト記載の価格に相違 があった場合、AWS公式ウェブサイトの価格を優先とさせていただきます。 • 価格は税抜表記となっています。日本居住者のお客様が東京リージョンを使用する場合、別途消費 税をご請求させていただきます。 • AWS does not offer binding price quotes. AWS pricing is publicly available and is subject to change in accordance with the AWS Customer Agreement available at http://aws.amazon.com/agreement/. Any pricing information included in this document is provided only as an estimate of usage charges for AWS services based on certain information that you have provided. Monthly charges will be based on your actual use of AWS services, and may vary from the estimates provided. 5
  6. 6. © 2019,Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. 本日のセミナーの目的 AWSをこれから使う方  AWSの基本サービスであるAmazon EC2の基礎知識を 身につける AWSをすでに使っている方  Amazon EC2の忘れられがちな細かい機能やアップデー ト情報を身につける 6
  7. 7. © 2019,Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. アジェンダ • Amazon EC2とは • EC2インスタンスの種類 • EC2の機能・オプション • EC2の運用管理 • EC2の費用 • まとめ 7
  8. 8. © 2019,Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. アジェンダ • Amazon EC2とは • EC2インスタンスの種類 • EC2の機能・オプション • EC2の運用管理 • EC2の費用 • まとめ 8
  9. 9. © 2019,Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. Host Server Hypervisor Guest 1 Guest 2 Guest n Amazon EC2とは • 数分で起動し、1時間または秒単位の従量 課金で利用可能なAWSクラウド上の仮想 サーバー • サーバーの追加・削除、マシンスペック変 更も数分で可能 • 管理者権限(root / Administrator) で利用 可能 EC2はElastic Compute Cloudの頭文字 9
  10. 10. © 2019,Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. EC2のシステム基盤 (AWS Nitro System) 独自のハードウェア/Hypervisorにより最適化された性能を提供 C5,M5,R5など最新のインスタン スは、EC2ソフトウェアスタッ ク全体を専用ハードウェアへオ フロード 最適化されたバージョンの Linux KVM をベースにした完全 に新しいEC2 Hypervisor (C4,M4,R4より前はXenベースの Hypervisorを使用) Nitro System 10
  11. 11. © 2019,Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. EC2を利用できるAWSのデータセンター拠点 AZ AZ AZ AZ AZ Transit Transit AWSクラウドは世界中の 20 の地理的リーションにある 61 のアベイラビリティー ゾーン(AZ)で運用 EC2は任意のリージョンならび にアベイラビリティーゾーンを 選択して起動することができる ※ただしリージョンによって選択できる インスタンスの種類は一部異なる https://aws.amazon.com/jp/about-aws/global-infrastructure/ アベイラビリティーゾーン(AZ)概念図 AWSのリージョン (2019年3月時点) ※丸中の数字はAZの数 ※白抜きの丸印は今後開設予定のリージョン 11
  12. 12. © 2019,Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. EC2はお客様毎に独立したネットワーク空間に配置 • Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) によりクラウド内にお客様毎に独立した プライベートネットワーク空間を構築 • AWSと既存環境のハイブリッド構成も実現可能 既存システム インターネット 分離したNW 領域を作成 ゲートウェイ VPN接続 専用線 http://aws.amazon.com/jp/vpc/ https://www.slideshare.net/AmazonWebServicesJapan/20180418-aws-black-belt-online-seminar-amazon-12 AWS 東京リージョン VPC ( 172.16.0.0/16) プライベート サブネット パブリック サブネット
  13. 13. © 2019,Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. EC2で選択できるプロセッサとアーキテクチャ アプリケーションとワークロードに応じて 最適なコンピューティング環境を選択 Intel Xeon processor (x86_64 arch) AMD EPYC processor (x86_64 arch) > 10% コスト低減 ※1 AWS Graviton Processor (64-bit Arm arch) > 最大 45% コスト低減 ※1 13 ※1:同等なCPU数ならびにメモリ量を搭載したIntel Xeonプロセッサ搭載EC2インスタンスとのコスト比較
  14. 14. © 2019,Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. 既存のOS/アプリ/ミドルウェアが利用可能 HTML5 × 開発言語フロントUI × ミドルウェア OS 14
  15. 15. © 2019,Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. APIでインフラの自動化が可能 $ aws ec2 run-instances ¥ --image-id ami-xxxxxx ¥ --instance-count 10 ¥ --region us-west-2 ¥ --instance-type r5.4xlarge $ aws ec2 run-instances ¥ --image-id ami-zzzzzz ¥ --instance-count 3 ¥ --region ap-northeast-1 ¥ --instance-type m5.2xlarge 15
  16. 16. © 2019,Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. EC2に関連する主要コンポーネント リージョン Amazon CloudWatch Auto Scaling Amazon Elastic Block Storage (EBS) Amazon Machine Image (AMI) Elastic IP Amazon Virtual Private Cloud (VPC) Application Load Balancer Snapshot Amazon Elastic Compute Cloud (EC2) Key Pairs AWS Management Console Security Groups VM Import/Export https://aws.amazon.com/jp/aws-jp-introduction/ 多くのサービスがEC2と連携して動作している アベイラビリティゾーン 16
  17. 17. © 2019,Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. アジェンダ • Amazon EC2とは • EC2インスタンスの種類 • EC2の機能・オプション • EC2の運用管理 • EC2の費用 • まとめ 17
  18. 18. © 2019,Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. EC2インスタンスタイプ 18
  19. 19. © 2019,Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. インスタンス 世代 c5d.xlarge インスタンス ファミリー インスタンス サイズ EC2インスタンスのネーミングポリシー 各インスタンスの詳細は下記を参照 https://aws.amazon.com/jp/ec2/instance-types/ (追加機能) インスタンスタイプ 19
  20. 20. © 2019,Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. EC2インスタンスファミリー 汎用 コンピューティング 最適化 ストレージ 最適化 高速 コンピューティング (GPU・FPGA) メモリ 最適化 メモリ・I/O・CPUクロック重視、GPU・FPGA搭載、価格重視など 特徴を持ったインスタンスファミリーを提供。処理するワークロー ドに合わせて選択が可能 T3 F1 P3 G3 M5 M5a H1 D2 C5 C5n X1 R5 Z1d A1 I3 X1e R5a High Memory インスタンス 世代 c5d.xlarge インスタンス ファミリー インスタンス サイズ (追加機能) 20
  21. 21. © 2019,Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. EC2インスタンス世代 CC1 CC2 C3 C4 C5 vCPU 16 32 32 36 72 RAM (GiB) 23 60.5 60 60 144 CPU Xeon X5570 2.93GHz (Nehalem) Xeon E5-2670 2.6GHz (Sandy Bridge) Xeon E5-2680v2 2.8GHz (Ivy Bridge) Xeon E5-2666v3 2.9GHz (Haswell) Xeon Platinum 8000 3.0GHz (Skylake) Network 10Gbps 10Gbps 10Gbps 10Gbps 25Gbps Launch Date Jul, 2010 Nov, 2011 Nov, 2013 Jan, 2015 Nov, 2017 例)コンピューティング最適化インスタンスの変遷 同じインスタンスファミリーでも世代が進むにつれ数字が大きくなる。 世代が新しい方が高性能でコストパフォーマンスも高いため、極力最 新世代のインスタンス利用が推奨 旧世代 新世代 インスタンス 世代 c5d.xlarge インスタンス ファミリー インスタンス サイズ (追加機能) 21
  22. 22. © 2019,Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. EC2インスタンス追加機能のオプション表記 標準インスタンに対して内蔵ストレージ (インスタンスストア)付加 追加機能の表記には現時点で下記のようなものが存在 M5d M5a C5d C5n R5d Z1d R5a インスタンス 世代 c5d.xlarge インスタンス ファミリー インスタンス サイズ (追加機能) 標準インスタンスに対して ネットワークを強化 AMDのCPUを搭載 P3dn P3dn 22 その他 (従来よりCPU,メモリ搭載量が 異なる etc.) X1e G3s
  23. 23. © 2019,Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. EC2インスタンスサイズ CPU、メモリ、ネットワークのキャパシティによって、インスタンス サイズが分類されている。アプリケーションが必要とするリソース量 に合わせて選択する。 タイプ vCPU メモリ EBS帯域幅 NW帯域幅 c5.large 2 4GiB 最大2.25Gbps 最大10Gbps c5.xlarge 4 8GiB 最大2.25Gbps 最大10Gbps c5.2xlarge 8 16GiB 最大2.25Gbps 最大10Gbps c5.4xlarge 16 32GiB 2.25Gbps 最大10Gbps c5.9xlarge 36 72GiB 4.5Gbps 10Gbps c5.18xlarge 72 144GiB 9Gbps 25Gbps 例)C5インスタンスのサイズとキャパシティ インスタンス 世代 c5d.xlarge インスタンス ファミリー インスタンス サイズ (追加機能) 23
  24. 24. © 2019,Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. <参考>EC2インスタンスファミリー (最新世代スペック一覧) 1/2 Family CPU(クロックGHz) vCPU数メモリ[GiB] ストレージ アクセラレータほか ユースケース 汎用 A1 AWS Graviton (64bit-Arm) 1〜16 2〜32 EBSのみ ARMアーキテクチャ 開発環境、Web、マイクロ サービス T3 Intel Xeon SP (2.5GHz) 2〜8 0.5〜32 EBSのみ CPUバースト可能 M5 Xeon Plutinum 8175(MAX3.1GHz) 2〜96 8〜384 EBSのみ なし 小中規模のDB、キャッシュ サーバ M5d 最大3.6TB NVMe SSD なし M5a AMD EPYC 7000(2.5GHz) EBSのみ なし コンピュー ティング 最適化 C5 Xeon Plutinum 8000(Max3.5GHz) 2〜72 4〜144 EBSのみ なし HPC、バッチ処理、動画エ ンコーディング C5d 最大1.8TB NVMe SSD なし C5n 5.25〜192 EBSのみ 最大100Gbps通信対応 ストレージ 最適化 H1 Xeon E5- 2686v4(2.3GHz) 8〜64 32〜256 最大16TB HDD なし BigData処理、分散型ファ イルシステム I3 2〜64 15.25〜 488 最大15.2TB NVMe SSD なし NoSQLデータベース、 DWH ※vCPUはIntel XeonのHyperThreadsコアです(T3,A1を除く) 24
  25. 25. © 2019,Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. <参考>EC2インスタンスファミリー (最新世代スペック一覧) 2/2 Family CPU(クロックGHz) vCPU数メモリ[GiB] ストレージ アクセラレータほか ユースケース メモリ 最適化 R5 Xeon Plutinum 8175(Max3.1GHz) 2〜96 16〜768 EBSのみ なし ハイパフォーマンスDB、 BigData処理 R5d 最大3.6TB NVMe SSD なし R5a AMD EPYC 7000(2.5GHz) EBSのみ なし X1 Xeon E7- 8880v3(2.3GHz) 64〜 128 976〜 1952 最大3840GB SSD なし インメモリDB、ハイパ フォーマンスDB X1e 4〜 128 122〜 3904 最大3840GB SSD なし ハイメモリ Xeon Plutinum 8176M 448 6,9,12TB EBSのみ なし Z1d Xeon Plutinum 8000(Max4.0GHz) 2〜48 16〜384 最大1.8TB NVMe SSD なし 電子設計(EDA)、RDB アクセラ レーテッド G3(s) Xeon E5-2686v4 (Max2.7GHz) 4〜64 30.5〜488 EBSのみ NVIDIA Tesla M60 GPU (最大4) 3Dビジュアライゼーション、 レンダリング、動画処理 P3 8〜64 61〜488 EBSのみ NVIDIA Tesla V100 (16GB版) GPU (最大8) 機械学習/深層学習、HPC P3dn Xeon Plutinum 8175(Max3.1GHz) 96 768 合計1.8TB NVMe SSD NVIDIA Tesla V100 (32GB版) GPU (最大8) F1 Xeon E5-2686v4 (Max2.7GHz) 8〜64 122〜976 最大3760GB SSD Xilinx Virtex UltraScale+ VU9P FPGA (最大8) ゲノム分析、リスク計算、 リアルタイムビデオ処理 ※vCPUはIntel XeonのHyperThreadsコアです(T3を除く)25
  26. 26. © 2019,Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. 少し特殊なインスタンスタイプ 26
  27. 27. © 2019,Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. Amazon EC2 Bare Metal • ハードウェアへのダイレクトアクセスを提供する新しいEC2 インスタンスのシリーズ • AWSの各種サービスとの連携が可能で、AWSクラウドのメ リットを失うことなく、OSが直接下層のハードウェアにア クセス可能 • ユースケース – 仮想化環境上からは利用できない、パフォーマンスカウンターやエミュレーターの 実行など、ローレベルなハードウェア機能の利用 – 独自にハイパーバイザーを導入・管理し、CPU/メモリをより柔軟に仮想サーバに割 当てたり、高集約化を実施 etc. • Bare Metalインスタンスとして下記のインスタンスタイプ が提供中 – i3.metal – m5.metal、m5d.metal – r5.metal、r5d.metal – z1d.metal https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2018/05/announcing-general-availability-of-amazon-ec2-bare-metal-instances/ https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2019/02/introducing-five-new-amazon-ec2-bare-metal-instances/27
  28. 28. © 2019,Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. バースト可能パフォーマンスインスタンス <CPUクレジットの基本動作>  CPUクレジット1つにつきCPUコアの最大パフォーマンス(バースト性能)を 1分間提供する  インスタンスがバースト時(ベースラインCPU性能を上回る時)にクレジット を消費する  ベースラインCPU性能を下回っている時にインスタンスは一定の割合でCPU クレジットを獲得する <T2,T3 Unlimited時のクレジット動作>  Unlimitedにすると最大24時間分のCPUクレジットを前借りして利用できる  前借りクレジットも使い切った状態においてバーストする際は、vCPU時間 あたりLinuxで$0.05/h、Windowsで$0.096/h が加算請求される  前借りクレジットが残っている状態でUnlimited→Standardモードに戻すと、 前借りクレジット量に応じて費用が発生する ベースラインレート クレジット バランス バースト レート https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/UserGuide/t2-credits-baseline-concepts.html ベースラインのCPUパフォーマンスに加えて、負荷に応じて高いレベルまでCPU性能がバー ストする機能を持ったインスタンス。T2,T3インスタンスが該当する。 バースト性能はCPUクレジットを消費することで得られる。 T3T2 28
  29. 29. © 2019,Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. <参考>T3(Unlimited)クレジットのメトリクス動作 https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/UserGuide/unlimited-mode-examples.html CPUクレジットの残量などはCloudWatchで監視が可能。下記は t3.nano におけるCPUクレジット動作例 CPU負荷がベース ラインを下回って いるとCPUクレ ジットを獲得 CPU負荷がベー スラインを上回 るとCPUクレ ジットを消費 クレジットを使い切 るとクレジットの前 借りがはじまる 前借りクレジットの最大 (=貯金できる最大クレジット) まで達して、さらにバースト が続くと追加料金発生 CPU負荷がベース ラインを下回ると 前借りクレジット の返済とCPUクレ ジットの貯金が行 われる 29
  30. 30. © 2019,Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. <参考>T2とT3の比較 サイズ vCPUs T2→T3 ベースラインパフォー マンス/vCPU T2→T3 メモリ T2→T3 価格/1 時間あたり (Linux) T2→T3 価格/1 時間あたり (Windows) T2→T3 nano 1→2 5%→5% 0.5 GiB→0.5 GiB $0.0076→$0.0068 $0.0099→$0.0114 micro 1→2 10%→10% 1 GiB→1 GiB $0.0152→$0.0136 $0.0198→$0.0228 small 1→2 20%→20% 2 GiB→2 GiB $0.0304→$0.0272 $0.0396→$0.0456 medium 2→2 20%→20% 4 GiB→4 GiB $0.0608→$0.0544 $0.0788→$0.0728 large 2→2 30%→30% 8 GiB→8 GiB $0.1216→$0.1088 $0.1496→$0.1364 xlarge 4→4 22.5%→40% 16 GiB→16 GiB $0.2432→$0.2176 $0.2842→$0.2912 2xlarge 8→8 17%→40% 32 GiB→32 GiB $0.4864→$0.4352 $0.5484→$0.5824 1、スペックならびに価格の違い 2、その他 機能的な違い -T3は無償枠対象ではない -T3ではデフォルトでUnlimitedモード -T3は起動クレジット無し (T2はインスタンス初期起動時にvCPUあたり30クレジット付与(standardモード)) -T3はインスタンス停止後 7日間までは獲得クレジットが保持される -T3はハードウェアとしてCPU世代が新しい(Intel Skylake)他、Nitro Hypervisorを採用、OSの前提条件に 注意(T2→T3への乗換え時は特に注意) OSの前提条件詳細は下記リリースノート参照 https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/UserGuide/general-purpose-instances.html#general-purpose-instances-limits ※東京リージョンの価格 30
  31. 31. © 2019,Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. 64bit ARMアーキテクチャ A1インスタンス • AWSカスタムのサーバー向けARM Neoverseコア のCPU “AWS Gravitonプロセッサ” 2.3GHzを搭 載 • 他ファミリと比較して最大45%のコスト削減を期 待できる • マイクロサービスや、ウェブサーバ、キャッシュ サーバなど、多数の小規模インスタンスを使う用 途に最適 • Amazon Linux 2, RHEL 7.6以降, Ubuntu 16.04以降 (いずれも64bit Arm版) などのAMIが 利用可能 • バージニア、オレゴン、アイルランド、オハイオ の各リージョンで利用可 a1ファミリ vCPU メモリ (GiB) EBS帯域 (Gbps) NW帯域 (Gbps) コスト ($/時) a1.medium 1 2 Max 3.5 Max 10 0.0255 a1.large 2 4 Max 3.5 Max 10 0.0510 a1.xlarge 4 8 Max 3.5 Max 10 0.1020 a1.2xlarge 8 16 Max 3.5 Max 10 0.2040 a1.4xlarge 16 32 3.5 Max 10 0.4080 31
  32. 32. © 2019,Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. <参考>汎用インスタンスの使い分けについて 時々高いCPU使用率を必要とする多くのワーク ロード CPU、メモリおよびネットワークリソースそれぞれを バランスよく使用するワークロード 複数のCPUコアを複数インスタンスに跨ってスケール アウトし、広範なARMエコシステムによってサポート されるワークロード M5/M5a Instances T3 Instances A1 Instances 32
  33. 33. © 2019,Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. アジェンダ • Amazon EC2とは • EC2インスタンスの種類 • EC2の機能・オプション • EC2の運用管理 • EC2の費用 • まとめ 33
  34. 34. © 2019,Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. EC2の通信とセキュリティ 34
  35. 35. © 2019,Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. Key Pair EC2インスタンス上のOSに対 する安全な認証を提供する機 能 • 鍵認証は、ユーザ名・パス ワードの認証よりも安全な 認証方式 • AWSでは公開鍵のみ保持 し、起動時に公開鍵をコ ピーする • 秘密鍵は、ユーザにて適切 に管理・保管する ダウンロード された秘密鍵 ①キーペア作成 ②インスタンス起動時に 公開鍵をコピー 公開鍵 ③公開鍵・秘密鍵の ペアが合致すると ログイン可能 http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/UserGuide/ec2-key-pairs.html 35
  36. 36. © 2019,Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. Security Group EC2インスタンスへのトラフィックを 制限するファイアウォール機能 • デフォルトでは全トラフィックが 閉じた状態 • 必要な受信アクセスに対してアク セスルールを定義する • プロトコル( TCP/UDP) • 宛先ポート • アクセス元IP / Security Group • ルールをひとまとめにした テンプレートを Security Groupと呼ぶ EC2 インスタンス ポート22 (SSH) ポート80 (HTTP) EC2ファイアウォール Security Group ポート25 (SMTP) http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/UserGuide/using-network-security.html 36
  37. 37. © 2019,Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. AWS上でのIPの種類 Private IP • 必ず割り当てられるIPアドレス • EC2作成時にIPを指定可能(VPCのみ) • Stop/StartしてもIPは変わらず固定(VPCのみ) Public IP • ランダムに割り当てられるPublic IP • Stop/Startすると別のIPが割当てられる • 割当ての有無を変更することも可能(VPCのみ) Elastic IP (EIP) • 別インスタンスへ再マップも可能な静的Public IP • Stop/StartしてもIPアドレスが維持される(VPCのみ) • 利用していない場合は課金発生 − Elastic IP − Public IP − Private IP EC2 http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/UserGuide/using-instance-addressing.html 37 AWS Cloud VPC Subnet
  38. 38. © 2019,Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. Elastic Network Interfaces (ENI) VPC上で実現する仮想ネットワークイン タフェース 以下をENIに紐づけて維持可能 • Private IP • Elastic IP • MACアドレス • セキュリティグループ インスタンスによって割り当て可能な数 が異なる。 eth0: 192.168.1.10 eth0:172.16.3.1 eth1:10.3.5.2 利用例2: 1インスタンスに複数NIC 利用例1: インスタンス障害時に待機インスタンスに NICを付け替え http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/UserGuide/using-eni.html 38
  39. 39. © 2019,Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. • Intel 82599VF (ixgbevf) • M4(m4.16xlarge以外),C3,C4,D2,I2,R3 • 最大10Gbpsのネットワーク速度をサポート • パケット毎秒(PPS)が非常に大きく、ネットワークレ イテンシが低くなるオプション • Elastic Network Adapter (ENA) • C5(d,n),F1,G3(s),H1,I3,M5(a,d),P2,P3(dn),R4, X1(e),R5(a,d),T3,m4.16xlarge,Z1d,ハイメモリ • 最大100Gbpsのネットワーク速度 • マルチキューデバイスインタフェース • ハードウェアによるIPv4ヘッダーならびに一部の TCP/UDPチェックサム生成をサポート 拡張ネットワーキング VMM NIC NIC VF1 VF2 VF3 Switch 通常 Enhanced Network VMM EC2インスタンスの持つ通信性能を最大化する機能 今現在、拡張ネットワーキング機能には下記2タイプが存在 https://aws.amazon.com/jp/premiumsupport/knowledge-center/enable-configure-enhanced-networking/ 39
  40. 40. © 2019,Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. Amazon EC2インスタンス ネットワークの進化 C1 • 1 Gbps CC1 • 10 Gbps C3 • Enhanced Networking • 20x PPS • <100 µs latency C4 • EBS optimized by default C5 • ENA • 25 Gbps • 2x PPS • <50 µs latency C5n • EFA • 100 Gbps • 2x+ PPS • EC2のネットワーク帯域は1G,10G,20G,25Gと拡張され、現在最大で100Gに対応 • 100Gbpsに対応するインスタンスとしてC5n、P3dnが発表済み 40
  41. 41. © 2019,Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. Elastic Fabric Adapter (EFA) • MPI(Message Passing Interface)を利用したアプリケーションをより 高速に実行するために開発された新しいネットワークデバイス • libfabricライブラリと統合されており、AWS向けにアプリケーションを 書き換えることなく現在利用中のMPIフレームワークをそのまま利用す ることが可能 • 100Gbpsの高速なNWを備えたインスタンスで利用可能 HPCワークロードを高速化する新しいネットワークデバイス 41 (EFA発表時点でc5n.18xlarge , c5n.9xlarge , p3dn.24xlarge のインスタンスタイプが対応予定)
  42. 42. © 2019,Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. <参考>EC2インスタンスのネットワーク帯域について • EC2間のトラフィックには下記の制限がある • シングルフロー通信:最大5Gbps または 10Gbps (同一Cluster Placement Groupの場合) • マルチフロー通信:各インスタンスタイプが持つ通信帯域の最大 (例えば c5n.18xlargeであれば 最大100Gbps) 通信方式 通信先 同一Cluster Placement Group 同一AZ 別AZ リージョン外 シングルフロー 最大10Gbps 最大5Gbps 最大5Gbps 最大5Gbps マルチフロー 各インスタンスタイプが持つ通信帯域の最大 https://aws.amazon.com/jp/blogs/news/the-floodgates-are-open-increased-network-bandwidth-for-ec2-instances/ EC2で5Gbps以上の帯域幅を実現する為には、通信の多重化と マルチコアへの分散を意識する必要がある (RPS/RFSの設定 etc.) 42
  43. 43. © 2019,Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. EC2のストレージ 43
  44. 44. © 2019,Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. EC2のストレージ 1、Amazon EC2 インスタンスストア • ホストコンピュータに内蔵されたディスク • EC2インスタンスと不可分 • EC2インスタンスをStop/Terminateすると クリアされる • 性能・容量はインスタンスタイプごとに規定 • 追加費用なし(無料) 2、Amazon Elastic Block Store (EBS) • ネットワークで接続 • EC2インスタンスとは独立管理 • EC2インスタンスをStop/Terminateしても EBSは保持可能 • Volumeごとに性能・容量を定義可能 • EBSの費用が別途発生 • Snapshotを取得しS3に保存可能 http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/UserGuide/Storage.html EBSならびにS3の詳細については下記のページにある各BlackBeltの資料も参照ください https://amzn.to/JPArchive EBS volume EBS Snapshot gp2 io1 st1 sc1 SSD volumes HDD volumes Amazon S3 SSD HDD 44
  45. 45. © 2019,Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. 通常のネットワークとは別にEBS専用 帯域を確保するオプション • 起動時に有効/無効を選択可能 • 帯域はインスタンスサイズによって異 なる • インスタンスタイプによってはデフォ ルトで有効 (A1,C4,C5(d,n),D2,F1,G3(s),H1,I3, M4,M5(a,d),P2,P3(dn),R4,R5(a,d), X1(e),T3,ハイメモリ) EC2 w/o EBS Optimized Network EC2 with EBS Optimized Network EBS最適化なし EBS最適化あり (*)インスタンス毎の帯域幅はこちらを参照ください http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/UserGuide/EBSOptimized.html EBS最適化オプション 45 EBS EBS
  46. 46. © 2019,Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. OSイメージ(AMI) 46
  47. 47. © 2019,Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. AWS Cloud AMI (Amazon Machine Image) とは AMIはインスタンス起動に必要 なOSイメージ • イメージは内部的にS3に保存 AWS以外にサードパーティも AMIを提供 自由に自前のカスタムAMIを作 成可能 • 作成したAMIは別アカウントと 共有可能 • カスタムAMIから何台でもEC2 インスタンスを起動可能 • 別リージョンへのコピーも可能 インスタンス Amazon S3 AMI カスタムAMI AMIからインス タンスを起動 カスタムAMIを 使って、インスタ ンスを複数台起動 カスタムAMIを作成 必要に応じて共有設定 47 Availability zone – 1a Availability zone – 1b
  48. 48. © 2019,Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. AMIの分類 アーキテクチャ • x86 とArm ビット数 • 32bit と64bit 仮想化方式 • 準仮想化 ( Paravirtual : PV) • 完全仮想化 (Hardware-assisted VM : HVM) ブートストレージ • EBS Backed • Instance Store-Backed (S3 Backed) 同じOSでも、上記種類で複数のパターンが存在 一般的な推奨は 64bit HVM EBS-Backed 例:Amazon Linux http://aws.amazon.com/jp/amazon-linux-ami/instance-type-matrix/ http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/UserGuide/AMIs.html 32bit 64bit PV HVM PVは古い形式の為、 利用は推奨されません 48
  49. 49. © 2019,Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. AMIを探す コミュニティAMI • コンソールでEC2作成の画面で検索 • CLI/APIで describe-imagesを利用 AWS Marketplace • AWS上で実行されるソフトウェアやサー ビスを見つけて購入しすぐに使用開始でき るオンラインソフトウェアストア • 多くのソフトウェアベンダー製品やOSSの ソフトウェアがインストール済みOSイ メージを公開中 • 有償ソフトウェアを従量課金で利用可能 http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/UserGuide/usingsharedamis-finding.html https://aws.amazon.com/marketplace49
  50. 50. © 2019,Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. <参考>最新世代インスタンス(Nitro Hypervisor)の注意事項 Nitro Hypervisorで実行されるインスタンスでは、下記の機能をサポートするHVM AMIのみが利用できる • ENAドライバ • NVMeドライバ • acpid ※現時点でNitro Hypervisorで実行されるインスタンスは下記の通り C5(d,n)、M5(a,d)、R5(a,d)、Z1d、T3、A1、P3dn、ハイメモリ ※ENA,NVMeの機能要件を満たしているか確認するスクリプト(c5_m5_checks_script)と対応方法について 下記にて公開中 https://github.com/awslabs/aws-support-tools/tree/master/EC2/C5M5InstanceChecks https://aws.amazon.com/jp/premiumsupport/knowledge-center/boot-error-linux-m5-c5/ なお、Amazonならびに各コミュニティが配布する下記最新のAMIはNitro Hypervisorをサポート済み ・Amazon Linux AMI ・Amazon Linux 2 ・Windows Server ・Ubuntu ・Debian ・Red Hat Enterprise Linux ・Suse Enterprise Linux ・CentOS ・FreeBSD ←これらのドライバが有効でない場合、OSのブートに失敗します ← 機能が有効でない場合、OSの停止が正しく行えません 50 https://aws.amazon.com/jp/ec2/faqs/#Nitro_Hypervisor
  51. 51. © 2019,Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. その他のオプション 51
  52. 52. © 2019,Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. 物理ホストの専有オプション • 2つの方法 • ハードウェア専有インスタンス (Dedicated Instance) • Amazon EC2 Dedicated Host • 共通の機能 • お客様専用の物理サーバにインスタンスを起動可能 (別のお客様のインスタンスは起動しない) • コンプライアンスやライセンス対応で、物理サーバ専有が必要なお客様向け • 従量課金やクラウドのメリットはそのまま確保 (従量課金での利用や瞬時に調達できる etc.) • Dedicated Hostsの特徴 • 物理ホストへのインスタンス配置が、制御・確認可能 • 物理ホスト単位のソフトウェアライセンスを持ち込み(BYOL)可能 • 物理ホスト単位での課金 • AWS が提供、または AWS Marketplace で提供される RHEL、SUSE Linux、および Windows AMI を専有ホストで使用することは出来ないので注意すること https://aws.amazon.com/jp/ec2/purchasing-options/dedicated-instances/ https://aws.amazon.com/jp/ec2/dedicated-hosts/ 52
  53. 53. © 2019,Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. <参考>ハードウェア専有インスタンスとDedicated Hostsの比較 特徴 ハードウェア専有インスタンス Dedicated Hosts 物理サーバを専有する ○ ○ インスタンスあたりの課金 ○ ホスト当たりの課金 ○ ソケット、コア、ホストIDの可視性 ○ ホストとインスタンス間のアフィニ ティ ○ 対象インスタンスの配置 ○ 自動インスタンスの配置 ○ ○ 割当リクエストでのキャパシティ追加 ○ http://aws.amazon.com/jp/ec2/dedicated-hosts/ 53
  54. 54. © 2019,Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. Cluster Spread EC2インスタンスの物理的な配置戦略オプション • EC2インスタンスを密な場所に配置、 ネットワークパフォーマンスを最適化 • 広帯域 (Full Bisection)で低レイテンシか つ高PPS (packets per seconds)なイン スタンス間通信を実現 • 単一アベイラビリティゾーンに閉じ • 複数のプレイスメントグループには属せ ない • EC2インスタンスを別々のハードウェアに 分散して配置、物理サーバ障害時に複数の インスタンスが同時に影響を受ける確率を 軽減 • 同一AZにHAクラスタを展開している際な どに有益 • AZをまたいで定義することが可能で、1AZ あたり実行中のインスタンスは最大7つ プレイスメントグループ オプション https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/UserGuide/placement-groups.html 54
  55. 55. © 2019,Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. Partition Placement Group <機能> Partition Placement Groupではインスタンスを論理的な パーティションに配置 さらにパーティションが異なるインスタンスは同一のハード ウェアを共有しないように分散してインスタンスが配置され る これによりハードウェアに障害が発生した場合に単独のパー ティションに影響を抑える <ユースケース> EC2で実行するHDFS、HBase、Cassandraなどクラスタリ ングされた分散処理のワークロード https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2018/12/amazon-ec2-ntroduces-partition- placement-groups/ EC2のハードウェア障害の影響を最小化する為の新しいPlacement Groupオプション 55
  56. 56. © 2019,Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. CPU最適化オプション 用途 • HPCアプリケーションなどHT無効化により性能向上が見込める場合 • vCPU数に応じたライセンスが発生するワークロード 注意事項: • APIもしくはCLIのほかマネジメントコンソールにも対応 • 現行世代のインスタンスに対応 • 無指定時(フルサイズインスタンス)とインスタンス価格は変更なし • 起動後の変更はできない • ベアメタルインスタンスでは利用できない • ライセンスの考え方は各ISVに要確認 https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/UserGuide/instance-optimize-cpu.html https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2018/05/introducing-optimize-cpus-for-amazon-ec2-instances/ インスタンス起動時にCPUコア数、ハイパースレッディング(HT)の無効化を指定可能とする オプション 56
  57. 57. © 2019,Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. EC2にアタッチして利用するアクセラレータオプション Amazon EC2 インスタンスにグラフィックス アクセラレーション機能を簡単に追加 t2インスタンスなど安価なインスタンスと組 み合わせることでG2/G3インスタンスに比べ て安価にGPUを用いた3Dグラフィックス機能 が利用可能 OpenGL APIに対応 GPU Memory 1GiBから8GiBまで4つのGPU サイズが選択可能 Elastic Graphics (旧称Elastic GPUs) Elastic Inference 必要なvCPU/メモリを備えたEC2インスタン スにアタッチすることで推論処理を高速化す るサービス 現在Apache MXNetとONNX、TensorFlow をサポート 特定ワークロードを高速化できるローコストに利用可能なアクセラレーター 57
  58. 58. © 2019,Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. アジェンダ • Amazon EC2とは • EC2インスタンスの種類 • EC2の機能・オプション • EC2の運用管理 • EC2の費用 • まとめ 58
  59. 59. © 2019,Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. インスタンスのライフサイクル 起動したインスタンスは状態を持つ Running • 実行中。課金される • Stop操作でStoppedへ、Terminate操作で Terminatedに遷移 Stopped • 停止中。課金されない • Start操作で再度Running状態に遷移 Terminated • 削除済み。Stop/Startはできない Running Termina ted Stopped StartStop Terminate launch Terminate Amazon Machine Image (AMI) Amazon EC2インスタンス EBS-Backed AMIは Stopped状態への 遷移が可能 Instance Store-Backed AMIは Stopped状態に遷移できない http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/UserGuide/ec2-instance-lifecycle.html59
  60. 60. © 2019,Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. Amazon EC2がハイバネーション機能をサポート • ハイバネーションの対応により、メモリ状態をディスクに 書き出した上でインスタンスを停止可能に • 実行中のアプリケーションなどを停止せず、インスタンス をハイバネート、再開することで、アプリケーションも再 開できる • ハイバネーション中のインスタンスサイズを変更すること はできない。メモリサイズとEBS速度に応じて停止・復帰 には処理時間を要するので注意 • EBSルートボリュームの暗号化が前提 • C3,C4,C5,M3,M4,M5,R3,R4,E5 の150GB以下のメモリ サイズのインスタンスタイプをサポート、ベアメタルイン スタンスは非対応 • 最新のAmazon Linux 1がサポート済み、 Amazon Linux 2、Windows Serverも今後対応予定 60 https://docs.aws.amazon.com/AWSEC2/latest/UserGuide/Hibernate.html
  61. 61. © 2019,Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. Amazon CloudWatchによるモニタリング 各AWSサービスのメトリックス監視 • メトリックス = 監視項目(例:CPU使用率) • メトリックスはあらかじめ定義され、構成済み • サービス開始時から監視開始 • EC2ではハイパーバイザーから監視できる項目 • メトリックスを追加定義も可能 • カスタムメトリックス • メトリックス値を時系列にグラフ表示 各メトリックスに対してアラームを作成可能 • しきい値を設定(例:CPU使用率60%以上) • メトリックス値がしきい値を越えたら起こすアクションを定義(例:メールで通知) EC2上のログ監視 ・・・Amazon CloudWatch Logs • メトリックスとアラームも作成可能 https://www.slideshare.net/AmazonWebServicesJapan/black-belt-online-seminar-amazon-cloudwatch 61
  62. 62. © 2019,Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. スケジュールイベント リタイア • インスタンスをホストしているハードウェ アで回復不可能な障害が検出された場合、 インスタンスリタイヤが予定される • スケジュールされたインスタンスには、時 計マークが表示される • EC2のEventsメニューで一覧表示 • DescribeInstanceStatus APIで取得可能 取るべきアクション • リタイア日までにstop→start を実行 http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/UserGuide/instance-retirement.html 62
  63. 63. © 2019,Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. Auto recovery インスタンスの異常を検知し復旧 • インスタンスの異常を2つに分けて検知 • StatusCheckFailed_System:インスタンスをホストしているハードウェア側の障害 • StatusCheckFailed_Instance:EC2インスタンス内部で障害が発生している場合 • CloudWatch アラームにて 「Recover this Instance」アクションを設定 • アラーム発生時に、自動的にインスタンス再起動を行う。インスタンスID、 IPアドレス(Public IPv4アドレス)などは維持される 条件 • 特定のインスタンスタイプのみ対応 (A1,C3,C4,C5(n),M3,M4,M5(a),R3,R4,R5(a),T2,T3,X1(e)) • VPC内のEBS-Backed インスタンスのみ対応 • テナント属性がdefaultまたはdedicatedのインスタンス (Dedicated hostsは対応無し) http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/UserGuide/ec2-instance-recover.html 63
  64. 64. © 2019,Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. 自動化ツールと機能 インフラの自動化を支援する機能やサービス群 User data Launch Templates Instance Meta Data EC2 Fleet AWS CLI AWS SDK Amazon EC2 Systems Manager Amazon EC2 Auto Scaling AWS CloudFormation AWS Elastic Beanstalk AWS OpsWorks その他サードパーティ製品 各BlackBeltの資料を参照ください 64 https://amzn.to/JPArchive
  65. 65. © 2019,Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. User data 起動時にスクリプト実行を行う機能 2種類の形式でインスタンスに渡す • シェルスクリプト • cloud-initディレクティブ 利用用途 • AMIでカバーできない起動時の設定変更 • 起動時に実行するスクリプトやchef, puppetへ、外部からパラメータとして値を渡す 応用 • 複数台の自動構成などは CloudFormation, OpsWorksも組み合わせて利用する http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/UserGuide/user-data.html 65
  66. 66. © 2019,Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. Launch Template • EC2インスタンス起動時に設定すべき項目をテンプレート化して、インスタ ンスの起動をシンプル化することができるように • オートスケーリングやスポットフリート、オンデマンドインスタンスでサ ポートされる。社内標準の設定を適用したり、ベストプラクティスに従った インスタンスの起動を容易にする https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/UserGuide/ec2-launch-templates.html 66
  67. 67. © 2019,Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. インスタンスメタデータ 自インスタンスに関するデータを取 得するための方法 User-dataも取得可能 利用例 • インスタンスタイプに応じて、設定ファ イルのメモリ量などを調整 • リージョンに応じて、タイムゾーンを自 動設定 • ネットワーク情報を取得して、DNSへ動 的登録 http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/UserGuide/ec2-instance-metadata.html curl http://169.254.169.254/latest/meta-data ami-id ami-launch-index ami-manifest-path block-device- mapping/ hostname instance-action instance-id Instance-type kernel-id local-hostname local-ipv4 mac network/ placement/ profile public-hostname public-ipv4 public-keys/ reservation-id 67
  68. 68. © 2019,Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. EC2 Fleet 特徴 • EC2 Fleetによって、複数のインスタンスタイプ・AZから必要なキャパシティ(総vCPU 数や総メモリ量)を指定してインスタンスを起動することが可能 • オンデマンドならびにスポットインスタンスを混在して必要なキャパシティの起動リク エストを実施することが可能 用途 • ステートレスなWebサーバ、ビッグデータクラスタ、ゲノム分析、リスク分析、レンダ リングなど 価格: • EC2 Fleet機能は無料。起動したインスタンスの費用のみ 注意事項: • Autoscaling, ECS, EKS, Batchとの連携は未対応。(今後対応予定) • API or CLIのみ対応 https://aws.amazon.com/jp/blogs/news/ec2-fleet-manage-thousands-of-on-demand-and-spot-instances-with-one-request/ https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/UserGuide/ec2-fleet.html 1回のリクエストで大量のオンデマンドおよびスポットインスタンスの起動が可能に 68
  69. 69. © 2019,Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. 上限と制限緩和 EC2は、誤って大量に起動しないよう、ア カウント開設当初はリージョンごとに20 インスタンスまでしか起動できないように 設定されている • http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/gene ral/latest/gr/aws_service_limits.html 各種上限は Trusted Advisorで確認可能 (Service Limits) • EC2管理画面の「Limits」メニューで も確認可能 上限緩和申請はAWSサイト最下のメ ニューから • EC2管理画面の「Limits」メニューか らも申請可能 http://www.slideshare.net/AmazonWebServicesJapan/aws-42885668 69
  70. 70. © 2019,Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. アジェンダ • Amazon EC2とは • EC2インスタンスの種類 • EC2の機能・オプション • EC2の運用管理 • EC2の費用 • まとめ 70
  71. 71. © 2019,Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. EC2の課金の内訳 インターネット EC2 EBS S3 データ転送量(out) インスタンスタイプ別利用料 EBSの利用料 AMI/スナップショットの 保管料 EC2の費用が大半を占める! 例) 汎用SSD使用料: $0.12/GB/月 例) S3に対するsnapshot: $0.05/GB/月 例) EC2からインターネットへの通信料: $0.114/GB 例) m5.large(Linux)使用料: $0.124/GB/時間 ※いづれも東京リージョンでの価格例71
  72. 72. © 2019,Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. EC2の購入オプション オンデマンドインスタンス • 初期費用無し、従量課金 リザーブドインスタンス • 1年間または3年間、常に利用可能なキャパシティ予約により、最大75%の割引 • スケジュールされたリザーブドインスタンス • 1年間、日次・週次・月次で、指定した時間帯のみのキャパシティ予約により、5%-10%の割引 スポットインスタンス • 未使用キャパシティを時価で提供、最大90%の大幅な割引で利用可能 専用ホスト(Dedicated Hosts) • インスタンス実行用物理ホストの単位で支払い。 ハードウェア専有インスタンス( Dedicated Instance) • シングルテナント EC2の価格に関するそれぞれの詳細ならびに最新情報は下記ページを参照 https://aws.amazon.com/jp/ec2/pricing/ 72
  73. 73. © 2019,Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. 1秒単位課金について EC2インスタンスおよびEBSボリュームは1秒単位の課金 • 対象サービス:EC2, EBS • 対象OS:追加課金のないLinux OS (Amazon Linux, Ubuntuなど) • 対象リージョン:全リージョン • オンデマンド、リザーブド、スポットに対応 注意事項 • 価格表記は1時間単位のまま(実際は秒単位の請求) • 最小請求期間は1分 • 請求書には小数点を含む時間で表記 https://aws.amazon.com/jp/blogs/news/new-per-second-billing-for-ec2-instances-and-ebs-volumes/ https://aws.amazon.com/jp/ec2/pricing/73
  74. 74. © 2019,Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. OS・ソフトウェアの料金 無料OS AMI • インスタンス費用のみ($/s) ←秒課金に対応 • Amazon Linux AMI, Amazon Linux 2, Ubuntu, etc. 商用OS AMI • 従量課金: インスタンス費用+ソフトウェア費用($/h) • Windows Server (Windows + SQLServer) • Red Hat Enterprise Linux • SuSE Linux Enterprise • 構成によってはライセンス持ち込みも可能 :インスタンス費用($/s) ←秒課金に対応 AWS Marketplace • 完全従量課金: インスタンス費用($/h)+ソフトウェア費用($/h) • ソフトウェアライセンス持ち込み(BYOL):インスタンス費用($/s) ←秒課金に対応 74
  75. 75. © 2019,Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. 課金管理の方法 タスク 対応するAWSサービス コスト管理 利用料確認 • 請求書 • Detailed Billing Report • Cost Explorer 利用管理 傾向分析 • Cost Explorer 過剰利用対策 コスト最適化 • 予算 • Trusted Advisor 75
  76. 76. © 2019,Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. <参考>Cost Explorer • AWSリソースの使用量を時系列でグラフ化す るツール • EC2の利用状況などコストの把握に役立つ傾 向を分析 • リザーブドインスタンスのレコメンド機能 • EC2コンソールの「レポート」メニューまた はアカウントメニュー内「コストエクスプ ローラー」より確認 https://console.aws.amazon.com/billing/home?#/costexplorer http://www.slideshare.net/AmazonWebServicesJapan/cost-explorer https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/awsaccountbilling/latest/aboutv2/cost-explorer-what-is.html76
  77. 77. © 2019,Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. <参考>AWS Trusted Advisor AWS Trusted Advisor • コスト最適化、セキュリティ、耐障害性、パ フォーマンスをチェックし推奨事項をお知らせ するサービス AWS Trusted Advisorによるコスト最適化 • 不要リソースやアイドル状態のリソースを検出 • リザーブドインスタンスの利用状況を可視化 チェック項目の例 • CPU利用率10%および N/W通信が 4日以上 5MB以下のインスタンス • リザーブドインスタンス最適化 • 未活用のEBSボリューム • 未使用のEIP https://aws.amazon.com/jp/premiumsupport/trustedadvisor/ http://www.slideshare.net/AmazonWebServicesJapan/201507-aws-blackbeltsupportpublish Trusted Advisorのフル機能を利用するためには、ビジネスまたはエンタープライズサポー トプランに加入する必要があります 77
  78. 78. © 2019,Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. <参考>概算見積もりツール (Simple Monthly Calculator) Web上で利用できる費用試算ツール http://calculator.s3.amazonaws.com/index.html?lng=ja_JP 詳しい使い方はこちら http://www.slideshare.net/AmazonWebServicesJapan/aws-simple-monthly-calculator-20130910 78
  79. 79. © 2019,Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. <参考>EC2価格データの入手 EC2の価格は、2種類の方法で取得できます。 価格ページ • https://aws.amazon.com/jp/ec2/pricing/ Price List API • JSON/CSVフォーマットで取得可能 [詳細ガイド] http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/awsaccountbilling/latest/aboutv2/price-changes.html • SNSで料金変更通知を受信することも可能 arn:aws:sns:us-east-1:278350005181:price-list-api 79
  80. 80. © 2019,Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. AWS無料利用枠 AWSサインアップ後12ヶ月間、AWS を無料で実際に利用可能。(自動的に 設定済み) 無料枠対象サービスの無料利用条件 の範囲内で無料。(超過した分は費用 が発生) http://aws.amazon.com/jp/free/ http://www.slideshare.net/AmazonWebServicesJapan/aws-black-belt-online-seminar-aws-aws80
  81. 81. © 2019,Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. アジェンダ • Amazon EC2とは • EC2インスタンスの種類 • EC2の機能・オプション • EC2の運用管理 • EC2の費用 • まとめ 81
  82. 82. © 2019,Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. まとめ • EC2は完全従量課金で世界中のAWSリージョンで利用できるクラウド上 の仮想サーバー • ワークロードに合わせて様々なスペックのインスタンスタイプが選べる • ストレージやOSなど多彩な組合せオプション • 豊富な運用管理機能によりサーバー運用の簡易化、自動化をお手伝い • コストを確認、最適化しやすくする様々なコスト管理機能を提供 82
  83. 83. © 2019,Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. Q&A • お答えできなかったご質問については • AWS Japan Blog 「https://aws.amazon.com/jp/blogs/news/」にて • 資料公開と併せて、後日掲載します。 83
  84. 84. © 2019, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. Amazon Confidential and Trademark AWS の日本語資料の場所「AWS 資料」で検索 https://amzn.to/JPArchive
  85. 85. © 2019, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. Amazon Confidential and Trademark [申込受付中!] AWS Innovate オンラインカンファレンス https://amzn.to/AWSInnovateJP
  86. 86. © 2019, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. Amazon Confidential and Trademark で[検索]AWS イベント 毎週”W-A個別技術相談会”を実施中 • AWSのソリューションアーキテクト(SA)に 対策などを相談することも可能 • 申込みはイベント告知サイトから (https://aws.amazon.com/jp/about-aws/events/) AWS Well-Architected 個別技術相談会
  87. 87. © 2019,Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved.© 2019, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. Amazon Confidential and Trademark AWS 公式 Webinar https://amzn.to/JPWebinar 過去資料 https://amzn.to/JPArchive ご視聴ありがとうございました

×