Your SlideShare is downloading. ×
ReactiveProperty - slintokyo4
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

ReactiveProperty - slintokyo4

12,595
views

Published on

http://neue.cc/2011/10/11_347.html

http://neue.cc/2011/10/11_347.html

Published in: Technology

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
12,595
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
7
Actions
Shares
0
Downloads
19
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. ReactivePropertyMVVM & Async Extensions for Rx @neuecc - 2011/10/08
  • 2. Profile Twitter: @neuecc HN : neuecc ("のいえ"と読ませています) Microsoft MVP for C# LINQ Blog : http://neue.cc/  LINQとかReactive Extensions(Rx)のことがメイン CodePlexに色々ライブラリ公開しています  LINQ to ObjectsのJavaScript実装 : linq.js  単体テスト用拡張メソッド : Chaining Assertion  生SQL文ベースのDB用ヘルパー : DbExecutor
  • 3. Reactive Extensions
  • 4. Microsoftが開発しているデータアクセステクノロジWP7には標準搭載、それ以外は追加インストール。.NET4.5には標準で載るかも載らないかもLINQ to AsynchronousLINQ to Eventsイベントと非同期がLINQで書けるようになる
  • 5. 詳しくはWEBで。某@ITで近日中に連載予定
  • 6. ReactiveProperty
  • 7. XAMLアプリケーション XAMLをUI作成に使うシーンの広がり  WPF  Silverlight  Windows Phone 7  WinRT(Windows 8) WPFが死ぬとかSilverlightは終了とかどうでもいい  XAMLをUI作成に使うアプリという枠で考える
  • 8. RxとXAMLアプリケーション XAMLアプリケーションはイベントの塊  マウス・ジェスチャー・センサーはイベント  通知(INotifyPropertyChanged)はイベント  それ経由によりデータバインドも同様にイベント XAMLアプリケーションは非同期の塊  WPFは除く、但しWinRTは非同期中心なのでデスク トップアプリケーションも非同期へ向かうトレンド イベント・非同期 => Reactive Extensions  これら二つはRxと非常に相性が良い
  • 9. ReactivePropertyとは RxをUIと繋げやすくするためのライブラリ  RxそのままではXAMLとは繋がりにくい  特に、MVVMとして、Viewが完全に分離されている 状態では不可能に近く、Rxの力をUIをコントロール することに活かしにくかった ReactivePropertyの中身  UIとRxを接続するためのクラス群  非同期をより簡単にするための拡張メソッド群
  • 10. Demo
  • 11. 言語が思考を規定する(サピア=ウォーフの仮説)
  • 12. フレームワーク/パターンは? 表現力を広げるものである 同時に、表現力を縛るものでもある  悪い意味ではなく、縛る「ため」もある フレームワーク/パターンも思考を規定する 常に進化を模索しよう  不変の正しさなんて存在しない  時代が、対象が、前提が変わる、その中で変わらないも のなんてあるわけがない  あるとしたら、抽象すぎて役にたたないもの  例えばObjectクラス(全ての共通)とかね  大事なのだけど、そのままでは何も使えない
  • 13. 新しいパラダイムへ Reactive Extensionsは異質でしょう  LINQも登場時は異質のものとして扱われましたね それをフルに活用するReactivePropertyも相当異質 だからこそ、そこに次の解があるのでは?  ないかもしれませんがそんなものは知りません:) 新しいパラダイムを楽しもう!  F is for Fun! – F# All or Nothingではない  共存し融合したとき、次の世代へ進むのでは
  • 14. まとめ ダウンロード・サンプルはCodeplexにあります  http://reactiveproperty.codeplex.com/  NuGetでインストールすることも可能 日本語での紹介・説明の記事はこちらに  http://neue.cc/2011/10/07_346.html ぜひ、試してください!

×